古田 寿昭

J-GLOBALへ         更新日: 18/08/24 20:10
 
アバター
研究者氏名
古田 寿昭
 
フルタ トシアキ
URL
https://www.lab.toho-u.ac.jp/sci/biomol/tfuruta-lab/
所属
東邦大学
部署
理学部
職名
教授
学位
博士(理学)(東北大学)
ORCID ID
0000-0001-8532-1775

研究分野

 
 

経歴

 
2005年4月
 - 
現在
東邦大学 理学部生物分子科学科 教授
 
2008年4月
 - 
2010年3月
東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 客員教授
 
2007年
 - 
2009年
文部科学省 研究振興局  学術調査官(科研費担当)兼任
 
2000年4月
 - 
2005年3月
東邦大学 理学部生物分子科学科 助教授
 
1999年
 - 
2002年
JSTさきがけ 素過程と連携領域 研究者兼任
 
1997年9月
 - 
1998年9月
カリフォルニア大学サンディエゴ校 薬理学科(Roger Y. Tsien研) 博士研究員
 
1994年1月
 - 
2000年3月
東邦大学 理学部生物分子科学科 講師
 
1991年4月
 - 
1993年12月
東邦大学 理学部生物分子科学科 助手
 
1990年5月
 - 
1991年3月
東北大学 理学部化学科 助手
 

論文

 
Narumi Tetsuo, Miyata Koichi, Nii Akitaka, Sato Kohei, Maset Nobuyuki, Furuta Toshiaki
ORGANIC LETTERS   20(14) 4178-4182   2018年7月   [査読有り]
Ohta Yusaku, Furuta Toshiaki, Nagai Takeharu, Horikawa Kazuki
SCIENTIFIC REPORTS   8    2018年1月   [査読有り]
Development of water-soluble and highly photosensitive 8-azacoumarin-4-ylmethyl-type photolabile-protecting groups for dynamic analysis of bioactive molecules
Takano Hikaru, Narumis Tetsuo, Nomura Wataru, Furuta Toshiaki, Tamamura Hirokazu
ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   251    2016年3月   [査読有り]
Takano Hikaru, Narumi Tetsuo, Nomura Wataru, Furuta Toshiaki, Tamamura Hirokazu
ORGANIC LETTERS   17(21) 5372-5375   2015年11月   [査読有り]
Ieda Naoya, Hishikawa Kazuhiro, Eto Kei, Kitamura Kai, Kawaguchi Mitsuyasu, Suzuki Takayoshi, Fukuhara Kiyoshi, Miyata Naoki, Furuta Toshiaki, Nabekura Junichi, Nakagawa Hidehiko
BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS   25(16) 3172-3175   2015年8月   [査読有り]
Takano Hikaru, Narumi Tetsuo, Ohashi Nami, Suzuki Akinobu, Furuta Toshiaki, Nomura Wataru, Tamamura Hirokazu
TETRAHEDRON   70(29) 4400-4404   2014年7月   [査読有り]
Narumi Tetsuo, Takano Hikaru, Ohashi Nami, Suzuki Akinobu, Furuta Toshiaki, Tamamura Hirokazu
ORGANIC LETTERS   16(4) 1184-1187   2014年2月   [査読有り]
Watanabe Takayoshi, Hoshida Tomoko, Sakyo Jun, Kishi Mariko, Tanabe Satoshi, Matsuura Junichi, Akiyama Shingo, Nakata Makiko, Tanabe Yasuaki, Suzuki Akinobu Z., Watanabe Soichiro, Furuta Toshiaki
ORGANIC & BIOMOLECULAR CHEMISTRY   12(28) 5089-5093   2014年   [査読有り]
Teraoka Aoi, Murakoshi Kanako, Fukamauchi Kyoko, Suzuki Akinobu Z., Watanabe Soichiro, Furuta Toshiaki
CHEMICAL COMMUNICATIONS   50(6) 664-666   2014年   [査読有り]
Furuta Toshiaki, Manabe Kaori, Teraoka Aoi, Murakoshi Kanako, Ohtsubo Ai, Suzuki Akinobu
ORGANIC LETTERS   14(24) 6182-6185   2012年12月   [査読有り]
Furuta Toshiaki
JOURNAL OF SYNTHETIC ORGANIC CHEMISTRY JAPAN   70(11) 1164-1169   2012年11月   [査読有り]
Nomura Wataru, Narumi Tetsuo, Ohashi Nami, Serizawa Yuki, Lewin Nancy E., Blumberg Peter M., Furuta Toshiaki, Tamamura Hirokazu
CHEMBIOCHEM   12(4) 535-539   2011年3月   [査読有り]
Mizukami Shin, Hosoda Mariko, Satake Takafumi, Okada Satoshi, Hori Yuichiro, Furuta Toshiaki, Kikuchi Kazuya
JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   132(28) 9524-9525   2010年7月   [査読有り]
Hishikawa Kazuhiro, Nakagawa Hidehiko, Horinouchi Taeko, Furuta Toshiaki, Fukuhara Kiyoshi, Tsumoto Hiroki, Suzuki Takayoshi, Miyata Naoki
NITRIC OXIDE-BIOLOGY AND CHEMISTRY   22 S47   2010年6月   [査読有り]
Shigenaga Akira, Yamamoto Jun, Sumikawa Yoshitake, Furuta Toshiaki, Otaka Akira
TETRAHEDRON LETTERS   51(21) 2868-2871   2010年5月   [査読有り]
Yamaguchi S, Chen Y, Nakajima S, Furuta T, Nagamune T
