Tsuyoshi Nakajima

J-GLOBAL         Last updated: Aug 7, 2019 at 17:34
 
Avatar
Name
Tsuyoshi Nakajima
E-mail
tsnakashibaura-it.ac.jp
Affiliation
Shibaura Institute of Technology
Section
College of Engineering

Academic & Professional Experience

 
2013
 - 
2015
Senior Engineer, Design Systems Engineering Center, Mitsubishi Electric Corporation
 
2015
   
 
Professor, Computer Science and Engineering, Shibaura Institute of Technology
 
2007
 - 
2013
Technical staff, CorporateTotal Productivity Management & Environmental Programs Group, Mitsubishi Electric Corporation
 
2002
 - 
2007
Section Manager, Kamakura Works, Mitsubishi Electric Corporation
 
1998
 - 
2002
Engineer, Kamakura Works, Mitsubishi Electric Corporation
 

Education

 
2003
 - 
2008
Electronics System Engineering, Science and Technology, Graduate School of Waseda University
 
1982
 - 
1984
Electronics Engineering, Science and Technology, Graduate School of Waseda University
 
1987
 - 
1982
Electronics Engineering, Science and Technology, Waseda University
 

Awards & Honors

 
2018
Applying Quality Requirements Framework to an IoT System, Best paper Award of Fassi 2018, IARIA
Winner: Tsuyosi Nakajima
 
2016
Contribution Award of Standarization in SC 7/WG 6, Contribution Award of Standarization, IPSJ
Winner: Tsuyosi Nakajima
 
2016
Degign and Implementation of Training Cource for Software Process Improvement Enginees, SEC journal Best Paper Award, IPA Software Reliability Enhancement Center
Winner: Noriyoshi Kuno, Tsuyoshi Nakajima, Akira Shibata, Kiyohisa Kondo, Koichi Ogasawara
 
2015
ISO/IEC TR12182: Systems and software engineering -- Framework for categorization of IT systems and software, and guide for applying it, Development Award of International Standard, IPSJ
Winner: Tsuyosi Nakajima
 
2015
An Improvement of Peer?Review-meetings Using the Peer-Review-Effectiveness Ratio and Effect of Quality Improvement, SEC journal Best Paper Award, IPA Software Engineering Center
Winner: Noriyoshi Kuno, Tsuyoshi Nakajima, Makoto Matsushita, Katsuro Inoue
 

Published Papers

 
Application of Machine Learning Techniques to Situational Risk Assessment Based on Accident Database
Tsuyoshi Nakajima
The Twelfth International Conference on Mobile Ubiquitous Computing, Systems, Services and Technologies      Nov 2018   [Refereed]
Shoichi OKAZAKI ,Nobuhiro OOE, Masahiro INOUE, Tsuyoshi NAKAJIMA, Tetsuo SHIOTSUKI, Hidetoshi KAMBE, Hiroyasu MITSUI, Katsuhiko SEO
Engineering Education   66(1) 95-101   2018   [Refereed]
Yamazaki Keisuke, Nakajima Tsuyoshi
2017 IEEE 2ND INTERNATIONAL CONGRESS ON INTERNET OF THINGS (IEEE ICIOT)   162-165   2017   [Refereed]
Noriyoshi Kuno,Tsuyoshi Nakajima, Akira Shibara, Kiyohisa Kondo, Koichi Ogasawara
SEC Journal   12(2) 8-15   Sep 2016   [Refereed]
Nobuhiro OOE, Shin DOSAKA, Yosuke KANEKO, Shinji KITAGAMI, Katsuhiko SEO, Masahiro INOUE, Tsuyoshi NAKAJIMA, Tetsuo SHIOTSUKI, Hisao KOIZUMI
IEE-J Journal-C   137(10) 1402-1413   2017   [Refereed]
Noriyoshi KUNO, Tsuyoshi NAKAJIMA, Makoto MATSUSHITA, Katsuro INOUE
IEICE Journal-D   J98-D(6) 1057-1059   Jun 2015   [Refereed]
Noriyoshi KUNO, Tsuyoshi NAKAJIMA, Makoto MATSUSHITA, Katsuro INOUE
SEC Journal   10(1) 224-231   Mar 2014   [Refereed]
FUJIOKA Taku, TAMURA Naoki, NAKAJIMA Tsuyoshi, KUNO Noriyoshi, MANO Tetsuya
Journal of JSEE   62(1) 1_46-1_52   2014
Quality of software products deeply depends on the skills of individual software engineers. To assure that the engineers have a certain level of skills, organizational and systematic training programs are needed in addition to OJTs and self-develo...
A Study on the Effectiveness of Peer Review Meeting
2013 IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON SOFTWARE RELIABILITY ENGINEERING WORKSHOPS (ISSREW)   7-+   2013   [Refereed]
Noriyoshi Kuno,Tsuyoshi Nakajima
IPSJ Journal   53(2) 622-630   Feb 2012   [Refereed]
Yoshiaki Terashima, Ryozo Kiyohara, Haruko Kawahigashi, Tsuyoshi Nakajima
IPSJ Journal   53(8) 1976-1990   2012   [Refereed]
Tsuyoshi Nakajima, Naoki Tamura, Yoshiaki Terashima
IPSJ Journal   52(12) 3699-3714   2011   [Refereed]
中島毅, 吉田見岳, 佐々木俊昌, 渡辺晴彦, 大野俊樹, 近藤聖久, 味岡学, 藤山直樹, 糸谷友良
プロジェクトマネジメント学会誌   10(1/6 (CD-ROM)) No.6,19‐24   Feb 2008
Tsuyoshi Nakajima, Motoei Azuma
IEICE Journal-D   J91-D(5) 1216-1230   May 2008   [Refereed]
Tsuyoshi Nakajima, Naoki Tamura, Kazuhisa Okada, Yuji Wada
IEICE Journal-D   J85-D1(8) 725-740   Aug 2002   [Refereed]
Tsuyoshi Nakajima, Yuzo Bessho, Hiroshi Yamanaka, Kazumi Hirota
IEICE Journal-D   J84-D1(6) 682-692   Jun 2001   [Refereed]

