久保智英

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/28 20:56
 
アバター
研究者氏名
久保智英
 
クボ トモヒデ
eメール
kuboh.jniosh.johas.go.jp
URL
https://www.researchgate.net/profile/Tomohide_Kubo/?ev=hdr_xprf
所属
独立行政法人労働者健康安全機構労働安全衛生総合研究所
部署
産業ストレス研究グループ/過労死等防止調査研究センター
職名
上席研究員
学位
博士(医学)(名古屋市立大学), 修士(心理学)(中央大学)
ORCID ID
https://orcid.org/0000-0001-9127-9286

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
独立行政法人 労働者健康安全機構 労働安全衛生総合研究所 上席研究員
 
2013年4月
 - 
2017年3月
独立行政法人労働安全衛生総合研究所 主任研究員
 
2011年4月
 - 
2013年3月
独立行政法人労働安全衛生総合研究所 研究員
 
2011年2月
 - 
2011年3月
フィンランド国立労働衛生研究所 客員研究員
 
2008年4月
 - 
2011年3月
独立行政法人労働安全衛生総合研究所 任期付研究員
 

学歴

 
2003年4月
 - 
2008年3月
名古屋市立大学 医学研究科 予防社会医学専攻 博士課程 
 
2001年4月
 - 
2003年3月
中央大学 文学研究科 心理学専攻 修士課程 
 
2000年4月
 - 
2001年3月
財団法人 労働科学研究所 研究生  
 
1996年4月
 - 
2000年3月
中央大学 文学部 教育学科心理学コース
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
現在
日本産業衛生学会  編集委員 Journal of Occupational Health / 産業衛生学雑誌
 
2014年4月
 - 
現在
文部科学省科学技術政策研究所科学技術動向研究センター  専門調査員
 
2015年5月
 - 
2015年5月
日本産業衛生学会 産業疲労研究会  第82回定例研究会 座長
 
2014年4月
 - 
2015年3月
東京海上日動リスクコンサルティング株式会社  厚生労働省委託事業「パート労働者等の健康管理事業」委員会
 
2014年10月
 - 
2014年10月
公益財団法人 労働科学研究所 研究推進会議  座長 【セッション3】 疲労コミュニケーションによる職場力の向上 第2回労働科学フォーラム「職場力の向上」
 
2014年9月
 - 
2014年9月
日本産業衛生学会 産業疲労研究会  第81回定例研究会 会頭
 
2012年12月
 - 
2012年12月
日本産業衛生学会 産業疲労研究会  第77回定例研究会 会頭およびシンポジウム座長 (http://square.umin.ac.jp/of/)
 
2011年4月
 - 
現在
日本産業衛生学会  産業疲労研究会 世話人
 
2011年
 - 
2011年
20th International Symposium on Shiftwork and Working Time  Trainee committee
 
2010年
 - 
2010年
第45 回人類働態学会全国大会ならびに学会創立40 周年記念国際シンポジウム 実行委員
 

受賞

 
2016年3月
SLEEP MEDICINE (Elsevier) Recognized reviewer
 
2015年5月
日本産業衛生学会 優秀査読者賞(Journal of Occupational Health, Vol.56 / 産業衛生学雑誌 56巻)
 
2010年3月
名古屋市立大学医学研究科 奥谷賞
 
2010年6月
The 21st Japan China Korea Joint Conference on Occupational Health. Most innovative award
 

書籍等出版物

 
島津明人(編) (担当:分担執筆, 範囲:久保智英 Q54「日常生活の中でWEを高められる取り組みはありますか?また、平日のWEを高く するために、休日にできることがあれば教えて下さい。」)
金剛出版   2018年12月   ISBN:4772416692
久保智英 (担当:分担執筆, 範囲:2章 発生予防;労働者の疲労と睡眠-過労リスクとオンとオフのメリハリの重要性)
中山書店   2018年6月   ISBN:4521739083
産業医学ジャーナル編集委員会 (担当:分担執筆, 範囲:新しい労働時間管理の考え方と産業保健(久保 智英))
産業医学振興財団   2018年5月   ISBN:4915947696
ストレスチェック実務Q&A編集委員会 編 (担当:分担執筆, 範囲:労働時間の把握)
産業医学振興財団   2018年4月   ISBN:491594767X
久保智英 (担当:分担執筆, 範囲:第9章 作業管理 4.労働時間管理)
南山堂   2017年5月   ISBN:4525184574

