佐藤 智彦

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/27 22:11
 
アバター
研究者氏名
佐藤 智彦
 
サトウ トモヒコ
eメール
tomosatou-tkyumin.net
所属
星槎大学
部署
大学院教育学研究科
職名
教授
学位
医学博士(東京大学)
その他の所属
東京大学

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
星槎大学 大学院教育学研究科 教授
 
2014年1月
 - 
2015年3月
東京大学医学部附属病院 輸血部 助教
 
2009年4月
 - 
2013年12月
東京大学医学部附属病院 輸血部 医員
 
2004年5月
 - 
2005年4月
東京厚生年金病院 内科 研修医
 
2003年6月
 - 
2004年5月
東京大学医学部附属病院 内科 研修医
 

学歴

 
2005年4月
 - 
2009年3月
東京大学 大学院医学系研究科 
 
1997年4月
 - 
2003年3月
東京大学 医学部 医学科
 

論文

 
Uni M, Masamoto Y, Sato T, Kamikubo Y, Arai S, Hara E, Kurokawa M
Leukemia      2018年7月   [査読有り]
教育学研究科入学者の思いから探る
佐藤 智彦
星槎大学紀要 共生科学研究   13(1) 24-31   2018年3月   [査読有り][招待有り]
YOSHIKAWA Naoyuki, MASUDA Akiko, SATO Tomohiko, JONA Masahiro, MAKI Hiroaki, MASAMOTO Yosuke, SONE Shinji, OKAZAKI Hitoshi, KUROKAWA Mineo, YATOMI Yutaka
臨床病理 = The official journal of Japanese Society of Laboratory Medicine : 日本臨床検査医学会誌   66(2) 144-151   2018年2月
Tsuda K, Tanimoto T, Sakaue S, Sato T, Kouno K, Hamaki T, Hosoda K, Ohnishi M, Komatsu T, Kami M, Kusumi E
Medicine   97(2) e9646   2018年1月   [査読有り]
Wang Y, Tian H, Cai W, Lian Z, Bhavanasi D, Wu C, Sato T, Kurokawa M, Wu D, Fu L, Wang H, Shen H, Liang D, Huang J
Stem cell research & therapy   9(1) 16   2018年1月   [査読有り]
Masamoto Y, Arai S, Sato T, Kubota N, Takamoto I, Kadowaki T, Kurokawa M
Stem cells (Dayton, Ohio)   35(7) 1835-1848   2017年5月   [査読有り]
Tsuruta-Kishino T, Koya J, Kataoka K, Narukawa K, Sumitomo Y, Kobayashi H, Sato T, Kurokawa M
Oncogene   36(23) 3300-3311   2017年1月   [査読有り]
Sumitomo Y, Koya J, Nakazaki K, Kataoka K, Tsuruta-Kishino T, Morita K, Sato T, Kurokawa M
Blood   128(12) 1614-1624   2016年8月   [査読有り]
Masamoto Y, Arai S, Sato T, Yoshimi A, Kubota N, Takamoto I, Iwakura Y, Yoshimura A, Kadowaki T, Kurokawa M
Immunity      2016年6月   [査読有り]
Koya J, Kataoka K, Sato T, Bando M, Kato Y, Tsuruta-Kishino T, Kobayashi H, Narukawa K, Miyoshi H, Shirahige K, Kurokawa M
Nature communications   7 10924   2016年3月   [査読有り]
超音波装置を用いた自己血貯血における循環血液量変化の解析
佐藤 智彦, 牧 宏彰, 池田 敏之, 岡崎 仁
自己血輸血   28(2) 145-151   2015年12月
超音波装置を用いた自己血貯血における循環血液量変化について検討した。右内頸静脈断面積変化による循環血液量変化予測の可能性を検証するため、自已貯血患者6例(女性5名、男性1名)に対して、超音波装置による非侵襲的な内頸静脈横断像の観察を行った。準備段階として、健常ドナー1例(30歳代男性)に対して自己血貯血・補液を行い、同時に内頸静脈断面積を計測した。貯血前の内頸静脈断面積に比較して、400ml自己貯血後に明らかな断面積の減少を認め、500ml輸液による断面積の回復を確認した。6例で頸部超音波...
K. Morita, Y. Masamoto, K. Kataoka, J. Koya, Y. Kagoya, H. Yashiroda, T. Sato, T. Sato, S. Murata, M. Kurokawa, M. Kurokawa
Leukemia   29 2248-2256   2015年11月
© 2015 Macmillan Publishers Limited.Although high brain and acute leukemia, cytoplasmic (BAALC) expression is a well-characterized poor prognostic factor in acute myeloid leukemia (AML), neither the exact mechanisms by which BAALC drives leukemoge...
Tomohiko Sato
British Medical Journal   351 h5178   2015年10月   [査読有り]
Mishima Y, Tsuno NH, Matsuhashi M, Yoshizato T, Sato T, Ikeda T, Watanabe-Okochi N, Nagura Y, Sone S, Kurokawa M, Okazaki H
Transfusion and apheresis science : official journal of the World Apheresis Association : official journal of the European Society for Haemapheresis   52(1) 112-121   2015年2月   [査読有り]
Yamamoto K, Tateishi K, Kudo Y, Sato T, Yamamoto S, Miyabayashi K, Matsusaka K, Asaoka Y, Ijichi H, Hirata Y, Otsuka M, Nakai Y, Isayama H, Ikenoue T, Kurokawa M, Fukayama M, Kokudo N, Omata M, Koike K
Carcinogenesis   35(11) 2404-2414   2014年11月   [査読有り]
Sato T, Goyama S, Kataoka K, Nasu R, Tsuruta-Kishino T, Kagoya Y, Nukina A, Kumagai K, Kubota N, Nakagawa M, Arai S, Yoshimi A, Honda H, Kadowaki T, Kurokawa M
Oncogene   33(42) 5028-5038   2014年10月   [査読有り]
Harms MJ, Ishibashi J, Wang W, Lim HW, Goyama S, Sato T, Kurokawa M, Won KJ, Seale P
Cell metabolism   19(4) 593-604   2014年4月   [査読有り]
Kataoka K, Sato T, Kurokawa M.
Inflammation and Regeneration   33(4) 175-180   2013年9月   [査読有り]
大河内 直子, 吉見 昭秀, 佐藤 智彦, 池田 敏之, 熊野 恵城, 田岡 和城, 佐藤 優美子, 篠原 明仁, 鶴田 貴子, 増田 亜希子, 横田 浩充, 矢冨 裕, 高橋 孝喜, 北浦 次郎, 北村 俊雄, 黒川 峰夫
臨床血液   54(8) 749-758   2013年8月
Watanabe-Okochi N, Yoshimi A, Sato T, Ikeda T, Kumano K, Taoka K, Satoh Y, Shinohara A, Tsuruta T, Masuda A, Yokota H, Yatomi Y, Takahashi K, Kitaura J, Kitamura T, Kurokawa M
[Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology   54(8) 749-758   2013年8月   [査読有り]