Misc

 
菅谷みどり, 杉本徹, 中島毅, 谷田川ルミ
芝浦工業大学特別教育・研究報告集(CD-ROM)   2017 18‐24   Jul 2018
ZHOU Yifan, 中島毅
情報処理学会研究報告(Web)   2018(SE-199) Vol.2018‐SE‐199,No.15,1‐5 (WEB ONLY)   Jul 2018
佐野町友紀, 中島毅, 南伸二, 疋嶋英理子
情報処理学会研究報告(Web)   2018(SE-198) Vol.2018‐SE‐198,No.2,1‐8 (WEB ONLY)   Mar 2018
菅谷みどり, 杉本徹, 中島毅, 谷田川ルミ
芝浦工業大学特別教育・研究報告集(CD-ROM)   2016 30‐36   Jul 2017
御守貴光, 中島毅
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2017 ROMBUNNO.D‐23‐1   Mar 2017
須藤翔太, 中島毅
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2017 ROMBUNNO.D‐23‐11   Mar 2017
扇大英, 中島毅
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2017 ROMBUNNO.D‐23‐2   Mar 2017
霜村洋輝, 中島毅
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2017 ROMBUNNO.D‐23‐3   Mar 2017
胡稔貴, 中島毅
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2017 ROMBUNNO.D‐23‐15   Mar 2017
山崎啓佑, 中島毅
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2017 ROMBUNNO.D‐23‐19   Mar 2017
久野倫義, 中島毅, 芝田晃, 近藤聖久, 小笠原公一
三菱電機技報   90(12) 667‐670   Dec 2016
久野 倫義, 中島 毅, 芝田 晃, 近藤 聖久, 小笠原 公一
三菱電機技報   90(12) 667-670   Dec 2016
中島毅, 木村昌臣
芝浦工業大学特別教育・研究報告集(CD-ROM)   2015 71‐74   Sep 2016
中島 毅, 中山 優紀, 谷津 行穗
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115(153) 25-31   Jul 2015
中島毅, 中山優紀, 谷津行穗, 東基衞
電子情報通信学会技術研究報告   115(154(KBSE2015 9-27)) 25-31   Jul 2015
徳本修一, 谷垣宏一, 高橋洋一, 中島毅
情報処理学会研究報告(Web)   2015(SE-187) VOL.2015-SE-187,NO.46 (WEB ONLY)   Mar 2015
徳本 修一, 谷垣 宏一, 高橋 洋一, 中島 毅
IPSJ SIG Notes   2015(46) 1-6   Mar 2015
In software development, tracking of the implementation in artifacts of requirements (Requirements Trace) is an important activity in order to quality assurance and identify the impact range of modified artifacts. However, the contrary to the impo...
中島毅, 山田淳, 福住伸一
情報処理   55(1) 51-57   Dec 2013
近藤聖久, 久野倫義, 中島毅
三菱電機技報   87(4) 210-213   Apr 2013
寺島美昭, 清原良三, 河東晴子, 中島毅
情報処理学会論文誌ジャーナル(CD-ROM)   53(8) 1976-1990   Aug 2012
中島毅, 久野倫義
電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM)   2011 ROMBUNNO.OS5-13   Sep 2011
久野倫義, 中島毅
情報処理学会研究報告(CD-ROM)   2010(2) ROMBUNNO.SE-168,7   Aug 2010
KUNO Noriyoshi, NAKAJIMA Tsuyoshi
研究報告組込みシステム(EMB)   2010(7) 1-6   May 2010
