坪谷 透

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/13 16:37
 
アバター
研究者氏名
坪谷 透
 
ツボヤ トオル
通称等の別名
つぼんぬ
所属
東北大学大学院歯学研究科
職名
助教
学位
博士(医学)(東北大学), 医学士(東北大学)
科研費研究者番号
30650650
Twitter ID
tsubo828
ORCID ID
0000-0001-7741-0751

プロフィール

★最近話題のyoutuberになりましたww(2019年2月)
https://www.youtube.com/watch?v=9wA-j2KWlgc&t=7s

医師として病院で働いた経験から、予防、特に、人々が住みよい社会を作ることで病気、特に若い世代の死亡などが減り、より多くの人が楽しく幸せに過ごすことができるようにできればいいなぁと思い、公衆衛生 public healthにすすみました。特に、社会と健康の関係(社会疫学)に関心があります。
公衆衛生のお勉強・フィールドワーク、および、3.11震災後の対応などでの経験から、人々の関係関係性の重要性を感じました。豊かな人間関係性とは、日本の伝統的な息苦しい社会での一定の自己犠牲による濃厚な人間関係(往々にして年功序列、男女への偏見アリ)ではなく、自由意思に基づいたミッションベースで必要に応じて集まる豊かさを作るのがいいなぁと思っています。思想は、ちょっとコミュニタリアンも入っていますが、基本はリベラル~リバタリアンです。
私は元々田舎生まれ育ちというのこともあり、自然豊かな田舎の方が好きなようです。地方の自然たっぷりの中で、子どもたちが安心して自由に駆け回りながら多様性を学び、社会が必要なイノベーションを地方から起こすことができる地域を作りあげていきたいです。
なお、「せんせい」と呼ばれることが嫌いなのでできる限りご理解いただければ幸いです。「つぼやさん」などで。

●自身の臨床経験からSocial Determinants of Healthに取り組みたいと考えるようになった経緯 -- 現在の研究活動のモチベーションです。
http://www.gonryo.med.tohoku.ac.jp/kyoushitsuinkai/dayori/17-1/main.html#10
(アーカイブ)
https://tsubo828.blogspot.com/2019/02/social-determinants-of-health.html

●東日本大震災後の活動から考えたこと
http://jeaweb.jp/newsletters/pdf/no38.pdf (←Page.4~)
(アーカイブ)
https://tsubo828.blogspot.com/2019/02/blog-post.html

●「社会と健康の関連を扱う学問、社会疫学とは」
http://coffeedoctors.jp/news/339/
http://coffeedoctors.jp/news/392/
http://coffeedoctors.jp/news/394/
http://coffeedoctors.jp/news/397/
(アーカイブ)
https://tsubo828.blogspot.com/2019/03/blog-post.html


●JAGES project:ポスドクになってからお世話になっています
http://square.umin.ac.jp/ages/index.html
・Iwanuma project:震災後の社会経済状況・環境と健康についての研究
http://square.umin.ac.jp/ages/iwanuma.html
http://square.umin.ac.jp/ages/member.html#%E5%9D%AA%E8%B0%B7%E9%80%8F

●MEDプレゼン2016@仙台 「なぜジャクソンは病院にいるの?」
東北大学大学院 歯学研究科 助教 やまと在宅診療所登米 医師/坪谷透
https://www.youtube.com/watch?v=IUbPc9jH4AI&feature=youtu.be

●ToMED Project
http://tomedpj.blogspot.jp/2017/05/11tomed.html
https://www.facebook.com/TOMED-1689522054691792/

・ToMED-PJについて治療2017年1月号で記載しました。
https://www.amazon.co.jp/%E6%B2%BB%E7%99%82-2017%E5%B9%B4-01-%E6%9C%88%E5%8F%B7-%E9%9B%91%E8%AA%8C/dp/B01N2TXDN0/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1496276633&sr=1-1&keywords=%E6%B2%BB%E7%99%82%E3%80%80%E5%81%A5%E5%BA%B7%E6%A0%BC%E5%B7%AE
(アーカイブ)
「健康格差とその対策の現状」
https://tsubo828.blogspot.com/2019/03/blog-post_12.html

●やまとプロジェクト
地域医療における研究 研究者こそ地方に行く
https://project.yamatoclinic.org/interview/35/

20180704
TOMED代表として、H@!FM(はっとエフエム)7/4放送分にて、TOMEDのPRを行った音源を、はっとエフエムさんのご厚意でシェアします。
https://drive.google.com/open?id=1MHlQYBv4FDMovBdyfcXQE9fZJpPCTbXo
20180926
https://drive.google.com/open?id=1kyjR_lGuyhq3gLYFLQlx7NVljlws6Uiv
20190306 HPV ワクチン
https://drive.google.com/file/d/1AHnXOoqJYsWp3aK3asNfNUwcPtS7CyCg/view?usp=sharing

●第25回「叱咤激励で改善しない生活習慣」をどうする? 2018/6/11
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/series/yokoban/201806/556137.html
上記の同じような内容(アーカイブ):https://tsubo828.blogspot.com/2019/02/blog-post_27.html

●Society & Health in Miyagi Lab.
宮城にいる意欲的な若手研究者で、社会と健康の関係について研究するSociety & Health in Miyagi Lab.を立ち上げました。
研究のための研究ではなく、実社会にとって意味のあることを行う集まりです。
http://societyandhealthinmiyagi.blogspot.jp/2017/05/society-health-in-miyagi-lab.html#comments

