菅 敏幸

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/27 16:06
 
アバター
研究者氏名
菅 敏幸
eメール
kantu-shizuoka-ken.ac.jp
URL
http://us-yakuzo.jp
所属
静岡県立大学
部署
薬学部
職名
教授
学位
理学博士(北海道大学)

プロフィール

1986年 北海道大学理学部化学科卒業(松本 毅 教授)
1985年 北海道大学大学院理学研究科博士前期課程修了
1991年 日本学術振興会特別研究員 (DC)
1993年 北海道大学大学院理学研究修了(博士号取得:理学博士)(白濱 晴久 教授)
1993年 財団法人サントリー生物有機科学研究所研究員(大船 泰史 主任研究員)
1996年 東京大学薬学部 助手(福山 透 教授)
2004年 東京大学大学院 薬学系研究科 助教授
2005年 静岡県立大学 薬学部 教授
2007年~ 天然有機化合物討論会 世話人
2017年~ 有機合成化学協会理事
2018年~ 新規素材探索研究会会長
2018年~ 有機合成化学協会編集委員長

研究分野

 
 

経歴

 
2005年
 - 
現在
静岡県立大学 薬学部 教授
 
2004年11月
 - 
2005年3月
東京大学 大学院・薬学系研究科 助教授
 
1996年4月
 - 
2004年10月
東京大学 薬学部 助手
 
1993年4月
 - 
1996年3月
サントリー生物有機化学研究所 研究員
 

受賞

 
2013年8月
コロラド州立大学 Pfizer Distingished Lecturer 「Synthesis Studies of Heterocyclic Natural Products」
 
2013年2月
有機合成化学協会 アステラス製薬•生命有機化学賞 「効率的ヘテロ環構築を鍵とする生理活性天然物の合成」
 
2004年3月
日本薬学会 日本薬学会 薬学研究ビジョン部会賞 有機合成を基盤とするγセクレターゼの機能解析研究
 
2002年2月
有機合成化学協会 有機合成化学奨励賞 「顕著な生物活性を有する含窒素化合物の効率的合成」
 

論文

 
Kitano H, Choi JH, Ueda A, Ito H, Hagihara S, Kan T, Kawagishi H, Itami K
Organic letters   20 5684-5687   2018年9月   [査読有り]
Suzuki N, Takamuku Y, Asakawa T, Inai M, Hino T, Iwata S, Kan T, Murata T
Analytical biochemistry   548 7-14   2018年5月   [査読有り]
Shimamura Y, Utsumi M, Hirai C, Nakano S, Ito S, Tsuji A, Ishii T, Hosoya T, Kan T, Ohashi N, Masuda S
Molecules (Basel, Switzerland)   23(5) 1125-1135   2018年5月   [査読有り]
Goto A, Yoshimura S, Nakao Y, Inai M, Asakawa T, Egi M, Hamashima Y, Kondo M, Kan T
Organic letters   20(3) 896   2018年2月   [査読有り]
Choi JH, Wu J, Sawada A, Takeda S, Takemura H, Yogosawa K, Hirai H, Kondo M, Sugimoto K, Asakawa T, Inai M, Kan T, Kawagishi H
Organic letters   20(1) 312-314   2018年1月   [査読有り]

Misc

 
きのこ由来の天然物の合成
菅 敏幸
THE CHEMICAL TIMES   (249) 23-33   2018年6月
ロジウムカレベノイドのC-H挿入反応を基盤とする生理活性天然物の合成
菅 敏幸
CSJ Current Review   (27) 57-61   2018年3月
壊れやすい天然物の化学
菅 敏幸
現代化学   (6) 30   2015年6月
カテキンプローブ合成と分子イメージング–緑茶有効成分カテキンを光らせる
菅 敏幸
化学   69 38-42   2014年6月
スギヒラタケ急性脳症事件の化学的解明の試み
菅 敏幸
化学と生物   51(3) 11-15   2013年3月

書籍等出版物

 
トップドラッグから学ぶ創薬化学
菅 敏幸 (担当:編者)
2014年4月   
天然物化学—海洋生物編—
菅 敏幸 (担当:共著, 範囲:「エクチナサイジン743の合成」)
2013年4月   
天然物合成で活躍した反応 実験のコツとポイント
菅 敏幸 (担当:編者)
2010年4月   
天然物の全合成2000〜2008
菅 敏幸 (担当:共編者)
2010年4月   
スタンダード薬学シリーズ
菅 敏幸 (担当:共著, 範囲:第4章:保護基)
2007年4月   

講演・口頭発表等

 
Efficient Synthesis of Catechin Probe and its Molecular Dynamics [招待有り]
菅 敏幸
The 12th China-Japan Symposium on Health Sciences.   2017年2月10日   
Synthetic Study on Food Effective Constituents [招待有り]
菅 敏幸
Chulalongkorn University   2016年8月12日   
Synthetic Study on Food Effective Constituents [招待有り]
菅 敏幸
Khon Kaen University   2016年8月1日   
Synthetic Study on Furofuran Lignans [招待有り]
菅 敏幸
ISPAC 2016   2016年8月1日   
Synthetic Investigation on Natural Products from Mushroom [招待有り]
菅 敏幸
ITbM-RCMS-IGER Seminar, Nagoya University   2014年8月29日   

競争的資金等の研究課題

 
多彩な天然物合成と反応開発が加速させる創薬研究
AMED: 創薬等ライフサイエンス研究支援事業
研究期間: 2017年4月 - 2022年3月    代表者: 横島聡
高等菌類の子実体発生物質の解明と応用展開
文部科学省: 科学研究費(基盤研究A)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 河岸洋和
中分子ポリアミンの効率的合成
文部科学省: 科学研究費補助金
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 菅 敏幸
力量あるC–H挿入反応を基盤とする生物活性天然物の合成
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究 B)
研究期間: 2017年4月       代表者: 菅 敏幸
汎用性の高いウギ反応の開発と含窒素化合物の網羅的合成
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究)
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 菅 敏幸

学歴

 
1988年4月
 - 
1993年3月
北海道大学大学院 理学研究科 理学研究科 
 
1986年4月
 - 
1988年3月
北海道大学大学院 理学研究科  
 
1982年4月
 - 
1986年3月
北海道大学 理学部化学科  
 

委員歴

 
2018年3月
 - 
現在
有機合成化学協会  協会誌編集委員長
 
2017年4月
 - 
現在
有機合成化学協会  理事
 
2007年4月
 - 
現在
天然有機化合物討論会  世話人
 
2016年4月
 - 
2017年3月
有機合成化学協会  編集副委員長
 
2013年4月
 - 
2015年3月
日本薬学会  学術誌編集委員
 

特許

 
特願2018-95270 : 新規SAH誘導体のSIrH(S-ICAリボシルホモシステイン)の合成法
菅 敏幸
特許6320715号 : アルコール性脂肪肝予防・治療薬、発明者
菅 敏幸
特許4559531 : ノビレチンの製造方法
菅 敏幸
特許5213967号 : 芳香族スルホン酸化合物を用いた新規ClearNative電気泳動法
菅 敏幸
特許5354647号 : 新規カテキン誘導体、その製造方法および抗インフルエンザウイルス剤
菅 敏幸