鳥飼 行博

J-GLOBALへ         更新日: 17/11/21 03:44
 
アバター
研究者氏名
鳥飼 行博
 
トリカイ ユキヒロ
URL
http://www.geocities.jp/torikai007/
所属
東海大学
部署
教養学部
職名
教授
学位
経済学博士(東京大学)
科研費研究者番号
60212073

プロフィール

1983 B.A. Economics, Economics Department at Chuo University (中央大学), Tokyo, Japan

1986 M.A. Economics, Economics Department at University of Tokyo (東京大学), Japan

1988 Ph.D. Economics, at University of Tokyo(経済学博士 東京大学), Japan
Doctoral Dissertation: "Economic Behavior under Uncertainty: Case Studies of Philippine Rice Farmers" Kind of academic degree (Doctor of Economics), Field of academic degree (Economics), Year and Date of conferral of degrees (1988/03/29)

1989-1990 Special Researcher of Japan Society for the Promotion of Science (日本学術振興会特別研究員)at University of Tokyo, Japan

1990-1996 Lecturer, School of Humanities and Culture, Tokai University (東海大学)

1998-1999 Visitor Researcher of Department of Agricultural Business Administration, Faculty of Agricultural Technology, King Mongkut's Institute of Technology Ladkrabang:KMITL(モンクット王工科大学農業技術学部アグリビジネス学科客員研究員), Bangkok, Thailand

present Professor, Department of Human Development, School of Humanities and Culture, Tokai University (東海大学教養学部人間環境学科社会環境課程教授)

研究分野

 
 

経歴

 
2010年
 - 
現在
東海大学 教養学部人間環境学科 教授
 
1990年4月
 - 
1996年3月
東海大学教養学部生活学科 講師
 
1989年10月
 - 
1990年3月
東海大学教養学部 教養学部生活学科 非常勤講師
 
1989年4月
 - 
1990年3月
日本学術振興会 特別研究員
 

学歴

 
1983年4月
 - 
1988年3月
東京大学大学院 経済学研究科 
 

Misc

 
鳥飼行博, 万城目正雄
東海大学紀要 教養学部   (41) 339-353   2011年3月
鳥飼 行博, 万城目 正雄
経済政策ジャーナル   8(2) 59-62   2011年
鳥飼行博, 万城目正雄
東海大学紀要 教養学部   (40) 111-128   2010年3月
鳥飼行博, 万城目正雄
東海大学紀要 教養学部   (39) 67-94   2009年3月
鳥飼 行博, 万城目 正雄
東海大学紀要, 教養学部   40(0) 111-128[含 英語文要旨]   2009年
鳥飼 行博, 万城目 正雄
経済政策ジャーナル   6(2) 68-71   2009年
鳥飼行博, 万城目正雄
東海大学紀要 教養学部   (38) 39-59   2008年3月
鳥飼 行博, 万城目 正雄
東海大学紀要, 教養学部   39(0) 67-94[含 英語文要旨]   2008年
鳥飼 行博, 万城目 正雄
経済政策ジャーナル   5(2) 51-54   2008年
鳥飼行博
東海大学紀要 教養学部   (37) 133-159   2007年3月
鳥飼 行博, 万城目 正雄
東海大学紀要. 教養学部   38(0) 39-59   2007年
Addressing climate change issues in a cost-effective way are the main challenges of environmental cooperation and energy policies and in the longer term will be solved only through technology cooperation. To encourage collaborative efforts to meet...
鳥飼 行博
東海大学紀要. 教養学部   36(0) 115-139   2006年3月
While the global and local list of environmental problems is long and growing, it's difficult to be certain of the extent to which population growth is a contributing factor. Clearly, the relationship between population and the environment is very...
鳥飼 行博
東海大学紀要. 教養学部   37(0) 133-159   2006年
Many communities, businesses, and individuals in Japan have found creative ways to reduce and better manage their garbage or Municipal Solid Waste (MSW) through source reduction, recycling, composting and disposal in landfills or waste combustors ...
鳥飼 行博
東海大学紀要. 教養学部   35(0) 311-326   2005年3月
鳥飼 行博
東海大学紀要. 教養学部   35(0) 21-54   2005年3月
熱帯林減少の要因については,焼畑,薪炭生産など途上国の貧困と,熱帯材貿易,フロンティア開発など経済発展との両面が指摘されている。その中で,熱帯林減少の対策についても,様々な見解が打ち出されている。そこで,本橋では,熱帯林減少の要因を再検討しつつ,持続可能な林業と森林・生物多様性の保全のために,地域コミュニティにおけるローカル・コモンズの管理,アグロフォレストリーに注目した熱帯林の適正管理の方法を模索してみたい。
鳥飼 行博
東海大学紀要. 教養学部   34(0) 61-92   2004年3月
The industry and consumption in Asia continually growing and so much so that they cause the waste management problem, although they are fast becoming the world's large economic center. Most of residents in Japan have been involved in recycling and...
万城目 正雄, 鳥飼 行博
行動科学研究   54(0) 75-94   2002年
鳥飼 行博
東海大学紀要. 教養学部   31(0) 71-91   2000年
鳥飼 行博, 若林 広
東海大学紀要. 教養学部   28(0) 311-320   1998年3月
鳥飼 行博, 藤野 裕弘
東海大学紀要. 教養学部   28(0) 295-310   1998年3月
原山 広之, 鳥飼 行博
東海大学紀要. 教養学部   28(0) 175-184   1998年3月
鳥飼 行博
東海大学紀要. 教養学部   28(0) 155-174   1998年3月
鳥飼 行博
經濟學論纂   38(5) 255-278   1998年3月
鳥飼行博
行動科学研究   50 39-61   1998年3月
鳥飼 行博
東海大学紀要. 教養学部   29(0) 107-122   1998年
藤野 裕弘, 梶井 龍太郎, 新悠 喜雄, 小柴 はるみ, 鳥飼 行博, 宇波 惇夫
東海大学紀要. 教養学部   29(0) 173-175   1998年
鳥飼 行博
行動科学研究   48(0) 31-44   1996年
鳥飼 行博
東海大学紀要. 教養学部   27(0) 105-138   1996年
鳥飼 行博, 若林 広
東海大学紀要. 教養学部   26(0) 337-342   1995年
鳥飼 行博
東海大学紀要. 教養学部   26(0) 203-241   1995年
鳥飼 行博
日本経済政策学会年報   p128-131   1995年
鳥飼 行博
行動科学研究   46(0) 25-40   1994年
鳥飼 行博
東南アジア研究   31(3) 255-284   1993年12月
この論文は国立情報学研究所の学術雑誌公開支援事業により電子化されました。A distinctive feature of development economics has been the attempt to understand the process of migration from rural areas to urban areas under natural population increase in less developed countries. But it ha...
鳥飼 行博
行動科学研究   43(0) 17-30   1993年
鳥飼 行博
東海大学紀要. 教養学部   24(0) 203-232   1993年
TORIKAI Yukihiro
日本経済政策学会年報   41(0) 163-167   1993年
鳥飼 行博
東海大学紀要. 教養学部   23(0) 211-228   1992年
鳥飼 行博
アジア経済   31(11) p56-68   1990年11月
鳥飼 行博
東南アジア研究   27(4) 406-426   1990年3月
この論文は国立情報学研究所の学術雑誌公開支援事業により電子化されました。The focus of this paper is to show the economic structure of fishing communities in the Philippines. It is based on fieldwork conducted in the fishing villages of Mercedes, Bicol region, from May to June 1988. I...
鳥飼 行博
東海大学紀要. 教養学部   21(0) 121-132   1990年
鳥飼 行博
東南アジア研究   27(3) 301-316   1989年12月
この論文は国立情報学研究所の学術雑誌公開支援事業により電子化されました。The focus of this paper is on the worksharing in Philippine rice-farming communities. In these villages, farmers depend on hired labor provided by landless, other farmers and their families. This implies that fa...

