国枝 智樹

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/27 23:57
 
アバター
研究者氏名
国枝 智樹
 
クニエダ トモキ
eメール
t_kuniedasophia.ac.jp
所属
上智大学
部署
文学部新聞学科
職名
助教
学位
法学士(上智大学), 修士(新聞学)(上智大学), 博士(新聞学)(上智大学)
科研費研究者番号
90733923

研究分野

 
 

受賞

 
2017年11月
日本広報学会 研究奨励賞
 
2013年10月
日本広報学会 研究奨励賞
 

論文

 
世界の広報史と日本 ―比較広報史研究の知見と意義―
国枝 智樹
広報研究   (21) 37-50   2017年3月   [査読有り]
広報の歴史観をめぐる変化と展望 ―海外主要学術誌における歴史研究の動向―
国枝 智樹
表現学   1 1-9   2015年
国枝 智樹
Journal of socio-informatics   6(1) 59-68   2013年9月   [査読有り]
Increasing number of public and private organizations around the world is utilizing online services to communicate with people in order to construct and maintain positive relationships. While the use of media and communication technologies to mana...
国枝 智樹
The Proceedings of the International History of Public Relations Conference 2013      2013年6月

講演・口頭発表等

 
世界と日本の広報史:アメリカの影響と歴史的多様性
国枝智樹
日本広報学会第22回研究発表全国大会   2016年10月   日本広報学会
Post-WW2 Transition of Tokyo’s Government PR: Democratization, Politicization and Optimization
国枝 智樹
International History of Public Relations Conference   2017年7月5日   
Strategic Public Relations Guidelines by Japanese Local Governments since 2010
国枝 智樹
International Communication Association Post-Conference on Power of Strategic Communication: Public Relations and Advertising in the 21st Century   2016年6月14日   
国枝智樹
日本マス・コミュニケーション学会2015年度春季研究発表会   2015年6月   日本マス・コミュニケーション学会
国際的な広報史研究の動向 ー1990年代以降の変化と展望ー
国枝智樹
日本広報学会第20回研究発表全国大会   2014年10月   日本広報学会

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
放送文化基金: 
研究期間: 2015年 - 2016年    代表者: 渡辺久哲
ニュース番組における解説機能の役割
高橋信三記念放送文化振興基金: 
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 鄭ミンス