東倉 洋一

J-GLOBALへ         更新日: 17/04/19 16:56
(2013年没)
 
アバター
研究者氏名
東倉 洋一
URL
http://www.ntt.co.jp/sclab/manager/iken_tokura/opinion.html
学位
工学博士

プロフィール

専門は人間情報学、音声科学、音声情報処理、情報社会と法制度など。
文化審議会臨時委員として国語分科会に所属。
JST CREST「共生社会に向けた人間調和型情報技術の構築」の研究総括(公募期間H21~H23年度)。
http://www.jst.go.jp/kisoken/teian/top/ryoiki.html

論文

 
新たなステージに立った情報学
東倉洋一
総研大ジャーナル   (17) 2-5   2010年3月
Yang Zhang, Patricia K. Kuhl, Toshiaki Imada, Paul Iverson, John Pruitt, Erica B. Stevens, Masaki Kawakatsu, Yoh'ichi Tohkura and Iku Nemoto
NeuroImage   46(1) 226-240   2009年5月   [査読有り][招待有り]
音楽を壊すカラヤンの映像美
東倉 洋一
ATI News   7-8   2008年7月   [招待有り]
バランス感覚を養う情報教育
東倉 洋一
学術の動向   82-83   2008年4月   [招待有り]
Tadashi Nakanishi,Noboru Sonehara,and Yoh'ichi Tohkura
Proceedings of IEEE/INFORMS International Conference on Service Operations and Logistics,and Informatics   198-203   2007年8月   [査読有り][招待有り]
「再び「人間らしさ」を問う!」
東倉洋一
情報通信ジャーナル      2008年2月   [査読有り][招待有り]
「深刻さを増す若手研究人材の滞留構造」
東倉洋一
生産と技術      2007年7月   [査読有り][招待有り]
「情報に必要な「寿命と死」」
東倉洋一
情報通信ジャーナル      2007年5月   [査読有り][招待有り]
ユビキタス社会における人、技術、社会システムの調和を求めて (基調講演)
東倉洋一
科学技術振興機構社会技術ワークショップ      2006年6月   [招待有り]
脳と社会〓科学は脳を活かせるか〓 (基調講演)
東倉洋一
WIN定例講演会      2006年6月   [招待有り]
人間と社会のための情報技術を求めて (基調講演)
東倉洋一
東京工科大学オープンメディアリソース2005シンポジウム      2005年11月   [招待有り]
ユビキタス社会の成熟に向けた情報通信R&Dの戦略 (基調講演)
東倉洋一
総務省・戦略的情報通信研究開発推進制度、成果発表会      2005年6月   [招待有り]
ユビキタス社会のガバナンス〓人間、技術、社会システムの調和を求めて〓 (特別講演)
東倉洋一
情報通信技術研究交流会、特別講演会      2005年4月   [招待有り]
FUTURE OF COMMUNICATION SCIENCE AND TECHNOLOGIES IN INFORMATION SOCIETY (Plenary Lecture)
TOHKURA, Y.
ICA2004 (The 18th International Congress on Acoustics), 4 April 2004, Kyoto International Conference Hall      2004年4月   [招待有り]
人間と情報の新しい係わりを求めて (基調講演)
東倉洋一
神奈川県情報サービス産業協会      2003年3月   [招待有り]
人間と情報の係わり ? 過去・現在・未来 ? (招待講演)
東倉洋一
第2回未来フォーラム      2002年10月   [招待有り]
ITの未来と課題 (基調講演)
東倉洋一
第72回近畿ブロック知事会議      2002年5月   [招待有り]
光の時代に向けたITの可能性と課題 (招待講演)
東倉洋一
DBJベンチャークラブ講演会      2002年4月   [招待有り]
新世紀の情報通信 〓人間とITの新しい係わりを求めて〓 (招待講演)
東倉洋一
第30回技術予測シンポジウム      2002年3月   [招待有り]
ITの未来と課題 (招待講演)
東倉洋一
東京工業大学精密工学研究所第35回シンポジウム      2001年8月   [招待有り]
ITのインパクトと人類の選択 (基調講演)
東倉洋一
「高度情報社会の未来学」公開シンポジウム      2001年1月   [招待有り]
ヒトを含む霊長類のコミュニケーションの研究
川人光男,東倉洋一
日本音響学会誌   56(11) 760-766   2000年11月   [査読有り]
Creation of Noh mask using a 3D computer graphics technique
TOHMA, A., SHIMOHARA, K., TOHKURA, Y. and YOKOYA, N.
Proc. IEEE International Conference on Information Visualisation (IV 2000)   407-412   2000年7月   [査読有り]
MUNHALL, K. G. and TOHKURA, Y
J. Acous. Soc.Am.   104(1) 530-539   1998年7月   [査読有り]
Un Modele Articulatoire Tridimensionnel du Conduit Vocal Base Sur des Donnees IRM
BADIN, P., POUCHOY, L., BAILLY, G., RAYBAUDI, M., SEGEBARTH, C., LEBAS, J. F., TIEDE, M., VATIKIOTIS-BATESON, E. and TOHKURA, Y.
Proc. XXIIemen Journees d'Etudes sur la Parole (JEP '98)   283-286   1998年6月   [査読有り]
KANZAKI, R., KATO, T. and TOHKURA, Y.
J. Acous. Soc. Jpn.   19(1) 69-72   1998年1月   [査読有り]
Investigation of Chinese Vowel Articulation Using X-ray Microbeam System
DANG, J., HONDA,K. and TOHKURA, Y.
Proc. First China-Japan Workshop on Spoken Language Processing (CJSLP'97)   73-78   1997年4月   [査読有り]
