城石 俊彦

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/06 12:25
 
アバター
研究者氏名
城石 俊彦
URL
http://www.nig.ac.jp/labs/MamMalg/home-j.html
所属
国立遺伝学研究所
職名
教授

プロフィール

1953年茨城県生まれ。1981年東北大学大学院理学研究科博士課程修了(理博)。1984年国立遺伝学研究所助手、1998年から国立遺伝学研究所教授。1999年から同研究所系統生物研究センター長。ゲノム解析や遺伝解析でマウスの形態形成機構やエネルギー代謝などの遺伝制御を研究している。1999年から2008年まで理研ゲノム科学総合研究センターのプロジェクトディレクターを兼任して、大規模マウス突然変異開発プロジェクトを統括した。2013年10月から国立遺伝学研究所副所長。

研究分野

 
 

経歴

 
2013年10月
 - 
現在
国立遺伝学研究所 副所長
 
1998年
 - 
現在
国立遺伝学研究所 系統生物研究センター 教授
 
1998年
 - 
現在
総合研究大学院大学 生命科学研究科・遺伝学専攻(国立遺伝学研究所) 教授
 
1996年
 - 
1997年
国立遺伝学研究所 系統生物研究センター 助教授
 
1996年
 - 
1997年
総合研究大学院大学 生命科学研究科・遺伝学専攻(国立遺伝学研究所) 助教授
 
1993年
 - 
1997年
国立遺伝学研究所 遺伝実験生物保存研究センター 助教授
 
1986年
 - 
1992年
国立遺伝学研究所 細胞遺伝研究部門 助手
 
1984年
 - 
1986年
国立遺伝学研究所 遺伝実験生物保存センター 助手
 

受賞

 
2011年
Genes and Genetic Systems Prize 2011
受賞者: Komiyama H., Aoki A., Tanaka S., Maekawa H., Kato Y., Wada R., Maekawa T., Tamura M., Shiroishi T.
 
2011年
日本遺伝学会第83回大会・Best Paper賞“Identification of responsible genes for human chromosomal disorder, Partial trisomy distal 4q”
受賞者: 田村勝、加藤依子、城石俊彦
 
2012年
Best Paper Award 2012 (The 84th Annual Meeting of Genetics Society of Japan), Multiple gene dosage balance on 4q-ter is critical for craniofacial development
受賞者: Tamura, M., and Shiroishi, T.
 

論文

 
Shibuya H, Watanabe R, Maeno A, Ichimura K, Tamura M, Wakana S, Shiroishi T, Ohba K, Takeda K, Tomita H, Shibahara S, Yamamoto H
Genes & genetic systems   93(2) 51-58   2018年9月   [査読有り]
Nakano H, Miyazawa H, Maeno A, Shiroishi T, Kakui K, Koyanagi R, Kanda M, Satoh N, Omori A, Kohtsuka H
BMC evolutionary biology   18(1) 83   2018年6月   [査読有り]
Mouri K, Sagai T, Maeno A, Amano T, Toyoda A, Shiroishi T
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   115(5) 1021-1026   2018年1月   [査読有り]
Nakano H, Miyazawa H, Maeno A, Shiroishi T, Kakui K, Koyanagi R, Kanda M, Satoh N, Omori A, Kohtsuka H
BMC evolutionary biology   17(1) 245   2017年12月   [査読有り]
Kawasaki T, Maeno A, Shiroishi T, Sakai N
Scientific reports   7(1) 16508   2017年11月   [査読有り]
Sagai T, Amano T, Maeno A, Kiyonari H, Seo H, Cho SW, Shiroishi T
Scientific reports   7(1) 13004   2017年10月   [査読有り]
Kataoka T, Tamura M, Maeno A, Wakana S, Shiroishi T
G3 (Bethesda, Md.)   7(10) 3449-3457   2017年10月   [査読有り]
Simecek P, Forejt J, Williams RW, Shiroishi T, Takada T, Lu L, Johnson TE, Bennett B, Deschepper CF, Scott-Boyer MP, Pardo-Manuel de Villena F, Churchill GA
G3 (Bethesda, Md.)   7(10) 3427-3434   2017年10月   [査読有り]
Amano T, Sagai T, Seki R, Shiroishi T
G3 (Bethesda, Md.)   7(9) 2991-2998   2017年9月   [査読有り]
Tsuda K, Abraham-Juarez MJ, Maeno A, Dong Z, Aromdee D, Meeley R, Shiroishi T, Nonomura KI, Hake S
The Plant cell   29(5) 1105-1118   2017年5月   [査読有り]

Misc

 
野生の証明
城石 俊彦
細胞工学   23(5) 525-0   2004年
マウス亜種間コンソミック系統によるゲノム機能解析
城石俊彦
学術月報   60(11) 21-27   2007年