本論文は,従来のピアレビュー指摘数やレビュー工数を用いた品質予測技法 (残存欠陥数予測) における課題を明らかにし,ピアレビュー網羅率を用いたピアレビュー漏れを防止する品質予測技法の提案を行い,その適用結果を示したものである.In this paper, we propose a new method for software quality prediction using the peer-review-coverage measure after addressing the pro...
KUNO Noriyoshi, NAKAJIMA Tsuyoshi
研究報告ソフトウェア工学(SE)   2010(7) 1-6   May 2010
本論文は,従来のピアレビュー指摘数やレビュー工数を用いた品質予測技法 (残存欠陥数予測) における課題を明らかにし,ピアレビュー網羅率を用いたピアレビュー漏れを防止する品質予測技法の提案を行い,その適用結果を示したものである.In this paper, we propose a new method for software quality prediction using the peer-review-coverage measure after addressing the pro...
岩橋正実, 満田成紀, 鰺坂恒夫, 中島毅
情報処理学会シンポジウム論文集   2009(10) 81-86   Oct 2009
岩橋正実, 岩橋正実, 満田成紀, 鰺坂恒夫, 中島毅
情報処理学会研究報告(CD-ROM)   2009(1) ROMBUNNO.SE-164,11   Jun 2009
IWAHASHI Masami, MISTUDA Naruki, AJISAKA Tsuneo, NAKAJIMA Tsuyoshi
研究報告コンピュータセキュリティ(CSEC)   2009(11) 1-8   May 2009
機器組込みソフトウェア開発の生産性と品質を向上させるためのオブジェクト指向の開発方手法の提案とその有効性について述べる。組込みシステムにオブジェクト指向を適用する際には、要求からクラスの抽出方法、状態の抽出方法が開発者によりバラツキがある。要求から設計/実装の双方向のトレーサビリティの確保と動的分析、時間制約などのリアルタイム制御システム特有の問題を解決することで生産性と品質の確保を可能にした。本稿で提案する手法論は、1998年に発表した自律オブジェクト指向技術を更に研究を進めたものである...
IWAHASHI Masami, MISTUDA Naruki, AJISAKA Tsuneo, NAKAJIMA Tsuyoshi
研究報告組込みシステム(EMB)   2009(11) 1-8   May 2009
機器組込みソフトウェア開発の生産性と品質を向上させるためのオブジェクト指向の開発方手法の提案とその有効性について述べる。組込みシステムにオブジェクト指向を適用する際には、要求からクラスの抽出方法、状態の抽出方法が開発者によりバラツキがある。要求から設計/実装の双方向のトレーサビリティの確保と動的分析、時間制約などのリアルタイム制御システム特有の問題を解決することで生産性と品質の確保を可能にした。本稿で提案する手法論は、1998年に発表した自律オブジェクト指向技術を更に研究を進めたものである...
IWAHASHI Masami, MISTUDA Naruki, AJISAKA Tsuneo, NAKAJIMA Tsuyoshi
研究報告ソフトウェア工学(SE)   2009(11) 1-8   May 2009
機器組込みソフトウェア開発の生産性と品質を向上させるためのオブジェクト指向の開発方手法の提案とその有効性について述べる。組込みシステムにオブジェクト指向を適用する際には、要求からクラスの抽出方法、状態の抽出方法が開発者によりバラツキがある。要求から設計/実装の双方向のトレーサビリティの確保と動的分析、時間制約などのリアルタイム制御システム特有の問題を解決することで生産性と品質の確保を可能にした。本稿で提案する手法論は、1998年に発表した自律オブジェクト指向技術を更に研究を進めたものである...
田村直樹, 中島毅, 吉田見岳, 近藤聖久, 藤山直樹, 糸谷友良
プロジェクトマネジメント学会研究発表大会予稿集(CD-ROM)   13th/14th 13th,317‐322   2007
中島毅, 吉田見岳, 佐々木俊昌, 渡辺晴彦, 大野俊樹, 近藤聖久, 味岡学, 藤山直樹, 糸谷友良
プロジェクトマネジメント学会研究発表大会予稿集(CD-ROM)   13th/14th 13th,155‐160   2007
中島毅, 吉田見岳
プロジェクトマネジメント学会研究発表大会予稿集(CD-ROM)   13th/14th 14th,189‐194   2007
吉田見岳, 中島毅
プロジェクトマネジメント学会研究発表大会予稿集(CD-ROM)   13th/14th 13th,170‐175   2007
Nakajima Tsuyoshi, Yoshida Mitake
Proceedings (National Conferences of The Society of Project Management)   2007(0) 189-194   2007