BRADLOW, A. R., PISONI, D. B., YAMADA, R. A. and TOHKURA, Y.
J. Acoust. Soc. Am.   101(4) 2299-2310   1997年4月   [査読有り]
音声知覚研究の活路を求めて
東倉洋一
日本音響学会誌   52(11) 867-872   1996年11月   [査読有り]
A Few Factors which Affect the Degree of Incorporating Lip-Read Information into Speech Perception
SEKIYAMA, K., TOHKURA, Y. and UMEDA, M.
Proc. on Spoken Language Processing (ICSLP'96)   1481-1484   1996年10月   [査読有り]
Does Training in Speech Perception Modify Speech Production?
YAMADA, R. A., TOHKURA, Y., BRADLOW, A. R. and PISONI, D. B.
Proc. 4th Int. Conf. on Spoken Language Processing (ICSLP'96)   606-609   1996年10月   [査読有り]
周波数変化音追跡の動特性
相川清明,津崎 実,河原英紀,東倉洋一
日本音響学会誌   52(10) 741-751   1996年10月   [査読有り]
Effects of Other-Mode Context on Face and Voice Recognition
KANZAKI, R., KATO. T., TOHKURA, Y. and AKAMATSU, S.
Int. J. Psychology, Vol.31, Issues 3 and 4, Abstract of XXVI Int. Cong. of Psychology   (154.54) 56   1996年8月   [査読有り]
AIKAWA, K., SINGER, H., KAWAHARA, H. and TOHKURA, Y.
J. Acoust. Soc. Am.   100(1) 603-614   1996年7月   [査読有り]
Acquisition of the English /r/-/l/ Contrast by Japanese Speakers: Effects of Training in Perception of Production
BRADLOW, A. R., PISONI, D. B., YAMADA. R. A. and TOHKURA, Y.
Proc. 13th Intl. Cong. of Phonetic Science (ICPhS'95)   4 562-565   1995年8月   [査読有り]
X-Ray Film Database for Speech Research
MUNHALL, K. G., VATIKIOTIS BATESON, E. and TOHKURA, Y.
J. Acoust. Soc. Am.   98(2, Pt.) 1222-1224   1995年8月   [査読有り]
Preserving X-ray films for for Speech Research
MUNHALL, K., VATIKIOTIS-BATESON, E. and TOHKURA, Y.
ACCOR Workshop on Articulatory Databases      1995年5月   [査読有り]
Contributions of Vocal Tract Shape to Voice Quality: MRI Data and Articulatory Modeling
Kiyoshi HONDA, Hiroyuki HIRAI, Jo ESTILL and Yoh'ichi TOHKURA
Vocal Fold Physiology?Voice Quality Control?, Chapter 2   23-38   1995年1月   [査読有り]
LIVELY, S. E., PISONI, D. B., YAMADA, R. A. and TOHKURA, Y.
J. Acoust. Soc. Am.   96(4) 2076-2087   1994年10月   [査読有り]
Human Processing of Auditory-Visual Information in Speech Perception: Potential for Multimodal Human-Machine Interfaces
KUHL, P. K., TSUZAKI, M., TOHKURA, Y. and MELZOFF, A. N.
Proc. 3rd Int. Conf. on Spoken Language Processing (ICSLP'94)   2(S11-4) 539-542   1994年9月   [査読有り]
順向マスキングの時間周波数特性を模擬した動的ケプストラムを用いた音韻認識
相川清明,河原英紀,東倉洋一
電子情報通信学会論文誌 A   J76-A(11) 1514-1521   1993年11月   [査読有り]
Dynamic Cepstrum Incorporating Time-Frequency Masking and Its Application to Continuous Speech Recognition
AIKAWA, K., SINGER, H., KAWAHARA, H. and TOHKURA, Y.
Proc. IEEE Intl. Conf. on Acoustic, Speech and Signal Processing (ICASSP'93)   II 668-671   1993年4月   [査読有り]
人間の音声処理過程と工学への応用
東倉洋一
電子情報通信学会誌   75(10) 1038-1041   1992年10月   [査読有り]
ATR可変残響室の構造と音響特性
平原達也,カールミュラー,東倉洋一
日本音響学会誌   48(5) 301-308   1992年5月   [査読有り]
The Effects of Experimental Variables on the Perception of American English /r/ and /l/ by JapaneseListeners
YAMADA, R. A. and TOHKURA, Y.
J. Perception & Psychophysics   52(4) 376-392   1992年5月   [査読有り]
Prosodic Control to Express Emotions for Man-Machine Speech Interaction
