豊巻敦人

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/25 15:21
 
アバター
研究者氏名
豊巻敦人
 
トヨマキアツヒト
eメール
toyomakigmail.com
URL
http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/70515494
所属
北海道大学
部署
大学院医学研究科
職名
特任助教
学位
博士(医学)(北海道大学)
科研費研究者番号
70515494
Twitter ID
toyomaki

研究分野

 
 

経歴

 
2008年
 - 
2009年
北海道大学 大学院・医学研究科 教育学研究科(研究院)
 

論文

 
Nishida K, Toyomaki A, Koshikawa Y, Niimura H, Morimoto T, Tani M, Inada K, Ninomiya T, Hori H, Manabe J, Katsuki A, Kubo T, Shirahama M, Kohno K, Kinoshita T, Kusumi I, Iwanami A, Ueno T, Kishimoto T, Terao T, Nakagome K, Sumiyoshi T
Schizophrenia research      2018年7月   [査読有り]
Hashimoto N, Toyomaki A, Miyamoto T, Miyazaki A, Kuksumi I
Schizophrenia research      2017年12月   [査読有り]
Sumiyoshi T, Toyomaki A, Kawano N, Kitajima T, Kusumi I, Ozaki N, Iwata N, Sueyoshi K, Nakagome K
Psychiatry and clinical neurosciences   71(8) 570-571   2017年8月   [査読有り]
Sumiyoshi T, Toyomaki A, Kawano N, Kitajima T, Kusumi I, Ozaki N, Iwata N, Nakagome K
Psychiatry and clinical neurosciences   71(6) 417-418   2017年6月   [査読有り]
Fujino H, Sumiyoshi C, Yasuda Y, Yamamori H, Fujimoto M, Fukunaga M, Miura K, Takebayashi Y, Okada N, Isomura S, Kawano N, Toyomaki A, Kuga H, Isobe M, Oya K, Okahisa Y, Takaki M, Hashimoto N, Kato M, Onitsuka T, Ueno T, Ohnuma T, Kasai K, Ozaki N, Sumiyoshi T, Imura O, Hashimoto R, for COCORO.
Psychiatry and clinical neurosciences   71(5) 294-300   2017年5月   [査読有り]

Misc

 
井上康之, 小川昭利, 荒井宏太, 松本秀彦, 松嵜直幸, 小山幸子, 豊巻敦人, 大森隆司, 諸冨隆, 竹市博臣, 北崎充晃
基礎心理学研究   28(1) 44-58   2009年9月
Our aim was to predict the duration of a stimulus, which was a tone or a gap in a continuous tone, from auditory event-related brain potentials (neural decoding). We also aimed to compare performances across statistical classification methods for ...
井上康之, 小川昭利, 荒井宏太, 松本秀彦, 豊巻敦人, 竹市博臣, 大森隆司, 小山幸子, 諸冨隆, 北崎充晃
電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング   107(413) 43-48   2008年1月
聴覚刺激に対して惹起する脳波(聴覚誘発電位)の波形形態分析の手法として,統計的手法による脳波からの刺激の識別が可能であることを報告する.6種類の異なる刺激持続時間の聴覚刺激に対する誘発電位を7箇所の電極で測定した(健常成人25名)のち,各電極の誘発電位に(1)識別実験に使用するデータ区間を設定し,(2)主成分分析により無相関化と次元圧縮を行い,(3)ナイーブベイズ識別器を作成し,刺激に対する識別率を調べた.その結果から,識別対象刺激・電極・データ区間と識別率の関係について議論する.
豊巻敦人, 山本徹
生体医工学 : 日本エム・イー学会誌   44(2) 313-314   2006年6月
高橋英之, 豊巻敦人, 石川悟, 室橋春光, 大森隆司
電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング   105(658) 103-108   2006年3月
本研究は対人インタラクションにおける人間の行動特性を明らかにするために,入力変数の選択プロセスを想定した条件付き確率分布を人間の行動決定過程の近似モデルとして仮定し,このモデルにもとづいてmatching pennies gameという単純な対戦ゲームにおける被験者の行動決定過程を推定することを試みた.具体的には,被験者の一定期間の行動から入力変数の異なる複数の行動予測器(条件付き確率分布)を並列的に作成し,エントロピーが最も低下した行動予測器をその期間において被験者の行動決定過程を近似す...