論文

査読有り
2020年

日高帯中に見いだされた後期漸新世を示す珪質泥岩層とそのテクトニックな意義

地質学雑誌
  • 七山 太
  • ,
  • 栗田 裕司
  • ,
  • 田近 淳
  • ,
  • 山崎 徹
  • ,
  • 岩野 英樹
  • ,
  • 檀原 徹
  • ,
  • 平田 岳史

126
2
開始ページ
71
終了ページ
84
記述言語
日本語
掲載種別
DOI
10.5575/geosoc.2019.0040
出版者・発行元
一般社団法人 日本地質学会

<p>北見紋別地域に分布する立牛層は珪質泥岩主体の地層からなるが,これまでは日高累層群に含められていた.立牛層に挟在されるタービダイト砂岩から砕屑性ジルコン粒子を分離し,LA-ICP-MS法でU-Pb年代を測定した結果,26.9±0.2Maを示す年代値が得られた.一方,立牛層の珪質泥岩から後期漸新世を示準する渦鞭毛藻化石(Williamsidinium sp. C and Spinidinium? sp. A zones)が産出した.立牛層は,後期漸新世に発生した右横ずれ構造運動によって,基盤の日高累層群中に南北に生じた地溝帯を埋めるようにして堆積し,さらに千島海盆(古オホーツク海)からもたらされた底層深層水の湧昇によって、珪質堆積物になったと考えられる。</p>

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.5575/geosoc.2019.0040
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/130007855285
CiNii Books
http://ci.nii.ac.jp/ncid/AN00141768
URL
http://id.ndl.go.jp/bib/030297205

エクスポート
BibTeX RIS