石村豊穂

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/15 11:07
 
アバター
研究者氏名
石村豊穂
 
イシムラ トヨホ
URL
http://toyoho.jimdo.com
所属
茨城工業高等専門学校
部署
国際創造工学科
職名
准教授
学位
博士(理学)(北海道大学)
科研費研究者番号
80422012
ORCID ID
0000-0001-9708-3743

研究分野

 
 

経歴

 
2012年7月
 - 
現在
茨城工業高等専門学校 准教授
 
2012年10月
 - 
現在
独立行政法人産業技術総合研究所 外来研究員(招聘)
 
2012年11月
 - 
2014年3月
独立行政法人海洋研究開発機構 招聘研究員
 
2012年4月
 - 
2012年6月
北海道大学創成研究機構 博士研究員
 
2009年4月
 - 
2012年3月
独立行政法人産業技術総合研究所 派遣研究員/特別研究員
 
2005年3月
 - 
2009年3月
北海道大学大学院理学院 博士研究員
 
1999年4月
 - 
2000年3月
中川町郷土資料館(自然史博物館)
 

学歴

 
2001年10月
 - 
2005年3月
北海道大学大学院 理学研究科 博士課程  
 
2000年4月
 - 
2001年9月
北海道大学大学院 地球環境科学研究科 博士課程  
 
1997年4月
 - 
1999年3月
北海道大学大学院 地球環境科学研究科 修士課程  
 
1993年4月
 - 
1997年3月
北海道大学 教養部理1系-理学部地質学鉱物学科  
 

受賞

 
2018年4月
独立行政法人国立高等専門学校機構 分野別優秀賞 「世界最高水準の環境解析と教育研究への展開」
 
2017年
日本古生物学会 日本古生物学会論文賞 Individual migration pathways of modern planktic foraminifers: Chamber-by-chamber assessment of stable isotopes.
受賞者: 高木悠花・守屋和佳・石村豊穂・鈴木淳・川幡穂高・平野弘道
 
