津谷 喜一郎

J-GLOBALへ         更新日: 18/05/26 08:13
 
アバター
研究者氏名
津谷 喜一郎
 
ツタニ キイチロウ
所属
東京有明医療大学
部署
保健医療学部
職名
特任教授
その他の所属
東京大学京都大学長崎大学

最近のエントリー

 

研究分野

 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
東京大学大学院薬学系研究科 客員教授
 
2015年4月
 - 
現在
東京有明医療大学 保健医療学部 特任教授
 
2008年4月
 - 
2015年3月
東京大学大学院薬学系研究科 医薬政策学 特任教授
 
2006年4月
 - 
2008年3月
東京大学大学院薬学系研究科 医薬政策学 客員教授
 
2001年4月
 - 
2006年3月
東京大学大学院薬学系研究科 医薬経済学 客員教授
 

学歴

 
1979年4月
 - 
1983年3月
東京医科歯科大学大学院 医学研究科 薬理学専攻(臨床薬理学)
 
1973年4月
 - 
1979年3月
東京医科歯科大学 医学部 
 
1968年4月
 - 
1972年3月
東京工業大学 工学部 経営工学科
 

受賞

 
2013年6月
公益社団法人全日本鍼灸学会 特別功労賞
 
1996年5月
第9回 日本東洋医学会学術奨励賞
 
1995年11月
第32回日本翻訳文化賞 対象: 『世界伝統医学大全』, 平凡社
 
1992年12月
第3回生存科学研究武見奨励賞
 
1990年2月
第14回イスクラ漢方奨励賞
 

論文

 
Kojima M, Nakayama T, Otani T, Hasegawa M, Kawahito Y, Kaneko Y, Kishimoto M, Hirata S, Seto Y, Endo H, Ito H, Kojima T, Nishida K, Matsushita I, Tsutani K, Igarashi A, Kamatani N, Miyasaka N, Yamanaka H.
Modern Rheumatology   27(6) 924-929   2017年11月   [査読有り]
Kamioka H, Tsutani K, Origasa H, Yoshizaki T, Kitayuguchi J, Shimada M, Tang W, Takano-Ohmuro H
Nutrition Research   40 21-31   2017年4月   [査読有り]
The objective of this review was to assess the quality of systematic reviews (SRs) based on the Foods with Function Claims (FFC) registered at the Consumer Affairs Agency (CAA) Web site in Japan by AMSTAR checklist. Study design was a prospective ...
Motoo Y, Hakamatsuka T, Kawahara N, Arai I, Tsutani K
J Integr Med.   15(3) 182-185   2017年4月   [査読有り]
There had been no standardized rules for citing ethical Kampo products used in clinical trials in journal articles. Although the name of a Kampo manufacturer was described in 77.9% of research articles, the name and ratios of crude drug components...
Yukawa K, Ishikawa H, Yamazaki Y, Tsutani K, Kiuchi T
European Journal of Integrative Medicine   10 38-45   2017年2月   [査読有り]
Beresniak A, Auray J, Duru G, Krueger GG, Talarico S, Aractingi S, Tsutani K, Dupont D, de Linares Y
Journal of Clinical and Experimental Cosmetic Dermatology   1(1) 001   2017年   [査読有り]
Igarashi A, Tang W, Cure S, Guerra I, Marié L, Lopresti M, Tsutani K
Current medical research and opinion   33(1) 1-10   2016年9月   [査読有り]
Objective: Across Japan, around 2 million people are infected with hepatitis C virus (HCV) with longterm complications such as cirrhosis, hepatocellular carcinoma (HCC) and liver transplant (LT). Current treatment options have several limitations ...
Igarashi A, Inoue S, Ishii T, Tsutani K, Watanabe H
International heart journal   57(4) 472   2016年7月   [査読有り]
Pulmonary arterial hypertension (PAH) is a disease that imposes a significant burden on patients. Although multiple treatment options for PAH are available, head-to-head comparisons are difficult to conduct. Network meta-analysis (NMA) can be a us...
Kamioka H, Tsutani K, Katsumata Y, Yoshizaki T, Okuizumi H, Okada S, Park SJ, Kitayuguchi J, Abe T, Mutoh Y
Complementary therapies in medicine   25 1-19   2016年4月   [査読有り]
Kojima M, Nakayama T, Kawahito Y, Kaneko Y, Kishimoto M, Hirata S, Seto Y, Endo H, Ito H, Kojima T, Nishida K, Matsushita I, Tsutani K, Igarashi A, Kamatani N, Hasegawa M, Miyasaka N, Yamanaka H
Modern rheumatology   26(2) 175-179   2016年3月   [査読有り]
Miyaji T, Nagasawa M, Yamaguchi T, Tsutani K
Cannabis and Cannabinoid Research   1(1) 31-37   2016年1月   [査読有り]

