基本情報

所属
東京工業大学 リベラルアーツ研究教育院
学位
博士(工学)(横浜国立大学)

J-GLOBAL ID
201101058989538858
researchmap会員ID
B000001552

外部リンク

建築学・メディア学を中心に、近現代日本における盲唖学校、盲人(視覚障害者)や聾唖者(聴覚障害者)の身体とその言説・コミュニティに関する研究を行っている。

盲唖学校(もうあがっこう)とは、盲人とろう者が自立生活を営めるように一般教育と職工教育を行った学校であり、現在の盲学校と聾学校の原素である。
以下の写真(図1)は明治30年代後半と考えられる長崎盲唖院の写真であり、盲・ろうの生徒が写っている。この時期は現代のような義務教育ではないため、年齢のはばが大きい。大正後期から戦後にかけて、盲唖学校は盲学校とろう学校に分かれていったため、現在の盲人とろう者は個別のコミュニティを形成しているが、明治期は盲人とろう者が盲唖学校の中で集団を形成し、共同生活を営んでいたのである。また、多くの盲唖学校は慈善事業・社会福祉事業として地域の有力者から金銭的援助を受けていたケースが散見される。こうした点に着目し、日本における異文化交流や身体障害の認識変容について研究を行っている。

図1:長崎盲唖院 集合写真(長崎県立盲学校蔵、無断転載禁止)
背後の建築は「長崎聖堂」と考えられています。


最近は以下のテーマに基づいた研究を行っている。

(1)近世末期・近代における建築と社会的基盤の形成 --- 盲唖学校を中心に
近世末期の日本では、西欧の思想と科学技術とともに盲唖教育(視覚障害教育と聴覚障害教育の総称)が洋学者層を介して国内に浸透していった。明治維新以降、盲唖教育を維持する社会的基盤が「盲唖学校」というくくりの建築空間としてなりたち、京都盲唖院(明治11年開校)と東京盲唖学校(明治13年開校)を中心に各地へ展開していく。その維持には行政からの予算だけでなく、皇族や地域の有力者による金銭的・物理的支援もひんぱんに行われていた。
このような、盲唖学校が維持される基盤について建築計画学・建築史、思想・社会・文化、ひいては慈善(チャリティー)、企業善(フィランソロピー)の視点から検討している。

(2)盲唖学校から盲学校・聾学校へ分離するさいの建築空間の変遷
盲唖学校は視覚障害、聴覚障害といった異なる身体障害者が同じ学校に通学している。その建築空間はふたつの障害に区分して管理されてきたが、大正後期から昭和戦後にかけて緩やかに盲学校と聾学校に分離していった。盲唖学校から盲学校・聾学校に変容していくなかで、その建築空間の特徴を建築計画学・建築史の視点で明らかにしようとしている。

(3)盲人・聾者にたいする身体観の形成史
中世から近現代日本における政治機構や社会の変化に伴って、身体障害者への視点も変容してきた。たとえば、中世・近世の盲人は集団を形成し按摩・芸能に従事してきたように、ある程度固定された職業観と身体観があった。その一方で被差別層に障害者がいたこともしられている。そこで、近世の蘭学・洋学者、儒学、医師などの学識層あるいは町人層の言説に基づいて近世・近代における盲人・聾者の身体観の形成過程を分析している。

(4)近代における盲人・聾者によるコミュニティの形成・展開
近代は、盲唖学校の空間を基盤に、盲人・聾者が集団を形成することができた。すなわち、当事者の共同体がなりたつことで、社会にたいする集団的参加が可能となる時代でもあった。そこには、近代における障害者とは何か、社会にたいして「役に立つ」ということはどういうことなのかという当事者たちの苦悩が同窓会雑誌などから確認できる。それとは別に、日清・日露・第二次世界大戦によって失明した軍人も巻き込んだ障害者運動が展開されている。そうした、身体障害者であるがゆえに可能な、コミュニティの形成と運動の展開の過程について分析している。
1950年代からノーマライゼーション、インクルーシブデザイン、バリアフリー、ユニバーサルデザインといった共生のためのデザインの考え方が引き継がれ、発展していったプロセスも加えることで、近代から現代にわたる身体障害者との共生のあり方について明らかにしたいと考えている。

(5)明治時代の身体障害者の補装具・教材の開発とその受容
点字、手話、指文字、車椅子、義肢など明治時代の身体障害者にとって不可欠な補装具・教材が日本国内に受容されていくプロセスは一筋ではなく、さまざまな人たちによる開発と発展があった。パラダイムというべき点に着目して分析を行うことで、日本における身体障害者の身体イメージの形成について明らかにしたいと考えている。

(6)明治期の障害者教育における教育手法をめぐる受容史
明治期の教育行政に関わった田中不二麻呂、手島精一、伊沢修二、小西信八、古河太四郎といった教育行政にかかわった政治家や、実際に現場で障害児教育を行った人物の活動を検討し、国内外の障害者教育論の受容と方法論的発展について考察している。

(7)アーティスト、音楽家との共同制作・対話
木下は生まれたときから耳が聞こえないろう者である。現代美術のアーティストや音楽家と共同で制作・対話を通じて「ろう」という身体性について思索を深めている。


【教育】
わたしは耳が聞こえないため、講義・演習では、グーグル・ドキュメント、Zoom、UDトーク、WorkFlowy、合成音声、手話通訳者の配置など多様な方法を用いて進めています。

また、教育においては「対話」を重視して導入しています。

わたしは東京都美術館と東京芸術大学の「とびらプロジェクト」のアート・コミュニケータとして関わっています。このプロジェクトは市民と美術館が共同でコミュニティを作っていくことを目的にしており、対話型鑑賞や建築ツアーなどさまざまなプロジェクトを実施しています。このなかで、議論を重ねながら、互いの価値観を認めあうことを重視してきました。

ほか、手話マップの代表としても活動しており、耳の聞こえない方・聞こえにくい方、聞こえる方が相互に対話できるための環境づくりと対話を推進してきました。こうした経験を生かし、教育のなかで対話を意識的に導入しています。

 

【お願い】
電話ができません。打ち合わせ等は、筆談、手話、メール、対面しながらのチャット(ZoomやGoogle Documentなど)、UDトークなどの音声認識アプリの使用といった視覚的な手法でやり取りをしています。


受賞

  2

書籍等出版物

  11

論文

  16

MISC

  50

講演・口頭発表等

  22

Works(作品等)

  6

共同研究・競争的資金等の研究課題

  10

学術貢献活動

  1
  • 企画立案・運営等, パネル司会・セッションチェア等
    京都大学大学院 人間・環境学研究科 岡田温司研究室 (京都国立近代美術館) 2020年2月9日

社会貢献活動

  2