鳥海不二夫

J-GLOBALへ         更新日: 17/04/11 20:12
 
アバター
研究者氏名
鳥海不二夫
URL
http://syrinx.q.t.u-tokyo.ac.jp/tori/
所属
東京大学
部署
工学系研究科
職名
准教授
学位
博士(工学)(東京工業大学)
ORCID ID
0000-0003-3866-4956

プロフィール

頑張ってます

研究分野

 
 

経歴

 
2012年4月
 - 
現在
東京大学大学院工学系研究科 准教授
 
2008年
 - 
2012年3月
名古屋大学 情報科学研究科 助教
 
2004年7月
   
 
名古屋大学 情報科学研究科 助手
 

論文

 
稲葉 通将, 大畠 菜央実, 高橋 健一, 鳥海 不二夫
情報処理学会論文誌   57(11) 2392-2402   2016年11月
本研究では,人狼ゲームにおけるプレイヤの発話内容を表現するタグを設計し,それらのタグを人狼BBSにおけるプレイヤの発話に付与し分析を行った.分析では,襲撃対象,および処刑対象の決定にプレイヤごとの発話の傾向がどのように影響するのか,また,ゲーム全体のコミュニケーションの傾向とゲームの勝敗の関係について調査した.分析の結果,人間側,人狼側の各プレイヤが自陣営の勝利のために効果的なコミュニケーション戦略,および特定のコミュニケーションとプレイヤの行動の関係が明らかとなった.We focus o...
池田 圭佑, 榊 剛史, 鳥海 不二夫, 風間 一洋, 野田 五十樹, 諏訪 博彦, 篠田 孝祐, 栗原 聡
人工知能学会論文誌   31(1) NFC-C_1-13   2016年
<p>During the 2011 East Japan Great Earthquake Disaster, some people used social media such as Twitter to get information important to their lives. However, the spread of groundless rumor information was big social problem. Therefore, social media...
三浦麻子, 鳥海不二夫, 小森政嗣, 松村真宏, 平石界
人工知能学会論文誌(Web)   31(1) NFC-A.1-9 (J-STAGE)-tori   2016年
Kimitaka Asatani, Fujio Toriumi, Hirotada Ohashi
Conflict and Opinion Dynamics on Multiplex Networks   30(5) 658   2015年   [査読有り]
Seigo Baba,Fujio Toriumi,Takeshi Sakaki,Kousuke Shinoda,Satoshi Kurihara,Kazuhiro Kazama,Itsuki Noda
Proceedings of the 24th International Conference on World Wide Web Companion, WWW 2015, Florence, Italy, May 18-22, 2015 - Companion Volume   1173-1178   2015年   [査読有り]
Fujio Toriumi,Takafumi Nakanishi,Mitsuteru Tashiro,Kiyotaka Eguchi
IEEE/WIC/ACM International Conference on Web Intelligence and Intelligent Agent Technology, WI-IAT 2015, Singapore, December 6-9, 2015 - Volume III   1-4   2015年   [査読有り]
Nargis Pervin,Tuan Quang Phan,Anindya Datta,Hideaki Takeda 0001,Fujio Toriumi
Social Computing and Social Media - 7th International Conference, SCSM 2015, Held as Part of HCI International 2015, Los Angeles, CA, USA, August 2-7, 2015, Proceedings   169-182   2015年   [査読有り]
Michimasa Inaba,Naoyuki Iwata,Fujio Toriumi,Takatsugu Hirayama,Yu Enokibori,Kenichi Takahashi,Kenji Mase
Agents and Artificial Intelligence - 6th International Conference, ICAART 2014, Angers, France, March 6-8, 2014, Revised Selected Papers   119-136   2014年   [査読有り]
Yu Kobayashi,Hirotaka Osawa,Michimasa Inaba,Kousuke Shinoda,Fujio Toriumi,Daisuke Katagami
Proceedings of the second international conference on Human-agent interaction, HAI '14, Tsukuba, Japan, October 29-31, 2014   205-207   2014年   [査読有り]
Bungo Miyazaki,Kiyoshi Izumi,Fujio Toriumi,Ryo Takahashi
Int. Syst. in Accounting, Finance and Management   21(3) 169-191   2014年   [査読有り]
Daisuke Katagami,Masashi Kanazawa,Fujio Toriumi,Hirotaka Osawa,Michimasa Inaba,Kousuke Shinoda
2015 IEEE International Conference on Fuzzy Systems, FUZZ-IEEE 2015, Istanbul, Turkey, August 2-5, 2015   1-7   2015年   [査読有り]
Shohei Usui,Fujio Toriumi,Masato Matsuo,Takatsugu Hirayama,Kenji Mase
JACIII   18(4) 590-597   2014年   [査読有り]
Isamu Okada,Hitoshi Yamamoto,Fujio Toriumi,Tatsuya Sasaki
PLoS Computational Biology   11(5) e1004232   2015年5月   [査読有り]
Yoshiyuki Okada,Keisuke Ikeda,Kousuke Shinoda,Fujio Toriumi,Takeshi Sakaki,Kazuhiro Kazama,Masayuki Numao,Itsuki Noda,Satoshi Kurihara
JACIII   18(4) 598-607   2014年   [査読有り]
松本慎平, 川口大貴, 鳥海不二夫
人工知能学会論文誌(Web)   30(1) 393-402 (J-STAGE)   2015年
Fujio Toriumi,Hitoshi Yamamoto,Isamu Okada
JACIII   18(4) 616-623   2014年   [査読有り]
臼井翔平, 鳥海不二夫
人工知能学会論文誌(Web)   30(1) 195-203 (J-STAGE)   2015年
Daisuke Katagami,Shono Takaku,Michimasa Inaba,Hirotaka Osawa,Kousuke Shinoda,Junji Nishino,Fujio Toriumi
IEEE International Conference on Fuzzy Systems, FUZZ-IEEE 2014, Beijing, China, July 6-11, 2014   982-987   2014年   [査読有り]
Michimasa Inaba,Naoyuki Iwata,Fujio Toriumi,Takatsugu Hirayama,Yu Enokibori,Kenichi Takahashi,Kenji Mase
ICAART 2014 - Proceedings of the 6th International Conference on Agents and Artificial Intelligence, Volume 1, ESEO, Angers, Loire Valley, France, 6-8 March, 2014   14-21   2014年   [査読有り]
Nargis Pervin,Hideaki Takeda,Fujio Toriumi
Proceedings of the International Conference on Information Systems - Building a Better World through Information Systems, ICIS 2014, Auckland, New Zealand, December 14-17, 2014      2014年   [査読有り]
鳥海 不二夫, 山本 仁志
情報処理   55(6) 530-538   2014年6月
Yuki Hirahara,Fujio Toriumi,Toshiharu Sugawara
Social Informatics - 6th International Conference, SocInfo 2014, Barcelona, Spain, November 11-13, 2014. Proceedings   112-120   2014年   [査読有り]
Keisuke Ikeda,Yoshiyuki Okada,Fujio Toriumi,Takeshi Sakaki,Kazuhiro Kazama,Itsuki Noda,Kousuke Shinoda,Hirohiko Suwa,Satoshi Kurihara
2014 IEEE/WIC/ACM International Joint Conferences on Web Intelligence (WI) and Intelligent Agent Technologies (IAT), Warsaw, Poland, August 11-14, 2014 - Volume II   21-26   2014年   [査読有り]
臼井 翔平, 鳥海 不二夫, 平山 高嗣, 榎堀 優, 間瀬 健二
電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. C, A publication of Electronics, Information and Systems Society   133(9) 1796-1805   2013年9月
As a steady new network communication tool, Social Media has reached global propertion. This phenomenon gave impacts on societies of all over the world. Above all, people provide information to Twitter and Facebook on a daily basis. So that, vast ...
三浦 大樹, 諏訪 博彦, 鳥海 不二夫, 鬼塚 真
情報処理学会論文誌. データベース   6(3) 29-39   2013年6月
ソーシャルサーチには,クエリに対する文書のヒット数やユーザ数の増加にともない,検索結果が確定するまでの応答時間が遅くなるという問題がある.本論文では,その問題に対処するための効率的なtop-k検索アルゴリズムとして,3つのアルゴリズムを提案する.1つ目は,全文書から構築した1つの転置ファイルを利用するSingle Indexアルゴリズムである.2つ目は,ユーザごとに分割した文書から構築した転置ファイルをソーシャルグラフに基づき接続して利用するSocial Index Graphアルゴリズム...
Fujio Toriumi,Hitoshi Yamamoto,Isamu Okada
2013 IEEE/WIC/ACM International Conferences on Web Intelligence and Intelligent Agent Technology, Atlanta, Georgia, USA, 17-20 November 2013, Workshop Proceedings   114-117   2013年   [査読有り]
鳥海 不二夫, 篠田 孝祐, 榊 剛史, 栗原 聡, 風間 一洋, 野田 五十樹