A software cost estimation model. which shows how investment in review and testing in each phase affects the total development cost. and a simulation tool implementing the model are proposed. The model is incorporated with two major modeling compo...
Nakajima Tsuyoshi, Yoshida Mitake, Sasaki Toshimasa, Watanabe Haruhiko, Ohno Toshiki, Kondo Kiyohisa, Ajioka Manabu, Fujiyama Naoki, Itotani Tomoyoshi
Proceedings (National Conferences of The Society of Project Management)   2007(0) 155-160   2007
The approaches and outcomes of a software process innovation program are reported, which has been conducted by the group composed of two works and two subsidiary companies in Mitsubishi Electric Corporation in order to establish the whole best of ...
Yoshida Mitake, Nakajima Tsuyoshi
Proceedings (National Conferences of The Society of Project Management)   2007(0) 170-175   2007
This paper is described A standard process for information system development iCoPS^<TM> (Information and Communication Systems), which has been established and maintained among group companies in Mitsubishi Electric Corporation since 2004. The st...
Tamura Naoki, Nakajima Tsuyoshi, Yoshida Mitake, Kondo Kiyohisa, Fujiyama Naoki, Itotani Tomoyoshi
Proceedings (National Conferences of The Society of Project Management)   2007(0) 317-322   2007
In this paper, we introduce a lightweight process assessment method i-DoCK, which aims to assess organizational software development processes based on our standard process named iCoPS in Mitsubishi Electric Corporation. The goal of this method is...
中島毅, 東基衛
情報処理学会研究報告   2004(118(SE-146)) 79-86   Nov 2004
NAKAJIMA Tsuyoshi, AZUMA Motoei
IPSJ SIG Notes   2004(118) 79-86   Nov 2004
The importance of applying the systems approach to planning and evaluating requirements engineering activities is discussed, and the reality of this approach is demonstrated by constructing a simulation model, which is capable of describing projec...
中島毅, 田村直樹, 和泉秀幸
情報処理学会全国大会講演論文集   58th(1) 1.223-1.224   Mar 1999
田村直樹, 中島毅, 和泉秀幸
情報処理学会全国大会講演論文集   58th(1) 1.225-1.226   Mar 1999
和泉秀幸, 中島毅, 田村直樹
情報処理学会全国大会講演論文集   58th(1) 1.227-1.228   Mar 1999
中島 毅, 田村 直樹, 和泉 秀幸
全国大会講演論文集   58(0) 223-224   Mar 1999
田村 直樹, 中島 毅, 和泉 秀幸
