冨田 智彦

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/09 15:35
 
アバター
研究者氏名
冨田 智彦
 
トミタ トモヒコ
URL
http://www.sci.kumamoto-u.ac.jp/~tomita/Japanese/Jmain.htm
所属
熊本大学
部署
大学院先端科学研究部(理)
職名
准教授
学位
博士(理学)(筑波大学)

研究分野

 
 

学歴

 
1991年4月
 - 
1994年3月
筑波大学 大学院博士課程 地球科学研究科 博士(理学)
 
1989年4月
 - 
1991年3月
筑波大学 大学院博士課程 地球科学研究科(修士)
 
1985年4月
 - 
1989年3月
筑波大学 第一学群 自然学類
 

委員歴

 
2018年8月
 - 
現在
気象ビジネス推進コンソーシアム(WXBC)  有識者会員
 
2014年5月
 - 
現在
日本気象学会  九州支部理事
 
2006年7月
 - 
2015年3月
日本学術会議  環境学委員会 地球惑星科学委員会合同IGBP・WCRP合同分科会MAHASRI小委員会委員
 

受賞

 
2005年3月
地球環境フロンティア研究センター 2004年度フロンティア賞
 

論文

 
Effects of the Australian winter monsoon on the persistence of La Niña events (accepted)
Tomohiko Tomita, Taiga Shirai, Tsuyoshi Yamaura
Journal of Meteorological Society of Japan      2020年2月   [査読有り]
Interannual variability of Baiu frontal activity in May and its connectivity with June (under 2nd review)
Tomohiko Tomita, Tsuyoshi Yamaura
Journal of Meteorological Society of Japan      2019年   [査読有り]
Physics-guided Neural Network with Model Discrepancy Based on Upper Troposphere Wind Prediction (accepted)
Ken-ichi Fukui, Junya Tanaka, Tomohiko Tomita, Masayuki Numao
ICMLA2019      2019年   [査読有り]
A study of upper tropospheric circulations over the Northern Hemisphere prediction using multivariate features by ConvLSTM (accepted)
Ekasit Phermphoonphiphat, Tomohiko Tomita, Masayuki Numao, Ken-ichi Fukui
IES2019      2019年   [査読有り]
Tomohiko Tomita, Tsuyoshi Yamaura
Scientific Online Letters on the Atmosphere   13 85-89   2017年1月
© 2017, the Meteorological Society of Japan. The North Pacific shows dominant monthly-mean large-scale atmospheric circulation anomalies, even after removing the variabilities of the Northern Hemisphere annular mode and the El Niño/Southern Oscill...
Shigeki Hosoda, Masami Nonaka, Tomohiko Tomita, Bunmei Taguchi, Hiroyuki Tomita, Naoto Iwasaka
Journal of Oceanography   71 541-556   2015年10月
© 2015, The Oceanographic Society of Japan and Springer Japan. Observational data are used to investigate summer heat penetration into the subsurface ocean in order to quantify the heat capacity of the upper ocean with respect to surface heat exch...
Chihiro Kodama, Yohei Yamada, Akira T. Noda, Kazuyoshi Kikuchi, Yoshiyuki Kajikawa, Tomoe Nasuno, Tomohiko Tomita, Tsuyoshi Yamaura, Hiroshi G. Takahashi, Hiroshi G. Takahashi, Masayuki Hara, Yoshio Kawatani, Masaki Satoh, Masaki Satoh, Masaki Satoh
Journal of the Meteorological Society of Japan   93 393-424   2015年1月
© 2015, Meteorological Society of Japan. A 20-year integration by the nonhydrostatic icosahedral atmospheric model (NICAM) with a 14 km mesh was conducted for the first time to obtain a climatological mean and diurnal to interannual variability of...
Tsuyoshi Yamaura, Tomohiko Tomita, Tomohiko Tomita
Journal of the Meteorological Society of Japan   92 305-325   2014年1月   [査読有り]
© 2014, Meteorological Society of Japan. All rights reserved.Thus, the physical processes producing the interannual variability of Baiu precipitation differ between the early and late Baiu seasons. Based on these differences, more detailed conside...
Tomohiko Tomita, Tomohiko Tomita, Tsuyoshi Yamaura, Yuta Kuwazuru
Scientific Online Letters on the Atmosphere   9 161-165   2013年1月   [査読有り]
© 2013, the Meteorological Society of Japan.Decadal-scale modulation (DSM) appears in the atmospheric circulation change around the onset (July 20) of the western North Pacific summer monsoon (WNPSM). This work examined the DSM associated with the...
Tsuyoshi Yamaura, Tomohiko Tomita, Tomohiko Tomita
Journal of the Meteorological Society of Japan   90 449-465   2012年10月   [査読有り]
Interannual variations of both the Baiu precipitation and tropical cyclone (TC) activity in the western North Pacific (WNP) are controlled by large-scale atmospheric circulations associated with the El Niño/Southern oscillation (ENSO) and the trop...