2014年4月
文部科学省 文部科学大臣表彰・若手科学者賞 「微量炭酸塩の高精度安定同位体法の実現とその応用研究」
 

論文

 
Sakamoto, T., Komatsu, K., Shirai, K., Higuchi, T., Ishimura, T., Setou, T., Kamimura, Y., Watanabe, C., and Kawabata, A.
Methods in Ecology and Evolution      2018年10月   [査読有り]
Nishida, K., Hayashi, M., Yamamoto, Y., Irie, T., Watanabe, Y., Kishida, C., Nojiri, Y., Sato, M., Ishimura, T., Suzuki, A.
Geochimica et Cosmochimica Acta   235(15) 246-261   2018年7月   [査読有り]
伊藤進一・船本鉄一郎・志田修・上村泰洋・高橋素光・白井厚太朗・樋口富彦・小松幸生・横井孝暁・坂本達也・Guo Chen-ying・石村豊穂
海の研究   2(71) 59-73   2018年1月   [査読有り]
Ino, K., Hernsdorf, A. W., Konno, U., Kouduka, M., Yanagawa, K., Kato, S., Sunamura, M., Hirota, A., Togo, Y. S., Ito, K., Fukuda, A., Iwatsuki, T., Mizuno, T., Komatsu, D. D., Tsunogai, U., Ishimura, T., Amano, Y., Thomas, B. C., Banfield, J. F., and Suzuki, Y
ISME Journal      2017年9月   [査読有り]
Nishida, K. and Ishimura, T
Rapid Communications in Mass Spectrometry      2017年9月   [査読有り]
耳石の元素・同位体比分析による回遊生態研究
横内一樹,天野洋典,石村豊穂,白井厚太朗
水産海洋研究      2017年   [査読有り]
Tatsuya Sakamoto, Kosei Komatsu, Michio Yoneda, Toyoho Ishimura, Tomihiko Higuchi, Kotaro Shirai, Yasuhiro Kamimura, Chikako Watanabe, Atsushi Kawabata
Fisheries Research      2017年   [査読有り]
Nobuhara, T., Onda, D., Sato, T., Aosawa, H., Ishimura, T., Ijiri, A., Tsunogai, U., Kikuchi, N., Kondo, Y., Kiel, S.
PalZ      2016年9月   [査読有り]
Aleksey, S., Darling, K. F., Ishimura, T., Wade, C. M., Kimoto, K., Singh, A. D., Anand, P., Kroon, D., Jung, S., Ganssen, G., Ganeshram, R., Tsunogai, U., Elderfield, H
Paleoceanography      2016年9月   [査読有り]
Suzuki, Y., Mukai, H., Ishimura, T., Yokoyama, T.D., Sakata, S., Hirata, T., Iwatsuki, T., Mizuno, T.
Scientific Repports      2016年3月   [査読有り]
耳石の安定同位体比分析を用いたマイワシ回遊履歴の判別法
尾田昌紀, 鐵智美,坂井三郎,石村豊穂
水産海洋研究   80(1) 48-55   2016年2月   [査読有り]
Takagi, H., Moriya, K., Ishimura, T., Suzuki, A., Kawahata, H., Hirano, H.
Paleobiology      2015年   [査読有り]
Takagi, H., Moriya, K., Ishimura, T., Suzuki, A., Kawahata, H., and Hirano, H.
Paleontological Research      2015年12月   [査読有り]
Yoshimura, T., Izumida, H., Nakashima, R., Ishimura, T., Shikazono, N., Kawahata, H., Suzuki, A.
Journal of Paleolimnology.      2015年   [査読有り]
Nishida, K., Iguchi, A., Ishimura, T., Sakai, K., Suzuki, A.
Geochemical Journal      2014年6月   [査読有り]
二枚貝の貝殻微細構造形成への水温の影響
西田 梢・鈴木 淳・石村豊穂・佐藤圭・佐々木猛智
36(1) 29-34   2014年1月
Nishida, K., Ishikawa, K., Iguchi, A., Tanaka, Y., Sato, M., Ishimura, T., Inoue, M., Nakamura, T., Sakai, K., Suzuki, A.
Geochemistry, Geophysics, Geosystems   15(7) 2840-2849   2014年   [査読有り]
Kitagawa, T., Ishimura, T., Uozato, R., Shirai, K., Amano, H., Shinoda, A., Tsunogai, U., and Kimura, S.
Marine Ecology Progress Series.   (481) 199-209   2013年5月   [査読有り]
Hayashi, E., Suzuki. A., Nakamura, T., Iwase, A., Ishimura, T., Iguchi, A., Sakai, S., Okai, T., Inoue, M., Araoka, A., Murayama, S., and Kawahata, H
Earth and Planetary Science Letters   (362) 198-206   2012年   [査読有り]
Ishimura, T., Tsunogai, U., Hasegawa, S., Nakagawa, F., Oi, T., Kitazato, H., Suga, H., Toyofuku, T
Biogeosciences   9 4353-4367   2012年   [査読有り]

書籍等出版物

 
Otolith Geochemical Analysis for Stock Discrimination and Migratory Ecology of Tunas
Amano, Y., Shiao, J. C., Ishimura, T., Yokouchi, K., & Shirai, K (担当:分担執筆, 範囲:In “Biology and ecology of Bluefin tuna”)
CRC Press   2015年8月   ISBN:978-1-4987-2487-6