Chemical communications (Cambridge, England)   46(13) 2244-2246   2010年4月   [査読有り]
Hishikawa K, Nakagawa H, Furuta T, Fukuhara K, Tsumoto H, Suzuki T, Miyata N
Bioorganic & medicinal chemistry letters   20(1) 302-305   2010年1月   [査読有り]
Tsutsui H, Shimizu H, Mizuno H, Nukina N, Furuta T, Miyawaki A
Chemistry & biology   16(11) 1140-1147   2009年11月   [査読有り]
Nagamune Teruyuki, Kawakami Takashi, Hashiro Shuhei, Furuta Toshiaki, Tsukiji Shinya
JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING   108 S148   2009年11月   [査読有り]
Hishikawa K, Nakagawa H, Furuta T, Fukuhara K, Tsumoto H, Suzuki T, Miyata N
Journal of the American Chemical Society   131(22) 7488-7489   2009年6月   [査読有り]
Quann EJ, Merino E, Furuta T, Huse M
Nature immunology   10(6) 627-635   2009年6月   [査読有り]
Furuta Toshiaki
NEUROSCIENCE RESEARCH   65 S26   2009年   [査読有り]
Katayama K, Tsukiji S, Furuta T, Nagamune T
Chemical communications (Cambridge, England)   (42) 5399-5401   2008年11月   [査読有り]
Kawakami T, Cheng H, Hashiro S, Nomura Y, Tsukiji S, Furuta T, Nagamune T
Chembiochem : a European journal of chemical biology   9(10) 1583-1586   2008年7月   [査読有り]
Orange C, Specht A, Puliti D, Sakr E, Furuta T, Winsor B, Goeldner M
Chemical communications (Cambridge, England)   (10) 1217-1219   2008年3月   [査読有り]
Furuta T, Watanabe T, Tanabe S, Sakyo J, Matsuba C
Organic letters   9(23) 4717-4720   2007年11月   [査読有り]
Hayashi I, Mizuno H, Tong KI, Furuta T, Tanaka F, Yoshimura M, Miyawaki A, Ikura M
Journal of molecular biology   372(4) 918-926   2007年9月   [査読有り]
Specht A, Thomann JS, Alarcon K, Wittayanan W, Ogden D, Furuta T, Kurakawa Y, Goeldner M
Chembiochem : a European journal of chemical biology   7(11) 1690-1695   2006年11月   [査読有り]
Ando H, Kobayashi M, Tsubokawa T, Uyemura K, Furuta T, Okamoto H
Developmental biology   287 456-468   2005年11月   [査読有り]
Wood CD, Nishigaki T, Furuta T, Baba SA, Darszon A
The Journal of cell biology   169(5) 725-731   2005年6月   [査読有り]
Furuta T, Takeuchi H, Isozaki M, Takahashi Y, Kanehara M, Sugimoto M, Watanabe T, Noguchi K, Dore TM, Kurahashi T, Iwamura M, Tsien RY
Chembiochem : a European journal of chemical biology   5 1119-1128   2004年8月   [査読有り]
Nishigaki T, Wood CD, Tatsu Y, Yumoto N, Furuta T, Elias D, Shiba K, Baba SA, Darszon A
Developmental biology   272(2) 376-388   2004年8月   [査読有り]
Photo-mediated gene activation by using caged mRNA in zebrafish embryos.
Ando H, Furuta T, Okamoto H
Methods in cell biology   77 159-171   2004年   [査読有り]
Suzuki AZ, Watanabe T, Kawamoto M, Nishiyama K, Yamashita H, Ishii M, Iwamura M, Furuta T
Organic letters   5(25) 4867-4870   2003年12月   [査読有り]
Mizuno H, Mal TK, Tong KI, Ando R, Furuta T, Ikura M, Miyawaki A
Molecular cell   12 1051-1058   2003年10月   [査読有り]
[Photo-mediated gene activation/inactivation by novel caging agent]
Ando H, Furuta T, Okamoto H
Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society   75 1251-1254   2003年9月   [査読有り]
Hirayama Y, Iwamura M, Furuta T
Bioorganic & medicinal chemistry letters   13(5) 905-908   2003年3月   [査読有り]
Mizuta H, Watanabe S, Sakurai Y, Nishiyama K, Furuta T, Kobayashi Y, Iwamura M
Bioorganic & medicinal chemistry   10 675-683   2002年3月   [査読有り]
[Development of a new technology to manipulate gene activity by photo-illumination using a new DNA/RNA caging compound, Bhc-diazo]
Ando H, Okamoto H, Furuta T
Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme   47 125-132   2002年2月   [査読有り]

