栗本 崇

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/28 11:12
 
アバター
研究者氏名
栗本 崇
 
クリモト タカシ
eメール
tkurimotonii.ac.jp
所属
国立情報学研究所
部署
アーキテクチャ研究系
学位
博士(工学)(慶応大学)

プロフィール

ネットワークを構成する転送装置の研究開発に従事

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
国立情報学研究所 アーキテクチャ科学系
 
2009年10月
 - 
2015年3月
日本電信電話株式会社 ネットワークサービスシステム研究所
 
2005年4月
 - 
2009年9月
東日本電信電話株式会社 ネットワーク事業本部設備部
 
1994年4月
 - 
2005年3月
日本電信電話株式会社 ネットワークサービスシステム研究所
 

委員歴

 
2019年1月
 - 
現在
電子情報通信学会  APNOMS tutorial co-chair
 
2017年5月
 - 
現在
電子情報通信学会  NV時限研究会専門委員
 
2016年4月
 - 
現在
電子情報通信学会  ICM研究専門員
 
2016年4月
 - 
現在
国立研究開発法人理化学研究所計算科学研究機構  連携サービス委員会委員
 
2017年5月
 - 
2018年5月
電子情報通信学会  2017ソサエティ大会 ICM特別セッションオーガナイザ
 

受賞

 
2013年
日本電信電話株式会社 H25年度発明審査会実施実績2級
 
2012年
日本電信電話株式会社 H24年度発明審査会実施実績3級
 
2010年
日本電信電話株式会社 情報流通基盤総合研究所 総研所長表彰 業績賞
 
2002年
日本電信電話株式会社 ネットワークサービスシステム研究所 研究所長表彰実用化開発賞
 
1995年
電子情報通信学会 電子情報通信学会 交換システム研究会研究賞
 

論文

 
Optimization Model for Designing Multiple Virtualized Campus Area Networks Coordinating With Wide Area Networks
栗本 崇、漆谷 重雄、大木英司
IEEE Transactions on Network and Service Management   15(4) 1349-1362   2018年12月   [査読有り]
Implementation and Testing of Failure Recovery Based on Backup Resource Sharing Model for Distributed Cloud Computing System
Takehiro Sato, Fujun He, Eiji Oki, Takashi Kurimoto, Shigeo Urushidani
2018 IEEE 7th International Conference on Cloud Networking      2018年10月
Toward Preventive Network Service Management by Neural Networks
川幡太一、栗本 崇、水谷后宏
LANMAN 2018      2018年6月   [査読有り]
Robust Optimization Model for Backup Resource Allocation in Cloud Provider
Fujun He, Takehiro Sato, Bijoy Chand Chatterjee, Takashi Kurimoto, Shigeo Urushidani, Eiji Oki
ICC2018      2018年5月   [査読有り]
Optimization Model for Designing Multiple Virtualized Campus Area Networks Coordinating with Wide Area Networks
Takashi Kurimoto, Hiroshi Yamada, Shigeo Urushidani, Eiji Oki
ICC2018      2018年5月   [査読有り]

Misc

 
Report on ICM English Session at 2017 IEICE Society Conference - BS-7, Network and Service Design, Control and Management –
栗本 崇
IEICE Communications Society – GLOBAL NEWSLETTER   40(4)    2017年
SINET4からSINET5へ
栗本 崇
NII today   (72) 8-8   2016年5月
古賀 淳一, 栗本 崇, 濱野 貴文
NTT技術ジャーナル   27(1) 29-31   2015年1月
栗本 崇, 井上 一郎, 小島 久史
NTT技術ジャ-ナル   16(9) 8-12   2004年9月

書籍等出版物

 
時代を映すインフラ-ネットと未来ー
漆谷重雄、栗本 崇 (担当:共著)
丸善ライブラリー   2016年10月   

講演・口頭発表等

 
次期SINETにあったら嬉しい新機能・性能とは
栗本 崇
NII学術情報基盤ミーティング2018年   2018年12月20日   
次期SINETにあったら嬉しい新機能・性能とは
栗本 崇
NII学術情報基盤ミーティング2018年   2018年12月11日   
次期SINETにあったら嬉しい新機能・性能とは
栗本 崇
NII学術情報基盤ミーティング2018年   2018年12月4日   
次期SINETにあったら嬉しい新機能・性能とは
栗本 崇
NII学術情報基盤ミーティング2018年   2018年11月27日   
次期SINETにあったら嬉しい新機能・性能とは
栗本 崇
NII学術情報基盤ミーティング2018年   2018年11月6日   

競争的資金等の研究課題

 
次世代バックボーンに関する研究開発
東日本電信電話株式会社: 総務省直轄研究
研究期間: 2005年4月 - 2010年3月    代表者: NTTコミュニケーションズ