塚田 浩二

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/28 14:29
 
アバター
研究者氏名
塚田 浩二

論文

 
Kazuya Nakae,Koji Tsukada
Proceedings of the 23rd International Conference on Intelligent User Interfaces Companion, Tokyo, Japan, March 07-11, 2018   4:1-4:2   2018年   [査読有り]
Hayato Dogai,Maho Oki,Koji Tsukada
Proceedings of the 9th Augmented Human International Conference, AH 2018, Seoul, Republic of Korea, February 7-9, 2018   44:1-44:3   2018年   [査読有り]
池田昂平, 池田昂平, 沖真帆, 塚田浩二
情報処理学会論文誌ジャーナル(Web)   58(5) 1037‐1048 (WEB ONLY)   2017年5月
Maho Oki,Koji Tsukada
Proceedings of the Tenth International Conference on Tangible, Embedded, and Embodied Interaction, TEI 2017, Yokohama, Japan, March 20-23, 2017   647-651   2017年   [査読有り]
Tatsuki Nishida,Koji Tsukada
Adjunct Proceedings of the 2017 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing and Proceedings of the 2017 ACM International Symposium on Wearable Computers, UbiComp/ISWC 2017, Maui, HI, USA, September 11-15, 2017   273-276   2017年   [査読有り]
Hyosun Kwon,Boriana Koleva,Steve Benford,Tom Schofield,Guy Schofield,Maho Oki,Koji Tsukada,Daniel Harrison,Richard Banks,Tim Regan,Martin Grayson
Interactions   24(5) 8-11   2017年   [査読有り]
Hayato Dogai,Maho Oki,Koji Tsukada
Proceedings of the 13th International Conference on Advances in Computer Entertainment Technology, ACE 2016, Osaka, Japan, November 9-12, 2016   37:1-37:6   2016年   [査読有り]
門村 亜珠沙, 李 爭原, 塚田 浩二, 朱 浩華, 椎尾 一郎
情報処理学会論文誌   56(1) 338-348   2015年1月
本論文では,ユーザの食行動(食動作と食材の色)を検出するフォークと,そのフォークと連動するスマートフォンゲームの設計について述べる.本システムは,『偏食』や『遊び食い』という食問題を持つ幼い子供を対象に,適切な食行動改善を動機付けながら,バランスの良い食事の重要性について教育することを目的としている.ユーザの食行動を検出するために,我々は,センサが組み込まれたフォーク型デバイス:センシングフォークを実装し,さらに,そのセンシングフォークと連動するスマートフォン上の食育絵本とゲームアプリケー...
Koji Tsukada,Maho Oki,Kazutaka Kurihara,Yuko Furudate
CoRR   abs/1508.03653    2015年   [査読有り]
Koji Tsukada,Maho Oki,Takafumi Yamamoto,Tomohiro Imaizumi
Proceedings of the 2015 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing and Proceedings of the 2015 ACM International Symposium on Wearable Computers, UbiComp/ISWC Adjunct 2015, Osaka, Japan, September 7-11, 2015   407-410   2015年   [査読有り]
Maho Oki,Koji Tsukada,Kazuhiro Kimura,Satoshi Nakamatsu
Proceedings of the 2015 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing and Proceedings of the 2015 ACM International Symposium on Wearable Computers, UbiComp/ISWC Adjunct 2015, Osaka, Japan, September 7-11, 2015   277-280   2015年   [査読有り]
Kohei Ikeda,Koji Tsukada
Proceedings of the 6th Augmented Human International Conference, AH 2015, Singapore, March 9-11, 2015   225-226   2015年   [査読有り]
Azusa Kadomura,Cheng-Yuan Li,Koji Tsukada,Hao-Hua Chu,Itiro Siio
The 2014 ACM Conference on Ubiquitous Computing, UbiComp '14, Seattle, WA, USA, September 13-17, 2014   319-329   2014年   [査読有り]
Azusa Kadomura,Yoko Ichioka,Koji Tsukada,Jun Rekimoto,Itiro Siio
Human-Computer Interaction. Applications and Services - 16th International Conference, HCI International 2014, Heraklion, Crete, Greece, June 22-27, 2014, Proceedings, Part III   256-264   2014年   [査読有り]
Azusa Kadomura,Koji Tsukada,Itiro Siio
JIP   22(2) 325-333   2014年   [査読有り]
中川真紀, 塚田浩二, 椎尾一郎
情報処理学会論文誌ジャーナル(Web)   54(4) 1563-1572 (WEB ONLY)-1572   2013年4月
現代の成人女性の大半は人前に出る際に化粧をしているが,化粧に対する悩みをかかえる女性も多い.特に,化粧のバリエーションを増やすことは難しい.我々はこのような女性の悩みに着目し,化粧ログ(化粧顔写真と使用した化粧品情報)を手軽に記録し,Webにアップロードして他者と共有することで化粧のバリエーション増加を支援するシステム「Smart Makeup System」を提案/実装し,4人の被験者の各家庭環境で15日間の運用実験を行った.本論文ではSmart Makeup Systemの詳細を述べた...
