菅原太一

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/31 16:06
 
アバター
研究者氏名
菅原太一
eメール
sugawaranips.ac.jp
所属
自然科学研究機構 生理学研究所
部署
細胞構造研究部門
職名
特任助教
学位
博士(学術)(東京大学)
科研費研究者番号
30758412
ORCID ID
0000-0003-0675-7859

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
自然科学研究機構 生理学研究所 細胞構造研究部門 特任助教
 
2013年4月
 - 
2015年3月
日本学術振興会特別研究員 (DC2)
 

学歴

 
2012年4月
 - 
2015年3月
東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻 博士課程修了  
 
2010年4月
 - 
2012年3月
東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻 修士課程修了  
 

論文

 
Claudins and JAM-A coordinately regulate tight junction formation and epithelial polarity.
Otani, T., Nguyen, T.P., Tokuda, S., Sugihara, K., Sugawara, T., Furuse, K., Miura, T., Ebnet, K. and Furuse, M.
J. Cell Biol.   218(10):3372-3396    2019年10月   [査読有り]
L-cysteine reversibly inhibits glucose-induced biphasic insulin secretion and ATP production by inactivating PKM2.
Nakatsu, D., Horiuchi, Y., Kano, F., Noguchi, Y., Sugawara, T., Takamoto, I., Kubota, N., Kadowaki, T. and Murata, M.
Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A.   112(10):E1067-1076    2015年3月   [査読有り]
Rab2A is a pivotal switch protein that promotes either secretion or ER-associated degradation of (pro)insulin in insulin-secreting cells.
Sugawara, T., Kano, F. and Murata, M.
Sci. Rep.   4:6952    2014年11月   [査読有り]
JNK1/2 dependent-phosphorylation of angulin-1/LSR is required for the exclusive localization of angulin-1/LSR and tricellulin at tricellular contacts in EpH4 epithelial sheet. Genes Cells 19, 565-581.
Nakatsu, D., Kano, F., Taguchi, Y., Sugawara, T., Nishizono, T., Nishikawa, K., Oda, Y., Furuse, M. and Murata, M.
Genes Cells   19(7):565-581    2014年7月   [査読有り]
PKCd and e regulate the morphological integrity of the ER-Golgi intermediate compartment (ERGIC) but not the anterograde and retrograde transport via the Golgi apparatus.
Sugawara, T., Nakatsu, D., Kii, H., Maiya, N., Adachi, A., Yamamoto, A., Kano, F. and Murata, M.
Biochim. Biophys. Acta, Mol. Cell Res.   1823(4):861-875    2012年4月   [査読有り]

書籍等出版物

 
新しい機能を問われだした小胞体-ゴルジ体中間区画
菅原太一、加納ふみ、村田昌之
生体の科学 細胞の分子構造と機能—核以外の細胞小器官   2012年10月