全国大会講演論文集   58(0) 225-226   Mar 1999
和泉 秀幸, 中島 毅, 田村 直樹
全国大会講演論文集   58(0) 227-228   Mar 1999
萩原 正敏, 山中 弘, 別所 雄三, 中島 毅, 広田 和洋
全国大会講演論文集   57(0) 246-247   Oct 1998
山中 弘, 中島 毅, 別所 雄三, 萩原 正敏, 広田 和洋
全国大会講演論文集   57(0) 248-249   Oct 1998
別所 雄三, 中島 毅, 山中 弘, 萩原 正敏, 広田 和洋
全国大会講演論文集   57(0) 250-251   Oct 1998
別所雄三, 中島毅, 山中弘, 萩原正敏, 広田和洋
情報処理学会全国大会講演論文集   57th(1) 1.250-1.251   Oct 1998
萩原正敏, 山中弘, 別所雄三, 中島毅, 広田和洋
情報処理学会全国大会講演論文集   57th(1) 1.246-1.247   Oct 1998
山中弘, 中島毅, 別所雄三, 萩原正敏, 広田和洋
情報処理学会全国大会講演論文集   57th(1) 1.248-1.249   Oct 1998
和泉秀幸, 中島毅
情報処理学会研究報告   98(64(SE-120)) 85-92   Jul 1998
IZUMI HIDEYUKI, NAKAJIMA TSUYOSHI
IPSJ SIG Notes   1998(64) 85-92   Jul 1998
This paper describes a Parallel Programming support Environment based on execution models(we call it M-PPE). When we develop a multithread program, application programmers have to implement a parallel control mechanism for each application. We def...
岡田 和久, 中島 毅, 和泉 秀幸, 田村 直樹
全国大会講演論文集   56(0) 382-383   Mar 1998
山中弘, 中島毅, 別所雄三, 広田和洋
情報処理学会研究報告   98(20(SE-118)) 119-126   Mar 1998
YAMANAKA Hiroshi, NAKAJIMA Tsuyoshi, BESSHO Yuzo, HIROTA Kazumi
IPSJ SIG Notes   1998(20) 119-126   Mar 1998
In this paper, we describe methods for generating test sequences from a state transition table, in which the specification of the man machine interface for microcomputer software is described. We classify the system testing for microcomputer softw...
岡田和久, 中島毅, 和泉秀幸, 田村直樹
情報処理学会全国大会講演論文集   56th(1) 1.382-1.383   Mar 1998
中島毅, 岡田和久
情報処理学会シンポジウム論文集   98(1) 71-72   Jan 1998
和泉 秀幸, 中島 毅, 萩原 正敏
全国大会講演論文集   55(0) 66-67   Sep 1997
近年, 汎用WS上などでスレッドライブラリを利用した並列プログラムの開発が可能になってきている。しかし, 一般に並列プログラムの開発は逐次プログラムと比較して難しく, 開発を効率良く行うための環境が十分整っていない。このため我々は, デバッグやタイミング検証などを支援するためのマルチスレッドプログラム作成支援環境を開発しており, これらの実システムへの適用を進めている。本稿では, ある実リアルタイムアプリケーションに対して時間制約条件の判定とそのふるまいの把握を容易するための並列プログラミ...
和泉秀幸, 中島毅, 萩原正敏
情報処理学会全国大会講演論文集   55th(1) 1.66-1.67   Sep 1997
中島毅, 別所雄三, 山中弘, 広田和洋
情報処理学会研究報告   97(74(SE-115)) 17-24   Jul 1997
NAKAJIMA Tsuyoshi, BESSYO Yuzo, YAMANAKA Hiroshi, HIROTA Kazumi
IPSJ SIG Notes   1997(74) 17-24   Jul 1997
In this paper, we discuss characteristics and problems in microcomputer software developments from the aspects of relationship with customers, software artifacts, and existing tools, and provide a new way of supporting environment based on this di...
