共同研究・競争的資金等の研究課題

2010年 - 2012年

裁判員の量刑判断におけるヒューリスティックス利用とその既定因

日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)
  • 森 津太子

課題番号
22730485
配分額
(総額)
1,950,000円
(直接経費)
1,500,000円
(間接経費)
450,000円

2009年に始まった裁判員制度では、それまでの裁判に比べ、量刑判断にばらつきが見られることが指摘されている。その原因の一つとして本研究では、量刑判断における裁判員のヒューリスティック利用に着目し、それを検証する4つの実験研究を行った。結果は、量刑判断に係留と調整ヒューリスティックが利用されていることを示唆するものであり、事前に提示された係留値は、明らかに無関係なものであっても、量刑の長さに影響を与えていた。

リンク情報
URL
https://kaken.nii.ac.jp/file/KAKENHI-PROJECT-22730485/22730485seika.pdf
ID情報
  • 課題番号 : 22730485