篠崎隆志

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/27 16:03
 
アバター
研究者氏名
篠崎隆志
 
シノザキタカシ
所属
国立研究開発法人情報通信研究機構
部署
脳情報通信融合研究センター
職名
研究員
学位
博士(科学)(東京大学)
その他の所属
大阪大学
科研費研究者番号
10442972

プロフィール

脳のしくみに基づいたディープラーニングの新しい手法についての研究を行なっています。
計算論的神経科学を中心に、非侵襲計測や電気生理の経験を活かしつつ、最新の脳科学の知見を取り入れることで次世代人工知能技術としての脳型情報処理の確立を目指します。
さらにディープラーニング技術の応用として、動画を中心とした画像処理や医療データへの適用も行なっています。

研究分野

 
 

経歴

 
2010年12月
 - 
現在
国立研究開発法人情報通信研究機構 脳情報通信融合研究センター 研究員
 
2010年8月
 - 
2010年11月
独立行政法人理化学研究所 脳科学総合研究センター 嘱託研究員
 
2009年4月
 - 
2010年7月
ニューヨーク大学 神経科学センター ポスドク研究員
 
2006年4月
 - 
2009年3月
独立行政法人理化学研究所 脳科学総合研究センター 基礎科学特別研究員
 

学歴

 
2000年4月
 - 
2006年3月
東京大学 新領域創成科学研究科 複雑理工学専攻
 
1996年4月
 - 
2000年3月
東京理科大学 理学部 応用物理学科
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
現在
電子情報通信学会  ニューロコンピューティング専門委員会幹事補佐
 
2017年6月
 - 
現在
人工知能学会  編集委員会委員
 

論文

 
篠崎隆志
人工知能学会誌   33(2) 181-188   2018年   [招待有り]
NIPS Workshop on Deep Learning: Bridging Theory and Practice (DLTP)      2017年   [査読有り]
Kobe University, NICT and University of Siegen on the TRECVID 2017 AVS task
He Z, Shinozaki T, Shirahama K, Grzegorzek M, Uehara K
Proceedings of TREC Video Retrieval Evaluation (TRECVID)      2017年
深層学習と視覚的特徴の基底抽出
篠崎隆志
視覚学会論文誌   29(3) 86-89   2017年   [招待有り]
人工知能の革新としての深層学習
篠崎隆志
法とコンピュータ   35 23-28   2017年   [招待有り]

講演・口頭発表等

 
農作物の画像を対象としたディープラーニング入門 [招待有り]
篠崎隆志
農林水産省 次世代施設園芸地域展開促進事業 植物工場人材育成プログラム   2018年12月   
科学の道具としてのディープラーニング [招待有り]
篠崎隆志
東京大学大学院薬学研究科 医 療薬学特論   2018年10月   
AI の基本と農業の可能性 [招待有り]
篠崎隆志
農林水産省 次世代施設園芸地域展開促進事業 植物工場人材育成プログラム   2018年10月   
ディープラーニングの種類と活用における選定基準 [招待有り]
篠崎隆志
スマートアグリシン ポジウム   2018年4月   
ChainerCV と OpenCV ではじめる物体検出 [招待有り]
篠崎隆志
日本神経回路学会 第2回次世代脳型人工知能研究会   2018年3月   

競争的資金等の研究課題

 
両眼合成周波数SSVEPによる視覚的注意の空間分布の計測
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 栗木一郎
視野闘争中の脳活動から視覚認知の時間変化を読み解く
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 篠崎隆志

特許

 
特許6435587 : 脳波計測用ヘッドギア
成瀬康, 横田悠右, 篠崎隆志, 宮本章尋, 佐野太一, 大西智樹, 田中真悟
特許6327926 : 階層型ニューラルネットワークの学習システム及び方法
篠崎隆志
特許6112534 : 脳波計測用電極、脳波計測用電極を備える脳波計測用電極付キャップ
成瀬康, 篠崎隆志, 梅原広明