Misc

 
SPIRIT 2013 声明:臨床試験のための標準的なプロトコール項目の規定
折笠 秀樹, 津谷 喜一郎, 上岡 洋晴 (訳)
薬理と治療   45(12) 1895-1904   2017年12月
WHO 臨床試験登録データセット(Version 1.2.1, Version 1.3)
津谷 喜一郎, 上岡 洋晴, 折笠 秀樹 (訳)
薬理と治療   45(12) 1905-1910   2017年12月
WHO臨床試験登録データセット解説
津谷 喜一郎
薬理と治療   45(12) 1911-1916   2017年12月
日韓鍼とEBM学術交流15年史(2002-2017)
若山 育郎, 山下 仁, 川喜田 健司, 津谷 喜一郎
全日本鍼灸学会雑誌   67(4) 256-276   2017年11月
津谷 喜一郎
和漢薬   67(7) 26-31   2017年7月
通巻770号
津谷 喜一郎
臨床評価   45(1) 253   2017年4月   [依頼有り]
新井 一郎, 碇谷 奈緒美, 山路 誠一, 津谷 喜一郎
日本薬科大学教育紀要   3 42-47   2017年3月
「漢方処方名ローマ字表記法」は、漢方製剤の副作用情報をWHOの国際医薬品モニタリングシステムへ報告するため、また日本薬局方に漢方処方エキスを収載することを目的に作成され、2005年3月に公表されたものである。この表記法が公開されてから10年あまりが経過した。そこでPubMedに収載されている漢方論文における本表記法の採用状況について分析した。PubMedから漢方論文を検索し、タイトルないしアブストラクト中の処方名が本表記法に従っているかどうかを評価した。本表記法公開後の2006年-2015...
慢性疾患患者の代替医療利用に伴う経済的負担と心理的負担に対する医療専門職によるフォーマルサポート
湯川 慶子, 石川 ひろの, 山崎 喜比古, 三澤 仁平, 津谷 喜一郎, 新井 一郎, 元雄 良治, 木内 貴弘
薬理と治療   45(3) 345-355   2017年3月
WHO西太平洋地域医学情報データベース(WPRIM)構築の現状
北川 正路, 津谷 喜一郎
医学図書館   63(4) 312-317   2016年12月
中医薬の国際化と標準化に関する中国の政策(第22回) ISOと中国伝統医学 ISO/TC249第6回全体会議
柳川 俊之, 津谷 喜一郎
和漢薬   66(4) 9-16   2016年4月

書籍等出版物

 
Frost Laura J., Reich Michael, 津谷 喜一郎, 桝田 祥子
明石書店   2017年   ISBN:9784750344775
臨床研究と疫学研究のための国際ルール集 Part 2
中山 健夫, 津谷 喜一郎
ライフサイエンス出版   2016年7月   ISBN:9784897753454
http://www.lifescience.co.jp/shop2/index_0150.html
大野 智, 津谷 喜一郎
医歯薬出版   2016年3月   
Bagchi Debasis, 津谷 喜一郎, 池田 秀子, 長澤 道行
薬事日報社   2015年11月   ISBN:9784840813266
Okabe T, Tsutani K
Task Force for Evidence Reports, Special Committee for Evidence-based Medicine, the Japan Society for Oriental Medicine   2013年3月   
大槻 達也, 惣脇 宏, 豊 浩子, Schuller Tom, 籾井 圭子, 津谷 喜一郎, 秋山 薊二, 岩崎 久美子, 国立教育政策研究所
明石書店   2012年5月   ISBN:9784750336077
公衆衛生におけるR&Dの危機に終止符を:貧困克服の医療イノベーションを促進しよう
李 博, 柳平貢, 張夢耘, 米良彰子, 津谷喜一郎 (担当:共訳)
Oxfam Japan   2011年11月   
http://oxfam.jp/news/cat/press/post_448.html
寺岡 章雄, 津谷 喜一郎
日本評論社   2011年6月   ISBN:9784535983502

