常松 友美

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/11 15:20
 
アバター
研究者氏名
常松 友美
 
ツネマツ トモミ
ハンドル
常松友美
eメール
tsunefris.tohoku.ac.jp
所属
東北大学
部署
学際科学フロンティア研究所
職名
助教
学位
博士(理学)(総合研究大学院大学)
その他の所属
生命科学研究科超回路脳機能分野国立研究開発法人科学技術振興機構
科研費研究者番号
80726539

プロフィール

寝るのが好きなので、睡眠の研究をしています。
電気生理、免疫染色、行動薬理、最近はオプトジェネティックスも使って、スライスから個体まで幅広く実験しています。

研究分野

 
 

経歴

 
2018年10月
 - 
現在
国立研究開発法人科学技術振興機構 さきがけ研究員
 
2017年4月
 - 
現在
東北大学  学際科学フロンティア研究所 助教
 
2016年5月
 - 
2017年3月
University of Strathclyde Strathclyde Institute of Pharmacy and Biomedical Sciences (SIPBS) Research Associate
 
2013年4月
 - 
2014年3月
名古屋大学 環境医学研究所 日本学術振興会特別研究員(PD)
 
2014年4月
 - 
2016年3月
University of Strathclyde 日本学術振興会海外特別研究員
 

学歴

 
2008年4月
 - 
2011年3月
総合研究大学院大学 生命科学研究科 生理科学専攻
 
2006年4月
 - 
2008年3月
筑波大学大学院 人間総合科学研究科 フロンティア医科学専攻
 
2002年4月
 - 
2006年3月
筑波大学 第二学群 生物学類
 

受賞

 
2018年3月
東北大学男女共同参画推進センター 第1回東北大学優秀女性研究者賞「紫千代萩賞」農学・生命科学分野 電気生理学および光遺伝学的手法を用いた睡眠研究
 
2015年7月
名古屋大学環境医学研究所 環境医学研究所若手優秀論文賞
 
2017年6月
日本睡眠学会 日本睡眠学会第42回定期学術集会ベストプレゼンテーション賞
 
2011年8月
包括脳ネットワーク 若手優秀発表賞
 
2013年2月
FENS, JNS FENS-JNS Young Researcher Exchange Program
 

論文

 
Distinct Temporal Coordination of Spontaneous Population Activity between Basal Forebrain and Auditory Cortex.
Yague JG, Tsunematsu T, Sakata S
Front Neural Circuits   11(64)    2017年9月   [査読有り][招待有り]
Scharf R, Tsunematsu T, McAlinden N, Dawson MD, Sakata S, Mathieson K
Sci Rep   6 28381   2016年6月   [査読有り]
Inutsuka A, Inui A, Tabuchi S, Tsunematsu T, Lazarus M, Yamanaka A
Neuropharmacology   85 451-460   2014年6月   [査読有り]
Ohmura Y, Tanaka KF, Tsunematsu T, Yamanaka A, Yoshioka M
Int J Neuropsychopharmacol.   17(11) 1777-1783   2014年5月   [査読有り]
Tsunematsu T, Ueno T, Tabuchi S, Inutsuka A, Tanaka KF, Hasuwa H, Kilduff TS, Terao A, Yamanaka A
J Neurosci   34(20) 6896-6909   2014年5月   [査読有り]

書籍等出版物

 
光が拓く神経科学の未来―オプトジェネティクスと光イメージング
常松 友美、森澤陽介、松井広 (担当:共著, 範囲:睡眠の光操作とグリア細胞機能の役割)
Clinical Neuroscience   2018年8月   
Orexin and Sleep
山中 章弘、常松 友美 (担当:共著, 範囲:Elucidation of Neuronal Circuitry Involved in the Regulation of Sleep/Wakefulness Using Optogenetics)
Springer   2015年9月   
Optogenetics Light-Sensing Proteins and Their Applications
常松 友美、山中 章弘 (担当:共著, 範囲:Chapter 17: Elucidation of Neuronal Circuitry Involved in the Regulation of Sleep/Wakefulness Using Optogenetics)
Springer   2015年6月   
オプトジェネティクス〜光工学と遺伝学による行動制御技術の最前線〜
常松 友美、山中 章弘 (担当:共著, 範囲:第3編第1章第4節)
エヌ・ティー・エス   2013年4月   
オレキシン受容体拮抗薬の登場と不眠症治療のパラダイムシフト
常松 友美、山中 章弘 (担当:共著, 範囲:オレキシン受容体拮抗薬の作用メカニズム)
睡眠医療   2014年11月   

講演・口頭発表等

 
Pontine neural ensemble dynamics during P-waves in mice
常松 友美、坂田秀三
Neuroscience 2018   2018年11月5日   
助教合宿報告
常松 友美
連携型博士研究人材総合育成システムシンポジウム2018   2018年10月4日   
マウスにおけるレム睡眠P波発生機序の電気生理学的解析 [招待有り]
常松 友美、坂田秀三
日本睡眠学会第43回定期学術集会   2018年7月13日   
The Dynamics of Brainstem Neuronal Activity during P-waves in Mice
Tomomi Tsunematsu, Shuzo Sakata
11th FENS Forum of European Neuroscience   2018年7月9日   
多種多様な手法を用いた睡眠研究
常松友美
第7回東北脳科学ウィンタースクール   2018年2月24日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
グリア細胞光計測によるレム睡眠理解
国立研究開発法人科学技術振興機構: さきがけ
研究期間: 2018年10月 - 2022年3月    代表者: 常松 友美
アストロサイト容積光制御による睡眠機能の解明
JST: JST連携型博士研究人材総合育成システム次世代研究者育成プログラム
研究期間: 2017年 - 2019年    代表者: 常松 友美
東北大学男女共同参画推進センター: スタートアップ研究費
研究期間: 2017年 - 2019年    代表者: 常松 友美
レム睡眠P波発生メカニズムの電気生理学的探究
科学研究費助成事業: 研究活動スタート支援
研究期間: 2017年 - 2019年    代表者: 常松 友美
視床下部ペプチド作動性神経活動の光操作による本能行動発現制御
日本学術振興会: 日本学術振興会特別研究員(PD)奨励費
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 常松 友美