基本情報

所属
東京海上ホールディングス株式会社
学位
博士(工学)(2017年12月 九州大学)

J-GLOBAL ID
202101015596096019
researchmap会員ID
R000031053

2009年、国際基督教大学卒業。2017年、九州大学大学院社会人博士課程修了。博士(工学)。

2009年より、セキュリティ専門企業にて、侵入テスト、セキュリティ監査、インシデント対応、技術コンサルテーション、研修講師など、様々なセキュリティプロジェクトへ主担当として従事。米国金融機関に1年間在籍し、最先端のセキュリティ管理、脅威インテリジェンスの活用、CISOの意思決定プロセスなどを学んだ経験も持つ。

2019年度より、グローバル金融機関に所属し、グローバルセキュリティ戦略の企画立案、脅威インテリジェンス分析、インシデント対応、グループ会社支援、セキュリティ技術支援、新技術の研究・開発などに従事している。

対外活動として、ASEAN諸国政府官僚向けセキュリティ管理研修、SANSFIRE 2011、SANSFIRE 2012、DEF CON 24 SE Village、LASCON 2016、Besides Philly 2016、Internet Week 2018~2020など各種カンファレンスでの講演経験があり、GIAC Advisory Board Member、情報処理技術者試験委員・情報処理安全確保支援士試験委員、SANS Institute(Lead QA/QC for Japanese、TA/Moderator)なども務めている。また、金融ISAC・FS-ISACの活動にも貢献し、2019年度金融ISACアワード(個人賞)を受賞、2021年度は東京海上グループより、「CITO Award 2021」を受賞した。

著書、翻訳書として以下が挙げられる。著書ページは以下の通り。

https://www.amazon.co.jp/kindle-dbs/entity/author/B09RQLMDPM

  • 監訳:『マスタリングGhidra ―基礎から学ぶリバースエンジニアリング完全マニュアル』(オライリー・ジャパン・2022)
  • 翻訳:『詳解 インシデントレスポンス ―現代のサイバー攻撃に対処するデジタルフォレンジックの基礎から実践まで』(オライリー・ジャパン・2022)
  • 執筆:『脅威インテリジェンスの教科書』(技術評論社・2022)
  • 翻訳:『初めてのマルウェア解析 ― Windowsマルウェアを解析するための概念、ツール、テクニックを探る』(オライリー・ジャパン・2020)
  • 翻訳:『インテリジェンス駆動型インシデントレスポンス ― 攻撃者を出し抜くサイバー脅威インテリジェンスの実践的活用法』(オライリー・ジャパン・2018)

保有資格として、CISSP、CSSLP、CISA、CISM、CDPSE、PMP、情報処理安全確保支援士、公認不正検査士、AWS Certified Speciality (Security)、GIACs(GPEN、GWAPT、GSNA、GREM、GCFA、GDAT)などが挙げられる。

資格については、以下を参照のこと。

https://www.credly.com/users/tomohisa-ishikawa/

For English profile, please see LinkedIn page.

https://www.linkedin.com/in/tomohisaishikawa/


経歴

  5

書籍等出版物

  6

論文

  7

主要な講演・口頭発表等

  27

MISC

  8

所属学協会

  6