KITAHARA, Y. and TOHKURA, Y.
IEICE Trans. Fundamentals   E75-A(2) 155-163   1992年2月   [査読有り]
Tempo as a Perceptual Cue for Judgment of Infant Cries
TSUKAMOTO, T. and TOHKURA, Y.
Perceptual and Motor Skills   74    1992年2月   [査読有り]
SEKIYAMA, K. and TOHKURA, Y.
J. Accoust. Soc. Am   90(4 Pt 1) 1797-1805   1991年10月   [査読有り]
Age Effect on Acquisition of Non-Native Phonemes: Perception of English /r/ and /l/ for Native Speakers of Japanese
YAMADA, R. A. and TOHKURA, Y.
Proc. 12th International Congress of Phonetic Science (ICPhS'91)   4 450-453   1991年8月   [査読有り]
Perceptual Units of the Infant Cry
TSUKAMOTO, T. and TOHKURA, Y.
Early Child Development and Care   65 167-178   1991年7月   [査読有り]
聴覚・音声知覚モデルと音声情報処理への応用
片桐滋,東倉洋一
人工知能学会誌   6(3) 351-357   1991年3月   [査読有り]
Perception and Production of Syllable-Initial English /r/ and /l/ by Native Speakers of Japanese
YAMADA, R. and TOHKURA, Y.
Proc. Intl. Conf. on Spoken Language Processing (ICSLP'90)   757-760   1990年11月   [査読有り]
AKAGI, M. and TOHKURA, Y.
Computer Speech and Language   4(4) 325-344   1990年10月   [査読有り]
IWAMIDA, H., KATAGIRI, S., MCDERMOTT, E. and TOHKURA, Y.
J.Acoust. Soc. Jpn (E)   11(5) 277-286   1990年9月   [査読有り]
A Hybrid Speech Recognition System Using HMMs with an LVQ-trained Code book
IWAMIDA, H., KATAGIRI, S., MCDERMOTT, E. and TOHKURA, Y.
Proc. Intl. Conf. on Acoustics, Speech, and Signal Processing (ICASSP'90)   489-492   1990年4月   [査読有り]
Acoustic and Physiological Characteristics of Traditional Singing in Japan
KOBAYASHI, N. and TOHKURA, Y.
Proc. 1st Intl. Conf. on Music Perception and Cognition   171-174   1989年10月   [査読有り]
Perceptual Units of the Infant Cry
TSUKAMOTO, T. and TOHKURA, Y.
The 3rd International Infant Cry Workshop (1989.7)      1989年7月   [査読有り]
On the Application of Spectrum Target Prediction Model to Speech Recognition
AKAGI, M. and TOHKURA, Y.
Proc. Intl. Conf. on Acoustics, Speech & Signal Processing (ICASSP'88)   139-142   1988年4月   [査読有り]
音声言語認知における韻律の役割
北原義典,武田昌一,市川 憙,東倉洋一
電子情報通信学会論文誌   J70-D(11) 2095-2101   1987年11月   [査読有り]
TOHKURA, Y.
IEEE Trans. Acoust., Speech & Signal Process.   35(10) 1414-1422   1987年10月   [査読有り]
音声知覚と音声認識
東倉洋一
電子情報通信学会誌   70(4) 339-345   1987年4月   [査読有り]
A Weighted Cepstral Distance Measure for Speech Recognition
TOHKURA, Y.
Proc. Intl. Conf. on Acoustics, Speech and Signal Processing (ICASSP'86)   761-764   1986年4月   [査読有り]
単音節知覚における時間情報の役割
片桐 滋,東倉洋一,古井貞煕
日本音響学会誌   42(2) 97-105   1986年2月   [査読有り]
規則による音声合成のための音韻時間長制御
匂坂芳典,東倉洋一
電子通信学会論文誌   J67-A(7) 629-636   1984年7月   [査読有り]
TOHKURA, Y. and ITAKURA, F.
IEEE Trans. Acoust., Speech &Signal Process.   27(3) 273-280   1979年6月   [査読有り]
TOHKURA, Y., ITAKURA, F. and Hashimoto S.
IEEE Trans. Acoust., Speech &Signal Process.   26(6) 587-596   1978年12月   [査読有り]
Spectral Sensitivity Analysis of PARCOR Parameter for Speech Data Compression
TOHKURA, Y. and ITAKURA, F.
Proc.4th Int'l. Joint Conf. on Pattern Recognition   1059-1063   1978年11月   [査読有り]
音声の特徴抽出と情報圧縮
板倉文忠,東倉洋一
情報処理   19(7) 644-656   1978年7月   [査読有り]
PARCOR帯域圧縮方式における音声品質向上
東倉洋一,板倉文忠
電子通信学会論文誌   61-A(3) 254-261   1978年3月   [査読有り]