●職場で、研究科長とぶっちゃけトークで語るイベント行いました。
http://www.dent.tohoku.ac.jp/news/view.html#!488

その1
https://www.facebook.com/Tohoku.University.School.of.Dentistry/videos/2143912715673154/
https://www.youtube.com/watch?v=M7S6YzqVX44&t=4s

その2
https://www.facebook.com/Tohoku.University.School.of.Dentistry/videos/2059281050820441/
https://www.facebook.com/Tohoku.University.School.of.Dentistry/videos/1008775405973257/
https://www.facebook.com/Tohoku.University.School.of.Dentistry/videos/1572588249552652/
https://www.youtube.com/watch?v=9wA-j2KWlgc&t=7s

その3
https://www.facebook.com/Tohoku.University.School.of.Dentistry/videos/775070796184033/
https://www.youtube.com/watch?v=Y1epY4Wvv0c&t=2s

●論文業績
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=Tsuboya%20T%5BAuthor%5D&cauthor=true&cauthor_uid=25603945
(これでうまく検索されない場合は、pubmedやgoogle scholarでToru Tsuboyaで検索していただければOKです。)

研究分野

 
 

経歴

 
2018年5月
 - 
現在
みんなの健康らぼ 理事
 
2018年1月
 - 
現在
東北大学加齢医学研究所 スマート・エイジング学際重点研究センター (兼任)
 
2012年10月
 - 
現在
東北大学 歯学研究科 助教
 
2013年8月
 - 
2015年9月
Harvard School of Public Health Department of Social and Behavioral Sciences Research fellow
 
2010年4月
 - 
2012年9月
東北大学 学際高等研究教育院 博士研究教育院生
 
2006年4月
 - 
2009年7月
手稲渓仁会病院 臨床研修部、総合内科 医師、チーフレジデント
 

学歴

 
2017年4月
 - 
2018年3月
東北大学 Center for Professional Development http://www.ihe.tohoku.ac.jp/CPD/nfp
 
2009年4月
 - 
2012年9月
東北大学 医学系研究科 
 
2010年4月
 - 
2011年3月
国立保健医療科学院 生物統計学 インターネットによる遠隔教育受講生(遠隔選科生) http://www.niph.go.jp/entrance/h22/other/enkaku.html
 