人工知能学会論文誌   29(1) 113-119   2014年
Traditionally, the support in the event of a disaster were based on hardware, the expertise are strongly required to rescuers. For this reason, in the case that the disaster had been occured, the role of the people expressly divided to the victims...
Yuki Hirahara,Fujio Toriumi,Toshiharu Sugawara
2013 IEEE/WIC/ACM International Conferences on Web Intelligence and Intelligent Agent Technology, Atlanta, Georgia, USA, 17-20 November 2013, Workshop Proceedings   126-130   2013年   [査読有り]
浅谷 公威, 鳥海 不二夫, 陳 Yu, 大橋 弘忠
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム   96(12) 2951-2959   2013年12月
現実社会において,集団を形成する個人が周囲の文化を個人の基準によって取捨選択することで文化が形成されている.その文化形成プロセスの中で,周囲の情報の取捨選択の基準となる価値観が大きな役割を占めていると仮定し,その様子を数理モデルで表現した.具体的には,個人の周囲への適応過程で多様なコミュニティの出現を表現したAxelrodの文化形成モデルをベースとし,モデルの個々のエージェントに「価値観」という指標を導入し,個人の「価値観」が異なる集団と価値観が一様な集団を定義した.様々なサイズの集団に対...
Kimitaka Asatani,Fujio Toriumi,Hirotada Ohashi,Mitsuteru Tashiro,Ryuichi Suzuki
PRIMA 2013: Principles and Practice of Multi-Agent Systems - 16th International Conference, Dunedin, New Zealand, December 1-6, 2013. Proceedings   396-404   2013年   [査読有り]
Remy Cazabet,Nargis Pervin,Fujio Toriumi,Hideaki Takeda
Ninth International Conference on Signal-Image Technology & Internet-Based Systems, SITIS 2013, Kyoto, Japan, December 2-5, 2013   483-490   2013年   [査読有り]
小出 明弘, 斉藤 和巳, 風間 一洋, 鳥海 不二夫
情報処理学会論文誌. 数理モデル化と応用   6(2) 164-173   2013年8月
本稿では,Twitterのフォローネットワークを分析することにより,ユーザのフォローがどのような目的で行われているのか議論する.まず,フォローネットワークの特徴を把握するため,ネットワーク内の高次数ノードに着目し,ブログの読者関係とレビューサイトのお気に入り関係を表したそれぞれのネットワーク構造の特徴と比較する.その結果,ブログやレビューサイトでは,比較的小規模な高コリンクグループが得られたのに対し,フォローネットワークでは,強い双方向関係により構築された大規模な高コリンクグループと,双方...
山本仁志, 鳥海不二夫
人工知能学会誌   28(3) 397-404   2013年5月
Modeling of Information Sharing on the Buisiness Social Media
6(2)    2013年3月   [査読有り]
東日本大震災時におけるTwitter の活用状況とコミュニケーション構造の分析
篠田 孝祐, 榊 剛史, 鳥海 不二夫, 風間 一洋, 栗原 聡, 野田 五十樹, 松尾 豊
知能と情報   25(1) 598-608   2013年2月   [査読有り]
Shohei Usui,Fujio Toriumi,Takatsugu Hirayama,Kenji Mase
International Conference on Social Computing, SocialCom 2013, SocialCom/PASSAT/BigData/EconCom/BioMedCom 2013, Washington, DC, USA, 8-14 September, 2013   905-908   2013年   [査読有り]
Takeshi Sakaki,Fujio Toriumi,Kousuke Shinoda,Kazuhiro Kazama,Satoshi Kurihara,Itsuki Noda,Yutaka Matsuo
22nd International World Wide Web Conference, WWW '13, Rio de Janeiro, Brazil, May 13-17, 2013, Companion Volume   235-236   2013年   [査読有り]
Fujio Toriumi,Takeshi Sakaki,Kousuke Shinoda,Kazuhiro Kazama,Satoshi Kurihara,Itsuki Noda
22nd International World Wide Web Conference, WWW '13, Rio de Janeiro, Brazil, May 13-17, 2013, Companion Volume   1025-1028   2013年   [査読有り]
臼井 翔平, 鳥海 不二夫, 平山 高嗣, 榎堀 優, 間瀬 健二
電気学会論文誌. C   133(9) 1796-1805   2013年
As a steady new network communication tool, Social Media has reached global propertion. This phenomenon gave impacts on societies of all over the world. Above all, people provide information to Twitter and Facebook on a daily basis. So that, vast ...
篠田 孝祐, 榊 剛史, 鳥海 不二夫, 風間 一洋, 栗原 聡, 野田 五十樹, 松尾 豊
Journal of Japan Society for Fuzzy Theory and Intelligent Informatics   25(1) 598-608   2013年
The Great East Japan Earthquake caused devastating damage to infrastructure and loss of life. Many people used social media to communicate and share information through the series of earthquake events and aftershocks. We analyzed over 400 million ...
湯浅 辰丸, 鳥海 不二夫, 平山 高嗣, 榎堀 優, 間瀬 健二
電気学会論文誌. C   133(9) 1717-1728   2013年
The GARCH model is effective to describe the fluctuation process of financial price. It is a model to observe the non-uniform variance of time-series data of financial prices. However, definite theory to reveal how the GARCH effect is produced yet...
鳥海 不二夫, 山本 仁志
情報処理学会論文誌   53(11) 2507-2515   2012年11月
近年,ソーシャルメディアの発達が目覚しく,FacebookやTwitterなど数多くのソーシャルメディアがWeb上で運営され,多くのユーザによって利用されている.ソーシャルメディアへの記事投稿にはコストが必要であるにもかかわらず,自発的に記事が投稿されるメカニズムは明らかとなっていない.ここで,ソーシャルメディアの基本的な仕組みは,多数の情報がコストをかけて投稿され誰もがアクセスし利用することができることから,公共財としての性質を持っているといえる.公共財への貢献を促進する仕組みとしては,...
鳥海 不二夫, 石井 健一郎
人工知能学会論文誌   27(6) 346-354   2012年10月
The concept of the ``wisdom of crowds'' has attracted attention for finding new insights by appropriately processing the large amount of information possessed by crowds. A prediction market is one estimating method that uses the mechanisms of fina...
コリンク構造に着目した多重グラフの特性分析
小出 明弘, 斉藤 和巳, 風間 一洋, 鳥海 不二夫
日本データベース学会論文誌   11(2) 13-18   2012年10月   [査読有り]
中山 慎一郎, 長山 昌平, 鳥海 不二夫
情報処理   53(9) 898-903   2012年9月
鳥海不二夫, 篠田孝祐, 兼山元太
情報処理学会デジタルプラクティス   3(3) 201-208   2012年7月
本論文は,東日本大震災時に投稿された数多くの情報の中から,デマ情報を判別する目的で作成されたWEBアプリケーション「でまったー」についてその判定精度分析を行う.これによって,ソーシャルメディアを用いたデマの判定が可能かどうかを明らかにする.判定精度分析には,東日本大震災時にTwitterに投稿された約3億のTweetを利用し,デマ情報と真の情報が正しく分類できたかを確認した.その結果,利用したアルゴリズムによって81.7%の精度でデマ情報を判定可能であることを確認した.
鳥海 不二夫, 篠田 孝祐, 兼山 元太
情報処理学会デジタルプラクティス   3(3) 201-208   2012年7月
稲葉 通将, 平井 尚樹, 鳥海 不二夫, 石井 健一郎
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム = The IEICE transactions on information and systems (Japanese edition)   95(6) 1390-1400   2012年6月
稲葉 通将, 平井 尚樹, 鳥海 不二夫, 石井 健一郎
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム   95(6) 1390-1400   2012年6月
近年,対話エージェント研究は特定のタスク達成を目的としたタスク指向型対話エージェントから,達成すべきタスクをもたず,雑談などを扱う非タスク指向型対話エージェントへと広がりつつある.本論文では,非タスク指向型対話エージェントの応答手法の新たな試みとして,ランキング学習を用いた統計的応答手法を提案する.ランキング学習とは,情報検索の分野で研究が進められている技術であり,複数のデータの中から目的のデータを求める際に,目的のデータが上位に順位付けされるよう学習を行う統計的機械学習法である.本研究で...
鳥海不二夫,西岡 寛兼, 梅岡 利光, 石井健一郎
人工知能学会論文誌   27(3) 143-150   2012年3月   [査読有り]
Fujio Toriumi,Hitoshi Yamamoto,Isamu Okada
2012 IEEE/WIC/ACM International Conferences on Intelligent Agent Technology, IAT 2012, Macau, China, December 4-7, 2012   43-50   2012年   [査読有り]
鳥海 不二夫, 神谷 達幸, 石井 健一郎
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム   94(11) 1740-1750   2011年11月
