Profile Information

Affiliation
Faculty of Human Sciences, Waseda University
Degree
博士(人間科学)(Mar, 2021, 早稲田大学)
修士(人間科学)(Mar, 2017, 早稲田大学)
学士(教育学)(Mar, 2015, 東京大学)

Researcher number
10879969
J-GLOBAL ID
201901015720687057
researchmap Member ID
B000360823

External link

人がどのように自身の「思考」や「思い」によって苦しめられ,どうしたらそれらとうまく付き合えるようになるのかに関心があります。そのための方法として,今の体験にただただ気づいていくマインドフルネスに着目して研究しています。
最近は,以下の研究をしています。
1. Five Facet Mindfulness Questionnaireの短縮版の作成と妥当性・信頼性の検討 → Takahashi et al., 2022 (Frontiers in Psychology)

2. マインドフルネスのメカニズムの予測符号化モデルに基づく理解 → 髙橋・荻島, 2022(心理学評論)

3. うつと不安に対するマインドフルネス集団療法の作用機序研究ーマインドワンダリングと関わる脳波による検討ー(ランダム化比較試験)

4. うつと不安に対するオンラインマインドフルネスクラスの効果研究(ランダム化比較試験)

→参加者募集中です https://www.the-melon.com/research-waseda1/

 

自閉スペクトラム症に関する以下の共同研究も行っています。

1. 潜在的な対人志向性を測定する潜在連合テスト(Implicit Association Test)の開発

2. 自閉スペクトラム症者の社会的カモフラージュ行動とメンタルヘルスの関連

3. Autism Acceptance Questions 日本語版の開発

 

また、幸せになろうとして幸せから遠ざかる社会や人間の仕組みに関心があります。そのような仕組みを、評価判断しないマインドフルネスの態度が緩和するのではないかと考えて、社会学者の人と共同で調査研究をしています。


Awards

  7

Papers

  33

Misc.

  44

Books and Other Publications

  5

Presentations

  6

Research Projects

  3

Social Activities

  6