社会貢献活動

 
シリーズ 働き方改革 社員の健康守る 先進の取り組みを追う
【取材協力】  公明党  公明新聞  2018年6月6日
【パネリスト, 取材協力】  安全スタッフ(労働新聞社)  2018年3月20日
【取材協力】  読売新聞  2017年12月5日
【取材協力】  朝日新聞  2017年12月2日
【取材協力】  厚生労働省  2017年3月
【講師】  厚生労働省  (名古屋(2017/3/3)、大阪(2017/3/7))  2017年3月
【取材協力】  読売新聞(朝刊)  2016年8月30日
【取材協力】  毎日新聞(朝刊)  2016年3月14日
【取材協力】  日本経済新聞(朝刊)  2015年10月26日

論文

 
Kubo T, Izawa S, Tsuchiya M, Ikeda H, Miki K, Takahashi M
Journal of occupational health   60(5) 394-403   2018年9月   [査読有り]
Ikeda H, Kubo T, Sasaki T, Liu X, Matsuo T, So R, Matsumoto S, Yamauchi T, Takahashi M
Journal of occupational health   60(3) 229-235   2018年5月   [査読有り]
久保智英
産業医学レビュー   30(2) 107-138   2017年9月   [査読有り]
Ikeda H, Kubo T, Izawa S, Takahashi M, Tsuchiya M, Hayashi N, Kitagawa Y
Journal of occupational and environmental medicine   59(4) 397-401   2017年4月   [査読有り]
久保智英
労働安全衛生研究   10(1) 45-53   2017年3月   [査読有り]
Tomohide Kubo, Masaya Takahashi, Xinxin Liu, Hiroki Ikeda, Fumiharu Togo, Akihito Shimazu, Katsutoshi Tanaka, Naoki Kamata, Yoshiko Kubo, Junko Uesugi
Journal of Occupational and Environmental Medicine   58(11) 1066-1072   2016年11月   [査読有り]
認知症専用棟で交代勤務に従事する介護労働者における表情認知
久保智英,東郷史治,津野香奈美,高橋正也,一水卓, 佐藤悦子,菊池沙織,三谷健,小松泰喜
産業ストレス研究   22(2) 119-126   2015年4月   [査読有り]
久保智英、高橋正也、ミカエル・サリーネン、久保善子、鈴村初子
産業衛生学雑誌   55(3) 90-102   2013年5月   [査読有り]
Tomohide Kubo, Masaya Takahashi, Fumiharu Togo, Xinxin Liu, Akihito Shimazu, Katsutoshi Tanaka, Masatoshi Takaya
Occupational Medicine   63(2) 148-151   2013年3月   [査読有り]
Mikael Sallinen, Jussi Onninen, Katriina Tirkkonen, Marja-Leena Haavisto, Mikko Härmä, Tomohide Kubo, Pertti Mutanen, Jussi Virkkala, Asko Tolvanen and Tarja Porkka-Heiskanen
Journal of Sleep Research      2012年12月   [査読有り]
Kubo T, Takahashi M, Sato T, Sasaki T, Oka T, Iwasaki K
Scandinavian journal of work, environment & health   37(5) 418-426   2011年9月   [査読有り]
Takahashi M, Iwasaki K, Sasaki T, Kubo T, Mori I, Otsuka Y
Applied ergonomics   42 244   2011年1月   [査読有り]
Kubo T, Takahashi M, Takeyama H, Matsumoto S, Ebara T, Murata K, Tachi N, Itani T
Chronobiology international   27(5) 1031-1044   2010年7月   [査読有り]
Sato T, Kubo T, Ebara T, Takeyama H, Inoue T, Iwanishi M, Tachi N, Itani T, Kamijima M
Industrial health   48(4) 470-477   2010年   [査読有り]
Takanishi T, Ebara T, Murasaki GI, Kubo T, Tachi N, Itani T, Kamijima M
Journal of occupational health   52(1) 39-47   2010年   [査読有り]
Kubo T, Takahashi M, Tachi N, Takeyama H, Ebara T, Inoue T, Takanishi T, Murasaki GI, Itani T
Industrial health   47(5) 527-532   2009年10月   [査読有り]
Ebara T, Kubo T, Inoue T, Murasaki GI, Takeyama H, Sato T, Suzumura H, Niwa S, Takanishi T, Tachi N, Itani T
Industrial health   46(5) 497-505   2008年10月   [査読有り]
Kubo T, Tachi N, Takeyama H, Ebara T, Inoue T, Takanishi T, Arakomo Y, Murasaki GI, Itani T
Sangyo eiseigaku zasshi = Journal of occupational health   50(5) 133-144   2008年9月   [査読有り]
Kubo T, Takeyama H, Matsumoto S, Ebara T, Murata K, Tachi N, Itani T
Industrial health   45(4) 552-563   2007年8月   [査読有り]
Inoue T, Ebara T, Kubo T, Takeyama H, Anzai M, Sakai Y, Sato T, Itani T
Journal of human ergology   36(1) 13-23   2007年6月   [査読有り]