近年,SNS(Social Networking Service)やBlog,Twitterなどのインターネットを利用したコミュニケーションツールの利用が拡大している.SNSのユーザは友人登録機能によってSNS上での他のユーザとの関係を表現する.このようにSNS上に現れる友人関係は,実社会において観測することの困難な人間関係を限定的ではあるが具現化する可能性がある.本研究では性質の異なる多数の小規模SNSを表現可能なネットワーク生成モデルを提案した.提案モデルは,SNSの成長モデルとして知...
山本 仁志, 諏訪 博彦, 岡田 勇, 鳥海 不二夫, 和泉 潔, 橋本 康弘
日本社会情報学会学会誌   23(1) 33-43   2011年9月
本研究の目的は,ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)サイトにおけるコミュニケーション構造の推移に着目し,SNSのライフサイクルにある種の法則性を見出すことである。我々は,SNSにおけるコミュニケーションのされ方の移り変わりに着目し,コミュニケーション関係は固定的に維持されるのか,推移していくのか,コミュニケーション関係はフレンドネットワークと近いのか,無関係なのかといったコミュニケーションの性質を表す因子を抽出している。これらの指標から,コミュニケーション構造の推移を明らかにし...
稲葉 通将, 鳥海 不二夫, 石井 健一郎
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム   94(1) 59-67   2011年1月
近年,人間と対話を行うコンピュータ(対話エージェント)に関する研究が活発化している.しかし,その多くはチケット予約や道案内など特定のタスク達成を目的としたタスク指向型対話エージェントに関するものであり,人間と雑談を行い,話を盛り上げるための非タスク指向型対話エージェントの研究は少ない.話を盛り上げ,相手を楽しませる対話エージェントの設計のためには,人間同士の対話の分析が必要不可欠である.そこで本論文では,人間同士のテキスト対話中における,話者の盛り上がり度の高い発話をCRF(Conditi...
稲葉 通将, 鳥海 不二夫, 石井 健一郎
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム   94(1) 48-58   2011年1月
近年,コンピュータによるコミュニケーション支援の研究が活発化しており,その一つが対話エージェントに関する研究である.しかし,その多くはチケット予約や道案内など特定のタスク達成を目的としたタスク指向型対話エージェントに関するものであり,人間と雑談をし,話を盛り上げるための非タスク指向型対話エージェントの研究は少ない.このようなエージェントを実現するためには,客観的・定量的な評価法が不可欠である.本論文では,ある発話が周囲の文脈との間に語彙的結束性を有する場合,その発話は意味的に正しい発話であ...
Michimasa Inaba,Fujio Toriumi,Kenichiro Ishii
2011 IEEE Workshop on Affective Computational Intelligence, WACI 2011, Paris, France, April 14, 2011   55-61   2011年   [査読有り]
鳥海 不二夫, 石田 健, 石井 健一郎
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム   93(7) 1135-1143   2010年7月
近年,SNS(Social Networking Service)やBlogなどインターネットを利用したコミュニケーションツールの利用が増加している.我々はネットワークの視点から小規模SNSを分析し,どのような構造が形成され,成長しているかを明らかにし,mixiなど大規模なSNSとの構造を比較することで,小規模SNSの特色を明らかにした.また,分析結果に基づいてSNSのネットワーク成長モデルの提案を行った.その結果,Fitnessモデル,CNNモデルを併用したモデルによって,実際のSNSと...
藤田 幸久, 鳥海 不二夫, 石井 健一郎
知能と情報 : 日本知能情報ファジィ学会誌 : journal of Japan Society for Fuzzy Theory and Intelligent Informatics   22(2) 165-177   2010年4月
現在,100年に一度とも言われる不況により,派遣社員の雇用を維持しながらコスト削減を進め,かつ作業効率低下を抑えるためのマネージメントが求められている.そこで,1人あたりの労働時間とコストを削減する「ワークシェアリング」の導入が提案されている.派遣社員の雇用維持を目的としたワークシェアリングを実施する場合,短期間で企業を出入りするという派遣社員固有の特徴を考慮することが重要となる.本研究では,派遣社員による企業内の人的ネットワーク変化と,人的ネットワークを介して行われる情報共有に着目し,派...
田中 恵海, 高橋 謙輔, 鳥海 不二夫, 菅原 俊治
情報処理学会論文誌. 数理モデル化と応用   3(1) 98-108   2010年1月
本研究では,日本の中学校の一学級を対象とし,教師のいじめ対策行動の効果を検討するためのエージェントシミュレーションモデルを,ソシオン理論とハイダーの認知的均衡理論に基づいて作成し,教師のいじめ対策行動の効果を検討した.いじめは昨今の学級形成の重要な問題となっているが,その対策は十分確立できていない.教師による学級内のいじめ対策方法を確立するためにはその効果を確認する必要があるが,そのためには長期にわたる観測を行う必要があるため,難しい.本研究では,教師および生徒をエージェントとし,エージェ...
藤田 幸久, 鷲田 祐一, 鳥海 不二夫, 植田 一博, 石井 健一郎
情報処理学会論文誌. 数理モデル化と応用   3(1) 49-61   2010年1月
昨今,情報通信技術の発達により,一般生活者が日常的に入手しうる情報の量と種類が飛躍的に増加している.意思決定や価値判断において,情報の有無は重要であり,情報量の増加は個人の行動に影響をもたらしている.多くの既存研究では,保持している情報の量と種類が多ければ,影響力や意思決定力が強くなるものとしている.しかし,その真偽を再考する研究も現れており,情報量の飛躍的増加という未曾有の現象の本質を理解することが望まれる.本論文では,情報の多様化を考慮した情報伝播モデルを提案し,情報の多様化が情報伝播...
藤田 幸久, 鳥海 不二夫, 石井 健一郎
知能と情報   22(2) 165-177   2010年
現在,100年に一度とも言われる不況により,派遣社員の雇用を維持しながらコスト削減を進め,かつ作業効率低下を抑えるためのマネージメントが求められている.そこで,1人あたりの労働時間とコストを削減する「ワークシェアリング」の導入が提案されている.派遣社員の雇用維持を目的としたワークシェアリングを実施する場合,短期間で企業を出入りするという派遣社員固有の特徴を考慮することが重要となる.本研究では,派遣社員による企業内の人的ネットワーク変化と,人的ネットワークを介して行われる情報共有に着目し,派...
鳥海不二夫, 山本仁志, 諏訪博彦, 岡田勇, 和泉潔, 橋本康弘
人工知能学会論文誌   25(1) 78-89   2010年
In recent years, application of Social Networking Services (SNS) and Blogs are growing as new communication tools on the Internet. Several large-scale SNS sites are prospering; meanwhile, many sites with relatively small scale are offering service...
Yukihisa Fujita,Yuichi Washida,Fujio Toriumi,Kazuhiro Ueda,Kenichiro Ishii
9th International Conference on Autonomous Agents and Multiagent Systems (AAMAS 2010), Toronto, Canada, May 10-14, 2010, Volume 1-3   1543-1544   2010年   [査読有り]
磯村直樹, 鳥海不二夫, 石井健一郎
電子情報通信学会論文誌. A, 基礎・境界   92(11) 795-805   2009年10月
近年,人間と対話のできるコンピュータ(対話エージェント)は様々な分野で利用されている.このようなエージェントの実現のためには,対話エージェントの性能を定量的に評価できることが不可欠である.以前我々は,テキスト対話を対象とし,非タスク指向型対話エージェントの客観的・定量的な評価法を提案し,その有効性を確認した.この評価法では,タグ系列に変換された対話からHMM(Hidden Markov Model)を作成し,このHMMの出力確率を評価値として用いた.本論文では,前回の提案における一連の処理...
和泉潔, 鳥海不二夫, 松井宏樹
人工知能学会誌   24(3) 408-415   2009年5月
磯村直樹, 鳥海不二夫, 石井健一郎
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム   92(4) 542-551   2009年4月
近年,人間と対話のできるコンピュータ(対話システム)は様々な分野で利用されている.このようなシステムの実現のためには,性能の定量的評価が不可欠である.チケット,切符の予約などを目的としたタスク指向型対話システムでは,客観的・定量的な評価法がある程度確立されているのに対し,雑談などを目的とした非タスク指向型対話システムではアンケートなどの主観的な評価法が用いられているにすぎない.本論文ではテキスト対話を取り上げ,非タスク指向型対話システムの客観的・定量的な評価法を提案する.本論文では,いわゆ...
Kiyoshi Izumi,Fujio Toriumi,Hiroki Matsui
Neurocomputing   72(16-18) 3469-3476   2009年   [査読有り]
和泉潔, 鳥海不二夫, 松井藤五郎
知能と情報 : 日本知能情報ファジィ学会誌 : journal of Japan Society for Fuzzy Theory and Intelligent Informatics   20(4) 609-615   2008年8月
鳥海不二夫, 石田健, 石井健一郎
電子情報通信学会論文誌. B, 通信   91(4) 397-406   2008年4月
近年,SNS(Social Networking Service)の拡大は社会現象となっており,社会全体に大きな影響を及ぼしている.また,学内SNS,企業内SNS,地域別SNSなど,対象とするユーザを限定した小規模SNSも数多く登場している.このような小規模SNSが,インターネット上でのコミュニケーションの基盤を形成していく上で重要な存在であると考えられる.しかし,このようなSNSの多くは有効に活用されていないのが現状である.そこで本研究では,小規模SNSが有効活用されるための条件を明らか...
藤田幸久, 仲瀬明彦, 中山康子, 鳥海不二夫, 石井健一郎
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム   90(1) 52-61   2007年10月
現在ナレッジマネージメントとして,経験や事例から導かれた様々な知識継承手法が提案されている.しかし,これらの手法の多くは成功事例報告があるのみでその効果は定量的に実証されていない.そこで本研究では,組織における知識継承のモデルを提案することにより,ナレッジマネージメントの効果を解析することを目的とする.本論文では組織内で知識が継承されていく様子をマルチエージェントシミュレーションによって表現する.シミュレーションの結果,知識データベース,ナレッジマネージャを導入することにより,組織全体のパ...
鳥海不二夫, 石井健一郎
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム   90(9) 2456-2464   2007年9月
小学校などの学級集団においては,教師が集団を適切にコントロールすることが求められる.特に,近年問題となっている「いじめ」や「学級崩壊」は教師の適切な学級運営によって防ぐことができるケースが多い.そこで,我々は学級集団構造の変化を解析するために,学級集団のマルチエージェントモデルを提案した.本論文では,学級運営における教師の介入が学級集団形成にどのような影響を与えるかをシミュレーションによって確認した.シミュレーションでは教師によるコミュニケーション介入として二つの手法をモデル化し適用した....
鳥海 不二夫, 小林 彬, 高山 潤也, 大山 真司
計測自動制御学会論文集   43(10) 839-846   2007年3月
鳥海 不二夫, 高山 潤也, 大山 真司, 小林 彬
計測自動制御学会論文集   39(8) 709-716   2003年8月
鳥海 不二夫, 曹 麗, 大山 真司, 小林 彬
計測自動制御学会論文集   37(9) 886-892   2001年9月