講演・口頭発表等

 
Can we properly locate safety information associated with Kampo products in VigiAccess? : Coverage by WHO international drug monitoring system
Tominaga Y, Takuma H, Arai I, Tsutani k,
第38回日本臨床薬理学会学術総会, 横浜   2017年12月7日   
Tsutani K
43rd International Congress of History of Pharmacy (43rd ICHP), Warsaw, Poland   2017年9月13日   
After the Meiji Restoration in 1868, the importation of Western drugs—many of which were of inferior quality—increased dramatically. As advanced countries already had pharmacopoeias, Sensai Nagayo, the Head of Health & Medical Bureau of Ministry o...
パーキンソン病患者の補完代替医療の利用状況
湯川 慶子, 三澤 仁平, 津谷 喜一郎, 佐藤 洋子, 水島 洋, 元雄 良治, 新井 一郎
日本難病医療ネットワーク学会機関誌   2016年11月   
漢方論文における「漢方処方名ローマ字表記法」(2005)処方名の採用状況
碇谷 奈緒美, 新井 一郎, 山路 誠一, 津谷 喜一郎
和漢医薬学会学術大会要旨集   2016年8月   
小嶋雅代, 五十嵐 中, 津谷 喜一郎
第26回日本疫学会学術総会. 米子   2016年1月23日   
唐 文涛, 長澤 道行, 池田 秀子, 新井 一郎, 津谷 喜一郎
第36回日本臨床薬理学会学術総会   2015年12月11日   
臨床薬理 46 Suppl. p.235
医薬品と健康食品のエビデンスは同じか? 健康食品のシステマティックレビューの例 - ヨーグルト
津谷 喜一郎
第36回日本臨床薬理学会学術総会   2015年11月   
臨床薬理. 46 Suppl. S95-S96
Tsutani K
The 42 International Congress for the History of Pharmacy. Istanbul, Turkey   2015年9月9日   
TSUTANI Kiichiro
The 10th International Congress on Complementary Medicine Research (10thICOM), Jeju, ROK. MOVIE   2015年5月15日   
事故情報データバンクシステムを用いた鍼灸関連有害事象の調査
新原 寿志, 東郷 俊宏, 津谷 喜一郎
全日本鍼灸学会学術大会抄録集   2015年5月   

