Tsubasa Mitsutake

J-GLOBAL         Last updated: Jun 11, 2019 at 07:55
 
Avatar
Name
Tsubasa Mitsutake
Nickname
Tsubasa Mitsutake

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Mitsutake T, Sakamoto M, Koyama S, Matsuda K, Okita M, Horikawa E
Journal of physical therapy science   30(12) 1412-1416   Dec 2018   [Refereed]
Mitsutake T, Sakamoto M, Ueta K, Horikawa E
Journal of motor behavior   50(4) 467-472   Jul 2018   [Refereed]
Mitsutake T, Sakamoto M, Ueta K, Oka S, Horikawa E
International journal of rehabilitation research. Internationale Zeitschrift fur Rehabilitationsforschung. Revue internationale de recherches de readaptation   40(3) 240-245   Sep 2017   [Refereed]
Mitsutake T, Sakamoto M, Ueta K, Oka S, Horikawa E
Neuroreport   28(12) 745-748   Aug 2017   [Refereed]
Matsuda K, Ikeda S, Mitsutake T, Nakahara M, Nagai Y, Ikeda T, Horikawa E
Journal of physical therapy science   29(3) 470-475   Mar 2017   [Refereed]

Misc

 
【VRの現在と未来を考える】 バーチャルリアリティ環境におけるニューロリハビリテーションの可能性
岡 真一郎, 池田 拓郎, 吉田 誠也, 近藤 遥奈, 筒井 友美, 田中 晴菜, 後藤 和彦, 光武 翼, 後藤 純信
神経眼科   36(1) 36-43   Mar 2019
バーチャルリアリティ(VR)を用いたニューロリハビリテーションの基盤研究として、2つの実験を行った。実験1では、右頭頂葉と視運動性眼振(OKN)および立位姿勢制御の関連機構について検討した。右頭頂葉の一過性機能抑制には、経頭蓋直流電流刺激の陰極刺激を使用し、OKNと身体動揺を計測した。その結果、右頭頂葉の感覚情報処理は視運動性眼振および開眼時立位姿勢制御と関連していることが示された。実験2として、完全没入型のスマートフォン用ヘッドマウントディスプレイ(S-HMD)を使用し、視運動刺激(OK...
Oka Shinichiro, Ikeda Takuro, Yoshida Seiya, Kondo Haruna, Tsutsui Tomomi, Tanaka Haruna, Goto Kazuhiko, Mitsutake Tsubasa, Goto Yoshinobu
Neuro-Ophthalmology Japan   36(1) 36-43   2019
<p>Our study examined the use of virtual reality(VR)in neurorehabilitation. Experiment 1 aimed to verify the relationship between sensory information processing in the right parietal cortex to maintain standing balance and optokinetic nystagmus(OK...
前庭感覚による姿勢制御機能と中年期までの加齢の関係 modified Clinical Test of Sensory Interaction and BalanceとGalvanic Body Sway Testを用いて
光武 翼, 岡 真一郎, 坂本 麻衣子, 森田 義満, 沖田 光紀, 堀川 悦夫
日本基礎理学療法学雑誌   21(1) 95-100   Dec 2018
小型無線センサーを用いてmCTSIB(modified Clinical Test Sensory Interaction and Balance)とGBST(Galvanic Body Sway Test)の身体動揺の関係性を明らかにするとともに、青年期から中年期における加齢が姿勢制御機能に及ぼす影響を検証した。健常者53名(男性18名、女性35名、平均年齢44.5±12.8歳)を対象とした。mCTSIBにおいて、床面で開眼立位(EO firm)は14.78±3.96cm/s、床面で閉眼...
OKOBA Ryota, HASEGAWA Masaki, YOSHIZUKA Hisayoshi, HONDA Yuichi, EGOSHI Shojiro, MITSUTAKE Tsubasa, ASAMI Toyoko
Rigakuryoho Kagaku   33(2) 343-346   Apr 2018
[Purpose] To examine the effects of a perceptual stimulus insole (PSI) to provide positional information at initial contact on foot dynamics during gait. [Subjects and Methods] The lower limbs of 15 healthy adults without a history of orthopedic d...
随意運動介助型電気刺激と傾斜センサ内臓型電気刺激を併用した歩行トレーニングが脳卒中患者の歩行安定性と脳活動に及ぼす影響
光武 翼, 小山 総市朗, 坂本 麻衣子, 沖田 光紀, 堀川 悦夫
物理療法科学   25 84-90   Oct 2018
機能的電気刺激(FES)の中でも、随意運動介助型FESや傾斜センサ内蔵型FESは、脳卒中片麻痺患者の歩行障害改善への有効性が期待できる。本研究は、この2つのFESを併用することによって、歩行能力が改善し、運動関連領域の活動に変化があるのか検討した。対象者は回復期病棟に入棟した脳卒中患者5名とし、無作為に随意運動介助型FES+傾斜センサ内蔵型FESを用いた歩行練習群(実験群)と随意運動介助型FES+通常歩行練習群(対照群)に分けた。介入期間は2週間とした。介入効果は加速度計を用いた歩行時の身...