Misc

 
鳥海 不二夫
明日の食品産業 = Food industry for tomorrow   2016(11) 6-12   2016年11月
河津裕貴, 鳥海不二夫, 高野雅典, 和田計也, 福田一郎
情報処理学会研究報告(Web)   2016(GI-35) VOL.2016-GI-35,NO.3 (WEB ONLY)   2016年3月
鳥海 不二夫, 稲葉 通将, 大澤 博隆, 片上 大輔, 篠田 孝祐, 松原 仁
デジタルゲーム学研究   9(1) 1-11   2016年
鳥海 不二夫
人工知能:人工知能学会誌   30(6)    2015年11月
篠田孝祐, 片上大輔, 稲葉通将, 鳥海不二夫, 大澤博隆, 松原仁
人工知能学会言語・音声理解と対話処理研究会資料   75th 80-85   2015年10月
田代光輝, 田代光輝, 小松正, 江口清貴, 鳥海不二夫, 中西崇文
情報処理学会研究報告(Web)   2015(EIP-69) VOL.2015-EIP-69,NO.12 (WEB ONLY)   2015年9月
片上 大輔, 小林 優, 鳥海 不二夫
ファジィシステムシンポジウム講演論文集   31 370-374   2015年9月
石井 晃, 小籔 拓馬, 榊 剛史, 鳥海 不二夫, 内山 幸樹, 薄井 司
日本物理学会講演概要集   70(1)    2015年3月
池田圭佑, 岡田佳之, 榊剛史, 鳥海不二夫, 風間一洋, 野田五十樹, 諏訪博彦, 篠田孝祐, 栗原聡
情報処理学会研究報告(Web)   2015(ICS-178) VOL.2015-ICS-178,NO.14 (WEB ONLY)-6   2015年2月
2011 年 3 月 11 日に発生した東日本大震災において,Twitter を利用して避難情報や被災地の情報が発信され,重要な情報源となった.しかし,Twitter で発信された情報は,急速に不特定多数の人に広まることから,誤った情報が発信されると瞬時に広がるというデメリットも存在する.そのため,デマ情報を早期収束させる方法を確立する必要がある.そこで,我々は Twitter における情報拡散メカニズムを探るため,新たな情報拡散モデルを提案する.提案モデルは,Twitter ユーザを趣味...
大澤博隆, 栢野航, 片上大輔, 鳥海不二夫, 稲葉通将, 篠田孝祐
電子情報通信学会技術研究報告   115(118(CNR2015 1-5)) 11-14   2015年6月
篠田 孝祐, 鳥海 不二夫, 片上 大輔
人工知能学会全国大会論文集   28 1-3   2014年
鳥海不二夫
組織科学   48(4) 47-59   2015年6月
大阪健吾, 平原悠喜, 鳥海不二夫, 菅原俊治
情報処理学会研究報告(Web)   2015(ICS-178) VOL.2015-ICS-178,NO.12 (WEB ONLY)   2015年2月
石井晃, 小籔拓馬, 北尾明子, 鳥海不二夫, 榊剛史, 榊剛史, HORI Chie, MOGI Akitoshi
情報処理学会研究報告(Web)   2015(ICS-178) VOL.2015-ICS-178,NO.10 (WEB ONLY)   2015年2月
鳥海 不二夫, 榊 剛史, 岡崎 直観
人工知能:人工知能学会誌   29(2) 172-181   2014年3月
鳥海 不二夫, 榊 剛史, 岡崎 直観
人工知能 : 人工知能学会誌 : journal of the Japanese Society for Artificial Intelligence   29(2) 172-181   2014年3月
鳥海 不二夫, 篠田 孝祐, 栗原 聡, 榊 剛史, 風間 一洋, 野田 五十樹
電子情報通信学会技術研究報告. AI, 人工知能と知識処理   112(94) 19-24   2012年6月
鳥海 不二夫, 篠田 孝祐, 栗原 聡, 榊 剛史, 風間 一洋, 野田 五十樹
電子情報通信学会技術研究報告. AI, 人工知能と知識処理   112(94) 19-24   2012年6月
本論文では,東日本大震災時の前後にTwitterに投稿された約4億のTweetを用いて,震災がTwitterを用いたリツイート行動に与えた影響を分析した.リツイートの時系列を混合正規分布を用いてモデル化し,震災直後にはリツイートが行われるタイミングが短くなり多くの情報が素早く大勢のユーザに共有されたことを明らかにした.また,得られたモデルをクラスタリングすることで,リツイートの時系列変化を5パターンに分類しそれぞれの特徴を分析し,各パターンの出現数が震災前後でどのように変化したかを確認した.
小出 明弘, 高橋 友美, 斉藤 和巳, 風間 一洋, 鳥海 不二夫
情報科学技術フォーラム講演論文集   11(2) 309-310   2012年9月
石原 裕規, 諏訪 博彦, 鳥海 不二夫, 太田 敏澄
社会情報学会(SSI)学会大会研究発表論文集   2012 195-198   2012年9月
Using tweets extracted from Twitter during the Great Eastern Japan Earthquake 2011, social network analysis techniques were used to generate and analyse the online networks that emerged at that time. People attempted to collect information about e...
三浦 大樹, 諏訪 博彦, 鳥海 不二夫, 鬼塚 真
社会情報学会(SSI)学会大会研究発表論文集   2012 279-282   2012年9月
In this paper we consider the situation that using a social search. Recent emergence of social media demands many users enjoy reading the social media generated by their friends or by people who are close to them in the social network. Additinaly,...
石原 裕規, 諏訪 博彦, 鳥海 不二夫, 太田 敏澄
電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学   112(346) 87-92   2012年12月
東日本大震災時に,人々は,Twitterにより様々な情報収集や,情報交換を行い震災に対処した.この際,情報発信や拡散の起点となるアカウントや,情報を仲介するアカウントが重要となる.ネットワーク分析においてこれらのアカウントは次数中心性と媒介中心性で表現できると考える.本研究では,二っの中心性を算出し,アカウントを特定し,コミュニケーション形態により分類した.今後このアカウントがどのような役割を果たしていたか理解し,今後の震災時におけるTwi廿er利用に繋げられると考える.
川口 大貴, 松本 慎平, 鳥海 不二夫
IEEE SMC Hiroshima Chapter Young Researchers' Workshop proceedings = IEEE SMC Hiroshima Chapter若手研究会講演論文集   115-118   2013年
鳥海 不二夫, 篠田 孝祐, 榊原 剛史
社会情報システム学シンポジウム学術講演論文集   19 1-6   2013年1月
小出明弘, 斉藤和巳, 風間一洋, 鳥海不二夫
情報処理学会研究報告. ICS, [知能と複雑系]   2013(6) 1-8   2013年3月
本稿では,ネットワーク上の情報拡散現象において,情報を多くのノードへ伝搬するための橋渡しとなるノードである超媒介者を,ネットワーク構造と情報拡散モデルを利用して検出する手法を提案する.まず,任意のノードに対して情報拡散シミュレーションを行うことにより得られる影響度を,ネットワーク内の全ノードに対して算出してネットワーク全体の影響度の期待値を得る.次に,ネットワーク内の任意のノードを削除した部分ネットワークにおいて同様に影響度の期待値を算出し,この差が大きくなるノードを超媒介者として検出する...
