講演・口頭発表等

2019年9月29日

特別養護老人ホームの介護職と看護職のICF事例ワークにおける着眼点の変化

第12回 日本保健医療福祉連携教育学会学術集会
  • 田中真佐恵
  • ,
  • 伊藤明代
  • ,
  • 小田史
  • ,
  • 高倉弘士

記述言語
日本語
会議種別
ポスター発表

ICF事例ワークを特別養護老人ホームで行い、事例ワーク前後における介護・看護職のアセスメントの変化を明らかにすることを目的とした。KHCoderを用いて分析を行い、ICFの構成要素から検討した結果、介護職は、人物像の前後とも「個人因子」が、ケア方針の前後とも「参加」が中心だった。看護職は、人物像は「健康状態」中心から「環境因子」「参加」へ変化した。しかし、看護職のケア方針では「環境因子」「個人因子」から「心身機能」「個人因子」へ変化した。揺れる看護職のアセスメントが見られた。