研究分野

 

経歴

 
2012年4月
 - 
現在
国立情報学研究所 名誉教授・特任教授(研究戦略室担当)
 
2005年4月
 - 
2012年3月
国立情報学研究所 研究総主幹・副所長
 
2003年10月
 - 
2012年3月
国立情報学研究所 教授
 
2000年7月
 - 
2003年7月
NTT先端技術総合研究所 所長
 
1998年7月
 - 
2000年7月
NTTコミュニケーション科学基礎研究所 所長
 

受賞

 
2012年5月
日本音響学会 名誉会員
 
2009年6月
総務省 「情報通信週間」総務大臣表彰
 
2005年
情報文化学会 学会賞
 
2000年
電子情報通信学会 フェロー
 
1998年
Acoustical Society of America Fellow
 

Misc

 
人と調和し文化を目指す情報科学技術研究をいかに推進するか?
東倉洋一・原島博
文化を目指す創造型科学技術研究とその進め方-研究者との対話-      2011年11月
納豆が消えた
東倉洋一
NII Today   (36) 12-12   2007年6月
求められる「脳のリスク管理」
東倉洋一
日刊工業新聞2007年3月29日      2007年3月
変容する音の未来を探る
東倉洋一
情報通信ジャーナル   (2007)    2007年2月
知的活動の向上と情報基盤
東倉洋一
未踏科学技術協会科学技術情報シンポジウム      2007年1月
音声研究の新しい価値を考える
東倉洋一
音声研究シンポジウム      2007年1月
情報化社会の「影」を「光」に変える!〓
東倉洋一
日刊工業新聞2007年1月11日      2007年1月
情報化社会の「影」を「光」に変える!〓
東倉洋一
日刊工業新聞2007年1月4日      2007年1月
東倉洋一, 大橋力, 小泉宣夫
日本音響学会誌   62(12) 891-896   2007年1月
中澤誠, 青見茂之, 梅村敏, 奥山虎之, 鎌谷直之, 小杉眞司, 斎藤加代子, 城尾邦隆, 永井良三, 平原史樹, 福嶋義光, 松岡瑠美子, 松田一郎, 松森昭, 山岸敬幸, 石上友章, 今井靖, 佐地勉, 西尾亮介, 田中敏博, 東倉洋一, 新川詔夫, 古山順一, 堀正二
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   70 1329-1389   2006年12月
Importance of Information Infrastructures in Modernizing Medical Practice & Education (講演)
東倉洋一
2nd IREIIMS Open Symposium      2006年12月
情報爆発から汲み出す未来価値を求めて
東倉洋一
電気通信   (2006)    2006年12月
誌上座談会:超高周波音が拓く音の新世界を探る
東倉洋一
日本音響学会誌   62(2006)    2006年12月
ICTによる未来価値を求めて
東倉洋一
ATR研究発表会      2006年11月
人間とITの共生を求めて (講演)
東倉洋一
ATIフォーラム      2006年11月
情報の量から質へのパラダイムシフトを!
東倉洋一
情報通信ジャーナル   (2006)    2006年11月
ヒューマンインタフェースの新しいカタチを求めて
東倉洋一
「はかる」(社)日本計量機器連合会広報誌   (83)    2006年10月
ICT進展が伴う光と影。安全な情報化社会の現実は可能か
東倉洋一
「オムニ・マネジメント」(社)日本経営協会情報誌   (2006)    2006年10月
情報化時代の日本語を考える
東倉洋一
日本語学   (2006)    2006年9月
ICTは脳にどのような影響を与えるか (インタビュー)
東倉洋一
ネイチャーインタフェイス   (31(2)    2006年9月
e-パラダイムの深層(脳と社会の時代に生きる-脳科学の応用展開はマーケティングから嘘発見器まで-)
東倉洋一
情報通信ジャーナル   (2006)    2006年8月
コミュニケーションを科学する (講演)
東倉洋一
東京女子医科大学IREIMSセミナー      2006年7月
ITの課題や不安 (講演)
東倉洋一
総合研究開発機構研究会      2006年6月
奇書: 情報通信分野における競争的研究資金制度とシステム改革
東倉洋一