2009年8月
 - 
2009年8月
Erasmus University Summer Program of Public Health 
 
2000年4月
 - 
2006年3月
東北大学 医学部 
 

委員歴

 
2017年11月
 - 
現在
日本プライマリ・ケア連合学会  平成30・31年度代議員
 
2017年7月
 - 
現在
日本公衆衛生学会  評議員
 
2016年4月
 - 
現在
日本プライマリ・ケア連合学会  健康の社会的決定要因検討委員会
 
2015年4月
 - 
現在
RIETI 経済産業研究所  医療・教育の質の計測とその決定要因に関する分析
 

受賞

 
2018年7月
第54回宮城県公衆衛生学会学術総会 優秀演題賞
 
2016年12月
SOCIAL SCIENCE & MEDICINE Outstanding Contribution in Reviewing
 
2016年6月
公益財団法人 長寿科学振興財団 長寿科学関連国際学会派遣事業
 
2016年5月
日本衛生学会 若手プロジェクト研究助成
受賞者: 浅山 敬 (帝京大学医学部衛生学公衆衛生学講座)ら
 
http://www.nihon-eisei.org/activity/project_youth/

平成27年度 浅山 敬 (帝京大学医学部衛生学公衆衛生学講座)
繰り返す自然災害の教訓と備え~東日本大震災からの知見~

論文

 
Ikeda T, Sugiyama K, Aida J, Tsuboya T, Watabiki N, Kondo K, Osaka K
International journal for equity in health   18(1) 15   2019年1月   [査読有り]
Kusama T, Aida J, Sugiyama K, Matsuyama Y, Koyama S, Sato Y, Yamamoto T, Igarashi A, Tsuboya T, Osaka K
Journal of epidemiology      2018年10月   [査読有り]
Hikichi H, Aida J, Matsuyama Y, Tsuboya T, Kondo K, Kawachi I
Social science & medicine (1982)      2018年9月   [査読有り]
Koyama S, Aida J, Cable N, Tsuboya T, Matsuyama Y, Sato Y, Yamamoto T, Kondo K, Osaka K
Sleep medicine   52 18-22   2018年8月   [査読有り]
Igarashi A, Aida J, Sairenchi T, Tsuboya T, Sugiyama K, Koyama S, Matsuyama Y, Sato Y, Osaka K, Ota H
Journal of epidemiology      2018年5月   [査読有り]
Sato Y, Aida J, Tsuboya T, Shirai K, Koyama S, Matsuyama Y, Kondo K, Osaka K
Social science & medicine (1982)   202 43-53   2018年4月   [査読有り]
Matsuyama Y, Tsuboya T, Bessho SI, Aida J, Osaka K
The Tohoku journal of experimental medicine   244(2) 163-173   2018年2月   [査読有り]
Kusama T, Aida J, Tsuboya T, Sugiyama K, Yamamoto T, Igarashi A, Osaka K
PloS one   13(10) e0205531   2018年   [査読有り]
Aida J, Hikichi H, Matsuyama Y, Sato Y, Tsuboya T, Tabuchi T, Koyama S, Subramanian SV, Kondo K, Osaka K, Kawachi I
Scientific reports   7(1) 16591   2017年11月   [査読有り]
Sato Y, Tsuboya T, Watt RG, Aida J, Osaka K
BMC oral health   18(1) 26   2018年2月   [査読有り]
Hikichi H, Tsuboya T, Aida J, Matsuyama Y, Kondo K, Subramanian SV, Kawachi I
The Lancet. Planetary health   1(6) e219   2017年9月   [査読有り]
Hikichi H, Sawada Y, Tsuboya T, Aida J, Kondo K, Koyama S, Kawachi I
Science advances   3(7) e1700426   2017年7月   [査読有り]
Sasaki Y, Aida J, Tsuji T, Miyaguni Y, Tani Y, Koyama S, Matsuyama Y, Sato Y, Tsuboya T, Nagamine Y, Kameda Y, Saito T, Kakimoto K, Kondo K, Kawachi I
American journal of epidemiology      2017年7月   [査読有り]
Hikichi H, Tsuboya T, Aida J, Matsuyama Y, Kondo K, Subramanian SV, Kawachi I
The Lancet. Planetary health   1(3) e105-e113   2017年6月   [査読有り]
Matsuyama Y, Aida J, Tsuboya T, Koyama S, Sato Y, Hozawa A, Osaka K
Journal of epidemiology      2017年10月   [査読有り]
Matsuyama Y, Aida J, Watt RG, Tsuboya T, Koyama S, Sato Y, Kondo K, Osaka K
Journal of dental research   22034517713166   2017年6月   [査読有り]
Matsuyama Y, Aida J, Tsuboya T, Hikichi H, Kondo K, Kawachi I, Osaka K
American journal of epidemiology   186(1) 1-9   2017年5月   [査読有り]
Tsuboya T, Inoue M, Satoh M, Asayama K
Environmental health and preventive medicine   22(1) 3   2017年3月   [査読有り]
Aida J, Matsuyama Y, Tabuchi T, Komazaki Y, Tsuboya T, Kato T, Osaka K, Fujiwara T
Community dentistry and oral epidemiology   45(5) 407-412   2017年4月   [査読有り]
Hikichi H, Aida J, Kondo K, Tsuboya T, Matsuyama Y, Subramanian SV, Kawachi I
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   113(45) E6911-E6918   2016年10月   [査読有り]