Works

 
WHO/WPRO reports and others
津谷 喜一郎   Webサービス   

競争的資金等の研究課題

 
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金 健康安全確保総合研究分野 地域医療基盤開発推進研究 (分担研究). p.51-56
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 中山 健夫
国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED): 「統合医療」に係る医療の質向上・科学的根拠収集研究事業 (分担研究)
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 東郷 俊宏
統合医療の国内の使用状況・医療機関での提供状況・健康被害状況の各調査ならびに東アジア諸国との比較による日本の政策提言のインフラ作成
国立研究開発法人日本医療研究開発機構 (AMED): 「統合医療」に係る医療の質向上・科学的根拠収集研究事業
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 津谷 喜一郎
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金 健康安全確保総合研究分野 【補助金】 地域医療基盤開発推進研究 (分担研究). p.44-48, p119-126 (slides)
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 中山 健夫
厚生労働省: 厚生労働科学研究委託費 地域医療基盤開発推進研究事業 「統合医療」に係る医療の質向上・科学的根拠収集研究
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 津谷 喜一郎
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金 健康安全確保総合研究 地域医療基.盤開発推進研究 (分担研究). p.71-75
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月    代表者: 中山 健夫
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金 健康安全確保総合研究 地域医療基盤開発推進研究
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 津谷 喜一郎
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2008年4月 - 2014年3月    代表者: (津谷 喜一郎)
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金 健康安全確保総合研究 地域医療基盤開発推進研究 (分担研究). p.46-51
研究期間: 2012年4月 - 2013年3月    代表者: 中山 健夫
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金 健康安全確保総合研究 地域医療基盤開発推進研究 (分担研究). p.52-56
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月    代表者: 中山 健夫
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金 健康安全確保総合研究 地域医療基盤開発推進研究
研究期間: 2010年4月 - 2012年3月    代表者: 津谷 喜一郎
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金 健康安全確保総合研究分野 地域医療基盤開発推進研究(分担研究). p.36-38
研究期間: 2010年4月 - 2011年3月    代表者: 中山 健夫
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金 医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンス総合研究事業 (分担研究)
研究期間: 2009年4月 - 2010年3月    代表者: 堀内 龍也
タイトルの経緯は以下参照。
https://researchmap.jp/muvnhjzrl-2156510/#_2156510
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金 健康安全確保総合研究分野 地域医療基盤開発推進研究(分担研究). p.7-10
研究期間: 2009年4月 - 2010年3月    代表者: 中山 健夫
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金 健康安全確保総合研究分野 地域医療基盤開発推進研究(分担研究). p.8-11
研究期間: 2008年4月 - 2009年3月    代表者: 中山 健夫
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金 医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンス総合研究事業 (分担研究)
研究期間: 2008年4月 - 2009年3月    代表者: 堀内 龍也
タイトルの経緯は以下参照。
https://researchmap.jp/muvnhjzrl-2156510/#_2156510
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金 健康安全確保総合研究分野 医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンス総合研究 (分担研究). p.176-189
研究期間: 2007年4月 - 2009年3月    代表者: 合田 幸広
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金 健康安全確保総合研究 医療安全・医療技術評価総合研究 (分担研究). p.7-11
研究期間: 2007年4月 - 2008年3月    代表者: 中山 健夫
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金 健康安全確保総合研究 医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンス総合研究 (分担研究). p.267-270
研究期間: 2008年4月 - 2009年3月    代表者: 合田 幸広
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金 健康安全確保総合研究 医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンス総合研究 (分担研究). p.249-256
研究期間: 2007年4月 - 2008年3月    代表者: 合田 幸広
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金 健康安全確保総合研究 医療安全・医療技術評価総合研究 (分担研究). p.9-14
研究期間: 2006年4月 - 2007年3月    代表者: 中山 健夫