和泉 秀幸, 中島 毅, 田村 直樹
全国大会講演論文集   54(0) 407-408   Mar 1997
ソフトウェアシステムへの要求を記述するモデルとして、Rumbaugh らが提案するOMT法がある。複数の図法を使って仕様を記述することで、仕様をもれなく記述できる反面、作成した仕様からシステムの動作イメージがつかみにくい、図法に不慣れな人には理解が難しいといった問題がある。このような問題を解決するため、我々はOMT法で記述された仕様をもとにアニメーションなどを利用して検証する環境 ROAD/EE (Realtime Object oriented Analysis and Design /...
前中 聡, 中島 毅, 金枝上 敦史, 大島 利浩, 原田 道明
全国大会講演論文集   54(0) 353-354   Mar 1997
wwwの普及と分散オブジェクト処理技術の進歩に伴い、種々のサービスを提供するサーバを利用可能となって来た。しかし現状では、これらのサービスは個別・独立に提供されているため、複数のサービスを連携させて利用する場合、以下の要求がある。(1) サービス利用者の要求・サービスの詳細な利用手順を知らずに利用可能。・複数のサービスを容易に連携可能。(2)サービス提供者の要求・提供サービスを広範な利用者が使用可能。・提供サービスの仕様を変更しても利用者は従来と変わらず利用可能。
金枝上 敦史, 中島 毅, 原田 道明, 前中 聡, 大島 利浩
全国大会講演論文集   54(0) 355-356   Mar 1997
近年のWWWの普及と分散オブジェクト技術の向上によりネットワーク上のサービスを誰もが簡単に利用できるようになってきた。我々はこれらサービスをソフトウエア部品とし、それらを組み合わせてアプリケーションを構築するサービスプラグインシステムの検討をおこなっている。ここでは、ネットワーク上に分散され提供されるサービスを利用したアプリケーションの構築方式について説明する。
大島 利浩, 前中 聡, 金枝上 敦史, 中島 毅, 原田 道明
全国大会講演論文集   54(0) 357-358   Mar 1997
WWWの普及や分散オブジェクト技術の進歩により処理依頼をネットワーク上に流すだけで他のオブジェクトが提供するサーピスを受けることができるようになった。しかし、こうしたサービスを連携させた利用を考えた場合、個々のサービスは連携を前提に作成されていないため、インタフェースのマッチングがとれておらず連携ができない。そこで、我々はこうしたネットワーク上で独立に提供されているサービスの組み合わせによりアプリケーションを構築する、サービスプラグインシステムの検討を行った。ここでは、利用者がサービスを利...
前中聡, 中島毅, 金枝上敦史, 大島利浩, 原田道明
情報処理学会全国大会講演論文集   54th(1) 1.353-1.354   Mar 1997
和泉秀幸, 中島毅, 田村直樹
情報処理学会全国大会講演論文集   54th(1) 1.407-1.408   Mar 1997
大島利浩, 前中聡, 金枝上敦史, 中島毅, 原田道明
情報処理学会全国大会講演論文集   54th(1) 1.357-1.358   Mar 1997
金枝上敦史, 中島毅, 原田道明, 前中聡, 大島利浩
情報処理学会全国大会講演論文集   54th(1) 1.355-1.356   Mar 1997
柳生 理子, 中島 毅, 田村 直樹, 和泉 秀幸
全国大会講演論文集   53(0) 211-212   Sep 1996
近年、アプリケーションのドメインをある程度絞り、オブジェクト指向言語で開発されたフレームワークを用いることによって、飛躍的にソフトウェアの再利用性を高めようとするアプローチが注目されてきている。本論文は、フレームワークを用いたソフトウェアの部品化・再利用の現状、及び部品を効果的に活用する為に、ソフトウェア部品庫へ検索ビューを採り入れた我々の提案について述べる。
小林 剛, 中島 毅, 石川 洋, 別所 雄三, 広田 和洋
全国大会講演論文集   53(0) 285-286   Sep 1996
マイコンはAV機器、携帯電話、自動車など様々な分野に利用され、このような機器制御を行うマイコン用S/W開発の分野でも、ソース自動生成やドキュメント自動生成に関するCASEツールが多数製品化され、またデバッグを支援するICE(In Circuit Emulator)等も高機能化してきている。しかしながら要求分析工程や評価テスト工程を支援するツールは少ない。我々は、機器制御を主体とするマイコン用S/Wの開発において、要求分析と評価テスト工程を支援するCASE環境testCASEの研究開発を行っ...
中島 毅, 石川 洋, 小林 剛, 別所 雄三, 広田 和洋
全国大会講演論文集   53(0) 287-288   Sep 1996