電子情報通信学会誌   (2006)    2006年6月
情報化社会の摩擦論-動き出したら止まらない社会を望むか?-
東倉洋一
情報システムソサイエティ誌   (2006)    2006年6月
ユビキタス社会のガバナンス〓人、技術、社会システムの調和を求めて〓 (講演)
東倉洋一
-      2006年5月
書評(声の不思議百科)
東倉洋一
電子情報通信学会誌   (2006)    2006年5月
e-パラダイムの深層(ユビキタスネット社会における最適な「摩擦」の姿を求めて)
東倉洋一
情報通信ジャーナル   (2006)    2006年4月
e-パラダイムの深層(未来を語り、未来を考える)
東倉洋一
情報通信ジャーナル   (2005)    2005年12月
ICTの過去、現在、未来
東倉洋一
電気通信   (12月)    2005年12月
e-パラダイムの深層(アーカイブよ永遠に〓技術の壁を越えて〓)
東倉洋一
情報通信ジャーナル   (2005)    2005年8月
Yang Zhang, Patricia K. Kuhl, Toshiaki Imada, Makoto Kotanic and Yoh'ichi Tohkura
NeuroImage   26(3) 703-720   2005年7月
コンテンツ流通に適した評判システムの検討
高橋寛幸、曽根原登、東倉洋一
2005年度画像電子学会第33回年次大会、名古屋、2005.6      2005年6月
著者が語る
東倉洋一
フジサンケイビジネスアイ コラム (2005.5.9)      2005年5月
e-パラダイムの深層(ネットは人の上に人を造らず?)
東倉洋一
情報通信ジャーナル   (2005)    2005年4月
ユビキタス社会における人間と技術の可能性を探る
東倉洋一
u-Japanセミナー講演      2005年3月
ユビキタス社会のガバナンス (話題提供)
東倉洋一
第8回社会技術研究フォーラム      2005年1月
新・テレコムインタビュー 未来を語る〓私の夢 (1)(2)
東倉洋一
情報通信ジャーナル, 2005年1月号(pp26-29)・2月号(pp24-27)   2005(1,2)    2005年1月
どこまでが真実か?
東倉洋一
NTT広報誌「.relation」   (2005)    2005年1月
ヒューマンインタフェイスの新しいカタチを求めて: 東倉洋一インタビュー
東倉洋一
ネイチャーインタフェイス   (24) 14-17   2004年12月
今、なぜ情報制度か!
東倉洋一
国立情報学研究所・公開講演会(2004.11.5東京、2004.11.16京都)      2004年11月
チャンス発見〓IT・人間の協働で成果
東倉洋一
日経産業新聞 コラム Techno Online(2003.12.5)      2003年12月
Putting Our Heads Together
東倉洋一
LOOK JAPN   49(573) 30   2003年12月
大学教官らの研究費獲得〓契約行為の認識必要
東倉洋一
日経産業新聞 コラム Techno Online(2003.10.17)      2003年10月
ユビキタス社会〓政治、経済、教育などを電子ネットワーク上で展開するには?
東倉洋一
平成15年度NII市民講座 学術総合センター(2003.7.11)      2003年7月
『人間能力』拡大の時代
東倉洋一
通信興業新聞 年頭所感 (2003.1.1)      2003年1月
新世紀の情報通信?人間と情報の新しい係わりを求めて?
東倉洋一
技術と経済   426 15-22   2002年8月
産学連携の現状と課題 (講演)
東倉洋一
文部科学部門会議・大学改革ワーキングチーム合同会議      2002年6月
パネル「科学と芸術の絡み合い」
東倉洋一
東京大学総合研究機構俯瞰工学シンポジウム「アート+テクノロジ+ブレイン」      2002年2月
NTT先端技術総合研究所・東倉洋一所長に聞く
東倉洋一
日経産業新聞,元旦企画,2002.1.1      2002年1月
日米ITセッション
東倉洋一
LooP   1 68-69   2002年1月
メディアセレクト
東倉洋一
社会2002,月刊アイティセレクト   (1月) 40-41   2001年12月
事業戦略としての基礎研究 (講演)
東倉洋一
フォーラム「持続可能な産業創生のシナリオ」      2001年12月
日本の研究開発拠点