Azusa Kadomura,Cheng-Yuan Li,Yen-Chang Chen,Hao-Hua Chu,Koji Tsukada,Itiro Siio
The 2013 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing, UbiComp '13, Zurich, Switzerland, September 8-12, 2013 - Adjunct Publication   71-74   2013年   [査読有り]
Marina Mikubo,Koji Tsukada,Itiro Siio
The 2013 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing, UbiComp '13, Zurich, Switzerland, September 8-12, 2013 - Adjunct Publication   1-4   2013年   [査読有り]
Kazutaka Kurihara,Koji Tsukada
HCI International 2013 - Posters' Extended Abstracts - International Conference, HCI International 2013, Las Vegas, NV, USA, July 21-26, 2013, Proceedings, Part II   740-744   2013年   [査読有り]
Ayumi Fukuchi,Koji Tsukada,Itiro Siio
Universal Access in Human-Computer Interaction. Applications and Services for Quality of Life - 7th International Conference, UAHCI 2013, Held as Part of HCI International 2013, Las Vegas, NV, USA, July 21-26, 2013, Proceedings, Part III   620-625   2013年   [査読有り]
Maho Oki,Koji Tsukada,Itiro Siio
Human-Computer Interaction. Users and Contexts of Use - 15th International Conference, HCI International 2013, Las Vegas, NV, USA, July 21-26, 2013, Proceedings, Part III   209-216   2013年   [査読有り]
Keita Watanabe,Koji Tsukada,Michiaki Yasumura
Distributed, Ambient, and Pervasive Interactions - First International Conference, DAPI 2013, Held as Part of HCI International 2013, Las Vegas, NV, USA, July 21-26, 2013. Proceedings   87-96   2013年   [査読有り]
Azusa Kadomura,Koji Tsukada,Itiro Siio
2013 ACM SIGCHI Conference on Human Factors in Computing Systems, CHI '13, Paris, France, April 27 - May 2, 2013, Extended Abstracts   3071-3074   2013年   [査読有り]
Azusa Kadomura,Cheng-Yuan Li,Yen-Chang Chen,Koji Tsukada,Itiro Siio,Hao-Hua Chu
2013 ACM SIGCHI Conference on Human Factors in Computing Systems, CHI '13, Paris, France, April 27 - May 2, 2013, Extended Abstracts   1551-1556   2013年   [査読有り]
Kazutaka Kurihara,Koji Tsukada
CoRR   abs/1202.6106    2012年   [査読有り]
Azusa Kadomura,Koji Tsukada,Tetsuaki Baba,Kumiko Kushiyama
Proceedings of the 6th International Conference on Tangible and Embedded Interaction 2012, Kingston, Ontario, Canada, February 19-22, 2012   323-324   2012年   [査読有り]
Maki Nakagawa,Koji Tsukada,Itiro Siio
The 2012 ACM Conference on Ubiquitous Computing, Ubicomp '12, Pittsburgh, PA, USA, September 5-8, 2012   604-605   2012年   [査読有り]
Ayaka Sato,Koji Tsukada
The 2012 ACM Conference on Ubiquitous Computing, Ubicomp '12, Pittsburgh, PA, USA, September 5-8, 2012   543-544   2012年   [査読有り]
Chiho Watanabe,Koji Tsukada,Itiro Siio
International Working Conference on Advanced Visual Interfaces, AVI 2012, Capri Island, Naples, Italy, May 22-25, 2012, Proceedings   673-676   2012年   [査読有り]
Maho Oki,Koji Tsukada,Kazutaka Kurihara,Itiro Siio
Asia Pacific Conference on Computer Human Interaction, APCHI '12, Matsue-City, Shimane, Japan, August 28-31, 2012   177-186   2012年   [査読有り]
沖 真帆, 塚田 浩二, 椎尾 一郎
ヒューマンインタフェース学会論文誌   13(4) 323-334   2011年11月
神原 啓介, 半田 智子, 塚田 浩二, 椎尾 一郎
ヒューマンインタフェース学会論文誌   13(4) 291-302   2011年11月
We propose a new interface called SmoothCurtain that is suitable for constant use of a remote video communication system in living environment. To enable switching between conscious and ambient modes of communication smoothly and intuitively, we h...
後藤 孝行, 濱崎 雅弘, 武田 英明, 塚田 浩二, 安村 通晃
情報処理学会論文誌   52(4) 1504-1514   2011年4月
多様な検索視点を提供するメタデータ検索は,検索クエリ利用の複雑さから対話的な情報探索行為を難しくしている.そこで本研究では多様な検索視点で試行錯誤しながら情報を探し出す「探索的メタデータ検索(Explorative Metadata Search)」を提案する.探索的メタデータ検索は,「視覚的オブジェクト」を用いることで直接操作による検索式やファセット検索を実現して,検索クエリ作成の支援を行う.さらに,視覚的オブジェクトを自由に組み合わせることのできる「検索作業空間」を提供することで,多様...
中川 真紀, 塚田 浩二, 椎尾 一郎
情報処理学会論文誌   52(4) 1537-1551   2011年4月
多くの女性は美しい肌を保ちたいと考えているが,美しい肌を保つことは手間がかかり,困難である.そこで我々はライフログを利用した遠隔美肌カウンセリングシステムを提案する.これは,肌に関連した要素のログを簡単にとり,そのデータを美容の専門家と共有することで適切なスキンケアアドバイスを受けることができるシステムである.このシステムを使うことで誰でも簡単により美しい肌を保つことができると考えられる.本研究ではまず事前に専門家へのインタビューを通してシステムに必要な要素を調査する.次に,必要条件に基づ...
沖 真帆, 塚田 浩二, 栗原 一貴, 椎尾 一郎
情報処理学会論文誌   52(4) 1586-1598   2011年4月
本研究では,家庭内の様子をオルゴールのメタファを用いて音で提示するインタフェース「イルゴール」を提案する.イルゴールの背面に設置したぜんまいを巻いてふたを開くと,オルゴールのBGMに乗せて,過去の家庭の音が聞こえてくる.このように,オルゴールで過去の思い出を振り返るような感覚で家庭の様子を知ることができる.本論文では,実験住宅に複数のセンサを設置してユーザの行動を取得し,イルゴールを用いて生活状況が確認できるかを検証した.We propose a music-box-type interf...