Misc

 
佐藤 智彦
医療タイムス : 週刊医療界レポート   (2284) 21-23   2016年12月
タイムスインタビュー 看護研究は実地と学問がリンクすべき そこから病院の改善が始まる 佐藤智彦氏 星槎大学大学院教育学系研究科教授
佐藤 智彦
医療タイムス : 週刊医療界レポート   (2203) 21-23   2015年4月   [依頼有り]
佐藤 智彦
共生科学研究 : 星槎大学紀要   (11) 120-123   2015年

書籍等出版物

 
血液診療をスッキリまとめました - むかしの頭で診ていませんか?
南江堂   2017年10月   
血液科研修ノート
診断と治療社   2016年5月   

講演・口頭発表等

 
中高年看護師における離職経験の肯定的な振り返りに関する検討 -生涯にわたる看護師キャリアの充実に向けて-
栗原あゆみ、佐藤智彦、児玉ゆう子
日本看護管理学会第22回学術集会   2018年8月24日   
X専門学校臨地実習における倫理カンファレンス導入に向けた学生の看護倫理意識調査
原口梨那, 児玉ゆう子, 佐藤智彦
日本看護倫理学会第11回年次大会   2018年5月27日   
福島県東部における看護師勤務調査
佐藤 智彦
TNMC&WANS INRC2017   2017年10月21日   
問題行動に対応できる教員養成のためのビデオ動画の効果
三田地 真実、岡村 章司、原口 一郎、遠藤 佑一、佐藤 智彦
日本特殊教育学会第55回大会   2017年9月17日   
アンケート調査報告~浜通りで働き続けるために~ [招待有り]
佐藤 智彦
浜通り看護研究会第2回大会   2016年11月27日   
自己末梢血造血幹細胞採取量高精度予測プログラムASNE(Apheresis Stem cell Number Equation)の構築とその臨床応用
牧 宏彰, 佐藤 智彦, 正本 庸介, 高柳 俊作, 池田 敏之, 岡崎 仁
日本輸血細胞治療学会誌   2016年4月   
WeakD/Delを引き起こすエクソンスキッピングのメカニズムと蛋白発現への影響
三島 由祐子, 池田 敏之, 佐藤 智彦, 正本 庸介, 名倉 豊, 曽根 伸治, 岡崎 仁
日本輸血細胞治療学会誌   2016年4月   
リーダー教育としての専門職通信教育
佐藤 智彦
現場からの医療改革推進協議会第10回シンポジウム   2015年11月29日   
リーダー教育としての看護専門職通信教育 [招待有り]
佐藤 智彦
浜通り看護研究会第1回大会   2015年11月27日   
RhD変異アリルの遺伝子解析とエクソン7のスキップを引き起こす新規Delアリルの同定
三島 由祐子, 池田 敏之, 大河内 直子, 佐藤 智彦, 牧 宏彰, 高柳 俊作, 曽根 伸治, 會田 砂良, 川端 みちる, 名倉 豊, 澤田 良子, 松橋 美佳, 伊井野 潤子, 宮下 惠美子, 津野 寛和, 岡崎 仁
日本輸血細胞治療学会誌   2015年4月   
超音波装置を用いた自己血貯血における循環血液量変化の解析
佐藤 智彦, 牧 宏彰, 津野 寛和, 池田 敏之, 岡崎 仁
自己血輸血   2015年2月   
人工股関節全置換術時における出血リスク要因の検討とオーダーメイド型貯血量予測システムHAPADOSの構築 自己血輸血におけるPBM実現のための一環として
池田 敏之, 川端 みちる, 片山 真登香, 高柳 俊作, 牧 宏彰, 佐藤 智彦, 津野 寛和, 岡崎 仁
自己血輸血   2015年2月   
アンケート紙法による自己血貯血後の身体症状の調査とそのリスク因子の検討 ゼロリスクの貯血をめざして(第1回予備調査報告)
片山 真登香, 佐藤 智彦, 牧 宏彰, 高柳 俊作, 津野 寛和, 池田 敏之, 岡崎 仁
自己血輸血   2015年2月   
自家末梢血造血幹細胞採取時期の最適化およびアフェレーシス機器の検討
牧 宏彰, 佐藤 智彦, 津野 寛和, 池田 敏之, 岡崎 仁
自己血輸血   2015年2月   
学会認定・自己血輸血看護師制度の拡充と今後の課題 自己血外来受診及び貯血における自己血外来パンフレットの有効性に関する検討
小林 佳子, 池田 敏之, 佐藤 智彦, 工藤 節子, 鈴木 清子, 名倉 豊, 吉里 哲一, 津野 寛和, 岡崎 仁