東倉洋一
S&Tジャーナル   10(6) 50-51   2001年6月
研究開発マネージャーのキャリア探訪
東倉洋一
研究開発マネジメント   (2001) 54-62   2001年6月
対談(伊藤乾氏)音楽認知の現在 (特集「認知科学と音楽」)
東倉洋一
エクスムジカ,MusicScape   (3) 6-13   2000年12月
研究人材の国際的な競争力を
東倉洋一
朝日新聞 論壇(2000.5.26夕刊)      2000年5月
人間の第六感になり得る
東倉洋一
産経新聞 夢2100(2000.3.23)      2000年3月
新情報惑星を創造する未来型コミュニケーション技術
東倉洋一
通信興業新聞 年頭所感(2000.1.4)      2000年1月
新情報惑星の創造を
東倉洋一
京都新聞 どうする2000年紀(2000.1.1)      2000年1月
新・以心伝心学
東倉洋一
朝日新聞(1999.9.1〓1999.10.29夕刊 24回連載)      1999年9月
コミュニケーション科学 時代を拓くR&D
東倉洋一
通信興業新聞 年頭所感(1999.1.11)      1999年1月
音の科学 その歴史から未来へ
東倉洋一
NEWSCHOOL6-1「テクノロジーと音・音楽」      1999年1月
社会・産業を変える未来技術と変わる関西 (パネルディスカッション)
東倉洋一
日経産業新聞創刊25周年国際シンポジウム「デジタル革命」      1998年10月
人とコンピュータを結ぶ科学と技術
東倉洋一
国際シンポジウム『人間-その内と外』      1998年4月
基礎研究ビックバンに向けて
東倉洋一
通信興業新聞 年頭所感(1998.1.19)      1998年1月
脳研究ビッグバンを決行せよ
東倉洋一
時評   (5月) 58-62   1997年5月
ヒューマンコミュニケーションの本質を探る
東倉洋一
基盤技術研究促進センター「10周年記念式典」      1995年10月
"たこつぼ"状況を超えて (パネルディスカッション)
東倉洋一
日米-知の交流シンポジア1995      1995年5月
Inter-Language Differences in the Influence of Visual Cues in Speech Perception
Kaoru Sekiyama and Yoh'chi Tohkura
J. Phonetics   21(4) 427-444   1993年10月
Discriminative training for speech recognition
TOHKURA, Y.
J.Acoust.Soc.Jpn. (E)   13(6) 331-332   1992年12月
ATR Human Information Processing Research Labs-Enhancing Human-Machine Communications Technology
TOHKURA, Y.
New Breeze   4(3, Aut) 12-13   1992年10月
The Effects of Experimental Variables on the Perception of American English /r/ and /l/ by Japanese Listeners
Reiko A. Yamada and Yoh'ichi Tohkura
J. Perception & Psychophysics   52(4) 376-392   1992年5月
ATR Neural Network Research on Speech Processing
TOHKURA, Y.
First Alliant Neural Networks Colloquium      1988年10月
Yoh'ichi Tohkura
IEEE Trans. Acoust., Speech & Signal Process   35(10) 1414-1422   1987年10月
Experimental Comparison of Parameter Interpolation in LPC Vocoders
TOHKURA, Y.
the 97th Meeting of the Acoustical Society of America, Speech Communication Papers   373-376   1979年6月