講演・口頭発表等

 
Assessment of sea surface temperature range in the Eocene with individual planktic foraminiferal isotope analyses.
Moriya, K, Ishimura, T, and Wilson, P.A.
FORAMS   2018年6月   
Investigation of the relationship between salinity and stable oxygen isotope of surface seawater based on high resolution d18O mapping in Tsushima warm current area and the Sea of Japan
ISHIMURA, T., KITAJIMA, S., GOTO, T., MORIMOTO, H., KODAMA, T., NANJO, N. , TANAKA, S., KOIDE, K., NISHIDA, K., TAKAHASHI, M.
地球惑星連合大会   2018年5月23日   
Reconstruction of experienced temperature in early stage of chub mackerels Scomber japonicas by otolith oxygen isotope measurement
Tomihiko Higuchi, Toyoho Ishimura, Yasuhiro Kamimura, Kotaro Shirai, Hana Shindo, Kozue Nishida, Kosei Komatsu, Shin-ichi Ito
地球惑星連合大会   2018年5月   
Stable isotopic responses of fish otoliths of juvenile sardine Sardinops melanostictus experimentally cultured at different temperatures
Kozue Nishida, Akira Hayashi, Michio Yoneda, Tohya Yasuda, Kohei Yamagishi, Tatsuya Sakamoto, Motomitsu Takahashi, Toyoho Ishimura
地球惑星連合大会   2018年5月   
Detecting the difference of life history in a fish group by using micro-scale oxygen isotopic analysis of otoliths
Tomoya Aono,Kakeru Ouchi,Masanori Oda,Tohya Yasuda, Nobuaki Nanjo, Motomitsu Takahashi, Kozue Nishida, Saburo Sakai, Toyoho Ishimura
地球惑星連合大会   2018年5月   
A scheme to reproduce migration history of the Japanese sardine; combination use of otolith d18O and an individual-based migration model
Tatsuya Sakamoto, Kosei Komatsu,K, Shirai Kotaro, Tomihiko Higuchi, Toyoho Ishimura, Takashi Setou, Yasuhiro Kamimura, Chikako Watanabe, Atsushi Kawabata
地球惑星連合大会   2018年5月   
Size-age relationships in patellogastropod limpets
Yamamoto, D., Nishida, K., Shirai, K., Sugihara, N., Ishimura, T. and Sasaki, T.
貝類学会   2018年5月   
Reconstruction of sea surface temperature and salinity at the Java Sea from coral Sr/Ca and δ18O
源田 亜衣、鈴木 淳、石村 豊穂、池原 実、井上 麻夕里