石津 亮輔, 秋山 英三, 鳥海 不二夫
電子情報通信学会技術研究報告. AI, 人工知能と知識処理   112(477) 1-5   2013年3月
近年FacebookやTwitterを始めとしたマイクロブログがスマートフォンなどのモバイル端末の普及と共に急激に普及している。特にTwitterは手軽にリアルタイムな情報を多くのユーザに伝搬出来るため社会に多くの影響を与えている。現にTwitterは2011年3月11日に発生した東日本大震災時に、携帯電話がつながらない状況下での有用な連絡手段として活躍した。しかし、その有用性は時にデマや誤情報も大量に拡散させる手助けとなってしまっている。例えば東日本大震災時では数十種類のデマや誤情報が情...
池田圭佑, 岡田佳之, 榊剛史, 鳥海不二夫, 篠田孝祐, 風間一洋, 野田五十樹, 諏訪博彦, 栗原聡
情報処理学会研究報告. ICS, [知能と複雑系]   2013(3) 1-7   2013年11月
2011 年 3 月 11 日に発生した東日本大震災後,Twitter 等ソーシャルメディアの果たした役割はとても大きく,今後起こるであろう各種災害においても重要な役割を担うことが予想される.しかし,誤った情報 (流言・デマ) が広がったことも事実であり,大きな社会問題となった.必要な情報をいち早く拡散させるだけでなく,誤った情報の拡散を早期に収束させることが重要である.これまで,我々は情報拡散モデルとして,感染症の拡散モデルとして有名な SIR モデルを拡張させたモデルを提案しているが,...
浅谷 公威, 大橋 弘忠, 鳥海 不二夫, 陳 Yu
電子情報通信学会技術研究報告. AI, 人工知能と知識処理   112(477) 61-66   2013年3月
現実社会において,集団を形成する個人が周囲の文化を個人の基準によって取捨選択することで文化が形成されている.その文化形成プロセスの中で,周囲の情報の取捨選択の基準となる個人の価値観が大きな役割を占めていると仮定し,その様子を数理モデルで表現した.具体的には,個人の周囲への適応過程で多様なコミュニティの出現を表現したAxelrodの文化形成モデル[2]をベースとし,Axelrodモデルの個々のエージェントに「価値観」という指標を導入した.様々なサイズの集団に対してエージェントベースシミュレー...
池田圭佑, 岡田佳之, 榊剛史, 鳥海不二夫, 篠田孝祐, 風間一洋, 野田五十樹, 諏訪博彦, 栗原聡
情報処理学会研究報告. ICS, [知能と複雑系]   2014(7) 1-7   2014年1月
2011 年 3 月 11 日に発生した東日本大震災後,Twitter 等ソーシャルメディアの果たした役割はとても大きく,今後起こるであろう各種災害においても重要な役割を担うことが予想される.しかし,誤った情報 (流言・デマ) が広がったことも事実であり,大きな社会問題となった.災害時には,必要な情報をいち早く拡散させるだけでなく,誤った情報の拡散を早期に収束させることが重要である.これまで,我々は情報拡散モデルとして,感染症の拡散モデルとして有名な SIR モデルを拡張させたモデルを提案...
梅岡 利光, 鳥海 不二夫, 平山 高嗣, 榎堀 優, 間瀬 健二
電子情報通信学会技術研究報告. AI, 人工知能と知識処理   112(477) 67-72   2013年3月
サブプライムローン問題をきっかけとした2008年の金融危機以来,安定した金融市場の運営を目指した研究が注目を集めている.安定した金融市場の運営を実現するために,経済物理学による相転移という概念を利用する.この概念は,市場は相を変化させているというものである.相の変化を検知し,過去のデータと対応付けることによって市場変化のパターンを掴むことができれば,金融市場の健全化に繋げることができると考えられる.そこで本論文では,株式市場における相の変化を捉えるためにまず,市場における異常な変化を検知す...
牧野 龍彦, 鳥海 不二夫, 陳 昱
知識ベースシステム研究会   98 27-32   2013年3月
山本 仁志, 鳥海 不二夫
人工知能学会誌   28(3) 397-404   2013年5月
川口大貴, 松本慎平, 鳥海不二夫
電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   64th 254-255   2013年10月
榎本光, 内田理, 鳥海不二夫
情報科学技術フォーラム講演論文集   12th 649-650   2013年8月
平原悠喜, 鳥海不二夫, 菅原俊治
情報科学技術フォーラム講演論文集   12th 355-360   2013年8月
六瀬聡宏, 長島俊, 内田理, 鳥海不二夫
情報科学技術フォーラム講演論文集   12th 651-652   2013年8月
小出明弘, 斉藤和巳, 風間一洋, 鳥海不二夫
情報処理学会研究報告(CD-ROM)   2012(6) ROMBUNNO.ICS-170,NO.6   2013年4月
小川祐樹, 野田五十樹, 山本仁志, 後藤真太郎, 和崎宏, 五味壮平, 鳥海不二夫
情報処理学会研究報告(CD-ROM)   2012(6) ROMBUNNO.ICS-170,NO.7   2013年4月
須田剛裕, 小嶋和徳, 伊藤慶明, 石亀昌明, 鳥海不二夫
情報処理学会全国大会講演論文集   75th(3) 3.99-3.100   2013年3月
梅岡利光, 鳥海不二夫, 平山高嗣, 榎堀優, 間瀬健二
電子情報通信学会技術研究報告   112(477(AI2012 41-52)) 67-72   2013年3月
牧野龍彦, 鳥海不二夫, CHEN Yu, 大橋弘忠
人工知能学会知識ベースシステム研究会資料   98th 27-32   2013年3月
小川 祐樹, 野田 五十樹, 山本 仁志, 後藤 真太郎, 和崎 宏, 五味 壮平, 鳥海 不二夫
情報処理学会研究報告. ICS, [知能と複雑系]   2013(7) 1-5   2013年3月
Twitter や SNS といったソーシャルメディアを実現するメディアは,災害時の被災者において非常に有効なツールになると考えられるが,デマ拡散の問題や,現場との情報の共有・調整の困難さなど解決すべき課題は多い.災害時において利用者はどのようなメディアをどのように活用したらよいのだろうか.このためには,各メディアの特性を理解し,その特性に合った情報発信・共有の方法について検討していく必要があるだろう.本研究では,震災時におけるソーシャルメディア違いによる話題の違いを明らかにするために,T...
石原 裕規, 諏訪 博彦, 鳥海 不二夫
電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報   112(346) 87-92   2012年12月
石原 裕規, 諏訪 博彦, 鳥海 不二夫, 太田 敏澄
情報処理学会研究報告. データベース・システム研究会報告   2012(14) 1-6   2012年12月
東日本大震災時に,人々は, Twitter により様々な情報収集や,情報交換を行い震災に対処した.この際,情報発信や拡散の起点となるアカウントや,情報を仲介するアカウントが重要となる.ネットワーク分析においてこれらのアカウントは次数中心性と媒介中心性で表現できると考える.本研究では,二つの中心性を算出し,アカウントを特定し,コミュニケーション形態により分類した.今後このアカウントがどのような役割を果たしていたか理解し,今後の震災時における Twitter 利用に繋げられると考える.
鳥海 不二夫
人工知能学会誌   27(6)    2012年11月
岡田 勇, 遠藤 薫, 佐藤 哲也, 鳥海 不二夫, 山本 仁志, 水野 誠, 寺野 隆雄, 太田 敏澄
日本社会情報学会学会誌   23(2) 65-80   2012年3月
小出 明弘, 斉藤 和巳, 鳥海 不二夫, 風間 一洋
電子情報通信学会技術研究報告. NLC, 言語理解とコミュニケーション   111(427) 37-42   2012年1月