神原 啓介, 永田 周一, 塚田 浩二
情報処理学会論文誌   52(4) 1621-1634   2011年4月
Web上では人々によって描かれた多くの絵が公開・共有されているが,それらを再利用することは難しく,あまり行われていない.もし他の人の描いた絵を簡単に再利用でき,また再利用しやすい形で公開することができれば,より多くの人が手軽に絵を活用できるようになると考えられる.そこで我々はWebブラウザ上で絵を編集でき,他の人の描いた絵から「派生」させて新しい絵を作成することのできる2種類のWebアプリケーション:「Willustrator」と「TwitPaint」を開発した.ドロー系であるWillus...
Ayumi Kawakami,Koji Tsukada,Keisuke Kambara,Itiro Siio
Proceedings of the 5th International Conference on Tangible and Embedded Interaction 2011, Funchal, Madeira, Portugal, January 22-26, 2011   263-264   2011年   [査読有り]
Mizuho Komatsuzaki,Koji Tsukada,Itiro Siio
Proceedings of the 16th International Conference on Intelligent User Interfaces, IUI 2011, Palo Alto, CA, USA, February 13-16, 2011   363-366   2011年   [査読有り]
Keisuke Kambara,Koji Tsukada
UbiComp 2011: Ubiquitous Computing, 13th International Conference, UbiComp 2011, Beijing, China, September 17-21, 2011, Proceedings   601-602   2011年   [査読有り]
Mizuho Komatsuzaki,Koji Tsukada,Itiro Siio,Pertti Verronen,Mika Luimula,Sakari Pieskä
UbiComp 2011: Ubiquitous Computing, 13th International Conference, UbiComp 2011, Beijing, China, September 17-21, 2011, Proceedings   599-600   2011年   [査読有り]
Maki Nakagawa,Koji Tsukada,Itiro Siio
UbiComp 2011: Ubiquitous Computing, 13th International Conference, UbiComp 2011, Beijing, China, September 17-21, 2011, Proceedings   483-484   2011年   [査読有り]
Maki Nakagawa,Koji Tsukada,Itiro Siio
Proceedings of the 2nd Augmented Human International Conference, AH 2011, Tokyo, Japan, March 13, 2011   21   2011年   [査読有り]
Ray Yun,Mark D. Gross,Dan Newton,Array,Andrew Stevenson,Christopher Perez,Roel Vertegaal,Ayumi Kawakami,Koji Tsukada,Keisuke Kambara,Itiro Siio
Interactions   18(4) 8-9   2011年   [査読有り]
神原啓介, 塚田浩二
コンピュータソフトウェア   28(2) 2.172-2.182 (J-STAGE)   2011年
神原啓介, 塚田浩二
コンピュータソフトウェア   28(4) 4.206-4.221 (J-STAGE)   2011年
太田 裕治, 元岡 展久, 椎尾 一郎, 塚田 浩二, 神原 啓介
電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. C, A publication of Electronics, Information and System Society   130(3) 383-387   2010年3月
Computers become smaller and cheaper from day to day, and the utilization, as daily life equipments, is now becoming ubiquitous. Therefore, it's essential to discuss the development of applications, as well as the installation of ubiquitous comput...
沖真帆, 塚田浩二, 栗原一貴, 椎尾一郎
情報処理学会シンポジウム論文集   2010(4) 17-20   2010年2月
中川真紀, 塚田浩二, 椎尾一郎
情報処理学会シンポジウム論文集   2010(4) 235-238   2010年2月
塚田 浩二
コンピュータソフトウェア   27(1) 3-17   2010年1月
本論文では,ユビキタス・インタフェースの開発を支援するさまざまなデバイス/ツールキットを紹介する.そして,複数のデバイス/ツールキットを組み合わせて,日曜大工や日曜プログラミングのような感覚で,手軽にユビキタス・インタフェースを構築できる「日曜ユビキタスのためのミドルウェア群:MobiServer」を提案する.さらに,MobiServerを用いたシステム開発の実例を示す.
神原 啓介, 塚田 浩二
コンピュータソフトウェア   27(1) 48-55   2010年1月
「キラキラ」「もこもこ」といったオノマトペを用いた表現は日常会話や文章,漫画の中で慣れ親しまれているが,コンピュータとのインタラクションではあまり活用されていない.そこで本研究では感覚的で親しみやすいといったオノマトペの特徴を活かしたインタラクション手法を提案する.今回試作したペイントシステム「オノマトペン」では,オノマトペを声に出しながら線を引くことで,そのオノマトペに応じた質感や形状の線を描ける.例えば「ギザギザ~」と言いながら線を描くことでギザギザした折れ線が描かれる.声に出しながら...
辻田 眸, 塚田 浩二, 椎尾 一郎
コンピュータソフトウェア   27(1) 18-28   2010年1月
距離を隔てて暮らす人たちに,相手の存在感や振る舞いなどのアウェアネスを伝えることで,従来の電話やメールを補完もしくは置き換えようとする新しいコミュニケーションシステムが多数提案されている.本研究では,日常生活における行動の偶然の一致が,話題のきっかけ,親近感,連帯感などをもたらすことに着目し,遠隔地にいる人々の行動が偶然一致したことを伝達する,新しいコミュニケーションシステムを提案する.また,ドアの開閉,ソファーへの着席,テレビの視聴などを検出して一致を伝達するシステムを試作し,研究室間で...
元岡 展久, 椎尾 一郎, 太田 裕治, 塚田 浩二, 神原 啓介, 井口 雅登
総合論文誌 / 日本建築学会 [編]   (8) 77-82   2010年1月
Computers become from day to day smaller and cheaper: their utilization, as daily life equipments, is now ubiquitous, even if we are not always quite so conscious about it. It's therefore essential to think about the development of ubiquitous comp...