地球惑星連合大会   2018年5月   
Otolith oxygen isotope analysis and experienced temperature in early stage of chub mackerels Scomber japonicas
Tomihiko Higuchi, Toyoho Ishimura, Yasuhiro Kamimura, Kotaro Shirai, Hana Shindo, Kozue Nishida, Kosei Komatsu, Shin-ichi Ito
6th International Otolith Symposium   2018年4月15日   
Reproducing migration history of Japanese sardine using otolith δ18O and a data assimilation model
Tatsuya Sakamoto, Kosei Komatsu, Kotaro Shirai, Tomihiko Higuchi, Toyoho Ishimura, Yasuhiro Kamimura, Chikako Watanabe, Atsushi Kawabata, Michio Yoneda, Takashi Setou.
6th International Otolith Symposium   2018年4月   
魚類耳石の酸素・炭素安定同位体比に記録された成長初期の環境・生態履歴―仔稚魚期イワシ類を例に―
西田 梢・安 彩伽・南條暢聡・高橋素光・石村豊穂
古生物学会   2018年1月   
Analysis for Morphology, biological Species, and stable Isotopes (SAMSI) of single–cell planktonic foraminifer
Yurika Ujiié, Katsunori Kimoto, Toyoho Ishimura
AGU Fall Meeting 2017   2017年12月   
サンゴ骨格中Sr/Ca比とδ18Oを用いたインドネシア・セリブ諸島周辺の海洋環境復元
源田亜衣・鈴木淳・石村豊穂・池原実・井上麻夕里
地球環境史学会年会   2017年11月   
カリフォルニアマイワシの仔稚魚期の回遊と水温-成長関係
坂本達也・小松幸生・髙橋素光・樋口富彦・白井厚太朗・石村豊穂
水産海洋学会   2017年11月   
耳石酸素安定同位体比を用いたマサバの成育環境推定
伊藤進一・上村泰洋・樋口富彦・石村豊穂・進藤花・西田梢・白井厚太朗・小松幸生・渡邊千賀子・由上龍嗣
水産海洋学会   2017年11月   
マサバ耳石の酸素同位体分析による環境履歴推定
樋口 富彦・石村 豊穂・上村 泰洋・白井 厚太朗・進藤 花・西田 梢・小松 幸生・伊藤 進一
海洋学会   2017年10月   
対馬暖流域の表面海水の酸素同位体比と塩分:時空変動の解明に向けた広域調査の展開
石村豊穂・小出晃士・北島 聡・後藤常夫・森本晴之・ 児玉武稔・西田梢
日本地球化学会   2017年9月   
魚類耳石の酸素・炭素安定同位体比に記録された成長初期の環境・生態履歴―仔稚魚期イワシ類を例に―
西田 梢・安 彩伽・南條暢聡・高橋素光・石村豊穂
日本地球化学会   2017年9月   
日本海マイワシ耳石の超高解像度切削と微量安定同位比分析の実現 〜回遊経路と資源量の推定に向けて〜
青野智哉・大内翔・尾田昌紀・安田十也・南條暢聡・高橋素光・西田梢・坂井三郎・石村豊穂
日本地球化学会   2017年9月   
炭素・酸素安定同位体比分析システムMICAL3cを活用した微量海水・生物体液試料の分析手法の開発―Metabolic effectの解明に向けて―
西田 梢・石村豊穂
古生物学会   2017年6月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
X線CT計測から拓くサンゴ骨格気候学の高度化研究
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2018年 - 2021年    代表者: 鈴木 淳
極微小領域の耳石安定同位体比分析技術の応用による魚類回遊履歴の超高解像度解析
文部科学省: 科研費 新学術領域・公募研究
研究期間: 2018年4月 - 2020年3月    代表者: 石村豊穂
IRMSによる微小領域安定同位体比分析:境界領域への深化と絶対変動解析への展開
文部科学省: 基盤研究(B)
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 石村豊穂
気候ジャンプ時における海水温の季節変動幅の時系列変動と大陸氷床形成のタイミング
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2016年 - 2019年    代表者: 守屋 和佳
極微小領域の耳石安定同位体比分析技術の確立による魚類回遊履歴の超高解像度解析
文部科学省: 新学術領域研究(研究領域提案型)
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 石村豊穂
浮遊性有孔虫の新規環境指標の確立:遺伝子・安定同位体・形態の複合解析から
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 氏家 由利香
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(A))
研究期間: 2013年 - 2016年    代表者: 石村 豊穂
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 石村 豊穂
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 土屋 正史