自己血輸血   2014年12月   
The high CD34+ cell count in pre-mobilization peripheral blood predicts an earlier start of leukapheresis and a sufficient CD34+ cell yield in autologous hematopoietic stem cell transplantation patients.
佐藤 智彦
American Association of Blood Bank 2014 annual meeting   2014年10月26日   
ヒストン脱メチル化酵素KDM6Bの発現低下はCEBPAの発現低下を介し膵癌の進展を促進する
山本 恵介, 立石 敬介, 工藤 洋太郎, 佐藤 智彦, 松坂 恵介, 山本 信三, 宮林 弘至, 浅岡 良成, 伊地知 秀明, 中井 陽介, 伊佐山 浩通, 池上 恒雄, 黒川 峰夫, 深山 正久, 國土 典宏, 小俣 政男, 小池 和彦
膵臓   2014年6月   
Evi1 Defines Leukemia-initiating Capacity and Tyrosine Kinase Inhibitor Resistance in Chronic Myeloid Leukemia
佐藤 智彦
2014 annual meeting of American Association of Cancer Research   2014年4月7日   
自己血の緩速冷凍法試薬の急速冷凍法への応用 従来の急速冷凍法試薬との比較検討
川端 みちる, 曽根 伸治, 會田 砂良, 名倉 豊, 三島 由祐子, 澤田 良子, 伊井野 潤子, 松橋 美佳, 大河内 直子, 佐藤 智彦, 池田 敏之, 津野 寛和, 岡崎 仁
日本輸血細胞治療学会誌   2014年4月   
造血器悪性腫瘍における自家末梢血造血幹細胞採取時期の最適化の検討
佐藤 智彦, 大河内 直子, 正本 庸介, 吉里 哲一, 池田 敏之, 松橋 美佳, 伊井野 潤子, 三島 由祐子, 増田 亜希子, 津野 寛和, 岡崎 仁
日本輸血細胞治療学会誌   2014年4月   
学会認定・自己血輸血看護師制度の課題と今後の展開 自己血外来受診及び貯血における自己血外来パンフレットの有効性に関する検討
小林 佳子, 池田 敏之, 佐藤 智彦, 工藤 節子, 鈴木 清子, 名倉 豊, 吉里 哲一, 津野 寛和, 岡崎 仁
自己血輸血   2014年2月   
造血器悪性腫瘍における自家末梢血造血幹細胞採取時期の最適化の検討
佐藤 智彦, 池田 敏之, 津野 寛和, 岡崎 仁
自己血輸血   2014年2月   
セルウォッシャーACP215を用いた急速冷凍法で凍結した自己赤血球の洗浄
川端 みちる, 小林 佳子, 池田 敏之, 佐藤 智彦, 津野 寛和, 岡崎 仁
自己血輸血   2014年2月   
脊椎手術における輸血リスクファクターの検討 適正な自己血貯血量計算法の開発を目指して
池田 敏之, 川端 みちる, 小林 佳子, 佐藤 智彦, 津野 寛和, 岡崎 仁
自己血輸血   2014年2月   
急性骨髄性白血病におけるDNMT3A変異の機能的解析(Functional role of DNMT3A mutation in AML)
古屋 淳史, 片岡 圭亮, 佐藤 智彦, 黒川 峰夫
日本癌学会総会記事   2013年10月   
JAK2V617F変異による真性多血症マウスモデルにおいてp53欠失は白血病化を引き起こす(Loss of p53 induces leukemic transformation in a murine model of JAK2V617F-induced polycythemia vera)
木住野 貴子, 片岡 圭亮, 古屋 淳史, 佐藤 智彦, 黒川 峰夫
日本癌学会総会記事   2013年10月   
多項目自動血球分析装置XNを用いた造血前駆細胞(HPC)測定の基礎的性能評価および臨床的有用性の検討
吉川 直之, 常名 政弘, 増田 亜希子, 佐藤 智彦, 大河内 直子, 南谷 泰仁, 横田 浩充, 黒川 峰夫, 高橋 孝喜, 矢冨 裕