Koji Tsukada,Keisuke Kambara
Adjunct proceedings of the 23nd annual ACM symposium on User interface software and technology, UIST '10, New York, New York, USA, October 3-6, 2010   403-404   2010年   [査読有り]
Koji Tsukada,Maho Oki
Proceedings of the 4th International Conference on Tangible and Embedded Interaction 2010, Cambridge, MA, USA, January 24-27, 2010   387-388   2010年   [査読有り]
Koji Tsukada,Maho Oki
Pervasive Computing, 8th International Conference, Pervasive 2010, Helsinki, Finland, May 17-20, 2010. Proceedings   112-129   2010年   [査読有り]
Keisuke Kambara,Koji Tsukada
Entertainment Computing - ICEC 2010, 9th International Conference, ICEC 2010, Seoul, Korea, September 8-11, 2010. Proceedings   43-54   2010年   [査読有り]
Koji Tsukada,Yuka Mizushima,Ai Ogata,Itiro Siio
UbiComp 2010: Ubiquitous Computing, 12th International Conference, UbiComp 2010, Copenhagen, Denmark, September 26-29, 2019, Adjunct Papers Proceedings   439-440   2010年   [査読有り]
Maki Nakagawa,Koji Tsukada,Itiro Siio
Proceedings of the 28th International Conference on Human Factors in Computing Systems, CHI 2010, Extended Abstracts Volume, Atlanta, Georgia, USA, April 10-15, 2010   3811-3816   2010年   [査読有り]
Hitomi Tsujita,Koji Tsukada,Itiro Siio
Proceedings of the 28th International Conference on Human Factors in Computing Systems, CHI 2010, Atlanta, Georgia, USA, April 10-15, 2010   2481-2490   2010年   [査読有り]
Hitomi Tsujita,Koji Tsukada,Keisuke Kambara,Itiro Siio
Proceedings of the International Conference on Advanced Visual Interfaces, AVI 2010, Roma, Italy, May 26-28, 2010   127-132   2010年   [査読有り]
塚田浩二, 沖真帆
コンピュータソフトウェア   27(1) 1.89-1.100 (J-STAGE)   2010年
渡邊 恵太, 塚田 浩二, 安村 通晃
ヒューマンインタフェース学会論文誌   11(1) 69-76   2009年2月
Hitomi Tsujita,Koji Tsukada,Itiro Siio
Proceedings of the 27th International Conference on Human Factors in Computing Systems, CHI 2009, Extended Abstracts Volume, Boston, MA, USA, April 4-9, 2009   3401-3406   2009年   [査読有り]
Hitomi Tsujita,Koji Tsukada,Itiro Siio
Proceedings of the working conference on Advanced Visual Interfaces, AVI 2008, Napoli, Italy, May 28-30, 2008   449-453   2008年   [査読有り]
Hitomi Tsujita,Itiro Siio,Koji Tsukada
Extended Abstracts Proceedings of the 2007 Conference on Human Factors in Computing Systems, CHI 2007, San Jose, California, USA, April 28 - May 3, 2007   2699-2704   2007年   [査読有り]
Asako Fukumoto,Koji Tsukada,Jun Kurumizawa,DongSheng Cai
Proceedings of the 4th Symposium on Applied Perception in Graphics and Visualization, APGV 2007, Tübingen, Germany, July 25-27, 2007   143   2007年   [査読有り]
椎尾 一郎, 増井 俊之, 塚田 浩二
情報処理学会論文誌   46(7) 1661-1670   2005年7月
だれもがいつでもどこでも情報を操作できるユビキタスコンピューティング環境を実現するための各種の研究がさかんになっている.しかし,高価な位置センサや入出力デバイスを多くの場所に正確に設置する必要があるものや,単純な機能しか提供しないものが多く,ユビキタスコンピューティング環境で必要とされる,安価/頑丈かつ必要十分な機能を提供する装置は従来あまり提案されていなかった.本論文では,動きセンサとID認識装置を組み合わせた入力装置"MouseField"を提案する.RFIDなどを内蔵する物体をMou...
Asako Fukumoto,Koji Tsukada,DongSheng Cai,Michiaki Yasumura
Proceedings of the 2nd Symposium on Applied Perception in Graphics and Visualization, APGV 2005, A Coruña, Spain, August 26-28, 2005   155   2005年   [査読有り]
Koji Tsukada,Michiaki Yasumura
UbiComp 2004: Ubiquitous Computing: 6th International Conference, Nottingham, UK, September 7-10, 2004. Proceedings   384-399   2004年   [査読有り]
Toshiyuki Masui,Koji Tsukada,Itiro Siio
UbiComp 2004: Ubiquitous Computing: 6th International Conference, Nottingham, UK, September 7-10, 2004. Proceedings   319-328   2004年   [査読有り]
塚田浩二, 安村通晃
情報処理学会論文誌   44(11) 2649-2658   2003年11月
既存のコンピュータの出力インタフェースは主に視覚を利用するものであったが,モバイル環境,ユビキタス環境などの,コンピュータの利用場面の多様化にともない,視覚以外の情報提示手法の重要性が高まってきている.特に触覚を用いた情報提示は,注意量をあまり必要としないため,常時利用可能な情報提示手法として有望である.しかし,従来のモバイル環境での触覚情報提示手法の多くは,携帯電話のバイブレータのように,注意喚起程度の用途で利用されることが多かった.本研究ではモバイル環境において,方位情報を含む多ビット...
塚田浩二, 安村通晃
情報処理学会論文誌   43(12) 3675-3684   2002年12月
本研究ではモバイル環境において,手指のジェスチャを用いて情報機器や情報家電機器の操作を実現する指装着型のウェアラブルデバイスUbi-Fingerを提案し,実装および評価を行った.ジェスチャは誰もが利用できる日常的なコミュニケーション手段であると同時に,身体性をともなった直感的な入力が可能であるという利点を持っており,これまでも主にVirtual Realityなどの分野で積極的に利用されてきた.一方,コンピュータの利用分野はモバイル環境やユビキタス環境など,実生活全般に大きく拡大しつつある...