Misc

 
経営層を動かす! エビデンスのあるキラートーク(第11回) ワークタイム・コントロールは睡眠の質と仕事のパフォーマンスを向上させる!
久保 智英
産業保健と看護   10(5) 452-453   2018年9月
【"お疲れ社員"に効く処方箋"疲労"を断つ!】 ポジティブ・オフと疲労回復 働く人びとにとっての「良い眠り」とは何か?
久保 智英
産業保健と看護   10(1) 55-59   2018年1月
日本人は"働き過ぎ"?!その実態と問題に迫る(第9回) 過重労働対策としての勤務間インターバル制度
久保 智英, 池田 大樹, (独)労働者健康安全機構労働安全衛生総合研究所産業ストレス研究グループ
安全と健康   68(9) 908-909   2017年9月
勤務間インターバルの長さと客観的な睡眠指標の関連性 1ヵ月間の連続観察調査
久保 智英, 井澤 修平, 池田 大樹, 土屋 政雄, 三木 圭一, 高橋 正也
日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集   42回 199-199   2017年6月
久保智英、吉川徹
安衛研ニュース   98    2017年1月
【認知機能と睡眠】 働く人々の睡眠不足と認知機能 「良い眠り」の重要性
久保 智英, 高橋 正也
ねむりとマネージメント   3(2) 76-79   2016年9月
<Points>働き盛りの睡眠時間は年々、減少傾向にある。睡眠の確保は、労働の安全性、生産性、健康性の側面で重要である。労働者にとっての良い眠りのカギは労働のなかにある。(著者抄録)
久保智英、高橋正也
ねむりとマネージメント   3(2) 76-79   2016年9月
久保智英、近藤雄二
労政時報   (3911)    2016年6月

講演・口頭発表等

 
久保智英
2018年11月24日   中央労働災害防止協会
基調講演 「過重労働対策としての勤務間インターバル制度の可能性と課題 -睡眠確保の重要性-」 [招待有り]
久保智英
第11回「働く人々の健康を守るシンポジウム」   2018年10月27日   松本産業保健連絡協議会
久保智英
2018年度 「心とからだの健康づくり指導者等のための実務向上研修」   2018年10月25日   中央労働災害防止協会
久保智英
第56回 健康管理研究協議会 総会   2018年10月13日   
トラックドライバーの働き方と過労徴候:過労死事案から抽出した前駆症状を用いた検討
久保智英ほか
第91回日本産業衛生学会   2018年5月18日   
過重労働対策としての勤務間インターバル制度の可能性-産業疲労研究の視点から [招待有り]
久保智英
日本労務学会 関東部会   2018年3月10日   
久保智英
心の健康づくりシンポジウム ~ストレスチェックから始める働き方改革~   2018年2月22日   中央労働災害防止協会
仕事の反対語は何か?という問いの答えから考える 労働者の疲労の問題(シンポジウム:看護と介護の現場と産業疲労研究者との対話~産業疲労研究を現場に活かす~)
久保智英
日本産業衛生学会 産業疲労研究会 第87回 定例研究会   2017年10月15日   
久保智英
平成29年度労働衛生大会(松本労働基準協会)   2017年9月22日   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2015年 - 2018年    代表者: 久保 智英
Employee worktime control and work schedule regularity
The 23rd Korea Japan China Joint Conference on Occupational Health: Travel Grant for Young Researcher
研究期間: 2012年5月 - 2012年5月    代表者: 久保智英
研修先:フィンランド国立労働衛生研究所(Finish Institute of Occupational Health)
日本睡眠学会: 日本睡眠学会海外研修員 助成金
研究期間: 2011年2月 - 2011年3月    代表者: 久保智英
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2011年 - 2011年    代表者: 久保智英
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(スタートアップ))
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 久保智英
疲労の回復は勤務中の手休めや休憩時にも生じるが、疲労が回復する大きな機会は勤務と勤務の間の余暇にある。しかし、これまで、どのような余暇の過ごし方が疲労回復に効果的であるのか、とりわけ昼夜の逆転が頻繁に起こる交代制勤務者に焦点を当てた知見は数少ない。本研究の目的は、健康生成論的な観点より、交代制勤務に従事する看護師を対象として、夜勤による疲労回復と余暇の過ごし方の関係を明らかにすることであった。

Journal Referee

 
PLOS ONE
BMJ (British Medical Journal)
Occupational and Environmental Medicine
Journal of Occupational Health
Industrial Health
SLEEP
Sleep Medicine
Sleep and Biological Rhythms
産業衛生学雑誌
労働科学
Hypertension Research
BMC Health Services Research
Nature and Science of Sleep
Behavioral Sleep Medicine
European Journal of Applied Physiology
International Journal of Behavioral Medicine
健康心理学研究
Journal of PHYSIOLOGICAL ANTHROPOLOGY