本研究では,Twitter上のユーザモデルを構築するための第一歩として,フォローネットワーク上で中心的な役割を担うユーザであると考えられる高次数ユーザに着目し,フォロー類似度による高次数ユーザの間の関係を分析する.実験結果により,高入次数ユーザ間は,高出次数と低出次数の2つのグループに明確に分類されるが,高出次数ユーザ間は,高入次数のグループのみであることを示す.
鳥海 不二夫
情報処理   52(4) 540-552   2011年4月
鳥海 不二夫
人工知能学会誌   25(4) 557-558   2010年7月
鳥海 不二夫, 山本 仁志, 諏訪 博彦
知識ベ-スシステム研究会   88 39-45   2010年3月
ISHII Kenichiro, ISHIDA Ken, TORIUMI Fujio, 石井 健一郎, 石田 健, 鳥海 不二夫
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム   93(7) 1135-1143   2010年
鳥海不二夫, 石井健一郎
電子情報通信学会技術研究報告. AI, 人工知能と知識処理   109(211) 49-54   2009年9月
本論文では,エージェントの行動(コマンド)で構成される時系列データを,定型的なパターン(タスク)の列に変換することでエージェントの振舞を分析する手法を提案した.本手法では,頻出するパターンをタスクの候補とし,それぞれの出現確率と遷移確率をコストとしたViterbiアルゴリズムによって時系列データをタスク列に変換した.変換の精度を高めるため,頻度による選別と遷移確率による選別を行った.提案手法を評価するため,解が既知の問題に本手法を適用する実験を行った.その結果,適合率,再現率のF値が0.8...
和泉潔, 橋本康弘, 鳥海不二夫, 山本仁志, 諏訪博彦, 岡田勇
電子情報通信学会技術研究報告. AI, 人工知能と知識処理   109(211) 13-18   2009年9月
So-net SNS(β版)において,アクティブに稼動するSNSの中からのべ約1,200個のSNSを抽出し,決定木分析を用いて成長するSNSの判別を行なった.その結果,高い精度で判別可能であることが明らかとなった.決定木を生成する際に用いる変数に,ネットワーク構造に関する変数を導入したところ,判別能力が向上することが確認された.この結果より,ネットワーク構造がSNSの成長に影響を与えていることが示唆された.さらに,高成長したSNSの特徴分析を行ない,4つのパターンに分類しそれぞれの特徴を明...
藤田 幸久, 鷲田 祐一, 鳥海 不二夫, 植田 一博, 石井 健一郎
情報処理学会研究報告. MPS, 数理モデル化と問題解決研究報告   2009(6) 1-6   2009年9月
昨今,情報通信技術の発達により,一般生活者が日常的に入手しうる情報の量と種類が飛躍的に増加している.多くの既存研究では,保持している情報の量と種類が多ければ,影響力や意思決定力が強くなるものとしている.しかし,その真偽を再考する研究も現れており,情報量の飛躍的増加という未曾有の現象の本質を理解することが望まれる.本論文では,情報の多様化を考慮した情報伝播モデルを提案し,情報の多様化が情報伝播に及ぼす影響をシミュレーションにより分析する.特に,既存研究において強い影響力を持つとされるイノベー...
稲葉 通将, 鳥海 不二夫, 石井 健一郎
情報処理学会研究報告. MPS, 数理モデル化と問題解決研究報告   2009(18) 1-6   2009年9月
近年,人間と会話のできる対話エージェントが社会に広がりつつある.しかし,人間と雑談をし,話を盛り上げるための非タスク指向型対話エージェントの研究は少なく,知的な応答が可能な非タスク指向型対話エージェントは皆無である.このようなエージェントを実現するためには,客観的・主観的な評価法が不可欠である.本論文では,ある発話が周囲の文脈との間に語彙的結束性を有する場合,その発話は意味的に正しい発話であるという仮定に基づき,対話の意味に踏み込んだ評価手法を提案する.実験の結果,複数の非タスク指向型対話...
磯村 直樹, 鳥海 不二夫, 石井 健一郎
知識ベ-スシステム研究会   86 33-38   2009年8月
稲葉 通将, 磯村 直樹, 鳥海 不二夫
知識ベ-スシステム研究会   85 41-46   2009年3月
山口 竜一, 鳥海 不二夫, 石井 健一郎
知識ベ-スシステム研究会   85 63-68   2009年3月
山口竜一, 鳥海不二夫, 石井健一郎
電子情報通信学会技術研究報告. AI, 人工知能と知識処理   108(456) 69-74   2009年
近年,SNSなどのネットワークコミュニケーションツールが急速に普及してきている.SNSの社会的広がりもあり,学内SNSや社内SNSや地域SNSなどのユーザを限定したSNSも多数開設されている.しかし,開設されたSNSが効果的に利用されていることは少ない.本研究では,SNSを活性化することを目的とし,その足がかりとしてアクティブネットワークの時系列変化に着目した分析手法を提案した.そして,提案手法を用いて二つのSNSのアクティブネットワークの違いを明らかにした.
稲葉通将, 磯村直樹, 鳥海不二夫, 石井健一郎
電子情報通信学会技術研究報告. AI, 人工知能と知識処理   108(456) 29-34   2009年
近年,人間と会話のできる対話システムが社会に広がりつつある.しかし,人間と雑談をし,話を盛り上げるための非タスク指向型対話システムの研究は少なく,知的な応答が可能な非タスク指向型対話システムは皆無である.本論文では知的な応答が可能な非タスク指向型対話システムに必要となる知識データ構築を目指し,意味ネットワークを対話から構築する.さらにその応用として非タスク指向型対話システムの客観的・定量的な評価法を提案する.実験の結果,複数の非タスク指向型対話システムの性能を比較評価できることが確認された...
稲葉通将, 磯村直樹, 鳥海不二夫, 石井健一郎
情報処理学会研究報告. ICS, [知能と複雑系]   2009(16) 29-34   2009年
近年,人間と会話のできる対話システムが社会に広がりつつある.しかし,人間と雑談をし,話を盛り上げるための非タスク指向型対話システムの研究は少なく,知的な応答が可能な非タスク指向型対話システムは皆無である.本論文では知的な応答が可能な非タスク指向型対話システムに必要となる知識データ構築を目指し,意味ネットワークを対話から構築する.さらにその応用として非タスク指向型対話システムの客観的・定量的な評価法を提案する.実験の結果,複数の非タスク指向型対話システムの性能を比較評価できることが確認された...
山口竜一, 鳥海不二夫, 石井健一郎
情報処理学会研究報告. ICS, [知能と複雑系]   2009(16) 69-74   2009年
近年,SNSなどのネットワークコミュニケーションツールが急速に普及してきている.SNSの社会的広がりもあり,学内SNSや社内SNSや地域SNSなどのユーザを限定したSNSも多数開設されている.しかし,開設されたSNSが効果的に利用されていることは少ない.本研究では,SNSを活性化することを目的とし,その足がかりとしてアクティブネットワークの時系列変化に着目した分析手法を提案した.そして,提案手法を用いて二つのSNSのアクティブネットワークの違いを明らかにした.
山口 竜一, 鳥海 不二夫, 石井 健一郎
情報処理学会研究報告. ICS, [知能と複雑系]   154 69-74   2009年
稲葉 通将, 磯村 直樹, 鳥海 不二夫, 石井 健一郎
情報処理学会研究報告. ICS, [知能と複雑系]   154 29-34   2009年
鳥海不二夫, 石田健, 石井健一郎
電子情報通信学会技術研究報告. AI, 人工知能と知識処理   108(208) 33-38   2008年9月
現在,地域活性化の手段として地域密着型の地域SNSが注目されている.我々は社会ネットワークの視点から地域SNSを分析し,どのような構造が形成され,成長しているかをあきらかにし,mixiなど大規模なSNSとの構造を比較することで,地域SNSの特色が明らかにした.分析結果に基づいてSNSのネットワーク成長モデルの提案を行った.その結果,既存のモデルを用いて構築したネットワークと比較した場合に比べ,ネットワーク指標の観点から実際のSNSと類似したネットワークを構築可能であることが確認された.
