基本情報

所属
総合地球環境学研究所 研究部 客員教授

J-GLOBAL ID
201901009738831198
researchmap会員ID
B000359099

外部リンク

寺田匡宏 Masahiro Terada

総合地球環境学研究所客員教授。人文地球環境学、歴史学。歴史という人間中心の概念が非-人間を扱う環境とどう関係するかを研究。メタヒストリーという記述の立場から、超長期の過去である人新世(アンソロポシーン)と未来史に関心を持つ。

著書に、『人文地球環境学――ひと、もの、いきものと世界/出来』(あいり出版、2021年)、『カタストロフと時間――記憶/語りと歴史の生成』(京都大学学術出版会、2018年)、『人は火山に何を見るのか――環境と記憶/歴史』(昭和堂、2015年)、『災厄からの立ち直り――高校生のための〈世界〉に耳を澄ませる方法』(編著、あいり出版、2016年)ほか。「叢書・地球のナラティブ」(あいり出版、2019年-)のシリーズ・エディターもつとめる。

国立歴史民俗博物館COE研究員、国立民族学博物館外来研究員、総合地球環境学研究所特任准教授、総合地球環境学研究所客員准教授、マックスプランク科学史研究所客員研究員を歴任。

マックスプランク科学史研究所共同研究「人新世における/の知」メンバー。

(社団法人)「リビング・モンタージュ」メンバー、「風人土学舎」メンバー。

https://livingmontage.com/

https://kazehitotsuchi.org/

※メールアドレス:teradaアットchikyu.ac.jp(アットを@に置き換えてください)


講演・口頭発表等

  17

MISC

  27

論文

  8

共同研究・競争的資金等の研究課題

  5

書籍等出版物

  9

その他

  2

Works(作品等)

  3

メディア報道

  2
  • 社説 
    神戸新聞 神戸新聞 Kobe, Japan 2021年1月20日 新聞・雑誌
  • リビング・モンタージュ リビモン・チャンネル 2020年10月 テレビ・ラジオ番組

研究分野

  1