書籍等出版物

 
進化するゲノム編集技術
城石 俊彦 (担当:編者)
NTS社   2015年10月   
ヒトゲノム 亜種マウスのゲノム比較
城石 俊彦
中山書店   2004年   
編者名:榊義之 笹月健彦 油谷浩幸 
細胞工学別冊 細胞工学別冊, 比較ゲノム学から読み解く生命システム マウスの比較ゲノム, 日本産マウス系統のゲノム解読とコンソミック系統の樹立
高田豊行、城石俊彦
秀潤社   2007年   
編者名:藤山秋佐夫

講演・口頭発表等

 
A Genetic analysis of behavioral diversity between wild-derived mouse strain, MSM/Ms and C57BL/6
Nishi, A., Yonekawa, H., Shiroishi, T., Koide, T.
18Th International Mouse Genome Conference   2004年   
Descriptive and Temporal Analysis of the Open-field Behavior in Wild-derived Mouse Strains
Takahashi, A., Yonekawa, H., Moriwaki, K., Shiroishi, T., Koide, T.
18th International Mouse Genome Conference   2004年   
国立遺伝学研究所以外との共同発表あり、総合研究大学院大学の学生発表あり
Genetic dissection of the network of limb A-P axis formation with preaxial polydactylous mouse mutants.
Hosoya, M., Yada, Y., Sagai, T., Masuya, H., Makino, S., Shiroishi, T.
8th International conference Limb Development & Regeneration   2004年   
国立遺伝学研究所以外との共同発表あり、総合研究大学院大学の学生発表あり
Phylogenetic conservation of a long-range limb-specific, cis-acting regulator of Sonic hedgehog (Shh). [招待有り]
Shiroishi, T.
International Symposium about the Development of Limbs and Epithelial Appendages   2004年   
体系的なマウス突然変異体プロジェクト (2004-7). ゲノムインプリンティング.
鈴木智広, 古海弘康, 橋本昌和, 京野志保, 長嶋綾子, 熊木健治, 金田秀貴, 権藤洋一, 野田哲生, 若菜茂晴, 佐々木裕之, 石野史敏, 城石俊彦
第27回日本分子生物学会年会   2004年   
国立遺伝学研究所以外との共同発表あり

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 城石 俊彦
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2015年 - 2016年    代表者: 城石 俊彦
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 城石 俊彦
昨年度までの達成点として、野生マウス集団でのPrdm9遺伝子多型の全貌を明らかにし、論文として発表した。この成果は、国立遺伝学研究所に収集されているマウス標本とそのゲノムDNAを利用して、Prdm9遺伝子の遺伝的多型解析を実験用マウス以外の野生マウス個体にも拡大し、集団内での多型の様式を他の遺伝子と比較して考察したものである。結果、Prdm9は、哺乳類の中で最も多型的な遺伝子の一つであることが明らかとなった。しかし、亜種集団ごとに特定の多型がまとまっている傾向もあり、MHCとは異なり、その...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 城石 俊彦
CTCFのChIP-Seqの結果により、マウス肢芽のCTCF結合パターンを明らかにしている。これをもとに、肢芽エンハンサーとShh翻訳領域周辺に存在する4つのCTCF結合サイトをCRISPR/Cas9系を用いて破壊した。現在この4系統の表現型・発現解析が進行中である。また、国際ノックアウトコンソーシアムより、Cohesinの複合体形成に必須のESCO2が条件的にノックアウトされたES細胞を入手し、KOマウスを作製した。この系統は、肢芽特異的Creマウスとの交配を進めており、表現型解析を行う...
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 城石 俊彦
Hairless (Hr)遺伝子のエネルギー代謝制御における役割を明らかにするため、複数の組織特異的Hr遺伝子突然変異シリーズの開発を試みた。まず骨格筋組織特異的にCre遺伝子を発現誘導するトランスジェニック(Tg)マウスを用いて、Hr遺伝子のコンディショナルなノックアウトマウス及び過剰発現Tgマウスの作製を行った。骨格筋特異的にHr遺伝子を欠損したマウスでは、残念ながら十分なHr遺伝子の発現低下が認められなかったが、Hr遺伝子過剰発現マウスでは遅筋型筋繊維が増加していた。従って、少なくと...

委員歴

 
2007年
 - 
現在
Editor of DNA Research
 
2005年
   
 
遺伝学会企画集会幹事
 
2005年
   
 
実験動物学会評議委員
 
2005年
 - 
現在
Editorial boad of Mammalian Genome
 
2005年
 - 
現在
Editor of Gene & Genetic Systems
 

特許

 
特願2007-003398 : モデルマウス、その製造方法およびその用途
城石俊彦、田村勝、藤井智明
特許の国際・国内区分:国内
特願2006-531868 : GsdmA遺伝子の機能が抑制され、癌関連遺伝子の機能が促進または抑制された非ヒト動物
城石俊彦、田村勝
特許の国際・国内区分:国内