山田 敏幸

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/16 10:29
 
アバター
研究者氏名
山田 敏幸
 
ヤマダ トシユキ
eメール
t-yamadagunma-u.ac.jp
所属
群馬大学
部署
教育学部
職名
講師
学位
博士(学術)(東京大学大学院), 修士(教育学)(群馬大学大学院), 学士(教育学)(群馬大学)

プロフィール

1984 (富岡市)妙義町(日本国)に生まれる

学歴
1989.4 妙義町立高田幼稚園入園
1991.3 妙義町立高田幼稚園卒園
1991.4 妙義町立高田小学校入学
1997.3 妙義町立高田小学校卒業
1997.4 妙義町立妙義中学校入学
2000.3 妙義町立妙義中学校卒業
2000.4 群馬県立富岡高等学校入学
2003.3 群馬県立富岡高等学校卒業
2003.4 群馬大学教育学部学校教育教員養成課程英語専攻入学
2007.8 サンディエゴ州立大学(言語学、東・中央アジア言語専攻)に群馬大学の交換留学生として留学(2008.5まで)
2009.3 群馬大学教育学部学校教育教員養成課程英語専攻卒業(教育学学士)
2009.4 群馬大学大学院教育学研究科教科教育実践専攻英語教育専修入学
2011.3 群馬大学大学院教育学研究科教科教育実践専攻英語教育専修修了(教育学修士)
2011.4 東京大学大学院総合文化研究科言語情報科学専攻博士後期課程入学
2014.9 東京大学大学院総合文化研究科言語情報科学専攻博士後期課程満期退学
2018.5 東京大学大学院総合文化研究科言語情報科学専攻博士後期課程修了(学術博士)

他の教育歴
2014.3 東京大学英語教育プログラム修了(2011.4受講開始)
2015.3 東京言語研究所(理論言語学講座)卒業(2011.5入学)

職歴
2014.4-2015.3 東洋学園大学非常勤講師(教養英語担当)
2014.10-2015.3 東京大学非常勤講師(教養英語担当)
2015.4- 群馬大学教育学部英語教育講座専任講師(統語論・統語理論に基づく言語習得担当)
2016.4- 高崎経済大学経済学部非常勤講師(教養英語担当)
2017.9- 首都大学東京非常勤講師(心理言語学担当)
2017.10- 育英短期大学非常勤講師(英語学担当)

研究分野

 
 
  • 教育学 / 教科教育学 / 言語教育学(英語教育)
  • 情報学 / 認知科学 / 言語心理学(統語解析)
  • 言語学 / 言語学 / 理論言語学(統語論・意味論)

経歴

 
2017年10月
 - 
現在
育英短期大学 非常勤講師
 
2017年9月
 - 
現在
首都大学東京 非常勤講師
 
2016年4月
 - 
現在
高崎経済大学 経済学部 非常勤講師
 
2015年4月
 - 
現在
群馬大学 教育学部 講師
 
2014年10月
 - 
2015年3月
東京大学 教養学部 非常勤講師
 

学歴

 
2011年4月
 - 
2018年5月
東京大学 総合文化研究科 言語情報科学専攻博士課程
 
2009年4月
 - 
2011年3月
群馬大学 教育学研究科 教科教育実践専攻 英語教育専修
 
2003年4月
 - 
2009年3月
群馬大学 教育学部 学校教育教員養成課程 英語専攻
 
2007年8月
 - 
2008年5月
サンディエゴ州立大学(米国) 文芸学部 言語学、東・中央アジア言語専攻
 

受賞

 
2013年6月
日本言語学会 日本言語学会大会発表賞 日本語の多重主語構文に対するカートグラフィーの観点からの分析
 

論文

 
山田 敏幸・新井 学・広瀬 友紀
Journal of Psycholinguistic Research   46(3) 661-714   2017年5月   [査読有り]
Knowledge cycle among theoretical linguistics, psycho-linguistics, and foreign-language learning: Its practical implications
山田 敏幸
Journal of Teaching Methodology, Gunma University   (16) 25-34   2017年3月
Knowledge cycle among theoretical linguistics, psycho-linguistics, and foreign-language learning: Its theoretical implications
山田 敏幸
Annual Reports of the Faculty of Education, Gunma University, Cultural Science Series   66 143-159   2017年2月   [査読有り]
Theoretical linguistics, psycho-linguistics, and foreign-language learning: A model of their knowledge cycle
山田 敏幸
IEICE Technical Report   116(159) 19-24   2016年7月
Three factors in explaining ungrammatical sentences in English: What else?
山田 敏幸
Journal of Teaching Methodology, Gunma University   (15) 9-18   2016年3月

講演・口頭発表等

 
Word order restrictions on particles -ga and -wa in Japanese: A cartographic approach
山田 敏幸
Formal Approaches to Japanese Linguistics (FAJL) 7   2014年6月28日   
Eliminating the EPP toward a principled explanation: Labeling in the ECM construction
山田 敏幸
The English Linguistic Society of Japan (ELSJ) 7th International Spring Forum 2014   2014年4月20日   
Unforced revision in the processing of relative clause association ambiguity in Japanese
山田 敏幸・新井 学・広瀬 友紀
The 27th Annual CUNY Conference on Human Sentence Processing   2014年3月12日   
「最後の手段としての再解析」再考:日本語の関係節修飾曖昧性における任意の再分析
山田 敏幸・広瀬 友紀
日本言語学会第147回大会   2013年11月23日   
The influence of implicit causality on resolution of the Japanese RC attachment ambiguity
山田 敏幸・広瀬 友紀
The 15th Annual International Conference of the Japanese Society for Language Sciences   2013年6月29日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
日本人英語学習者の「誤り分析」に基づく言語理論と教育実践の「知の循環モデル」開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業(科研費)
研究期間: 2015年8月 - 2017年3月    代表者: 山田 敏幸
言語研究における統計処理の研究―線形混合モデルLMEを中心に―
東京大学: 言語情報科学専攻設立20周年記念 卓越拠点研究支援補助金企画
研究期間: 2013年10月 - 2014年3月    代表者: 山田 敏幸
文処理メカニズムにおける「再分析」の再検討:日本語の関係節付加曖昧性からの示唆
東京大学: 東京大学博士課程研究遂行協力制度
研究期間: 2013年7月 - 2013年12月    代表者: 山田 敏幸
人間の文処理機構の普遍性と個別性:日本語における関係節付加曖昧性の観点から
東京大学: 東京大学博士課程研究遂行協力制度
研究期間: 2012年7月 - 2012年12月    代表者: 山田 敏幸
Relative Clause Attachment Ambiguity in Japanese and English Sentence Processing
東京大学: 東京大学博士課程研究遂行協力制度
研究期間: 2011年7月 - 2011年12月    代表者: 山田 敏幸