和泉 潔, 鳥海 不二夫, 松井 宏樹
知識ベ-スシステム研究会   81 39-44   2008年3月
和泉潔, 鳥海不二夫, 松井宏樹
情報処理学会研究報告. ICS, [知能と複雑系]   2008(20) 103-107   2008年3月
本研究は人工市場を用いた自動取引アルゴリズムの評価手法を提案した.最初に自動取引アルゴリズムが市場に与えるインパクトを評価するために,順張りアルゴリズムと逆張りアルゴリズムが参加する人工市場を構築した.そして各アルゴリズムの割合を変えて価格の安定性を比較した.その結果,市場へのインパクトはアルゴリズムの内容自体だけでなく,他のアルゴリズムとの組合せの状況にも大きく依存することが分かった.次に,24種類の標準的な自動取引プログラムが参加する人工市場を構築し,各アルゴリズムの事前評価を行った....
藤田幸久, 鳥海不二夫, 石井健一郎
情報処理学会研究報告. ICS, [知能と複雑系]   2008(20) 73-78   2008年3月
近年,非正規雇用者である契約社員や派遣社員の数が増加している.非正規雇用者を雇用することによって企業は人件費を安く抑えることができる.一方,非正規雇用者は一定期間が過ぎると企業から離れるため,仕事によって培われた経験や知識が企業内に蓄積されにくい.その結果として,企業の競争力低下が懸念されている.そこで本論文では,派遣社員が企業に及ぼす影響を解析するために,社員が知識を獲得しながら作業を行う企業モデルを提案した.プロジェクトごとに雇用される派遣社員を提案モデルに導入することにより,派遣社員...
和泉潔, 鳥海不二夫, 松井宏樹
電子情報通信学会技術研究報告. AI, 人工知能と知識処理   107(523) 103-107   2008年
本研究は人工市場を用いた自動取引アルゴリズムの評価手法を提案した.最初に自動取引アルゴリズムが市場に与えるインパクトを評価するために,順張りアルゴリズムと逆張りアルゴリズムが参加する人工市場を構築した.そして各アルゴリズムの割合を変えて価格の安定性を比較した.その結果,市場へのインパクトはアルゴリズムの内容自体だけでなく,他のアルゴリズムとの組合せの状況にも大きく依存することが分かった.次に,24種類の標準的な自動取引プログラムが参加する人工市場を構築し,各アルゴリズムの事前評価を行った....
藤田幸久, 鳥海不二夫, 石井健一郎
電子情報通信学会技術研究報告. AI, 人工知能と知識処理   107(523) 73-78   2008年
近年,非正規雇用者である契約社員や派遣社員の数が増加している.非正規雇用者を雇用することによって企業は人件費を安く抑えることができる.一方,非正規雇用者は一定期間が過ぎると企業から離れるため,仕事によって培われた経験や知識が企業内に蓄積されにくい.その結果として,企業の競争力低下が懸念されている.そこで本論文では,派遣社員が企業に及ぼす影響を解析するために,社員が知識を獲得しながら作業を行う企業モデルを提案した.プロジェクトごとに雇用される派遣社員を提案モデルに導入することにより,派遣社員...
鳥海 不二夫, 石田 健, 山口 竜一
知識ベ-スシステム研究会   83 17-22   2008年11月
磯村直樹, 鳥海不二夫, 石井健一郎
電子情報通信学会技術研究報告. NLC, 言語理解とコミュニケーション   107(246) 1-6   2007年9月
近年,人間と対話のできるコンピュータ(対話システム)は様々な分野で利用されている.このようなシステムの実現のためには,性能の定量的評価が不可欠である.チケット,切符の予約などを目的としたタスク指向型対話システムでは,客観的・定量的な評価法がある程度確立されているのに対し,非タスク指向型対話システムではアンケートなどの主観的な評価法が用いられているに過ぎない.本論文ではテキスト対話を取り上げ,非タスク指向型対話システムの客観的・定量的な評価法を提案する.本手法では,人間同士の対話は自然で理想...
石田 健, 鳥海 不二夫, 石井 健一郎
情報科学技術フォーラム一般講演論文集   6(2) 343-346   2007年8月
原 大曜, 鳥海 不二夫, 石井 健一郎
情報科学技術フォーラム一般講演論文集   6(2) 401-402   2007年8月
西村啓, 鳥海不二夫, 浅野千尋, 村岡洋一
情報処理学会研究報告. ICS, [知能と複雑系]   2007(26) 75-80   2007年3月
本論文は,独自の投資手法を明確にまた容易に具現化することが可能な株式の自動売買プログラムである「カブロボ」,カブロボの作成を可能にするカブロボ開発キット,優秀なカブロボ開発者と資金運用者を結び付けるカブロボ・コンテスト,そしてこれらの実施を可能にするカブロボ・プラットフォームに関する売買の成績を競うカブロボ・コンテストの第3回大会では,実運用を目標に6000人以上の人が参加し,その中からコンテストの実績だけではなく,長期のバックテストでも成績のよい実運用に優れたカブロボを輩出することができ...
鳥海不二夫, 西村啓, 浅野千尋, 石井健一郎
情報処理学会研究報告. ICS, [知能と複雑系]   2007(26) 67-74   2007年3月
近年市場における個人投資家の割合は増加の一歩をたどっている.これにともない,アルゴリズムトレードを利用した取引が注目されている.しかしながら,投資家にとって取引エージェントの作成は敷居が高く,自動取引エージェント上に優秀なアルゴリズムを実現するのは困難である.そこで,本研究では投資スキルは十分にあるもののプロミングのスキルが十分ではない投資家に対して,その投資家の投資戦略を取引エージェント上で実現することを目指し,自動取引エージェントの作成支援システムを,第一回スーパーカブロボコンテスト用...
鳥海不二夫, 西村啓, 浅野千尋, 石井健一郎
電子情報通信学会技術研究報告. AI, 人工知能と知識処理   106(586) 15-22   2007年3月
近年市場における個人投資家の割合は増加の一歩をたどっている.これにともない,アルゴリズムトレードを利用した取引が注目されている.しかしながら,投資家にとって取引エージェントの作成は敷居が高く,自動取引エージェント上に優秀なアルゴリズムを実現するのは困難である.そこで,本研究では投資スキルは十分にあるもののプロミングのスキルが十分ではない投資家に対して,その投資家の投資戦略を取引エージェント上で実現することを目指し,自動取引エージェントの作成支援システムを,第一回スーパーカブロボコンテスト用...
西村啓, 鳥海不二夫, 浅野千尋, 村岡洋一
電子情報通信学会技術研究報告. AI, 人工知能と知識処理   106(586) 9-14   2007年3月
本論文は,独自の投資手法を明確にまた容易に具現化することが可能な株式の自動売買プログラムである「カブロボ」,カブロボの作成を可能にするカブロボ開発キット,優秀なカブロボ開発者と資金運用者を結び付けるカブロボ・コンテスト,そしてこれらの実施を可能にするカブロボ・プラットフォームに関する[1].売買の成績を競うカブロボ・コンテストの第3回大会では,実運用を目標に6000人以上の人が参加し,その中からコンテストの実績だけではなく,長期のバックテストでも成績のよい実運用に優れたカブロボを輩出するこ...
和泉潔, 松井宏樹, 鳥海不二夫
電子情報通信学会技術研究報告. AI, 人工知能と知識処理   107(383) 7-10   2007年
本稿では,ユーザが人工市場と他のサービスとを組み合わせることにより自由に新しいサービスを創造できるように,人工市場シミュレーションをモジュール化しサービス化するためのシステムを提案する.
久連石圭, 鳥海不二夫, 石井健一郎
電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解   107(359) 37-42   2007年12月
高性能な手書き文字認識系を実現するには,様々な変形を含む大量の学習文字が必要である.しかし,収集された文字には,一般にごく限られた変形しか含まれていない.そのため,学習文字としては不十分である.この問題を解決するため,少数の手書き文字から,個人の変形を反映した多様な手書き文字を生成する手法が必要である.本論文では方向系列及び,方向系列を利用した文字の生成法を提案した.方向系列は文字を方向の連続として表現したものである.方向系列で表された文字対を元に,重み付き線形和を求めることで新たな文字を...