日本検査血液学会雑誌   2013年6月   
ヒストン脱メチル化酵素JMJD3の発現低下は膵癌の進展を促進する
山本 恵介, 立石 敬介, 工藤 洋太郎, 山本 信三, 宮林 弘至, 浅岡 良成, 伊地知 秀明, 池上 恒雄, 佐藤 智彦, 黒川 峰夫, 小俣 政男, 小池 和彦
日本臨床分子医学会学術総会プログラム・抄録集   2013年4月   
自己血輸血患者と同種血輸血患者の輸血トリガー値の比較
川端 みちる, 名倉 豊, 田代 さとみ, 池田 敏之, 佐藤 智彦, 大河内 直子, 津野 寛和, 高橋 孝喜
自己血輸血   2013年2月   
当院整形外科周術期自己血輸血の現状と今後の課題に関する検討
池田 敏之, 大河内 直子, 佐藤 智彦, 吉里 哲一, 川端 みちる, 津野 寛和, 高橋 孝喜
自己血輸血   2013年2月   
自家末梢血造血幹細胞採取・保存システムにおける安全性確保の取り組み
佐藤 智彦, 大河内 直子, 池田 敏之, 吉里 哲一, 津野 寛和, 高橋 孝喜
自己血輸血   2013年2月   
自己血採血による身体症状への影響を踏まえた患者指導パンフレットの改訂
田代 さとみ, 小林 佳子, 村山 啓子, 工藤 節子, 中村 すま子, 名倉 豊, 大河内 直子, 佐藤 智彦, 吉里 哲一, 池田 敏之, 津野 寛和, 高橋 孝喜
自己血輸血   2013年2月   
Evi1による慢性骨髄性白血病幹細胞の制御
佐藤 智彦
第18回血液科学セミナー   2012年11月3日   
難治性白血病関連因子Evi1による慢性骨髄性白血病幹細胞制御
佐藤 智彦
第16回日本がん分子標的治療学会学術集会   2012年6月27日   
Regulation of Chronic Myeloid Leukemia Stem Cells by Leukemia Oncogene Evi1
佐藤 智彦
17th Congress of European Hematology Association   2012年6月15日   
頻回血小板輸血患者における抗血小板抗体検出率の検討 保存前白血球除去の影響
三島 由祐子, 松橋 美佳, 名倉 豊, 大河内 直子, 吉里 哲一, 佐藤 智彦, 曽根 伸治, 津野 寛和, 高橋 孝喜
日本輸血細胞治療学会誌   2012年4月   
末梢血造血幹細胞採取および保存業務を安全に実施するためのシステム構築
大河内 直子, 佐藤 智彦, 吉里 哲一, 松橋 美佳, 三島 由祐子, 田中 実, 津野 寛和, 高橋 孝喜
日本輸血細胞治療学会誌   2012年4月   
Regulation of chronic myelogenous leukemia stem cells by leukemia oncogene Evi1
佐藤 智彦
2012 GCOEリトリート   2012年2月4日   
非観血的ヘモグロビン測定法(アストリム)の自己血貯血時の検査法としての応用の可能性についての検討
名倉 豊, 津野 寛和, 曽根 伸治, 中村 すま子, 田代 さとみ, 村山 啓子, 小林 佳子, 田中 実, 大河内 直子, 佐藤 智彦, 吉里 哲一, 高橋 孝喜
自己血輸血   2012年2月   
自己血採血が身体症状に及ぼす影響についての調査 問診票をスケール形式に変更して
田代 さとみ, 小林 佳子, 村山 啓子, 木村 悦子, 中村 すま子, 名倉 豊, 田中 実, 大河内 直子, 佐藤 智彦, 吉里 哲一, 津野 寛和, 高橋 孝喜
自己血輸血   2012年2月   
当院における健常ドナー自己血輸血
吉里 哲一, 川端 みちる, 佐藤 智彦, 大河内 直子, 田中 実, 名倉 豊, 曽根 伸治, 津野 寛和, 高橋 孝喜
自己血輸血   2012年2月   
Regulation of Chronic Myelogenous Leukemia Stem Cells by Leukemia Oncogene Evi1
佐藤 智彦
53rd Annual Meeting of American Society of Hematology   2011年12月12日   