塚田浩二, 高林哲, 増井俊之
情報処理学会論文誌   43(12) 3718-3721   2002年12月
本論文では,Web上のリンク先の情報の鮮度が直感的に分かる情報視覚化システム「廃れるリンク」を提案する.実世界のモノは古くなると徐々に外見的に廃れていき,一目で鮮度が判別できる.廃れるリンクはこうした実世界の「モノが廃れる」メタファをWebページに適用し,リンク先のページの鮮度に応じてリンクが「廃れていく」視覚化効果を与えるシステムである.本システムを利用すれば,ユーザはリンクの鮮度を一目で判断し,より効率的にWebを閲覧できる.In this paper,we propose a new...

Misc

 
中江一哉, 塚田浩二
情報処理学会研究報告(Web)   2018(HCI-177) Vol.2018‐HCI‐177,No.6,1‐8 (WEB ONLY)   2018年3月
西田樹, 塚田浩二
情報処理学会研究報告(Web)   2018(HCI-177) Vol.2018‐HCI‐177,No.17,1‐7 (WEB ONLY)   2018年3月
会津慎弥, 塚田浩二
日本ソフトウェア科学会研究会資料シリーズ(Web)   (81) ROMBUNNO.1‐A07 (WEB ONLY)   2017年
蛯名真紀, 沖真帆, 塚田浩二
日本ソフトウェア科学会研究会資料シリーズ(Web)   (78) ROMBUNNO.3‐A09 (WEB ONLY)   2016年
西田樹, 沖真帆, 塚田浩二
日本ソフトウェア科学会研究会資料シリーズ(Web)   (78) ROMBUNNO.3‐A21 (WEB ONLY)   2016年
今泉友宏, 鈴木陽亮, 沖真帆, 塚田浩二
ヒューマンインタフェースシンポジウム論文集(CD-ROM)   2015 ROMBUNNO.1223   2015年9月
仲松聡, 木村和弘, 沖真帆, 塚田浩二
ヒューマンインタフェースシンポジウム論文集(CD-ROM)   2015 ROMBUNNO.1222   2015年9月
Koji Tsukada, Maho Oki, Kazutaka Kurihara, Yuko Furudate
   2015年4月
People often have difficulty to take pictures of animals, since animals
usually do not react with cameras nor understand verbal directions. To solve
this problem, we developed a new interaction technique, AnimalCatcher, which
can attract animals' ...
山本貴文, 塚田浩二, 沖真帆
電子情報通信学会技術研究報告   114(479(MoNA2014 92-101)) 55-60   2015年2月
山本貴文, 塚田浩二, 沖真帆
電子情報通信学会技術研究報告   114(480(ASN2014 156-172)) 61-66   2015年2月
新山大翔, 沖真帆, 塚田浩二
日本ソフトウェア科学会研究会資料シリーズ(Web)   (76) ROMBUNNO.2‐R16 (WEB ONLY)   2015年
堂林まどか, 沖真帆, 塚田浩二
日本ソフトウェア科学会研究会資料シリーズ(Web)   (76) ROMBUNNO.2‐R07 (WEB ONLY)   2015年
道貝駿斗, 沖真帆, 塚田浩二
日本ソフトウェア科学会研究会資料シリーズ(Web)   (76) ROMBUNNO.2‐R19 (WEB ONLY)   2015年
太田啓介, 沖真帆, 塚田浩二
日本ソフトウェア科学会研究会資料シリーズ(Web)   (76) ROMBUNNO.1‐R03 (WEB ONLY)   2015年
仲松聡, 沖真帆, 塚田浩二
日本ソフトウェア科学会研究会資料シリーズ(Web)   (76) ROMBUNNO.3‐R18 (WEB ONLY)   2015年
塚田 浩二
情報処理   55(10) 1080-1081   2014年9月
三久保莉也, 塚田浩二, 椎尾一郎
電子情報通信学会技術研究報告   113(495(MoNA2013 71-84)) 357-362   2014年3月
市岡陽子, 塚田浩二, 椎尾一郎
電子情報通信学会技術研究報告   113(495(MoNA2013 71-84)) 351-356   2014年3月
三久保 莉也, 塚田 浩二, 椎尾 一郎
研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)   2014(4) 1-6   2014年3月
近年,レーザー加工機などの普及に伴い,アクリル板の表面に彫刻を施した作品作り (アクリル彫刻) が身近になりつつある.こうしたアクリル彫刻は液晶バックライトのように,側面から光を投射することで彫刻模様が浮かび上がり,美しく魅せることができる.我々は,こうしたアクリル彫刻をシンプル/安価な仕組みでインタラクティブな入力装置として扱えるシステム 「AcrySense」 を提案する.AcrySense は,LED とフォトダイオードが配置された基板をアクリル彫刻の下部に配置し,LED を光源とし...
市岡 陽子, 塚田 浩二, 椎尾 一郎
研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)   2014(3) 1-6   2014年3月
近年スポーツを行う際に,競技者自身が自身の状態を把握するシステムは多くある.一方で,それらの情報をリアルタイムで周囲に表示させることは少ない.本研究では,自転車を走行する際に,競技者の状態 (例:心拍数) を自転車のホイールを残像ディスプレイとして活用して周囲に提示することで,新しいスポーツピジュアライゼーションを支援するシステム 「AwareCycle」 を提案する.Recently there are many systems that log a sportsman's physic...