有孔虫にみられる共生現象の理解・背景・機能・役割を明らかにし,「共生が石灰質有孔虫の多様化を促進した」の検証を目的とした。24年度は,共生現象の理解と機能に着目し,アミノ酸窒素同位体比分析に基づく栄養段階推定・宿主有孔虫と盗葉緑体の分子系統解析・自家蛍光の観察・微小酸素電極を用いた有孔虫の呼吸量/酸素発生量の測定・透過型電子顕微鏡による細胞内の超微細構造観察を行った。盗葉緑体や共生藻類の有無に違いがある底生有孔虫12種について,アミノ酸窒素同位体比から栄養段階を推定した。特に,付着性珪藻の...
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 石村 豊穂
本研究の目的は,世界最高水準の微小領域の安定同位体比分析手法を活用して(1)底生有孔虫の安定同位体組成に影響を与えるvital effect の特徴を理解し,その特性をもとに(2)海洋底層水の安定同位体組成を正確に復元するための解析手法の構築を目指すことを主目的としている.平成24年度は日本近海で得られた底生有孔虫を研究対象に, これまで分析することができなかった微細な底生有孔虫殻の酸素・炭素安定同位体比を1個体毎に分析をおこない,同種内の同位体組成個体分散と海水および間隙水同位体値との比...
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 守屋 和佳
本年度は,まず,東京大学大学院理学系研究科附属臨海実験所(東京大学三崎臨海実験所)の海洋調査船臨海丸航海により,相模湾の水深約1000m地点の水柱において採取された現世浮遊性有孔虫のうち,光共生種と,非共生種の殻体の酸素・炭素同位体組成の分析を行った.分析には,産業技術総合研究所現有の,超微量炭酸塩同位体分析システム(MICAL―CF―IRMS)を用いた.また,浮遊性有孔虫と同時に採取した現場海水の酸素同位体組成と,溶存無機炭素の炭素同位体組成の分析も行い,有孔虫殻の酸素・炭素同位体組成と...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 延原 尊美
北海道の中新統望来層に関して,昨年度予備調査を行った海崖露頭にて,懸垂下降による調査を行い,崖上部に露出する湧水性石灰岩体の規模,形状,岩相および内部構造,化石産状について記載を行った.この海崖では,層厚20m以上にもわたる硬軟泥岩互層が露出しており,メタン湧水の地下構造およびその活動履歴を追跡できる.調査の結果,以下の事実が確認された.1.湧水性石灰岩体は層理面に挟在するレンズ状の形態をなしている.2.石灰岩体内部には石灰化の続成作用による収縮裂開や破断が認められるが,周囲の泥岩には流動...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 北村 晃寿
本研究の最終目的は,海底洞窟性微小二枚貝Carditella iejimensisの化石試料から,生物の貧栄養化に対する適応戦略と気候への太陽活動の影響を解明することにある.そのための基礎研究として,殻成長追跡調査,生貝のδ18O-水温換算式を検討した.その結果,同種は 1 年を通じて殻成長を行なう可能性が高く,殻長 3mm に達するまでに 4年間を要すると推定された.この知見と生貝全殻と化石試料のδ18Oから,現在の沖縄海域の表層海水温は,過去 7 千年間で例外的な温暖状況にあることが判...
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 町山 栄章
時代的・空間的に広範な分布を示すコケムシについて、海洋環境指標として利活用できるか否か、その検証を行った。MART指標(群体を形成するコケムシの個虫サイズが水温と逆相関の関係にあることを利用して、群体が成長した期間における海水温の平均年較差を算出する)の検証の結果、個虫サイズと平均水温の年較差との関連が実証された。また、対象としたコケムシ骨格の酸素同位体比が平均水温変化と調和していることから、コケムシ骨格は古海洋環境復元指標として有用であると結論づけられる。
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 石村 豊穂
近年開発した微量炭酸塩の安定同位体組成分析法を用い,各種底生有孔虫の安定同位体組成を明らかにした.その結果,底生有孔虫の同位体非平衡(vital effect)の特性を単純化できること,その特性を精度の高い環境解析に活用できることがわかった.また微量炭酸塩安定同位体分析を用いて,浮遊性有孔虫・魚類の耳石などを研究対象とした国内外の研究機関との新規共同研究も開始し,新たな環境指標を構築の基礎となる新知見を得はじめている.今後の研究発展に向けて,新たに海洋環境試料の安定同位体比総合分析システム...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2006年 - 2009年    代表者: 延原 尊美
深海底の化学合成群集は,湧水等に含まれるメタンや硫化水素を栄養源とする.化学合成群集は白亜紀以降,その分類構成を変化させたが,その原因は未詳である.本研究は,白亜紀および新生代の化石産地において,岩相や化石相の分布調査,安定同位体比等の分析を行い,湧水場の地下構造を復元した.その結果,新生代に大繁栄したシロウリガイ類は,他の分類群が利用しがたい不安定な湧水を利用していたことが明らかにされた.
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 石村 豊穂
(1)昨年度開発した分析システムを用いて,一般海洋で得られた小型の石灰質底生有孔虫殻の安定同位体組成を定量し,その個体分散を用いた生態情報の解析を試みた.その結果,同位体組成の個体分散から生態を推測することによって,底層水の同位体組成を反映する種を選択的に抽出して分析することが可能であることがわかった.これらは絶滅種にも適応可能であり,過去の海洋環境の復元に適切な有孔虫種を選定して古環境を復元することができる.この成果は「石灰質微生物殻の個別同位体分散」の概念とその応用をはじめて提示したも...

その他

 
2018年7月   茨城高専の世界最高度分析装置でイワシの生態解明へ
Web記事にて紹介
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/53583