Ohmachi Tomohisa

J-GLOBAL         Last updated: Oct 24, 2019 at 02:43
 
Avatar
Name
Ohmachi Tomohisa
Affiliation
Kitasato University
Section
Kitasato University Health Care Center
Job title
Lecturer/Junior Associate Professor
Research funding number
30750129

Research Areas

 
 

Education

 
Apr 2000
 - 
Mar 2004
経済学部, 慶應義塾大学
 
Apr 2004
 - 
Mar 2006
文学研究科心理学専攻, 上智大学大学院
 

Awards & Honors

 
Oct 2018
学生相談における困難事例である非主体的来談学生への理解と対応に関する全国調査, 第56回全国大学保健管理研究集会 一般研究発表 優秀演題, 第56回全国大学保健管理研究集会
 
Sep 2018
カップルセラピーのプロセス研究―初回面接での参加者の体験に関する実証的研究―, 日本家族心理学会第10回研究奨励賞
 

Published Papers

 
学生相談における困難事例である非主体的来談学生へのカウンセラーの理解と対応に関する全国調査
大町 知久:山田 裕子:石塚 昌保:守屋 達美
CAMPUS HEALTH   56(2) 224-230   Jun 2019   [Refereed]
相談することに非主体的な状態で来談する学生への支援モデルの検討-非主体的来談学生事例のメタ分析による質的検討-
大町知久,田村友一,山田裕子,守屋達美
学生相談研究   39(1) 25-38   Aug 2018   [Refereed]
カップルセラピーのプロセス研究ー初回面接での参加者の体験に関する実証的研究-
大町知久,大西真美,大塚斉,田附あえか
家族心理学研究   30(2) 85-100   Mar 2017   [Refereed]
発達障害受容とキャリア再構築の心理援助-学生相談に資する家族援助の視点-
大町知久
学生相談研究   34(3) 201-212   Mar 2014   [Refereed]
「居場所による援助」の一事例-ネットワークの結び目としての心理援助-
大町知久
学生相談研究   32(3) 241-252   Mar 2012   [Refereed]

Books etc

 
キーワードコレクション カウンセリング心理学(担当範囲:Ⅱ-23統合的カウンセリング, Ⅳ-38学生カウンセリング, Ⅴ-50メタ分析)
大町知久(分担執筆)
新曜社   May 2019   
家族心理学ハンドブック(担当範囲:学生相談における家族支援;pp.304-311)
大町 知久(分担執筆)
金子書房   Jan 2019   
家族療法テキストブック(担当範囲:第3部第2節 研究と臨床の乖離を超えて「質的研究」「混合研究」の試み)
日本家族研究・家族療法学会編 (分担執筆) (Part:Joint Work, 第3部第2節 研究と臨床の乖離を超えて「質的研究」「混合研究」の試み)
金剛出版   Jul 2013   

Conference Activities & Talks

 
情緒的に融合した家族から学生が自立していくプロセスの検討-学生と家族の相互作用の視点から-
大町知久,山田裕子,守谷達美
日本学生相談学会第37回大会   19 May 2019   
学生相談における困難事例である非主体的来談学生への理解と対応に関する全国調査
大町知久、山田裕子、石塚昌保、守屋達美
第56回全国大学保健管理研究集会   3 Oct 2018   
非主体的来談学生に対する支援プロセスモデルの検討-事例のメタ分析による質的検討-
大町知久,田村友一,山田裕子,守屋達美
日本学生相談学会第35回大会   21 May 2017   日本学生相談学会
教職員連携を契機に来談する非主体的来談学生に対するカウンセラーの理解と対応
大町知久,山田裕子,石塚昌保,河原久美子,田中あゆみ,山崎綾乃,坂井清香,守屋達美
第54回全国大学保健管理研究集会   6 Oct 2016   
発達障害学生の支援において生じる連携の意味-事例のメタ分析による質的検討-
大町知久,田村友一,山田裕子,守屋達美
日本学生相談学会第34回大会   22 May 2016   

Research Grants & Projects

 
科学研究費補助金:若手研究:相談することに非主体的な状態で来談する学生への実践的支援モデルの検討
Project Year: Apr 2018 - Mar 2020
2017年度北里大学学術奨励資金:非主体的来談学生という学生相談における困難事例の理解と対応に関する調査検討
Project Year: Apr 2017 - Mar 2018
2015年度日本学生相談学会学会推進研究:連携充実の先の課題としての”非主体的来談学生”の対応に関する検討
Project Year: Feb 2016 - Feb 2018