厚生労働省: 健康安全確保総合研究分野 医療技術評価総合研究事業 (分担研究). p.93-96, p.97-98
研究期間: 2005年4月 - 2006年3月    代表者: 丹後 俊郎
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金 健康安全確保総合研究分野 医療技術評価総合研究 (分担研究). p.8-11
研究期間: 2005年4月 - 2006年3月    代表者: 中山 健夫
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金 健康安全確保総合研究分野 医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンス総合研究 (分担研究). p.75-155
研究期間: 2005年4月 - 2006年3月    代表者: 合田 幸広
Ministry of Health, Labor and Welfare: 厚生労働科学研究費補助金 健康安全確保総合研究分野 医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンス総合研究
研究期間: 2004年4月 - 2006年3月    代表者: 合田 幸広
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金 医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンス総合研究事業
研究期間: 2003年4月 - 2006年3月    代表者: 津谷 喜一郎
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金 健康安全確保総合研究分野 医療技術評価総合研究事業 (分担研究). p.55-57
研究期間: 2004年4月 - 2005年3月    代表者: 丹後 俊郎
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金 健康安全確保総合研究分野 医療技術評価総合研究 (分担研究). p.6-9
研究期間: 2004年4月 - 2005年3月    代表者: 中山 健夫
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金 健康安全確保総合研究分野 医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンス総合研究 (分担研究). p.91-132
研究期間: 2004年4月 - 2005年3月    代表者: 合田 幸広
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金 健康安全総合研究経費 医療技術評価総合研究 (分担研究). p.8-12
研究期間: 2003年4月 - 2004年3月    代表者: 中山 健夫
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金 健康安全総合研究経費 医療技術評価総合研究 (分担研究) . p.52-55
研究期間: 2003年4月 - 2004年3月    代表者: 丹後 俊郎
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金 健康安全確保総合研究分野 医療技術評価総合研究事業 (分担研究). p.4-7
研究期間: 2003年4月 - 2004年3月    代表者: 川合 眞一
「医薬品の適応外使用情報の標準化および評価に関する研究」の分担研究:医薬品適合外使用のレギュラトリーサイエンス:技術・経済・行政制度の評価
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金 健康安全確保総合研究分野 医療技術評価総合研究事業 (分担研究)
研究期間: 2001年4月 - 2004年3月    代表者: 川合 眞一
厚生労働省: 健康安全確保総合研究分野 医療技術評価総合研究 (分担研究). p.241-252
研究期間: 2002年4月 - 2003年3月    代表者: 緒方 裕光
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金 総合的プロジェクト研究分野 21世紀型医療開拓推進研究(EBM研究分野)(分担研究). p.7-9
研究期間: 2002年4月 - 2003年3月    代表者: 中山 健夫
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金 健康安全確保総合研究分野 医療技術評価総合研究事業 (分担研究). p. 3-5
研究期間: 2002年4月 - 2003年3月    代表者: 川合 眞一
厚生省: 厚生科学研究費補助金 総合的プロジェクト研究分野 21世紀型医療開拓推進研究(EBM研究分野)(分担研究)
研究期間: 2001年4月 - 2002年3月    代表者: 福井 次矢
厚生省: 厚生科学研究費補助金 総合的プロジェクト研究分野 21世紀型医療開拓推進研究(EBM研究分野)(分担研究). p.87-88.
研究期間: 2001年4月 - 2002年3月    代表者: 丹後 俊郎
厚生省: 厚生科学研究費補助金 総合的プロジェクト研究分野 21世紀型医療開拓推進研究(EBM研究分野)(分担研究). p.7-9
研究期間: 2001年4月 - 2002年3月    代表者: 中山 健夫
厚生省: 厚生科学研究費補助金 総合的プロジェクト研究分野 21世紀型医療開拓推進研究(EBM研究分野)(分担研究)
研究期間: 2001年4月 - 2002年3月    代表者: 緒方 裕光
厚生省: 厚生科学研究費補助金 健康安全確保総合研究分野 医療技術評価総合研究事業 (分担研究). p.2-3
研究期間: 2001年4月 - 2002年3月    代表者: 川合 眞一
厚生省: 厚生科学研究費補助金 健康安全確保総合研究分野 医療技術評価総合研究事業 (分担研究)
研究期間: 2000年4月 - 2001年3月    代表者: 丹後 俊郎
厚生省: 厚生科学研究費補助金 健康安全確保総合研究分野 医療技術評価総合研究事業 (分担研究)
研究期間: 2000年4月 - 2001年3月    代表者: 中嶋 宏
厚生省: 厚生科学研究補助金 医療技術評価総合研究事業
研究期間: 2000年4月 - 2001年3月    代表者: 津谷 喜一郎
厚生省: 厚生科学研究費補助金 行政政策研究分野 厚生科学特別研究事業 (分担研究). p.51-58
研究期間: 2000年4月 - 2001年3月    代表者: 丹後 俊郎
厚生省: 厚生科学研究費補助金 健康安全確保総合研究分野 医療技術評価総合研究事業
研究期間: 1999年4月 - 2000年3月    代表者: 中嶋 宏
日本の無作為化比較試験データベース
日本学術振興会: 科学研究費補助金・研究成果公開促進費
研究期間: 1999年4月 - 2000年3月    代表者: 津谷喜一郎
厚生省: 厚生科学研究費補助金 行政政策研究分野 厚生科学特別研究事業 (分担研究)
研究期間: 1998年4月 - 1999年3月    代表者: 中嶋 宏
日本の無作為化比較試験データベース
文部省: 科学研究費補助金・研究成果公開促進費
研究期間: 1998年4月 - 1999年3月    代表者: 津谷喜一郎
厚生省: 厚生科学研究
研究期間: 1997年4月 - 1998年3月    代表者: 津谷 喜一郎