白血病関連転写因子Evi1による慢性骨髄性白血病幹細胞制御(Regulation of chronic myelogenous leukemia stem cells by leukemia oncogene Evil)
佐藤 智彦, 合山 進, 片岡 圭亮, 鶴田 貴子, 中川 正宏, 熊野 恵城, 熊谷 勝義, 窪田 直人, 門脇 孝, 黒川 峰夫
日本癌学会総会記事   2011年9月   
末梢血造血幹細胞採取および保存業務を安全に実施するためのシステム構築
大河内 直子, 佐藤 智彦, 川端 みちる, 松橋 美佳, 田中 実, 津野 寛和, 高橋 孝喜
日本輸血細胞治療学会誌   2011年3月   
Evi1はポリコーム複合体との結合を介してエピジェネティックにPTEN/AKT/mORシグナルを制御する(Evi1 Induces a Novel Epigenetic Regulation of PTEN/AKT/mTOR Signaling through Interaction with Polycomb Complexes)
吉見 昭秀, 合山 進, 渡辺 直子[大河内], 吉識 由実子, 南谷 泰仁, 仁田 英里子, 荒井 俊也, 佐藤 智彦, 島辺 宗健, 中川 正宏, 今井 陽一, 北村 俊雄, 黒川 峰夫
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   2010年12月   
Evi1は長期造血幹細胞をマークする(Evi1 expression marks long-term repopulating hematopoietic stem cells)
片岡 圭亮, 佐藤 智彦, 吉見 昭秀, 合山 進, 荒井 俊也, 今井 陽一, 黒川 峰夫
日本癌学会総会記事   2010年8月   
難治性白血病遺伝子Evi-1の分子生物的機能解析(Bioligical and biochemical analysis of the oncogenictranscription factor Evi-1)
合山 進, 佐藤 智彦, 荒井 俊也, 島辺 宗健, 黒川 峰夫
日本癌学会総会記事   2009年8月   
EVI1はポリコーム群を介してPTENの転写を抑制しAKT/mTORシグナルを活性化する(EVI1 Represses PTEN Transcription and Activates AKT/mTOR Through Interaction with Polycomb Repressor complexes)
吉見 昭秀, 渡辺 直子[大河内], 合山 進, 南谷 泰仁, 仁田 英里子, 荒井 俊也, 佐藤 智彦, 島辺 宗健, 中川 正宏, 今井 陽一, 北村 俊雄, 黒川 峰夫
日本癌学会総会記事   2009年8月   
Evi-1による胎生期造血の制御機構
佐藤 智彦, 合山 進, 黒川 峰夫
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   2008年11月   
Evi-1 promotes para-aortic splanchnopleural hematopoiesis through up-regulation of GATA-2 and repression of TGF-b signaling.
佐藤 智彦
49th Annual Meeting of American Society of Hematology   2007年12月9日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
骨髄増殖性腫瘍幹細胞のin vivo追跡と新規分子標的の同定
日本学術振興会: 学術研究助成基金助成金
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 佐藤 智彦
急性転化慢性骨髄性白血病に対する新規分子標的療法の構築
日本学術振興会: 学術研究助成基金助成金
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 佐藤 智彦
難治性白血病原因遺伝子Evi-1による白血病幹細胞生成機構の解明
日本学術振興会: 学術研究助成基金助成金
研究期間: 2009年4月 - 2011年3月    代表者: 佐藤 智彦