Misc

 
Jun Aida, Jun Aida, Noriko Cable, Paola Zaninotto, Toru Tsuboya, Georgios Tsakos, Yusuke Matsuyama, Kanade Ito, Ken Osaka, Katsunori Kondo, Katsunori Kondo, Michael G. Marmot, Richard G. Watt
Gerontology      2018年1月
© 2018 S. Karger AG, Basel Background: A rapidly ageing population presents major challenges to health and social care services. Cross-country comparative studies on survival among older adults are limited. In addition, Japan, the country with the...
草間太郎, 相田潤, 坪谷透, 杉山賢明, 山本龍生, 近藤克則, 近藤克則, 小坂健
日本公衆衛生学会総会抄録集   76th 301   2017年10月
五十嵐彩夏, 五十嵐彩夏, 相田潤, 坪谷透, 杉山賢明, 山本龍生, 近藤克則, 小坂健
日本公衆衛生学会総会抄録集   76th 309   2017年10月
山本貴文, 原田奈穂子, 相田潤, 坪谷透, 杉山賢明, 五十嵐彩夏, 小坂健
日本公衆衛生学会総会抄録集   76th 638   2017年10月
原田奈穂子, 原田奈穂子, 山本貴文, 杉山賢明, 坪谷透, 小坂健, 小坂健
日本公衆衛生学会総会抄録集   76th 637   2017年10月
坪谷透, 坪谷透
日本公衆衛生学会総会抄録集   76th 152   2017年10月
杉山賢明, 山本貴文, 五十嵐彩夏, 原田奈穂子, 草間太郎, 坪谷透, 相田潤, 小坂健
日本公衆衛生学会総会抄録集   76th 597   2017年10月
荒井遼, 相田潤, 坪谷透, 杉山賢明, 引地博之, 小坂健, 佐藤恭彰, 近藤克則
日本公衆衛生学会総会抄録集   76th 518   2017年10月
佐藤弥生子, 小野寺保, 杉山賢明, 坪谷透, 相田潤, 小坂健
日本公衆衛生学会総会抄録集   76th 596   2017年10月
東日本大震災からの教訓 震災による健康被害の社会的決定要因 東日本大震災における健康被害の社会的決定要因 宮城県岩沼市からの報告
坪谷 透
日本公衆衛生学会総会抄録集   76回 152-152   2017年10月
高齢者の義歯の清掃習慣と呼吸器疾患との関連 JAGESプロジェクト横断研究
草間 太郎, 相田 潤, 坪谷 透, 杉山 賢明, 山本 龍生, 近藤 克則, 小坂 健
日本公衆衛生学会総会抄録集   76回 301-301   2017年10月
高齢者の目・耳・口の機能低下とソーシャルネットワークの関連 JAGES横断研究
五十嵐 彩夏, 相田 潤, 坪谷 透, 杉山 賢明, 山本 龍生, 近藤 克則, 小坂 健
日本公衆衛生学会総会抄録集   76回 309-309   2017年10月
地域介護予防事業の介護予防効果の評価
荒井 遼, 相田 潤, 坪谷 透, 杉山 賢明, 引地 博之, 小坂 健, 佐藤 恭彰, 近藤 克則
日本公衆衛生学会総会抄録集   76回 518-518   2017年10月
インフルエンザワクチン接種率は学歴によって異なる(Influenza vaccination coverage differs by academic background)
チンゾリゴ・ツェルムーン, 杉山 賢明, 相田 潤, 坪谷 透, 小坂 健
日本公衆衛生学会総会抄録集   76回 538-538   2017年10月
東日本大震災における宮城県内の災害公営住宅入居者健康調査結果
佐藤 弥生子, 小野寺 保, 杉山 賢明, 坪谷 透, 相田 潤, 小坂 健
日本公衆衛生学会総会抄録集   76回 596-596   2017年10月
ウェブ調査における災害のリスク認知と対策実施の状況について
杉山 賢明, 山本 貴文, 五十嵐 彩夏, 原田 奈穂子, 草間 太郎, 坪谷 透, 相田 潤, 小坂 健
日本公衆衛生学会総会抄録集   76回 597-597   2017年10月
地域包括ケアシステムにおける災害対応の準備状況の把握 地域包括支援センター調査
原田 奈穂子, 山本 貴文, 杉山 賢明, 坪谷 透, 小坂 健
日本公衆衛生学会総会抄録集   76回 637-637   2017年10月
地域包括ケアシステムにおける災害対応の準備状況の把握 全国市区町村調査
山本 貴文, 原田 奈穂子, 相田 潤, 坪谷 透, 杉山 賢明, 五十嵐 彩夏, 小坂 健
日本公衆衛生学会総会抄録集   76回 638-638   2017年10月
宮本真由, 佐藤遊洋, 相田潤, 坪谷透, 小山史穂子, 杉山賢明, 松山祐輔, 山本貴文, 五十嵐彩夏, 小坂健
口腔衛生学会雑誌   67 126   2017年4月
福井ゆかり, 佐藤遊洋, 相田潤, 坪谷透, 小山史穂子, 杉山賢明, 松山祐輔, 山本貴文, 五十嵐彩夏, 小坂健
口腔衛生学会雑誌   67 142   2017年4月
3歳児う蝕有病割合の茨城県内格差の推移 地域相関研究(2005-2013年)
五十嵐 彩夏, 相田 潤, 坪谷 透, 杉山 賢明, 小山 史穂子, 松山 祐輔, 佐藤 遊洋, 山本 貴文, 小坂 健
口腔衛生学会雑誌   67(増刊) 143-143   2017年4月
Kenichi Yokobayashi, Kenichi Yokobayashi, Ichiro Kawachi, Katsunori Kondo, Katsunori Kondo, Katsunori Kondo, Naoki Kondo, Yuiko Nagamine, Yuiko Nagamine, Yukako Tani, Yukako Tani, Kokoro Shirai, Kokoro Shirai, Susumu Tazuma, K. Kondo, M. Hanazato, H. Hikichi, Y. Miyaguni, Y. Sasaki, Y. Nagamine, T. Ashida, N. Kondo, D. Takagi, Y. Tani, J. Aida, K. Osaka, T. Tsuboya, S. Jeong, C. Murata, Saito, T. Ojima, E. Okada, M. Saito, H. Hirai, J. Misawa, K. Suzuki, T. Takeda, T. Yamamoto, M. Nakade, N. Cable, A. Tamakoshi, Y. Fujino, Y. Shobugawa, T. Hayashi
PLoS ONE   12    2017年1月
© 2017 Yokobayashi et al. This is an open access article distributed under the terms of the Creative Commons Attribution License, which permits unrestricted use, distribution, and reproduction in any medium, provided the original author and source...
坪谷 透, 近藤 尚己
治療   99(1) 10-16   2017年1月
道家充, 山崎大, 坪谷透, 辻邦彦, 真口宏介
総合健診   44(1) 228-228   2017年1月
五十嵐彩夏, 五十嵐彩夏, 西連地利己, 西連地利己, 西連地利己, 相田潤, 坪谷透, 小山史穂子, 松山祐輔, 佐藤遊洋, 小坂健, 大田仁史, 大田仁史
日本公衆衛生学会総会抄録集   75th 433-433   2016年10月
小山史穂子, 相田潤, 坪谷透, 松山祐輔, 佐藤遊洋, 山本貴文, 五十嵐彩夏, 小坂健
日本公衆衛生学会総会抄録集   75th 291-291   2016年10月
橋本朱里, 小野寺保, 相田潤, 松山祐輔, 佐藤遊洋, 小山史穂子, 坪谷透, 小坂健
日本公衆衛生学会総会抄録集   75th 580-580   2016年10月
畑岡進, 佐藤遊洋, 相田潤, 坪谷透, 小山史穂子, 松山祐輔, 山本貴文, 小坂健