書籍等出版物

 
Hot Spots in the Climate System: New Developments in the Extratropical Ocean-Atmosphere Interaction Research
Hosoda, S., M. Nonaka, T. Tomita, B. Taguchi, H. Tomita, and N. Iwasaka (担当:共著, 範囲:73-89)
Springer   2016年1月   
図説地球環境の事典
吉崎 正憲、野田 彰、他 (担当:共著, 範囲:梅雨の気候と経年変動)
朝倉書店   2013年9月   

講演・口頭発表等

 
時系列データに基づく帰納的降水量予測の基礎検討
松本直樹、冨田智彦
2019年度気候システム研究集会   2019年9月17日   
A Prediction of Upper Tropospheric Circulations over the Northern Hemisphere Using ConvLSTM
Ekasit Phermphoonphiphat、冨田智彦、沼尾正行、福井健一
電子情報通信学会、人工知能と知識処理、研究専門委員会研究会   2019年9月13日   
時系列データに基づく帰納的降水量予測の基礎検討
松本直樹、冨田智彦、福井健一
日本地球惑星科学連合2019年大会   2019年5月30日   
降水イベントの発生数比率にみる日本の降水の空間分布特性
荻野健太、冨田智彦、松本直樹
日本地球惑星科学連合2019年大会   2019年5月30日   
3次元畳み込みニューラルネットワーク を用いた気象時系列データにおける変化点の検知と注目範囲の可視化
小野智司、前原宗太朗、木下貴裕、福井健一、冨田智彦
日本地球惑星科学連合2019年大会   2019年5月30日   
Spatiotemporal Climate Forecasting with ConvLSTM
Ekasit Phermphoonphiphat、Tomohiko Tomita、Masayuki Numao、Ken-ichi Fukui
日本地球惑星科学連合2019年大会   2019年5月30日   
La Niñaイベントの持続に影響を及ぼすオーストラリア冬季モンスーン
白井大雅、冨田智彦
2018年度第40回九州支部発表会   2019年3月3日   
5月における梅雨前線活動の経年変動
冨田 智彦、山浦 剛
2018年度気候システム研究集会   2018年10月13日   
ラニーニャイベントの持続に影響を及ぼすオーストラリア冬季モンスーン
白井 大雅、冨田 智彦
2018年度気候システム研究集会   2018年10月13日   
福岡・熊本・鹿児島における降水イベントの時間変化特性
松本 直樹、荻野 健太、福井 健一、冨田 智彦
電子情報通信学会 人工知能と知識処理 研究専門委員会研究会   2018年8月27日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
物理モデルに基づくニューラルネットワークの開発と気象物理の探求
日本学術振興会: 科学研究費補助金、挑戦的研究(萌芽)
研究期間: 2019年7月 - 2021年3月    代表者: 福井 健一
東アジアモンスーン変動と黒潮・黒潮続流との双方向作用のメカニズム
日本学術振興会: 科学研究費補助金、新学術領域
研究期間: 2010年4月 - 2015年3月    代表者: 川村 隆一
データレスキューによる20世紀におけるアジアモンスーン気候の復元
日本学術振興会: 科学研究費補助金、基盤(A)
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月    代表者: 松本 淳
梅雨経年変動の予測可能性について
日本学術振興会: 科学研究費補助金、基盤(C)
研究期間: 2005年4月 - 2009年3月    代表者: 冨田 智彦
梅雨の経年変動メカニズム
日本学術振興会: 科学研究費補助金、若手研究(B)
研究期間: 2002年4月 - 2005年3月    代表者: 冨田 智彦

社会貢献活動

 
2017年7月5-7日の九州北部の集中豪雨について
【取材協力】  RKK(熊本放送)  RKK NEWS JUST  2017年7月10日