マイコン用CASEツールのtestCASEの中で、要求分析ツール(testCASE/RAと呼ぶ)は、最上流の要求分析段階を支援する。testCASE/RAは、顧客の要求をビジュアルに記述し、顧客の要求を誤りなく抽出することを支援する。さらに、抽出されたビジュアルな要求仕様を論理的なデータとして、テスト項目生成ツールへ渡す。
石川 洋, 中島 毅, 小林 剛, 別所 雄三, 広田 和洋
全国大会講演論文集   53(0) 289-290   Sep 1996
マイコン用CASEツールtestCASEでは、要求分析ツールによりソフトウェア開発の最上流工程を支援し、また評価テスト実行ツールにより最下流工程を支援する。本文で述べるテスト項目生成ツールtestCASE/TGは、上記のツール間の連携を担うものである。testCASE/TGは要求分析ツールで作成された要求仕様データおよび入出力デバイス定義データを基に、評価テスト項目の抽出・生成を行う。生成されたテスト項目は検査成績書のベースとなるドキュメント形式および評価テスト実行ツールで実行可能な形式で...
別所 雄三, 中島 毅, 石川 洋, 小林 剛, 広田 和洋
全国大会講演論文集   53(0) 291-292   Sep 1996
我々は、テストの自動化技術により、評価テスト工程の手間と時間の削減を目指した、評価テスト実行ツールの開発を進めている。本ツールは、マイコン用CASEツールtestCASEの最下流に位置付けられ、上流のCASEツールであるテスト項目生成ツールによって、生成されたテストケースをもとに、ソフトウェア開発の最終工程である評価テストを行う。本ツールにおける評価テストは、モジュール試験ではなく、要求仕様レベルの機能テストであるブラックボックステストが対象である。本稿では、評価テスト実行ツールの概要を中...
柳生理子, 中島毅, 田村直樹, 和泉秀幸
情報処理学会全国大会講演論文集   53rd(4) 4.211-4.212   Sep 1996
石川洋, 中島毅, 小林剛, 別所雄三, 広田和洋
情報処理学会全国大会講演論文集   53rd(1) 1.289-1.290   Sep 1996
中島毅, 石川洋, 小林剛, 別所雄三, 広田和洋
情報処理学会全国大会講演論文集   53rd(1) 1.287-1.288   Sep 1996
別所雄三, 中島毅, 石川洋, 小林剛, 広田和洋
情報処理学会全国大会講演論文集   53rd(1) 1.291-1.292   Sep 1996
小林剛, 中島毅, 石川洋, 別所雄三, 広田和洋
情報処理学会全国大会講演論文集   53rd(1) 1.285-1.286   Sep 1996
田村直樹, 中島毅, 柳生理子, 萩原正敏
情報処理学会研究報告   95(112(SE-106)) 17-24   Nov 1995
TAMURA Naoki, NAKAJIMA Tsuyoshi, YAGIU Riko, HAGIWARA Masatoshi
IPSJ SIG Notes   1995(112) 17-24   Nov 1995
The goal of requirement analysis is identifying all of customers' requirements and describing a consistent specification of those requirements. To archive these goals, we developed a prototyping tool named ROAD/EE (Real-Time Object-Oriented Analys...
中島毅, 田村直樹, 柳生理子
情報処理学会ワークショップ論文集   95(1) 73-80   Jul 1995
中島 毅, 田村 直樹, 柳生 理子, 萩原 正敏
全国大会講演論文集   50(0) 105-106   Mar 1995
我々は、ソフトウェア要求分析作業の効率化を目指して、オブジェクト指向実行検証系ROAD/EE(Real-Time Object-Orianted Analysis and Design/Execution Environment)を開発中である。ROAD/EEは、要求工学における顧客からの要求抽出、ドメイン知識の理解と蓄積、あいまいさのない仕様化などの技術的課題を解決することを目指した上流CASEツールである。本論文では、ROAD/EEの基本的構想を示し、要求工学への一アプローチとして位置...
柳生 理子, 中島 毅, 田村 直樹, 萩原 正敏
全国大会講演論文集   50(0) 107-108   Mar 1995
オブジェクト指向実行検証系ROAD/EEは、OMT法のモデル記述を支援するCASEツール群であり、仕様実行する機能を備えている。本論文では、ROAD/EEのシステム構成を示し、その中で特に特徴的な部分であるデータ統合方式と実行方式について述べる。
田村 直樹, 中島 毅, 柳生 理子, 萩原 正敏
全国大会講演論文集   50(0) 109-110   Mar 1995