口腔衛生学会雑誌   66(2) 292-292   2016年4月
熊谷幸也, 佐藤遊洋, 相田潤, 坪谷透, 小川史穂子, 松山祐輔, 山本貴文, 小坂健
口腔衛生学会雑誌   66(2) 293-293   2016年4月
星真奈実, 坪谷透, 小山史穂子, 相田潤, 松山祐輔, 佐藤遊洋, 山本貴文, 小坂健
口腔衛生学会雑誌   66(2) 296-296   2016年4月
スパズムを発生させない治療 ウロキナーゼ髄腔投与・非持続的髄液ドレナージの有効性
井上 智夫, 坪谷 透, 鈴木 保宏, 荻田 庄吾, 増山 祥二
脳血管攣縮   31 68-68   2016年2月
Yusuke Matsuyama, Jun Aida, Katsuhiko Taura, Kazunari Kimoto, Yuichi Ando, Hitoshi Aoyama, Manabu Morita, Kanade Ito, Kanade Ito, Shihoko Koyama, Akihiro Hase, Toru Tsuboya, Toru Tsuboya, Ken Osaka
Journal of Epidemiology   26 563-571   2016年1月
© 2016 Yusuke Matsuyama et al. Background: Dental caries inequalities still severely burden individuals' and society's health, even in countries where fluoride toothpastes are widely used and the incidence of dental caries has been decreasing. Sch...
相田潤, 小坂健, 坪谷透
介護予防を推進する地域づくりを戦略的に進めるための研究 平成27年度 総括・分担研究報告書   308‐317   2016年
長谷 晃広, 相田 潤, 坪谷 透, 小山 史穂子, 松山 祐輔, 三浦 宏子, 小坂 健
口腔衛生学会雑誌   65(3) 276-282   2015年4月
近年,歯学部において「将来設計に関する教育(以下,キャリア教育)」が実施されているが,これまでその効果を全国的に検証した研究はほとんど報告されていない.そこで本研究は,全国の研修歯科医を対象として 1)将来設計およびキャリア教育受講の実態把握とその関連性の検討ならびに,2)具体的な志望進路の実態把握を目的とした.2,323名に対し自記式調査票を郵送し1,590名から回答を得た(回収率68.4%).主要な変数に欠損のない1,428名のデータで解析を行った.「将来設計を描けている」と回答した者...
Satoru Kanamori, Satoru Kanamori, Yuko Kai, Jun Aida, Jun Aida, Katsunori Kondo, Katsunori Kondo, Ichiro Kawachi, Hiroshi Hirai, Hiroshi Hirai, Kokoro Shirai, Kokoro Shirai, Yoshiki Ishikawa, Kayo Suzuki, Kayo Suzuki, K. Kondo, M. Hanazato, H. Hikichi, Y. Miyaguni, Y. Sasaki, Y. Nagamine, T. Ashida, N. Kondo, D. Takagi, Y. Tani, K. Osaka, T. Tsuboya, S. Jeong, C. Murata, T. Saito, T. Ojima, E. Okada, H. Todoriki, M. Saito, J. Misawa, Y. Ichida, T. Takeda, T. Yamamoto, M. Nakade, N. Cable, A. Tamakoshi, Y. Fujino, Y. Shobugawa, T. Hayashi
PLoS ONE   9    2014年6月
Background: We examined the relationship between incident functional disability and social participation from the perspective of number of types of organizations participated in and type of social participation in a prospective cohort study. Metho...
松山祐輔, 相田潤, 竹内研時, 伊藤奏, 中安美枝子, 小山史穂子, 長谷晃広, 坪谷透, 小坂健
口腔衛生学会雑誌   64(1) 2-9   2014年1月
2000年代より歯周病と循環器疾患の関連に関する報告が急増しているが,歯周病の評価指標は多様であり,病態評価は用いる指標に左右されるとの報告がなされている.このため,過去の研究における指標が統一されていないことは,研究結果に影響を及ぼしていると考えられる.過去に複数のメタアナリシスが実施されているが,歯周病の評価指標の違いは考慮されていない.そこで,本研究では,代表的な歯周病の測定指標を,a)測定時の炎症を反映する指標(歯肉出血の有無,歯周ポケットの深さの程度)とb)測定時の炎症に左右され...
松山祐輔, 相田潤, 山本龍生, 坪谷透, 伊藤奏, 小山史穂子, 長谷晃広, 近藤克則, 小坂健
口腔衛生学会雑誌   64(2) 217   2014年4月
渡邉崇, 鈴木寿則, 坪谷透, 遠又靖丈, 菅原由美, 金村政輝, 柿崎真沙子, 辻一郎
厚生の指標   60(13) 1-6   2013年11月
渡邉 崇, 鈴木 寿則, 坪谷 透
厚生の指標   60(13) 1-6   2013年11月
松山祐輔, 相田潤, 坪谷透, 伊藤奏, 小山史穂子, 長谷晃弘, 小坂健
日本公衆衛生学会総会抄録集   72nd 500   2013年10月
星 玲奈, 遠又 靖丈, 柿崎 真沙子, 坪谷 透, 永井 雅人, 渡邊 生恵, 寶澤 篤, 辻 一郎
日本公衆衛生雑誌   60(8) 435-443   2013年8月
目的 地域高齢者における血清総コレステロール値と要介護認定リスクとの関連を前向きコホート研究により検討すること。<br/>方法 仙台市宮城野区鶴ヶ谷地区の70歳以上の住民全員(2,925人)に対し,高齢者総合機能評価「寝たきり予防健診」を平成15年に行った。受診者(958人)のうち,研究の同意が得られ要介護認定非該当であった827人を解析対象者とし,平成21年 6 月まで 6 年間追跡した。血清総コレステロール値は 5 分位に分け,第四 5 分位群(212–23...
星玲奈, 遠又靖丈, 柿崎真沙子, 坪谷透, 永井雅人, 渡邊生恵, 寳澤篤, 辻一郎
日本公衆衛生雑誌   60(8) 435-443   2013年8月
松山 祐輔, 相田 潤, 竹内 研時, 伊藤 奏, 中安 美枝子, 小山 史穂子, 長谷 晃広, 成田 展章, 坪谷 透, 小坂 健
口腔衛生学会雑誌   63(2)    2013年4月
長谷 晃広, 相田 潤, 竹内 研時, 伊藤 奏, 中安 美枝子, 小山 史穂子, 成田 展章, 坪谷 透, 小坂 健
口腔衛生学会雑誌   63(2)    2013年4月
松山祐輔, 相田潤, 竹内研時, 伊藤奏, 中安美枝子, 小山史穂子, 長谷晃広, 成田展章, 坪谷透, 小坂健
口腔衛生学会雑誌   63(2) 189   2013年4月
長谷晃広, 相田潤, 竹内研時, 伊藤奏, 中安美枝子, 小山史穂子, 成田展章, 坪谷透, 小坂健
口腔衛生学会雑誌   63(2) 204   2013年4月
小坂健, 松山祐輔, 長谷晃広, 相田潤, 坪谷透, 竹内研時, 伊藤奏, 小山史穂子, 中安美枝子, 成田展章
口腔保健とQOLの向上に関する総合的研究 平成24年度 総括・分担研究報告書   25-28   2013年
小坂健, 長谷晃広, 松山祐輔, 相田潤, 坪谷透, 竹内研時, 伊藤奏, 小山史穂子, 中安美枝子, 成田展章
口腔保健とQOLの向上に関する総合的研究 平成24年度 総括・分担研究報告書   29-35   2013年
小坂健, 相田潤, 坪谷透, 小山史穂子, 長谷晃広, 成田展章
歯科疾患の疾病構造及び歯科医療需要等の変化に応じた新たな歯科医療の構築に関する研究 平成24年度 総括・分担研究報告書   27-58   2013年

