基本情報

所属
桃尾・松尾・難波法律事務所 パートナー
学位
博士(法学)(2020年7月 北京大学)

連絡先
mmnmmn-law.gr.jp
J-GLOBAL ID
201801014371882102
researchmap会員ID
B000293785

外部リンク

桃尾・松尾・難波法律事務所 パートナー

英語授業を含む大学非常勤講師としての教育経験を有する国際弁護士・法学博士。

弁護士(60期・第一東京弁護士会)・ニューヨーク州弁護士。博士(法学)。
情報セキュリティスペシャリスト、ITストラテジスト、プロジェクトマネージャー。
東京大学法学士・ハーバードロースクールLL.M.、北京大学法学院法学修士・博士(法学)。Max Planck Institute(ドイツ)への留学経験あり。日本語の授業のみならず、ALL Englishの授業を含む非常勤講師経験あり。中国語(普通話)でのセミナー・学会発表経験あり。リアルタイム・録画配信双方を含むオンライン授業経験あり。活動拠点は東京ですが、オンライン授業でよろしければ日本全国どこの大学でも対応可能です。非常勤講師及びゲスト講義並びに大学、協会その他公的機関・団体等のResearchmap上に公開可能なセミナー・講演等のご依頼を心より歓迎しておりますいわゆる「代打ち」での非常勤講師就任も経験しており、情報法・医事法・企業法務・契約・国際取引・会社法・民法・公共政策法務等の過去の経験がある分野であれば、急な非常勤対応等も前向きに検討可能です。

Twitter: https://twitter.com/Matsuo1984
連絡先:mmn@mmn-law.gr.jp

オンライン上でアクセス可能な論文の一部:

「違法収集証拠排除法則 : 覚せい剤取締法違反(使用)事件における無罪事例から 」

「 自動運転車と刑事責任に関する考察 : ロボット法を見据えて 」

「医療分野におけるAI及びロボットに関する民刑事責任 : 手術用ロボットを利用した手術における医療過誤の事案を念頭に 」

「健康医療分野におけるAIの民刑事責任に関する検討-AI 画像診断(支援)システムを中心に- 」

「 リーガルテックと弁護士法に関する考察」

「対話型AI(チャットボット、スマートスピーカー(AIスピーカー)、AIアシスタント等を含む)に関する法律問題 」

「日本における民事サイバーセキュリティに関する判例法を探る 」

「 プラットフォーム事業者によるアカウント凍結等に対する私法上の救済について 」

「中国の個人情報保護法とデータ運用に関する法制度の論点 」

「リーガルテックと弁護士法72条 第1回 弁護士法72条とAIを利用した契約業務支援サービス」


担当経験のある科目(授業)

  11

書籍等出版物

  40

主要な論文

  47

主要な講演・口頭発表等

  113

共同研究・競争的資金等の研究課題

  5

学術貢献活動

  2

社会貢献活動

  10

主要なMISC

  162

その他

  19