Takahiro Nobukuni

J-GLOBAL         Last updated: Nov 28, 2018 at 14:40
 
Avatar
Name
Takahiro Nobukuni
Affiliation
Tohoku University

Published Papers

 
Gulati P, Gaspers LD, Dann SG, Joaquin M, Nobukuni T, Natt F, Kozma SC, Thomas AP, Thomas G
Cell metabolism   7(5) 456-465   May 2008   [Refereed]
Johansson G, Mahller YY, Collins MH, Kim MO, Nobukuni T, Perentesis J, Cripe TP, Lane HA, Kozma SC, Thomas G, Ratner N
Molecular cancer therapeutics   7(5) 1237-1245   May 2008   [Refereed]
Nobukuni T, Kozma SC, Thomas G
Current opinion in cell biology   19(2) 135-141   Apr 2007   [Refereed]
Nobukuni T, Joaquin M, Roccio M, Dann SG, Kim SY, Gulati P, Byfield MP, Backer JM, Natt F, Bos JL, Zwartkruis FJ, Thomas G
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   102(40) 14238-14243   Oct 2005   [Refereed]
Garami A, Zwartkruis FJ, Nobukuni T, Joaquin M, Roccio M, Stocker H, Kozma SC, Hafen E, Bos JL, Thomas G
Molecular cell   11(6) 1457-1466   Jun 2003   [Refereed]

Misc

 
峯岸直子, 工藤久智, 信國宇洋, 寺川貴裕, 石田典子, 西島維知子, 山下理宇
日本生化学会大会(Web)   89th ROMBUNNO.3P‐330 (WEB ONLY)-330]   Sep 2016
【ヒト疾患のデータベースとバイオバンク 情報をどう使い、どう活かすか?ゲノム医療をどう実現するか?】 (第2章)疾患データベースとバイオバンク プロジェクトの最前線と利用の実践ガイド 現代的なバイオバンクの発達とその利用法
信國 宇洋
実験医学   35(17) 2958-2962   Nov 2017
近年、世界中でバイオバンクの整備が進められている。この動向には次世代シークエンサーの普及により、大規模コホートを使ったゲノム解析を中心としたオミックスデータとアンケート票への回答などから得られる個人ごとの健康情報とをあわせて解析するために、なくてはならない基盤であることが強く認識されていることが背景にある。また、当初の数百〜数千人規模のバイオバンクでは解析できる対象疾患などが限られるため、より近代的なバイオバンクは数万〜数十万人と大規模化する傾向にある。これらの大規模バイオバンクのリソース...
Katoh Yasutake, Koshiba Seizo, Igarashi Kazuhiko, Yamamoto Masayuki, Tanabe Osamu, Ebina Masayuki, Shirota Matsuyuki, Motoike Ikuko, Kinoshita Kengo, Kudo Hisaaki, Nobukuni Takahiro, Minegishi Naoko, Saigusa Daisuke
Abstracts for Annual Meeting of Japanese Proteomics Society   2015(0) 62-62   2015
機能的相補法によるがん抑制遺伝子TSLC1の同定と機能解析
村上 善則, 深見 武史, 増田 万里, 八下田 美佳, 丸山 智子, 磯貝 香奈, 福原 浩, 倉持 雅己, 信國 宇洋
日本癌学会総会記事   61回 79-79   Oct 2002