Misc

 
古田寿昭
日本化学療法学会雑誌   66(Supplement-A) 173‐174   2018年4月
上野太郎, 橋場和華, 依田杏子, 古田寿昭, 齊藤実
統合失調症研究   5(1) 73   2015年3月
尾藤晴彦, 松崎政紀, 吉村由美子, 古田寿昭
実験医学   30(13) 2080-2086   2012年8月
古田寿昭
CSJ Curr Rev   (6) 138-143,III   2011年7月
古田寿昭
光化学   42(1) 2-8   2011年4月
星田智子, 糸賀和義, 村岡恵, 小林純, 清水達也, 大和雅之, 古田寿昭, 岡野光夫
再生医療   10 283   2011年2月
古田寿昭
東京医科歯科大学生体材料工学研究所年報   43 14-17   2010年3月
古田寿昭
生化学   ROMBUNNO.2W10-4   2010年
古田寿昭
東京医科歯科大学生体材料工学研究所年報   42 17-20   2009年3月
古田寿昭
東京医科歯科大学生体材料工学研究所年報   42 101-102   2009年3月
古田寿昭
生体材料工学研究所年報   42 17-20   2008年
大室純子, 古田寿昭
生化学   2P-1519   2007年
川西徹, 藤村久子, 小林薫, 古田寿昭, 大幡久之, 今泉祐治, 重信弘毅
政策創薬総合研究重点研究報告書1 平成18年度   6-15   2007年

講演・口頭発表等

 
大嶋健太, 岡本栞, 鈴木商信, 古田寿昭
日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM)   2018年3月6日   
青木花美, 船山瑞季, 鈴木商信, 古田寿昭
日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM)   2018年3月6日   
竹田詩織, 筧和之, 鈴木商信, 古田寿昭
日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM)   2018年3月6日   
坂元琴子, 鈴木商信, 古田寿昭
日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM)   2018年3月6日   
児玉一徳, 鈴木商信, 古田寿昭
日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM)   2018年3月6日   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2008年 - 2009年
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2007年 - 2008年
ケージド化合物とは、光分解性保護基で生理活性物質の活性部位を保護し、光によってその活性を時空間レベルで制御できる化合物のことである。ケージド化合物にターゲット認識能、細胞膜透過性、水溶性等の機能を付与できれば、これまでにない新しいタイプのプローブ分子となり、その有効性を更に高めることができる。基本戦略は、モジュール化による多機能化である。認識部位、光分解性保護基、および生理活性部位の3つのモジュールに分け、各モジュールについて複数の分子を用意できれば、用途に応じてモジュールを選ぶことで、さ...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2006年 - 2007年
遺伝子の発現を時空間的に制御する手法は生命現象を理解する上で非常に有用である。遺伝子発現関連分子を光分解性保護基によって機能的にマスキングし,光照射によって回復する技術によって高い時空間分解能で実現できると期待される。Caging試薬であるBhc-diazoはDNAのリン酸と反応して、Bhc基により修飾されたcaged DNAを形成する。caged DNAはUV照射によるBhc基の切断によって初めて転写の鋳型となると予想される。しかしcaged DNAを用いた光による発現制御は再現性に乏し...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2006年 - 2006年
ケージド化合物とは、光分解性保護基で生理活性物質の活性部位を保護し、光によってその活性を時空間レベルで制御できる化合物のことである。ケージド化合物にターゲット認識能、細胞膜透過性、水溶性等の機能を付与できれば、これまでにない新しいタイプのプローブ分子となり、ケージド化合物の有効性を更に高めることができる。基本戦略は、ケージド化合物をモジュール化することによる多機能化である。すなわち、ケージド化合物を、ターゲット認識部位、光分解性保護基、および生理活性部位の3つのモジュールに分ける。各モジュ...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2005年 - 2005年
細胞現象を担う個々の分子の機能は明らかになりつつあるが,既存の研究手法の組み合わせだけでは,生命の全体像を捉えることは難しい。生命をシステムとして理解することを可能にする新しい方法論の開発が急務である。例えば,複数の分子が協同してはたらくネットワークを分解して,再構成して理解する学際的な研究手法が必要である。これを可能にする要素技術を確立するため,ケージド化合物の化学を活用して,時期および細胞(組織)特異的に細胞現象を制御する技術の開発を目指して研究を行った。ペプチド核酸(PNA)は,DN...

学歴

 
1986年4月
 - 
1990年4月
東北大学大学院 理学研究科 化学専攻
 
1981年4月
 - 
1985年3月
東北大学 理学部 化学科
 

委員歴

 
2006年4月
 - 
2008年3月
日本化学会  関東支部幹事
 
2006年4月
 - 
2008年3月
日本化学会  関東支部代議員