藤井智明

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/09 14:12
 
アバター
研究者氏名
藤井智明
 
フジイ トモアキ
ハンドル
Tomoaki Fujii
所属
公益財団法人佐々木研究所附属佐々木研究所
部署
腫瘍ゲノム学系臨床研究部門
職名
専任研究員
学位
博士(理学)(総研大), 修士(農学)(北里大院), 学士(農学)(北里大)
科研費研究者番号
10511420

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
公益財団法人佐々木研究所附属佐々木研究所 腫瘍ゲノム学系臨床研究部門 専任研究員
 
2013年4月
 - 
2015年3月
順天堂大学大学院 がん生涯教育センタ ー ポスドク
 
2008年4月
 - 
2013年3月
東京大学医科学研究所 臨床ゲノム腫瘍学分野 特任研究員
 
2006年10月
 - 
2008年3月
国立遺伝学研究所 哺乳動物遺伝研究室 プロジェクト研究員
 

学歴

 
2002年4月
 - 
2006年9月
総合研究大学院大学 生命科学研究科 遺伝学専攻
 
2000年4月
 - 
2002年3月
北里大学大学院 獣医畜産学研究科 畜産学専攻
 
 
 - 
2000年3月
北里大学 獣医畜産学部 畜産学科
 

論文

 
Identification and characterization of a novel adenomatous polyposis coli mutation in adult pancreatoblastoma.
Shigeo Yamaguchi,*, Tomoaki Fujii,*, Yuki Izumi,*, Yuki Fukumura, Min Han, Hideki Yamaguchi, Tomomi Akita, Chikamasa Yamashita, Shunsuke Kato and Takao Sekiya
Oncotarget   9 10818-10827   2018年1月   [査読有り]
Establishment and analysis of a novel mouse line carrying a conditional knockin allele of a cancer-specific FBXW7 mutation.
Tsuneo Ikenoue, Yumi Terakado, Chi Zhu, Xun Liu, Tomoyuki Ohsugi, Daisuke Matsubara, Tomoki Fujii, Shigeru Kakuta, Sachiko Kubo, Takuma Shibata, Kiyoshi Yamaguchi, Yoichiro Iwakura & Yoichi Furukawa
Scientific Reports   8    2018年1月   [査読有り]
Ikenoue T, Terakado Y, Nakagawa H, Hikiba Y, Fujii T, Matsubara D, Noguchi R, Zhu C, Yamamoto K, Kudo Y, Asaoka Y, Yamaguchi K, Ijichi H, Tateishi K, Fukushima N, Maeda S, Koike K, Furukawa Y
Scientific reports   7 39567   2017年1月   [査読有り]
Kawai M, Komiyama H, Hosoya M, Okubo H, Fujii T, Yokoyama N, Sato C, Ueyama T, Okuzawa A, Goto M, Kojima Y, Takahashi M, Sugimoto K, Ishiyama S, Munakata S, Ogura D, Niwa SI, Tomiki Y, Ochiai T, Sakamoto K
Oncology letters   12(6) 4773-4778   2016年12月   [査読有り]
Fujii T, Tsunesumi S, Sagara H, Munakata M, Hisaki Y, Sekiya T, Furukawa Y, Sakamoto K, Watanabe S
Scientific reports   6 29157   2016年7月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
成人膵芽腫に見られた新規Adenoma polyposis coli (APC)遺伝子変異の機能解析
泉 祐毅 山口 茂夫 藤井 智明 韓 敏 野崎 由美 山下 親正 加藤 俊介
第 15 回日本臨床腫瘍学会学術集会   2017年7月27日   
Expression and functional analysis of Smyd5 in zebrafish
Tomoaki Fujii, Shin-ichiro Tsunesumi, Hiroshi Sagara, Miyo Munakata, Yoshihiro Hisaki, Takao Sekiya,Yoichi Furukawa, Kazuhiro Sakamoto, and Sumiko Watanabe
American Society for Cell Biology Annual Meeting 2016   2016年12月5日   
癌で高頻度に見られるFBXW7変異の条件的ノックインマウスの樹立
池上 恒雄、寺門 侑美、藤井 智明、松原 大祐、山口 貴世志、 古川 洋一
第75回日本癌学会学術集会   2016年10月7日   
Expression and functional analysis of Smyd5 in zebrafish
Tomoaki Fujii, Shin-ichiro Tsunesumi, Shingo Ito, Yoichi Furukawa, Kazuhiro Sakamoto, Sumiko Watanabe
第37回日本分子生物学会年会   2014年11月26日   
The subsequent epithelial-mesenchymal and mesenchymal-epithelial transition model barely depicts colon cancer metastasis
Yu Okazawa, Kosuke Mizukoshi, Hiromitsu Komiyama, Tomoaki Fujii, Michitoshi Goto, Sonoko Habu, Kazuhiro Sakamoto, Akira Orimo
第73回日本癌学会学術集会   2014年9月26日   

競争的資金等の研究課題

 
ヒストンH4メチル化修飾を介したエピジェネティックな脂肪蓄積制御機構の解明
日本学術振興会: 
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 藤井智明
大腸がん転移を規程する間質細胞の因子の同定とその機能解析
日本学術振興会: 
研究期間: 2016年4月       代表者: 関谷剛男
CAGE法による新規大腸がん肺転移マーカーの同定
日本学術振興会: 
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 柳沼 行宏
新規ヒストン修飾であるヒストンH4K5メチル化の造血分化制御における意義の解明
日本学術振興会: 
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月    代表者: 藤井智明
肥満に関わるヒストンメチルトランスフェラーゼの解析
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月    代表者: 藤井智明