論文

2013年

メロン果実の果形と糖度に及ぼす単性花性の影響

園芸学研究
  • 坂田 好輝
  • ,
  • 吹野 伸子
  • ,
  • 小原 隆由
  • ,
  • 杉山 充啓
  • ,
  • 吉岡 洋輔

12
1
開始ページ
15
終了ページ
22
記述言語
日本語
掲載種別
DOI
10.2503/hrj.12.15
出版者・発行元
園芸学会

単性花性のメロンは,採種コスト低減などのいくつかの利点を有する.しかし,単性花性への育種に際しては,果実の縦長化および低糖度化の懸念がある.そこで,アールス(系)の両性花性品種と単性花性系統との交雑後代,さらに遺伝的背景が近い両性花性系統と単性花性系統を用いて,果形,糖度などに及ぼす花性の影響を検討した.両性花性を示す交雑後代F<sub>2</sub>に比べ,単性花性のF<sub>2</sub>の果形は縦長化し,また,糖度は低下した.しかし,F<sub>2</sub>における個体ごとの果形や糖度の分布は幅広く,ほぼ球形の個体や糖度が高めの個体も認められた.また,単性花性遺伝子のホモ接合とヘテロ接合が表現型に及ぼす影響は,糖度ではやや認められたものの,果形や他の形質ではほとんどなかった.さらに,単性花性系統および両性花性系統の糖蓄積パターンに大きな違いはなく,単性花性系統が特に晩生化することもなかった.これらの結果から判断すると,分離集団を大きくすることにより,球形で高糖度な単性花性個体の選抜は可能であると推定された.一方,単性花性メロンは,縦長の果実となりやすいものの,その果実は大きく,果肉も肉厚であることから,業務・加工用としての利用価値は高いと考えられた.<br>

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.2503/hrj.12.15
J-GLOBAL
https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201302235190012079
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/130004938777
ID情報
  • DOI : 10.2503/hrj.12.15
  • ISSN : 1347-2658
  • J-Global ID : 201302235190012079
  • CiNii Articles ID : 130004938777
  • identifiers.cinii_nr_id : 9000283586366

エクスポート
BibTeX RIS