久連石圭, 鳥海不二夫, 石井健一郎
電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎   107(360) 37-42   2007年12月
高性能な手書き文字認識系を実現するには,様々な変形を含む大量の学習文字が必要である.しかし,収集された文字には,一般にごく限られた変形しか含まれていない.そのため,学習文字としては不十分である.この問題を解決するため,少数の手書き文字から,個人の変形を反映した多様な手書き文字を生成する手法が必要である.本論文では方向系列及び,方向系列を利用した文字の生成法を提案した.方向系列は文字を方向の連続として表現したものである.方向系列で表された文字対を元に,重み付き線形和を求めることで新たな文字を...
鳥海 不二夫, 西村 啓, 浅野 千尋
知識ベ-スシステム研究会   79 27-32   2007年12月
久連石圭, 鳥海不二夫, 石井健一郎
情報処理学会研究報告. CVIM, [コンピュータビジョンとイメージメディア]   2006(93) 249-256   2006年9月
囲碁の過去の対局からは良い手や悪い手を知ることができ,上達のために有用である.そのために過去の対局を集めたデータベースを望む声があるが,電子化されていない古い雑誌や新聞などから手作業で囲碁データベースに入力することは困難である.そこで,本研究では新聞など紙媒体の棋譜を自動的に電子データへ変換する手法を提案する.本研究では石の位置を認識する手法として,Hough変換を用いた.また,石の手順番号を認識する手法として,テンプレートマッチングとGlucksmanの特徴を利用した.さらに,棋譜固有の...
久連石圭, 鳥海不二夫, 石井健一郎
電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解   106(230) 115-122   2006年9月
囲碁の過去の対局からは良い手や悪い手を知ることができ,上達のために有用である.そのために過去の対局を集めたデータベースを望む声があるが,電子化されていない古い雑誌や新聞などから手作業で囲碁データベースに入力することは困難である.そこで,本研究では新聞など紙媒体の棋譜を自動的に電子データへ変換する手法を提案する.本研究では石の位置を認識する手法として,Hough変換を用いた.また,石の手順番号を認識する手法として,テンプレートマッチングとGlucksmanの特徴を利用した.さらに,棋譜固有の...
藤田幸久, 仲瀬明彦, 中山康子, 鳥海不二夫, 石井健一郎
情報処理学会研究報告. ICS, [知能と複雑系]   2006(2) 77-82   2006年11月
現在, ナレッジマネージメントとして, 経験や事例から導かれた様々な知識継承手法が提案されている.しかし, これらの手法の多くは成功事例があるのみでその効果は定量的に実証されていない.そこで本研究では, 組織における知識継承のモデルを提案することにより, ナレッジマネージメントの効果を解析することを目的とする.本論文では組織内で知識が継承されていく様子をマルチエージェントシミュレーションによって表現する.シミュレーションの結果, 知識データベース, ナレッジマネージャーを導入することにより...
藤田幸久, 仲瀬明彦, 中山康子, 鳥海不二夫, 石井健一郎
電子情報通信学会技術研究報告. AI, 人工知能と知識処理   105(510) 29-34   2006年10月
現在, ナレッジマネージメントとして, 経験や事例から導かれた様々な知識継承手法が提案されている. しかし, これらの手法の多くは成功事例があるのみでその効果は定量的に実証されていない. そこで本研究では, 組織における知識継承のモデルを提案することにより, ナレッジマネージメントの効果を解析することを目的とする. 本論文では組織内で知識が継承されていく様子をマルチエージェントシミュレーションによって表現する. シミュレーションの結果, 知識データベース, ナレッジマネージャーを導入するこ...
磯村直樹, 鳥海不二夫, 石井健一郎
電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解   106(300) 57-62   2006年1月
近年、コンピュータが人間と対話するシステム(対話システム)は様々な分野で研究、利用されている。このようなシステムの実現のためには、性能の定量的評価が不可欠である。チケット、切符の予約などを目的としたタスク指向型対話システムでは、客観的・定量的な評価法がある程度確立されているのに対し、非タスク指向型対話システムにはアンケートなどの主観的な評価法が主に用いられている。本研究では、非タスク指向型対話システムの客観的・定量的な評価法を提案する。本手法では、人間同士の対話は自然で理想的な対話であると...
磯村直樹, 鳥海不二夫, 石井健一郎
電子情報通信学会技術研究報告. TL, 思考と言語   106(296) 39-44   2006年1月
近年、コンピュータが人間と対話するシステム(対話システム)は様々な分野で研究、利用されている。このようなシステムの実現のためには、性能の定量的評価が不可欠である。チケット、切符の予約などを目的としたタスク指向型対話システムでは、客観的・定量的な評価法がある程度確立されているのに対し、非タスク指向型対話システムにはアンケートなどの主観的な評価法が主に用いられている。本研究では、非タスク指向型対話システムの客観的・定量的な評価法を提案する。本手法では、人間同士の対話は自然で理想的な対話であると...
磯村直樹, 鳥海不二夫, 石井健一郎
電子情報通信学会技術研究報告. NLC, 言語理解とコミュニケーション   106(298) 39-44   2006年1月
近年、コンピュータが人間と対話するシステム(対話システム)は様々な分野で研究、利用されている。このようなシステムの実現のためには、性能の定量的評価が不可欠である。チケット、切符の予約などを目的としたタスク指向型対話システムでは、客観的・定量的な評価法がある程度確立されているのに対し、非タスク指向型対話システムにはアンケートなどの主観的な評価法が主に用いられている。本研究では、非タスク指向型対話システムの客観的・定量的な評価法を提案する。本手法では、人間同士の対話は自然で理想的な対話であると...
曽我部将義, 鳥海不二夫, 石井健一郎
情報処理学会研究報告. 自然言語処理研究会報告   2005(117) 105-110   2005年12月
近年, 様々な目的から人間とコミュニケーションを行うコンピュータ, すなわち, 対話システムへの期待が高まっている.このようなシステムの実現のためには, 開発したシステムの性能の評価が不可欠である.しかし, 客観的・定量的な評価法がある程度確立されているタスク指向型対話システムに対し, 非タスク指向型対話システムにはアンケートなどの主観的な評価法が主に用いられている.本研究では, テキストによって非タスク指向型対話を行う対話システムの客観的・定量的な評価法を提案する.提案手法では, 人間同...
鳥海 不二夫, 島本 好平, 高山 潤也
センシングフォ-ラム資料   20 377-382   2003年9月

書籍等出版物

 
鳥海 不二夫
秀和システム   2007年9月   ISBN:4798017434
鳥海 不二夫
秀和システム   2007年9月   ISBN:4798017736
鳥海 不二夫
秀和システム   2006年8月   ISBN:4798013900
鳥海 不二夫
秀和システム   2005年7月   ISBN:4798011231

学歴

 
2001年4月
 - 
2004年3月
東京工業大学 理工学研究科 機械制御システム専攻博士課程
 

特許

 
岡田 尚, 山本 修一郎, 石井 健一郎, 鳥海 不二夫
岡田 尚, 鳥海 不二夫, 山本 修一郎, 石井 健一郎
磯村 直樹, 鳥海 不二夫, 石井 健一郎, 前田 英作