山本貴文, 沖真帆, 塚田浩二
日本ソフトウェア科学会研究会資料シリーズ(Web)   (75) ROMBUNNO.3A‐01(WEB ONLY)   2014年
橋本遼太朗, 塚田浩二, 栗原一貴
日本ソフトウェア科学会研究会資料シリーズ(Web)   (75) ROMBUNNO.3A‐06(WEB ONLY)   2014年
池田昂平, 塚田浩二
日本ソフトウェア科学会研究会資料シリーズ(Web)   (75) ROMBUNNO.2A‐01(WEB ONLY)   2014年
木村和弘, 沖真帆, 塚田浩二
日本ソフトウェア科学会研究会資料シリーズ(Web)   (75) ROMBUNNO.3A‐05(WEB ONLY)   2014年
遠藤美輝, 沖真帆, 塚田浩二
日本ソフトウェア科学会研究会資料シリーズ(Web)   (75) ROMBUNNO.2A‐14(WEB ONLY)   2014年
塚田 浩二
情報処理   54(11)    2013年10月
門村亜珠沙, LI Kelvin Cheng‐Yuan, CHEN Andy Yen‐Chang, CHU Hao‐hua, 塚田浩二, 椎尾一郎
情報処理学会研究報告(Web)   2013(UBI-39) VOL.2013-UBI-39,NO.10 (WEB ONLY)   2013年7月
門村 亜珠沙, 李 爭原, 陳 嚴章, 朱 浩華, 塚田 浩二, 椎尾 一郎
研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)   2013(10) 1-5   2013年7月
子供の食行動を改善することを目的に,食行動 (食事中の動作と食べようとしている食材の種類) を検出するフォーク型デバイス:センシングフォークを開発した.本論文では,センシングフォークのプロトタイプ設計と実装,および,これと連携して動くスマートフォン用ゲームアプリケーション:腹ペコパンダについて述べる.We propose a fork-type sensing device, Sensing Fork, which detects children's eating behavior (e...
栗原一貴, 塚田浩二
人工知能学会誌   28(2) 318-325   2013年3月
福地あゆみ, 塚田浩二, 椎尾一郎
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   2013(1) ROMBUNNO.2EXB-29   2013年2月
冨永 祐衣, 塚田 浩二, 椎尾 一郎
電子情報通信学会技術研究報告. MoMuC, モバイルマルチメディア通信   111(476) 19-24   2012年3月
本研究では,ふわふわとした柔らかい形態から手触りの良く安定した形態までを自在に構築できる,「フェルト羊毛」という素材と導電性繊維(糸・布・綿)を組み合わせる新しい電子手芸手法を提案する.その具体例として,やわらかな手触りを持つ入力インタフェース「ふわもにゅマトリクス」を実装し,フェルト羊毛と導電性繊維,スナップボタンなどを中心に,センサ部からマトリクス回路部,制御部までをできるだけ柔軟な質感で構築する手法について,詳しく紹介する.
Kazutaka Kurihara, Koji Tsukada
   2012年2月
In this paper we report on a system, "SpeechJammer", which can be used to
disturb people's speech. In general, human speech is jammed by giving back to
the speakers their own utterances at a delay of a few hundred milliseconds.
This effect can dis...
渡辺 千穂, 塚田 浩二
ヒューマンインタフェース学会誌 = Journal of Human Interface Society : human interface   13(3)    2011年8月
塚田 浩二
日本ロボット学会誌   29(4) 357-358   2011年5月
辻田 眸, 川原 夕季, 塚田 浩二, 椎尾 一郎
研究報告 ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)   2011(7) 1-6   2011年5月
通信技術の発達により,昔に比べると遠距離間でもコミュニケーションをとりやすくなっている.しかし時差がある場合,相手の時間等を気にする必要があり,コミュニケーションをとることが難しい.そこで,我々は時差を考慮した遠隔コミュニケーション支援システムを提案する.その具体例として "AsyncDecor","CU-Later" について述べる.これらは遠隔地の相手の行動をリアルタイムに伝達するのではなく,時差の分だけずらしてその行動を伝達するシステムである.本稿では AsyncDecor, CU-...
冨永祐衣, 塚田浩二, 椎尾一郎
情報処理学会シンポジウム論文集   2011(3) 665-668   2011年3月
神原啓介, 塚田浩二
情報処理学会シンポジウム論文集   2011(3) 585-588   2011年3月
小谷尚子, 塚田浩二, 渡邊恵太, 椎尾一郎
情報処理学会シンポジウム論文集   2011(3) 239-242   2011年3月
沖真帆, 塚田浩二, 椎尾一郎
情報処理学会シンポジウム論文集   2011(3) 339-342   2011年3月
門村亜珠沙, 塚田浩二, 馬場哲晃, 串山久美子
情報処理学会シンポジウム論文集   2011(3) 789-792   2011年3月
中森玲奈, 塚田浩二, 椎尾一郎
情報処理学会シンポジウム論文集   2011(3) 367-370   2011年3月
川原夕季, 辻田眸, 塚田浩二, 椎尾一郎
情報処理学会シンポジウム論文集   2011(3) 707-710   2011年3月
後藤孝行, 塚田浩二, 濱崎雅弘, 武田英明
情報処理学会シンポジウム論文集   2011(3) 421-424   2011年3月
田島奈々美, 塚田浩二, 椎尾一郎
情報処理学会シンポジウム論文集   2011(3) 227-230   2011年3月
小松崎瑞穂, 塚田浩二, 椎尾一郎
全国大会講演論文集   2011(1) 603-605   2011年3月
本研究では,複数の収納箱に物が収納されている状態を前提に,2次元コードと写真を利用した物探し支援システム「DrawerFinder」を提案する.本システムは,ユーザが,2次元コードを付けた収納箱の前で,物の出し入れをする様子を棚上側に設置したカメラで自動的に記録する.ユーザは,PC や携帯電話上のWeb ブラウザで,手軽にこれらの箱写真や周辺状況を閲覧できる.本稿では,本システムを研究室内で実際に運用した知見についてまとめる.
