Profile Information

Affiliation
准教授, Kiyomitsu Unit, 沖縄科学技術大学院大学
Degree
博士(生命科学)(京都大学)

J-GLOBAL ID
201301006195434270
researchmap Member ID
B000233763

External link

山口県生まれ。2002年京都大学農学部卒業、2008年京都大学生命科学研究科(柳田充弘研究室)修了、生命科学博士。引き続き柳田研究室にて博士研究員。2010年よりWhitehead Institute/MIT, Iain Cheeseman研究室にて博士研究員。2011年よりHFSP長期フェロー。2013年8月より名古屋大学大学院理学研究科(五島剛太研究室)助教。2013年10月よりさきがけ(細胞構成)兼任。2019年4月より講師。2020年4月より沖縄科学技術大学院大学(OIST) 准教授 (PI) (Lab HP: https://groups.oist.jp/cddu)。

細胞分裂の美しく協調的な動態に魅了されて以来、その背後にある基本原理を理解することが生命の本質の理解につながると考え、一貫して細胞分裂の研究に情熱を持ち取り組んでいます。特に、これまで見過ごされてきたヒト体細胞分裂の「対称性」制御機構について、新規の分子ネットワークを明らかにし、独自の制御モデルを提唱してきました(Kiyomitsu and Cheeseman, NCB 2012, Cell 2013)。また最近、最先端のライブイメージングやゲノム編集、光操作技術等を駆使して、細胞分裂の対称性・非対称性制御の根本を担う紡錘体牽引装置の中枢複合体(dynein-dynactin-NuMA cluster)を同定することにも成功しました(Okumura et al., eLife 2018)。今後も独自のモデルや操作技術をさらに発展させると共に、個体形成の基礎を担う、細胞分裂時の紡錘体配置制御の根本原理と意義について明らかにしていきたいと思っています。OISTに着任後は、特にメダカ初期胚分裂の可視化、操作に取り組んでいます。意外なことに、初期胚における染色体分配装置「紡錘体」の形成、配置の仕組みは体細胞の仕組みとはかなり異なることが明らかとなってきました。日々新しい予想外の発見にワクワクしています。

[主な研究テーマ]

脊椎動物の体細胞と初期胚における紡錘体形成、染色体分配の仕組み
脊椎動物の体細胞と初期胚における紡錘体配置の仕組みとその意義

紡錘体、染色体操作技術の開発

[研究の基礎となる論文]

Kiyomitsu et al., Nature Communications 2024

Tsuchiya et al., Current Biology 2021
Okumura, Natsume, Kanemaki, and Kiyomitsu, eLife 2018
Kiyomitsu and Cheeseman, Cell 2013
Kiyomitsu and Cheeseman, Nature Cell Biology 2012

[総説]

Kiyomitsu and Boerner, Frontiers in Cell and Developmental Biology 2021

Kiyomitsu, Current Opinion in Cell Biology 2019


Research History

  8

Awards

  2

Papers

  20

Misc.

  3

Presentations

  5

Research Projects

  8