我々は、ソフトウェアシステムに対する要求分析作業の効率化を狙って、オブジェクト指向仕様記述の実行検証系ROAD/EEの開発を進めている。ROAD/EEでは、OMT法の仕様記述モデルを用いて記述されたオブジェクト指向仕様記述を入力として、仕様記述の静的検証、動的検証を行う。また、与えられた仕様記述を基に、システムのプロトタイプを作成する機能を提供する。これにより、顧客の隠れた要求を素早く形式的な仕様記述モデルに反映することを狙っている。本稿では、ROA/EEが提供するこれらの機能のうち、特に...
田村直樹, 中島毅, 柳生理子, 萩原正敏
情報処理学会全国大会講演論文集   50th(5) 5.109-5.110   Mar 1995
中島毅, 田村直樹, 柳生理子, 萩原正敏
情報処理学会全国大会講演論文集   50th(5) 5.105-5.106   Mar 1995
柳生理子, 中島毅, 田村直樹, 萩原正敏
情報処理学会全国大会講演論文集   50th(5) 5.107-5.108   Mar 1995
田村直樹, 中島毅, 柳生理子, 萩原正敏
情報処理学会研究報告   95(11(SE-102)) 59-64   Jan 1995
TAMURA Naoki, NAKAJIMA Tsuyoshi, YAGIU Riko, HAGIWARA Masatoshi
IPSJ SIG Notes   1995(11) 59-64   Jan 1995
The goal of requirement analysis is identifying all of customers' requirements and describing a consistent specification of those requirements. To archive these goals, we developed a prototyping environment named ROAD/EE (Real-Time Object-Oriented...
柳生 理子, 中島 毅, 田村 直樹, 萩原 正敏
全国大会講演論文集   49(0) 319-320   Sep 1994
近年、ソフトウェア制御によるシステムが社会の重要な部分に使われ、そのシステムの故障がもたらす災害が大きな社会問題となるケースが増えてきている。それに伴い、安全性と言う視点からソフトウェアの品質を保証することが必要になってきているが、ソフトウェアの安全性に関しては$計測と評価を行なう方法が確立していないのが現状である。本論文では、ソフトウェアの安全性に関わる問題を明らかにし、その解決への指針を示す。以下、ソフトウェアの安全性分析の現状と問題について述べ、これらの問題を解決する為の安全性の技法...
柳生理子, 中島毅, 田村直樹, 萩原正敏
情報処理学会全国大会講演論文集   49th(5) 5.319-5.320   Sep 1994
寿原則彦, 沢本潤, 田村直樹, 中島毅
三菱電機技報   67(9) 832-836   Sep 1993
田村 直樹, 中島 毅, 上原 憲二
全国大会講演論文集   44(0) 199-200   Feb 1992
ソフトウェアの適用分野の拡大と機能の高度化・複雑化が進む中で、ソフトウェア開発現場では生産性と品質の向上を目的に、設計手法やCASE環境の整備を進めている。しかし、既存の手法やCASE環境と、実際の開発現場での作業の進め方(実設計プロセス)の不一致から、その普及は円滑に進んでいない。我々は開発現場の実設計プロセスの記録・分析を通して、開発対象ソフトウェアと開発組織(ドメイン)に適合した設計手法を抽出し、その手法を支援するCASE環境を構築することを目指している。本稿では、その基本アプローチ...
田村直樹, 中島毅, 上原憲二
情報処理学会全国大会講演論文集   44th(5) 5.199-5.200   Feb 1992
久保井ミハル, 中島毅, 上原憲二
情報処理学会全国大会講演論文集   43rd(5) 5.469-5.470   Sep 1991
田村直樹, 中島毅, 上原憲二
情報処理学会研究報告   91(13(SE-77)) 107-112   Feb 1991
田村 直樹, 中島 毅, 上原 憲二
情報処理学会研究報告ソフトウェア工学(SE)   1991(13) 107-112   Feb 1991
我々が提案する設計プロセス支援は、実設計プロセスの記録を利用して、設計技術の伝搬、設計者自身による設計プロセスの改善を図るものである。設計技術の伝搬のためには、実設計プロセスの記録、洗練化、再利用が重要となる。また、設計プロセスの改善には、設計作業のモニタリングが重要となる。我々は、こうした設計プロセスの記録、モニタリング、再利用を支援する、設計プロセス支援ツールを開発した。本ツールは、実設計プロセスの記録、分析の手法であるPPK法に基づいている。設計プロセス支援ツールは、設計作業の記録を...
上野浩一郎, 田村直樹, 中島毅, 上原憲二
情報処理学会全国大会講演論文集   41st(5) 5.247-5.248   Aug 1990