緒方亜衣, 塚田浩二, 椎尾一郎
全国大会講演論文集   2011(1) 231-233   2011年3月
本研究では,郵便物が受取人のポストに投函されたことを検出し,差出人/受取人双方に手軽に通知することで,両者間のコミュニケーションを支援するシステムを提案する.まず,差出人/受取人間で,事前に2次元コードのデータを共有する.次に,差出人は2次元コードを手紙に添付して投函する.そして,受取人の郵便箱に手紙が投函されると,内部のWebカメラが郵便物を撮影し,撮影画像から2次元コードを認識する.最後に,2次元コードから差出人を特定し,差出人/受取人に撮影画像と共に送信する.
川上あゆみ, 塚田浩二, 神原啓介, 椎尾一郎
全国大会講演論文集   2011(1) 243-245   2011年3月
本研究では人と植物の関係に着目し,植物を育てることを支援するとともに,植物に対する興味や愛着を深めることを目的とした植木鉢ロボットPotPet を提案する.動物などに比べると,植物は人の世話に対するフィードバックに時間がかかり,植物に影響する様子がわかりにくい.外観から植物が現在どのような状態にあり,どのような世話をすべきなのかわかりにくいことも,植物を育てることの難しさにつながっている.そこで,自律的に動き,即座にフィードバックを返す植木鉢型ロボットに本物の植物を乗せることで,植物をペッ...
神原啓介, 塚田浩二
人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM)   25th ROMBUNNO.1C2-OS4B-12   2011年
辰田恵美, 塚田浩二, 椎尾一郎
全国大会講演論文集, 一般社団法人情報処理学会, 2011-03-02   241-243   2011年
ビーズを用いたアクセサリーや小物製作は幅広く普及した趣味である.本研究では,ビーズ手芸の新しい可能性として,ビーズアクチュエータ(駆動装置)を試作し,それを用いたビーズロボットを提案する.ビーズアクチュエータは,動力として形状記憶合金を用いる.ビーズの形状を利用することで,形状記憶合金の動きを制約し,意図した動きを実現させる.本論文では,4方向に曲げられるひも状のビーズアクチュエータを試作し,数種類のビーズロボットに組み込んだ事例を紹介する.
塚田 浩二
ヒューマンインタフェース学会誌 = Journal of Human Interface Society : human interface   12(3) 171-174   2010年8月
塚田 浩二
ヒューマンインタフェース学会誌 = Journal of Human Interface Society : human interface   12(3) 189-194   2010年8月
田島 奈々美, 塚田 浩二, 椎尾 一郎
電子情報通信学会技術研究報告   110(130) 7-11   2010年7月
田島 奈々美, 塚田 浩二, 椎尾 一郎
研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)   2010(2) 1-5   2010年7月
洗濯物を干すという行為は日常的に行われる家事である.しかし,干した洗濯物が乾いたかどうかを知るためには,物干し場に行く必要があり,手間がかかる.そこで,本研究では,一般的なハンガーに無線センサを組み込むことで,洗濯物が乾いたことをさまざまなメディア (e.g. 音,光,メール,web) で通知するシステム 「AwareHanger」 を提案する.多様な通知方法を状況に合わせて使い分けることで,効率的に洗濯物を取り込めるだけでなく,退屈な作業となりがちな洗濯物干しにエンターテインメント性を取...
川上あゆみ, 塚田浩二, 神原啓介, 椎尾一郎
システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(CD-ROM)   54th ROMBUNNO.F15-3   2010年5月
水島 由郁, 塚田 浩二, 椎尾 一郎
研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)   2010(7) 1-6   2010年3月
郵便は,携帯電話や電子メールが普及した現在でも価値ある通信手段であるが,到着が即座に分からなかったり,広告チラシなどのスパムに埋もれやすいといった欠点を持つ.そこで,本研究では,一般的な家庭の郵便受けにカメラとセンサを内蔵することで,郵便物の写真を撮影/大まかな内容を判定して,Web上にアップロードするシステム「郵便着いったー」を提案する.ユーザは,パソコン/携帯電話などのWebブラウザ上から,郵便物の内容を写真やコメントで手軽に確認できる.また,郵便物判別の精度について評価実験を行い,本...
渡辺 千穂, 塚田 浩二, 椎尾 一郎
全国大会講演論文集   72(0) 181-182   2010年3月
沖 真帆, 塚田 浩二, 椎尾 一郎
全国大会講演論文集   72(0) 187-188   2010年3月
小松崎 瑞穂, 塚田 浩二, 椎尾 一郎
全国大会講演論文集   72(0) 133-134   2010年3月
小谷 尚子, 塚田 浩二, 渡邊 恵太, 椎尾 一朗
全国大会講演論文集   72(0) 205-206   2010年3月
森 麻紀, 栗原 一貴, 塚田 浩二, 椎尾 一郎
全国大会講演論文集   72(0) 441-442   2010年3月
椎尾 一郎, 元岡 展久, 塚田 浩二, 神原 啓介, 太田 裕治
ヒューマンインタフェース学会誌 = Journal of Human Interface Society : human interface   12(1) 7-12   2010年2月
中川真紀, 塚田浩二, 椎尾一郎
ヒューマンインタフェースシンポジウム論文集(CD-ROM)   2009 ROMBUNNO.1142   2009年9月
半田智子, 神原啓介, 塚田浩二, 椎尾一郎
ヒューマンインタフェースシンポジウム論文集(CD-ROM)   2009 ROMBUNNO.1215   2009年9月
小松崎瑞穂, 中川真紀, 塚田浩二, 椎尾一郎
ヒューマンインタフェースシンポジウム論文集(CD-ROM)   2009 ROMBUNNO.1141   2009年9月
川上あゆみ, 水上彩, 塚田浩二, 椎尾一郎
ヒューマンインタフェースシンポジウム論文集(CD-ROM)   2009 ROMBUNNO.2112   2009年9月
辻田眸, 北村香織, 神原啓介, 塚田浩二, 椎尾一郎
ヒューマンインタフェースシンポジウム論文集(CD-ROM)   2009 ROMBUNNO.1143   2009年9月
塚田浩二, 沖真帆
情報処理学会シンポジウム論文集   2009(4) 119-120   2009年2月
塚田浩二, 神原啓介
情報処理学会シンポジウム論文集   2009(4) 39-40   2009年2月
辻田眸, 塚田浩二, 椎尾一郎
コンピュータソフトウェア   26(1) 1.25-1.37 (J-STAGE)   2009年
中川真紀, 塚田浩二, 椎尾一郎
ヒューマンインタフェースシンポジウム論文集(CD-ROM)   2008 ROMBUNNO.3321   2008年9月
辻田眸, 塚田浩二, 椎尾一郎
ヒューマンインタフェースシンポジウム論文集(CD-ROM)   2008 ROMBUNNO.1223   2008年9月
塚田 浩二
ヒューマンインタフェース学会誌 = Journal of Human Interface Society : human interface   10(3) 219-226   2008年8月
塚田 浩二
ヒューマンインタフェース学会誌 = Journal of Human Interface Society : human interface   10(3) 259-260   2008年8月
辻田 眸, 塚田 浩二, 椎尾 一郎
情報処理学会研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)   2008(79) 9-14   2008年7月
さまざまな手段で遠隔コミュニケーションが可能となったものの,距離を隔てて暮らす人たちの問題はまだまだ解決されていない。そこで本研究では,遠隔地にいる人々の日常行為の一致に着目し,その情報を生活環境の中で適切な手段で相互に提示するコミュニケーション手段を提案し,一部の実装を行った。Despite the fact that various and widespread means of communicating such as mobile phones, instant messenge...
