共同研究・競争的資金等の研究課題

2020年9月 - 2022年3月

機能性複合材料の特性評価及び劣化のメカニズム解析

日本学術振興会  科学研究費助成事業  研究活動スタート支援

課題番号
20K22469
体系的課題番号
JP20K22469
配分額
(総額)
2,730,000円
(直接経費)
2,100,000円
(間接経費)
630,000円

ゴム材料の劣化因子の一つである環境温度に着目し、低温環境下におけるNR/BRブレンドゴムの低温結晶性及び運動性に対する架橋の効果について検討した。架橋密度が低いサンプルほどポリマーのコンフォメーションの変化が起き易く、低温時に高分子結晶が誘発されやすい現象を、室温時と一定期間低温保管したサンプルの動ばね変化率、DSCによる結晶融解エンタルピー変化率、パルスNMRのT2変化率により解明した。また、低温結晶化にはNRの運動性の変化が寄与することも固体NMR測定で確認できた。さらに、高分子材料のX線CT撮像の高コントラスト化を、重元素モノマーを高分子母材へグラフト重合させることで達成できた。

リンク情報
KAKEN
https://kaken.nii.ac.jp/grant/KAKENHI-PROJECT-20K22469
ID情報
  • 課題番号 : 20K22469
  • 体系的課題番号 : JP20K22469