永田 央

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/08 19:06
 
アバター
研究者氏名
永田 央
 
ナガタ トオシ
URL
http://www1.meijo-u.ac.jp/~tnagata/
所属
名城大学
部署
理工学部応用化学科
職名
教授

研究分野

 
 

経歴

 
2013年4月
 - 
現在
名城大学 理工学部応用化学科 教授
 
1998年3月
 - 
2013年3月
分子科学研究所 准教授
 
1996年4月
 - 
1998年2月
京都大学大学院 理学研究科化学専攻 助手
 
1990年11月
 - 
1996年3月
京都大学 理学部化学教室 助手
 

受賞

 
2013年10月
日本学術振興会 科学研究費審査委員表彰
 

論文

 
Toshi Nagata, Kentaro Suzuki
Analytical Sciences   34(10) 1213-1216   2018年10月   [査読有り]
Masaaki Yusa, Toshi Nagata
Photochemical and Photobiological Sciences   16(7) 1043-1048   2017年7月   [査読有り]
Toshi Nagata
Research on Chemical Intermediates   40(9) 3183-3198   2014年11月   [査読有り]
Tomoko Inose, Daisuke Tanaka, Hirofumi Tanaka, Oleksandr Ivasenko, Toshi Nagata, Yusuke Ohta, Steven De Feyter, Naoto Ishikawa, Takuji Ogawa
Chemistry, A European Journal   20(36) 11362-11369   2014年9月   [査読有り]
Toshi Nagata
Bulletin of the Chemical Society of Japan   87(8) 902-904   2014年8月   [査読有り]

競争的資金等の研究課題

 
炭素系複合材料を用いた光合成物質変換反応の開発
日本学術振興会: 科学研究費補助金基盤研究(C)
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 永田 央
電子伝達膜を用いた光合成型物質変換システムの構築
日本学術振興会: 科学研究費補助金基盤研究(C)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 永田 央
時系列外部刺激を用いた分子機能の動的制御
日本学術振興会: 科学研究費補助金基盤研究(C)
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 永田 央
ヘテロ複核金属錯体を触媒として用いる二酸化炭素の資源化
文部科学省: 科学研究費補助金新学術領域研究
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 永田 央
人工キノンプールを用いた光合成物質変換系の構築
日本学術振興会: 科学研究費補助金基盤研究(C)
研究期間: 2007年4月 - 2010年3月    代表者: 永田 央