書籍等出版物

 
Dr.ヨコバンのホンマでっか症例帳
横林 賢一 (監修), 日経メディカル (編集) (担当:分担執筆, 範囲:第24回 叱咤激励で改善しない 生活習慣を変える「秘策」 坪谷 透 氏(東北大学大学院歯学研究科))
日経BP社   2018年5月   ISBN:4822257177
専門医から総合診療医への有益なアドバイス。知っておきたいクリニカル・パールが満載

新専門医制度として、多岐にわたる病態・疾病を診る「総合診療専門医(総合診療医)」の養成が始まります。総合診療医は、患者の具合が悪いときに最初にかかる医師です。多くの症状・病態に精通し、適切な鑑別診断を行い、必要に応じて専門診療科の医師を患者に紹介するという高度な役割が求められます。
ここでポイントになるのが、総合診療医と専門診療科の医師とのコミュニケーションです。総合診療医は、実に様々な症状を訴える患者を診...
保健師ジャーナル
小坂 健,坪谷 透 (担当:分担執筆, 範囲:岩沼プロジェクトで明らかになった被災高齢者の  中長期的な社会生活と健康 地域の保健師に求められるもの)
医学書院   2018年3月   
http://www.igaku-shoin.co.jp/journalDetail.do?journal=38093
社会疫学
坪谷 透 (担当:共訳)
2017年9月   
https://www.amazon.co.jp/社会疫学-上-高尾総司/dp/4469268291/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1513945541&sr=8-1&keywords=社会疫学
健康長寿社会に寄与する 歯科医療・口腔保健のエビデンス 2015
坪谷 透
https://www.jda.or.jp/pdf/ebm2015Ja.pdf

講演・口頭発表等

 
Toru TSUBOYA, M.D., Ph.D.
2016 Congress of the Americas   2016年6月24日   SER
The human toll of natural disasters is increasing worldwide. However, our understanding of resilience in the aftermath of disaster has been hampered by the retrospective recall of pre-disaster conditions. In this symposium, speakers will present t...
Toru TSUBOYA, M.D., Ph.D.
2016 Congress of the Americas   2016年6月23日   SER
Don’t Let Your Job Be a Pain. Insights From Occupational Epidemiology

