MISC

2019年8月

【外科におけるカテーテル管理のコツ】消化管内留置カテーテル 膵管・胆管再建におけるドレナージカテーテルの留置と管理方法

外科
  • 土川 貴裕
  • ,
  • 平野 聡
  • ,
  • 田中 公貴
  • ,
  • 中西 喜嗣
  • ,
  • 浅野 賢道
  • ,
  • 野路 武寛
  • ,
  • 中村 透
  • ,
  • 岡村 圭祐
  • ,
  • 三浦 拓己
  • ,
  • 吉田 憲央
  • ,
  • 島 明日美
  • ,
  • 岡田 智之
  • ,
  • 榎並 美里
  • ,
  • 石川 薫

81
9
開始ページ
936
終了ページ
939
記述言語
日本語
掲載種別
出版者・発行元
(株)南江堂

<文献概要>膵・胆道癌手術において膵管・胆管吻合再建時に留置するステントチューブは,吻合部の開存性を確保し,また吻合部に曝露される膵液・胆汁などの刺激性の消化液を適切に腸管内(内瘻チューブ),あるいは体外(外瘻チューブ)へ誘導することで吻合部の保護と減圧に寄与する.さらに縫合不全により吻合部に離開が生じた場合にも,吻合の連続性を保つ効果が期待できる.本稿では膵管・胆管吻合再建時に留置するステントチューブについて,その意義とともにわれわれが行っている管理法について解説した.

エクスポート
BibTeX RIS