社会貢献活動

 
医療職を目指す人に
【講師】  平塚中等教育学校  大学出張講義  2018年8月30日 - 2018年8月30日
医療職を目指す人に
【講師】  平塚中等教育学校  大学出張講義  2017年8月31日 - 2017年8月31日
医療職を目指す人に
【講師】  平塚中等教育学校  大学出張講義  2016年9月1日 - 2016年9月1日
看護専門職通信教育をスタートして1年を振り返る
【寄稿】  MRIC by 医療ガバナンス学会  MRIC by 医療ガバナンス学会  2016年5月24日 - 2016年5月24日
Exploration of stem cells. -内科医キャリアパスの一例報告-
【講師】  南相馬市立総合病院  医局勉強会  2016年2月24日 - 2016年2月24日
看護専門職通信教育の充実のために
【寄稿】  MRIC by 医療ガバナンス学会  MRIC by 医療ガバナンス学会  2015年11月25日 - 2015年11月25日
高齢化時代の金の卵、高学歴看護師を養成せよ
【寄稿】  MRIC by 医療ガバナンス学会  MRIC by 医療ガバナンス学会  2015年11月5日 - 2015年11月5日
医療職を目指す人に
【講師】  平塚中等教育学校  社会人講話  2015年9月3日 - 2015年9月3日
看護教育について考える-通信教育による取り組み- 
【講師】  ひらた中央病院  医局勉強会  2015年8月27日 - 2015年8月27日
日本の医療を崩壊させる看護師不足に打開策あり
【寄稿】  JBPress  JBPress  2015年6月22日 - 2015年6月22日
看護研究は実地と学問がリンクすべき そこから病院の改善が始まる(インタビュー)
【インタビュアー】  医療タイムス  医療タイムス  2015年4月13日 - 2015年4月13日
医師としての自己変革 –清心事達–
【寄稿】  Huffington Post  Huffington Post  2015年3月29日 - 2015年3月29日
Trafficking of hematopoietic and leukemic stem cells by Leukemia-related oncogene Evi1.
【講師】  Temple University  CMDR seminar  2014年10月28日 - 2014年10月28日