基本情報

所属
山口大学 工学部 教授
学位
工学博士(1990年1月 東京工業大学)
工学修士(1983年3月 東京工業大学)

研究者番号
10162207
J-GLOBAL ID
200901017243591692

外部リンク

論文

  165

MISC

  13

書籍等出版物

  4

講演・口頭発表等

  137

その他

  9
  • 2000年 - 2000年
    1.場の理論を用い,人間の錯視対応モデルの実現を計画し,シミュレーションにより,妥当性を確認し,実環境下での対応を検討中.人間のT型接合点に対する視覚特性を利用した自律的行動決定モデルの開発を計画し,理想画像および実環境画像に対するモデルの妥当性を確認し,実機を用いた検証を実施中.&0a;2.人間の解剖学的見地から筋骨格モデルを構築を計画し,シミュレーションにより,妥当性を確認し,筋肉を模擬したアクチュエータに関する検討を実施中.&0a;3.高機能型鉗子の開発を計画し,基本機能を実現する機構の考案と試作器による妥当性の評価を実施.高機能型腹腔鏡の開発を計画し,基本システム構成の考案と基礎実験を終了.臓器変形予測シミュレーションシステムの開発を計画し,有限変形と粘弾性変形を考慮したシステムの開発を終了.内視鏡の高機能化を計画し,可変剛性型内視鏡の基本システム構成の検討を実施.蛍光色素を利用した脳腫瘍手術ナビゲーションシステムの開発を計画し,基本システム構成についての検討を実施.&0a;4.油圧シリンダー摺動時の動特性モデルの実現を計画し,モデル化,シミュレーションを実施.ソーワイヤの動特性モデルの実現を計画し,実験・シミュレーションによる検討を実施.音響の吸音に関する物理モデルの実現を計画し,実験・シミュレーションによる検討を実施.
  • 2000年 - 2000年
    1.場の理論を用い,人間の錯視対応モデルの実現を計画し,シミュレーションにより,妥当性を確認し,実環境下での対応を検討中.人間のT型接合点に対する視覚特性を利用した自律的行動決定モデルの開発を計画し,理想画像および実環境画像に対するモデルの妥当性を確認し,実機を用いた検証を実施中. 2.人間の解剖学的見地から筋骨格モデルを構築を計画し,シミュレーションにより,妥当性を確認し,筋肉を模擬したアクチュエータに関する検討を実施中. 3.高機能型鉗子の開発を計画し,基本機能を実現する機構の考案と試作器による妥当性の評価を実施.高機能型腹腔鏡の開発を計画し,基本システム構成の考案と基礎実験を終了.臓器変形予測シミュレーションシステムの開発を計画し,有限変形と粘弾性変形を考慮したシステムの開発を終了.内視鏡の高機能化を計画し,可変剛性型内視鏡の基本システム構成の検討を実施.蛍光色素を利用した脳腫瘍手術ナビゲーションシステムの開発を計画し,基本システム構成についての検討を実施. 4.油圧シリンダー摺動時の動特性モデルの実現を計画し,モデル化,シミュレーションを実施.ソーワイヤの動特性モデルの実現を計画し,実験・シミュレーションによる検討を実施.音響の吸音に関する物理モデルの実現を計画し,実験・シミュレーションによる検討を実施.
  • 1. 骨微細組織構造と力学特性の関係について動物モデルを用いた検討を実施.<br>2. 機能的光コヒーレンストモグラフィー(OCT)技術の医療応用について検討.<br>4. 生体内における光伝播解析を行う数値シミュレーションについて検討.<br>5. 脳内局所冷却装置の体内埋め込みの実現性について検討.<br>6.光を用いた生体内光計測技術として,近赤外光と蛍光を用いた手法について検討.<br>7.超音波を用いた硬軟混在組織の診断手法について検討.<br>8.糖尿病診断にための赤血球変形能評価手法について検討.<br>9. 動脈硬化度の評価手法について検討.<br>10.ラグタイヤの振動評価モデルについて検討.
  • 1. 骨微細組織構造と力学特性の関係について動物モデルを用いた検討を実施.<br>2. 2色レーザー誘起蛍光法(2C-LIF)を用いたマイクロ流路内流れ場における温度・pHの定量計測法について検討.<br>3. 機能的光コヒーレンストモグラフィー(OCT)技術の医療応用について検討.<br>4. 生体内における光伝播解析を行う数値シミュレーションについて検討.<br>5. 脳内局所冷却装置の体内埋め込みの実現性について検討.<br>6.光を用いた生体内光計測技術として,近赤外光と蛍光を用いた手法について検討.<br>7.流れや磁場を用いた再生医療の為の細胞制御について検討.<br>8.水頭症シャントの機能向上を目指してシャント内の流れ場について検討.<br>9. 再生医療の為の関節軟骨の定量評価法について検討.<br>10. DEステントの機能向上のための最適設計について検討.
  • 1. 骨微細組織構造と力学特性の関係について動物モデルを用いた検討を実施.<br>2. 2色レーザー誘起蛍光法(2C-LIF)を用いたマイクロ流路内流れ場における温度・pHの定量計測法について検討.<br>3. 機能的光コヒーレンストモグラフィー(OCT)技術の医療応用について検討.<br>4. 生体内における光伝播解析を行う数値シミュレーションについて検討.<br>5. 脳内局所冷却装置の体内埋め込みの実現性について検討.<br>6.光を用いた生体内光計測技術として,近赤外光と蛍光を用いた手法について検討.<br>7.流れや磁場を用いた再生医療の為の細胞制御について検討.<br>8.水頭症シャントの機能向上を目指してシャント内の流れ場について検討.<br>9. 再生医療の為の関節軟骨の定量評価法について検討.<br>10. DEステントの機能向上のための最適設計について検討.