Session Chair: Carol Burns

Presenters:
Rosane Harter Griep – Heterogeneous associations between job strain and blood pressure: insights from quantile regression analysis in t...
 "Disaster Resilience –Lessons from the Great East Japan Earthquake and Tsunami“: Disaster experience & Depression
Toru TSUBOYA, M.D., Ph.D.
8th ISSC (International Society for Social Capital Research)   2016年5月30日   
Toru TSUBOYA, M.D., Ph.D.
第86回 日本衛生学会学術総会   2016年5月11日   日本衛生学会
座 長:浅山 敬(帝京大学医学部衛生学公衆衛生学講座 / 東北大学大学院薬学研究科医薬開発構想講座)
テーマ:家庭血圧測定とコホート研究演 者:浅山 敬(帝京大学医学部衛生学公衆衛生学講座 / 東北大学大学院薬学研究科医薬開発構想講座)
テーマ:災害に対するレジリエンスの構築に関する研究演 者:井上まり子(帝京大学大学院 公衆衛生学研究科 )テーマ:災害後の血圧・血糖管理と薬剤師の重要性演 者:佐藤 倫広(東北医科薬科大学医学部 衛生学公衆衛生学教室)テーマ:東日本大震災後の高齢被災者にお...
Dental status and IADL disability; the JAGES panel cohort study
Yukihiro Sato, Jun Aida, Katsunori Kondo, Toru Tsuboya, Ken Osaka
International Association for Dental Research (IADR)   2015年4月   
The association between fatty liver status change and incidence of diabetes mellitus in Japan
Kazumasa Nagai, Toru Tsuboya, Hajime Yamazaki, Akiko Tomonari, Kunihiko Tsuji, Hiroyuki Maguchi
nternational Liver Congress TM (ILC) - 50th Annual Meeting of the European Association for the Study of the Liver (EASL)   2015年4月   
Prevalence and health outcomes of inappropriate drinking among older Japanese
Toshiyuki Ojima, Masayo Kojima, Toru Tsuboya, Naoki Kondo, Eisaku Okada, Mieko Nakamura, Masashige Saito, Jyun Aida, Katsunori Kondo, JAGES group
The World Psychiatric Association (WPA) , Section on Epidemiology and Public Health Meeting in Nara   2014年10月   
[Best Poster Award]
Different association between blood glucose/hemoglobin A1c and neurological prognosis among patients with intracerebral hemorrhage: a prospective study in Japan
Tomoo Inoue, Toru Tsuboya, Yasuhiro Suzuki, Shogo Ogita, and Shoji Mashiyama
The 12th Korean and Japanese Friendship Conference on Surgery for Cerebral Stroke   2014年9月   
Social relationships and mental health among the victims of The Great East Japan Earthquake; A multilevel longitudinal study
Yusuke Matsuyama, Jun Aida, Akihiro Hase, Yukihiro Sato, Toru Tsuboya, Kanade Ito, Shihoko Koyama, and Ken Osaka
International Epidemiology Association (IES) World Congress of Epidemiology   2014年8月   
[Student Award]
DECREASED DEVELOPMENT OF DIABETES MELLITUS WITH IMPROVEMENT OF NONALCOHOLIC FATTY LIVER DISEASE: A 10-YEAR JAPANESE COHORT STUDY
Hajime Yamazaki, Toru Tsuboya, Mitsuru DOUKE, Kunihiko Tsuji, Horoyuki Maguchi
International Liver Congress TM (ILC) - 49th Annual Meeting of the European Association for the Study of the Liver (EASL)   2014年4月   
(Highlights in EASL 2014)

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
良質な地域包括ケア体制構築のための 質的および量的研究
杉浦記念財団: 第7回 杉浦地域医療振興助成
研究期間: 2018年5月 - 2019年3月    代表者: 助成対象者:やまと在宅診療所 登米 院長 田上 佑輔、研究代表者:坪谷透
http://www.sugi-zaidan.jp/assist_decoration/pdf/2018/2-02.pdf
東北大学 学際科学フロンティア研究所: 
研究期間: 2017年6月 - 2018年3月    代表者: 坪谷 透
近年、日本では約8割の人が病院で最期を迎えてきたが、そのあり方に疑問を持つ人が増え、直近の調査では国民の約半数が「可能であれば在宅で最期を迎えたい」と考えている。その一方で、その受け皿となるべく訪問診療の提供体制の整備は追いついていない。加えて、2025年に向けて、いわゆる団塊の世代が75歳以上となり、医療・介護のニーズのピークおよび多死社会を迎え、現状のままでは社会が対応できない。厚生労働省は、この喫緊の課題に対して、住み慣れた地域で最期を迎えることができるような体制(地域包括ケアシステ...
地方の少子高齢化・医療資源不足の解消に向けた新たなモデルの提案に向けたプロジェクト
三菱財団: 第47回(平成28年度) 社会福祉事業研究助成
研究期間: 2016年10月       代表者: 事業代表者:田上佑輔、研究代表者:坪谷 透
http://www.mitsubishi-zaidan.jp/support/list/h28-welfare.pdf
被災高齢者の中長期的な精神・身体・社会的健康についての研究
文科省科研費: 若手B
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 坪谷 透
公益財団法人聖ルカ・ライフサイエンス研究所: 
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 井上 智夫、坪谷 透(共同研究者)

社会貢献活動

 
日本プライマリ・ケア連合学会 平成30・31年度代議員
【その他】  2017年11月27日 - 2019年11月26日
日本公衆衛生学会 代議員(宮城県)
【その他】  2017年6月 - 2019年6月
第1回「臨床研修指導医講習会」東北医科薬科大学 
【講師, 運営参加・支援】  東北医科薬科大学   (東北医科薬科大学 )  2018年11月24日 - 2018年11月25日
http://www.hosp.tohoku-mpu.ac.jp/resident/info/1901
第1回 東北医科薬科大学「臨床研修指導医講習会」
効果的な臨床研修を推進し研修医の目標達成を支援するために、助言、指導、評価を適切におこなう能力を身に付けることを目的としています。