書籍等出版物

 
鳥飼 行博
東海大学出版部   2015年2月   ISBN:4486020480
鳥飼 行博
東海大学出版会   1998年1月   ISBN:4486014197
鳥飼 行博
青山社   2001年2月   ISBN:4883590585
鳥飼 行博
東海大学出版会   2002年5月   ISBN:4486015851
鳥飼 行博
青弓社   2008年8月   ISBN:4787220284
Ronald Cohn Jesse Russell
VSD   2012年1月   
奥良モト, 堀ノ内雅一, 鳥飼行博
集英社   2011年   ISBN:9784082400484
鳥飼行博
東海大学印刷業務課   2003年   
ISBN:6133044853
Russell Jesse
Book on Demand Pod   ISBN:5512192655

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 鳥飼行博
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2003年 - 2005年    代表者: 鳥飼行博
宇宙船地球号の乗員、地球市民という概念は、閉じられた自然空間に経済社会が制約されることを意味するが、自然環塊によって賦存量の制約は、資源エネルギー・土地・水・大気など本源的資源にあって、厳しく、その収奪的な利用は、環境悪化を引き起こす。そして、本源的資源の利用可能性が将来にわたって低下し,加えて、本源的資源の利用に伴う排出物・廃棄物による環境悪化も生じてくる。したがって、先進国・途上国における人口増加は,資源エネルギーの消費急増となって本源的資源への人口圧力を高め,貧困者の資源利用可能性を...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2001年 - 2002年    代表者: 鳥飼行博
人口1人当たり所得水準が日本の10分の1に達しないような大多数の開発途上国の経済は,雇用の上では多くを農業・漁業に依存しており,その労働生産性は低い。また,化学肥料,農薬など農業投入財の増加や灌漑整備によって土地生産性は向上したものの,農業適地や熱帯林など農地利用できる余地,すなわち農業フロンティアの制約が強く,耕地の拡大が困難になり,人口増加も加わって,人口1人当たり耕地面積は縮小している。さらに,外資導入,輸出増加を貴重とした工業化は進展したが,その工業化の連関効果によって生み出された...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1998年 - 1998年    代表者: 鳥飼行博
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1993年 - 1993年    代表者: 鳥飼行博
開発途上国の規定は、国連又は世銀が行っているように、国民1人当たりの年間国民所得を基準とするが、経済開発や経済援助を扱うためには、平均像よりも、分野、産業ごとの分析、特に産業構造における労働配分と雇用契約形態の研究が不可欠である。雇用については、共同体の慣行という非経済要因が強調されることの多い小規模産業であるが、実際には、暗黙の雇用契約が個人経営体と労働者、個人経営体の間、労働者の間と、複雑にはりめぐらされており、メンバーの間で、就業機会を分け与えあうことが、構造的かつ時系列的に実施され...