沖 真帆, 塚田 浩二, 栗原 一貴, 横尾 一郎
全国大会講演論文集   70(0) 241-242   2008年3月
杉田 奈緒子, 塚田 浩二, 杉野 碧, 椎尾 一郎
全国大会講演論文集   70(0) 243-244   2008年3月
森 麻紀, 栗原 一貴, 塚田 浩二, 椎尾 一郎
全国大会講演論文集   70(0) 245-246   2008年3月
福本麻子, 塚田浩二, 楜沢順
情報処理学会シンポジウム論文集   2008(4) 185-186   2008年3月
渡邊恵太, 塚田浩二
情報処理学会シンポジウム論文集   2008(4) 193-194   2008年3月
沖真帆, 塚田浩二, 栗原一貴, 椎尾一郎
情報処理学会シンポジウム論文集   2008(4) 177-178   2008年3月
森 麻紀, 栗原 一貴, 塚田 浩二, 椎尾 一郎
電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎   107(454) 69-72   2008年1月
日常生活の中で欠かせない食事をより楽しくするために,我々は食卓の彩りに着目し,いろどりんシステムを構築した.本システムはまず,ユーザが盛り付けした料理を食卓上でカメラを用いて撮影し,取得画像から料理に使用されている色を分析し,彩り色(料理の彩りをよく見せるための色)を計算する.次に,得られた彩り色で柄を生成し,プロジェクタを用いて皿に投影する.これにより,ユーザがテーブルに置いた料理の,視覚的なおいしさの向上を実現する.
塚田 浩二
ヒューマンインタフェース学会誌 = Journal of Human Interface Society : human interface   9(3) 225-227   2007年8月
福本 麻子, 蔡 東生, 楜沢 順, 塚田 浩二
日本色彩学会誌   31 128-129   2007年5月
杉野碧, 塚田浩二, 椎尾一郎
情報処理学会全国大会講演論文集   69th(4) 4.283-4.284   2007年3月
辻田眸, 塚田浩二, 椎尾一郎
情報処理学会全国大会講演論文集   69th(4) 4.203-4.204   2007年3月
増井俊之, 塚田浩二
情報処理学会夏のプログラミング・シンポジウム報告集   2006 67-74   2007年1月
辻田眸, 塚田浩二, 椎尾一郎
人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM)   21st 2B4-7   2007年
塚田 浩二
日本バーチャルリアリティ学会誌 = Journal of the Virtual Reality Society of Japan   11(3) 190-191   2006年9月
福本 麻子, 塚田 浩二, 蔡 東生, 安村 通晃
日本色彩学会誌   30 78-79   2006年5月
塚田浩二, 増井俊之
情報処理学会シンポジウム論文集   2006(4) 53-54   2006年3月
福本麻子, 塚田浩二, 蔡東生, 安村通晃
情報処理学会シンポジウム論文集   2006(4) 79-80   2006年3月
福本麻子, 塚田浩二, CAI Dong Sheng, 安村通晃
画像電子学会誌   34(4) 311-318   2005年7月
渡辺香奈, 塚田浩二, 渡辺恵太, 安村通晃
情報処理学会シンポジウム論文集   2005(4) 45-46   2005年2月
椎尾一郎, 塩沢秀和, 増井俊之, 塚田浩二
情報処理学会シンポジウム論文集   2005(4) 199-200   2005年2月
石山琢子, 塚田浩二, 安村通晃
ヒューマンインタフェースシンポジウム論文集   2005(2) 483-486   2005年
塚田浩二, 増井俊之
情報処理学会シンポジウム論文集   2004(5) 45-46   2004年3月
渡辺香奈, 塚田浩二, 渡辺恵太, 安村通晃
ヒューマンインタフェースシンポジウム論文集   2004 (CD-ROM) 2541   2004年
大橋正興, 塚田浩二, 樋口文人, 安村通晃
ヒューマンインタフェースシンポジウム論文集   2003 485-488   2003年9月
高林哲, 塚田浩二, 増井俊之
情報処理学会シンポジウム論文集   2003(7) 33-34   2003年2月

講演・口頭発表等

 
塚田浩二
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   2014年7月2日