本ワークショップを全て修了した参加者には「修了証書」が交付されます。

 開催のご案内

日  程  平成30年11月24日(土)~25日(日)の2日間
1日目 9:00~19:00(予定) 2日目 9:0...
第16回秋季生涯教育セミナー
【司会, 企画, 運営参加・支援】  日本プライマリ・ケア連合学会  (大阪科学技術センター)  2018年9月17日 - 2018年9月17日
社会的処方についてのワークショップを行った
ToMED PJ
【講師, 企画, 運営参加・支援】  2016年10月
ToMED@facebook
https://www.facebook.com/TOMED-1689522054691792/
医療・介護に携わるなら知っておきたい「健康の社会的決定要因」
【講師】  積水ハウス  2016年7月14日 - 2016年7月14日
【講師】  MEDプレゼン  MEDプレゼン2016@仙台  (宮城野区中央市民センター)  2016年5月14日
私は、自身の臨床医としての経験から、「健康の社会的決定要因(SDH, Social Determinants of Health)」を通じての予防に寄与したいと思うようになり、現在その研究をしています。様々な病気の発生には、遺伝子や生活習慣が起因していますが、ではその生活習慣は何が規定するのでしょうか?個々人のやる気・頑張りだけの問題でしょうか?

一人の医者として、目の前の患者さんにとってベストなものを提供することを目指そうとすると、医学をどんどん細分化しマニアックに深めていく(≒専門分...
富山高校への講演会
【講師】  2015年7月17日 - 2015年7月17日
【講師】  ボストン開発コミュニティー  第14回勉強会(2015/5/2)  (MIT E51-372)  2015年5月2日
開発途上国に関心のある皆さんにとって、現地の医療はどのように映るものでしょうか。平均寿命が世界トップクラスで高度先進医療を備えた日本の医療とは遠くかけ離れた未発達なものに思えるでしょうか。講演では、「開発途上国での医療と日本の地域医療には類似点がたくさんあるように思える」という気付きを与えるに至った、講師自身の東日本大震災後の現地での活動を紹介頂きました。東日本大震災の現場でも都市や田舎での違い等、現場で活動された講師自ら捉えた状況や、医師会の活動等もご説明いただきました。
【講師】  ボストン日本人研究者交流会  第130回 講演会  (MIT 25-111)  2014年11月15日
医療における決断は、一昔前まではお医者さんに決めてもらうものでした。非医療者にとって、医療についての情報は欠如し、人々の価値観があまり多様ではない(と思われていた)時代には、それでよかったのかもしれません。そもそも医療技術も限られており決断における選択の余地はあまりありませんでした。しかし時代は大きく変わりました。医療技術は大きく進歩し、高齢で多くの病気を抱えたとえ意思疎通ができなくても、生命体としての命をつなぐことができるようになりました。書籍・インターネットなどで医療についての情報が氾...

その他

 
2014年3月   HSPH Japan Trip
HSPH Japan Trip organizer
http://hsph.jp/JT2014/index-j.htm
2015年   Reviewerを行った雑誌など(年度)
Journal of Occupational Health (2013), (2014), Social Science and Medicine (2013), (2014), (2014), (2015), International Journal of Behavioral Medicine (2014), (2014), Journal of Epidemiology (2014), (2014),(2014), (2015), (2015) Plos One (2014), Journal of Epidemiology and Community Health (2015), Industrial health (2015)
Society for Epidemiologic Research, Annual meeting (2012), (2013), (2015)
2015年   取得資格等一覧
1. 2006/04 医師
2. 2008/08 ICLS インストラクター(ID:5,555)(2015年度で失効予定)
3. 2009/09 日本内科学会 認定医 (#40616)
4. 2011/07 産業医(労働安全衛生規則第14条第2項1号該当) (#11-0199号)
5. 2012/04 日本プライマリ・ケア学会 認定医 (#2012-527)
6. 2013/05 日本プライマリ・ケア学会 認定指導医 (#2013-108)
7.日本内科学会 総合内科専門医 (#025196) 認定日 2016年12月16日 認定期間2016年12月16日~2022年03月31日

UMIN e-Learning (https://moodle2.umin.ac.jp/moodle/)
修了したコース(2014/11/30):医師(上級)、事務局(上級)、IRB(上級)

ICRweb - ICR臨床研究入門(http://www.icrweb.jp/)
修了したコース(2014/12/01): 臨床試験入門講座(JCOG臨床試験セミナー), 生物統計基礎セミナー, 生物統計学・疫学研究方法論, プロトコール、論文

珠算三段、暗算五段、剣道二段、漢字検定準1級、英検準1級
2013年   研究助成金公募 - 聖ルカ・ライフサイエンス研究所 平成25年度 臨床疫学などの若手研究者の海外派遣助成
研究助成金公募 - 聖ルカ・ライフサイエンス研究所
平成25年度 臨床疫学などの若手研究者の海外派遣助成
https://sllsi.or.jp/
https://sllsi.or.jp/subsidy/history/2013.html
2011年3月   ABC news
東日本大震災後に行っていた個人的な活動がABCニュースに掲載された
“Japan's Medical Situation Grave in Some Places, But Improving”
http://abcnews.go.com/Health/medical-crisis-japan-improving-years-fully-recover/story?id=13201174&singlePage=true
2010年   東北大学 国際高等教育院 博士研究教育院生
東北大学 国際高等教育院 
平成22年度 (2010-2012)「博士研究教育院生」
言語・人間・社会システム領域基盤
博士研究教育院生
http://www.iiare.tohoku.ac.jp/education/doctor.html