佐川 拓也

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/23 02:05
 
アバター
研究者氏名
佐川 拓也
 
サガワ タクヤ
eメール
tsagawastaff.kanazawa-u.ac.jp
URL
http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/40448395
所属
金沢大学
部署
理工研究域
職名
助教
学位
博士(地球環境科学)(北海道大学大学院地球環境科学研究科)
科研費研究者番号
40448395
ORCID ID
0000-0002-1767-9158

プロフィール

古気候・古海洋学

研究分野

 
 

経歴

 
2015年6月
 - 
現在
金沢大学 理工研究域 助教
 
2013年6月
 - 
2015年5月
九州大学 大学院理学研究院 特任助教
 
2013年4月
 - 
2013年5月
愛媛大学 沿岸環境科学研究センター 研究員
 
2009年1月
 - 
2013年3月
愛媛大学上級研究員センター 研究員
 
2006年4月
 - 
2008年12月
高知大学 海洋コア総合研究センター 研究員
 

学歴

 
2002年4月
 - 
2005年9月
北海道大学大学院 地球環境科学研究科 博士課程
 
2000年4月
 - 
2002年3月
北海道大学大学院 地球環境科学研究科 修士課程
 
1996年4月
 - 
2000年3月
北海道大学 理学部 地球惑星科学科
 

論文

 
Benthic biotic response to climate changes over the last 700,000 years in a deep marginal sea: impacts of deoxygenation and the Mid‐Brunhes Event
Huang, H-H., Yasuhara, M., Iwatani, H., Alvarez-Zarikian, C., Bassetti, M-A., and Sagawa, T.
Paleoceanography and Paleoclimatology   33(7)    2018年6月   [査読有り]
East Asian monsoon history and paleoceanography of the Japan Sea over the last 460,000 years
Gallagher, SJ., Sagawa, T., Henderson, A., Saavedra-Pellitero, M., de Vleeschouwer, D., Black, H., Itaki, T., Toucanne, S., Bassetti, M-A., Clemens, S., Anderson, W., Alvarez-Zarikian, C., and Tada, R.
Paleoceanography and Paleoclimatology   33(7)    2018年6月   [査読有り]
Pleistocene radiolarian biostratigraphy, IODP Expedition 346 Site U1427
Itaki, T., Sagawa, T., and Kubota, Y.
Proceedings of the Intergrated Ocean Drilling Program   346    2018年5月   [査読有り]
Construction of perfectly continuous records of physical properties for dark-light sediment sequences collected from the Japan Sea during Integrated Ocean Drilling Program Expedition 346 and their potential utilities as paleoceanographic studies
Irino, T., Tada, R., Ikehara, K., Sagawa, T., Karasuda, A., Kurokawa, S., Seki, A., and Lu, S.
Progress in Earth and Planetary Science   5(23)    2018年4月   [査読有り]
Tada R, Irino T, Ikehara K, Karasuda A, Sugisaki S, Xuan C, Sagawa T, Itaki T, Kubota Y, Lu S, Seki A, Murray RW, Alvarez-Zarikian C, Anderson WT, Bassetti M-A, Brace BJ, Clemens SC, da Costa Gurgel MH, Dickens GR, Dunlea AG, Gallagher SJ, Giosan L, Henderson ACG, Holbourn AE, Kinsley CW, Lee GS, Lee KE, Lofi J, Lopes CICD, Saavedra-Pellitero M, Peterson LC, Singh RK, Toucanne S, Wan S, Zheng H, Ziegler M
Progress in Earth and Planetary Science   5(19)    2018年3月   [査読有り]

Misc

 
Rosenthal, Y., Holbourn, A.E., Kulhanek, D.K., and the Expedition 363 Scientists
IODP Preliminary Report   363    2017年2月
Tada, R., Murray, R.W., Alvarez Zarikian, C.A., and the Expedition 346 Scientists
Proceedings of the IODP   346    2015年3月

競争的資金等の研究課題

 
新生代後期の北半球氷床拡大と熱帯太平洋大気海洋相互作用の関係解明
学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2018年4月 - 2022年3月    代表者: 佐川 拓也
科学研究費補助金(若手研究(B) )
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 佐川 拓也
熱帯太平洋における水温躍層深度の長期動態と支配要因の解明
公益財団法人 住友財団: 2013年度環境研究助成
研究期間: 2013年11月 - 2015年3月    代表者: 佐川 拓也
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 佐川拓也
北海道十勝沖の水深1200mより採取されたGH02-1030海底コアに関して底生・浮遊性有孔虫殻の化学分析(酸素同位体比, Mg/Ca分析)を行った。GH02-1030コアは既に年代モデルが確立されており, 過去2万4千年前以降の記録を保持している。最終氷期から完新世への移行期である融氷期に保存されている平行葉理と, 海洋表層・中層の環境変化との関係を調べるために, 古水温・古塩分の復元を行った。底生有孔虫のMg/Caは融氷期の約1万5千年前に増加し, 1万2千年前に向けて低下した後, 1...