書籍等出版物

 
小泉 成史, 曽根原 登, 東倉 洋一
丸善   2008年3月   ISBN:4621053760
c-Japan宣言 情報を糧とした日本の未来ビジョン
小泉 成史, 曽根原 登 , 東倉 洋一
丸善ライブラリー   2008年3月   
東倉 洋一
ダイヤモンド社   2005年11月   ISBN:4478190496
東倉 洋一, 上野 晴樹, 山本 毅雄, 三浦 謙一
丸善   2005年6月   ISBN:4621053701
東倉 洋一, 岡村 久道, 高村 信, 岡田 仁志, 曽根原 登
丸善   2005年3月   ISBN:462105368X
NTT出版   2003年3月   ISBN:4757100922
東倉 洋一
ダイヤモンド社   2001年9月   ISBN:4478880131
東倉 洋一, 小泉 英明, ロドニー ブルックス, 中村 桂子, 相川 清明, 天野 成昭
NTT出版   2001年3月   ISBN:4757120621
Wiley Encyclopedia of Electrical and Electronics Engineering
未入力
John Wiley & Sons, Inc   1999年4月   
"Cepstral Analysis of Speech" in Wiley Encyclopedia of Electrical and Electronics Engineering
Yoh'ichi Tohkura and Kiyoaki Aikawa
John Wiley & Sons, Inc   1999年4月   
淀川 英司, 中根 一成, 東倉 洋一
電子情報通信学会   1998年3月   ISBN:4885521513
Second-Language Speech: Structure and Process
未入力
Mouton de Gruyter   1997年5月   
音のなんでも小事典
日本音響学会編(執筆:東倉、赤木、阪上、鈴木、中村、山田)
講談社ブルーバックス   1996年12月   
"Neural Networks for Signal Processing VI," Proc. 1996 IEEE Workshop on Signal Processing
USUI, S., TOHKURA, Y., KATAGIRI, S. and WILSON, E. (Eds.)
未入力   1996年9月   
音のコミュニケーション工学?マルチメディア時代の音声・音響技術? (音響テクノロジーシリーズ)
未入力
未入力   1996年7月   
Speech, Hearing and Neural Network Models
K. Shikano, Y. Tohkura, Seiichi Nakagawa
IOS Printing Inc   1995年1月   
視聴覚情報科学 ?人間の認知の本質に迫る ? (ATR先端テクノロジーシリーズ)
未入力
未入力   1994年9月   
Speech Perception, Production and Linguistic Structure
TOHKURA, Y., VATIKIOTIS-BATESON, E. and SAGISAKA, Y. (Eds.)
Tokyo, Ohmsha and Amsterdam, IOS Press   1992年1月   
中川 聖一, 東倉 洋一, 鹿野 清宏
オーム社   1990年8月   ISBN:4274075850
Readings in Speech Recognition
edited by WAIBEL, A. and LEE, K.F.
Morgan Kaufmann   1990年5月   

講演・口頭発表等

 
調和と共生-人と情報環境が創る新しい世界-
東倉洋一
[CREST]研究領域「共生社会に向けた人間調和型情報技術の構築」第2回領域シンポジウム   2011年10月   
携帯型遠隔操作アンドロイド「エルフォイド」 への期待
東倉洋一
第一回CRESTシンポジウム:人の存在を伝達する携帯型遠隔操作アンドロイド   2011年3月   
ガバナンスが創り出す新しい価値
東倉洋一
【JST情報と社会】領域ユビキタスシンポジウム   2010年12月   
人間と情報環境が創る新しい価値を目指して
東倉洋一
[CREST]研究領域「共生社会に向けた人間調和型情報技術の構築」第1回領域シンポジウム   2010年11月   
「ICTと共創する高齢社会を目指す」
東倉洋一
戦略的イノベーション創出推進(S-イノベ)のためのワークショップ「高齢社会を豊かにする科学・技術・システムの創成」   2010年5月   

担当経験のある科目