Matsuda Tsuyoshi

J-GLOBAL         Last updated: Aug 6, 2019 at 12:08
 
Avatar
Name
Matsuda Tsuyoshi
Affiliation
Iwate Medical University

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2016
 - 
Today
Part-time Lecturer, Faculty of Medical, Tokushima University
 
Apr 2016
 - 
Mar 2019
research assistants, Institute for Biomedical Sciences, Iwate Medical University
 
Jun 1997
 - 
Feb 2016
scientist, MR Applications and Workflow Asia Pacific, GE Healthcare Japan Corporation
 
Apr 1984
 - 
May 1997
radiological technologist, Radiological Center, University of Fukui University Hospital
 

Education

 
Apr 2016
 - 
Mar 2018
Master's Course, The Graduate School of Medicine, Iwate Medical University
 
Apr 1999
 - 
Mar 2002
Department of Liberal Arts, Faculty of Liberal Arts, The University of the Air
 
Apr 1980
 - 
Mar 1983
Kyoto radiological technology college
 

Published Papers

 
Kanazawa Y, Matsumoto Y, Harada M, Hayashi H, Matsuda T, Otsuka H
Radiological physics and technology   12(2) 185-193   Jun 2019   [Refereed]
Ito K, Ohtsuka C, Yoshioka K, Maeda T, Yokosawa S, Mori F, Matsuda T, Terayama Y, Sasaki M
Academic radiology      Jan 2019   [Refereed]
Kosaka N, Fujiwara Y, Kurokawa T, Matsuda T, Kanamoto M, Takei N, Takata K, Takahashi J, Yoshida Y, Kimura H
Magma (New York, N.Y.)   31(4) 577-584   Aug 2018   [Refereed]
Kobayashi S, Aokura N, Fujimoto R, Mori K, Kumazawa Y, Ando Y, Matsuda T, Nitto H, Arai K, Watanabe G, Saito T
Scientific reports   8(1) 11911   Aug 2018   [Refereed]
Kameda H, Kudo K, Matsuda T, Harada T, Iwadate Y, Uwano I, Yamashita F, Yoshioka K, Sasaki M, Shirato H
Journal of magnetic resonance imaging : JMRI   48(1) 94-101   Jul 2018   [Refereed]

Misc

 
松田 豪
日本磁気共鳴医学会雑誌   38(4) 96-102   Nov 2018
臨床でのmagnetic resonance spectroscopy(MRS)は準備スキャンから解析までほぼ全自動で行われるようになったが、質の高いスペクトルを取得するためには、十分な知識と技術が必要である。使用頻度の高い脳のproton MRSの計測・解析方法を、以下の項目ごとに概説した。1)静磁場強度とスペクトル、2)水抑制とスペクトル、3)エコー時間とスペクトル、4)領域選択と化学シフト、5)造影剤とMRS、6)MRSの後処理、について述べた。
MRIに求めるtechnical innovation 研究に携わる技術者の視点
松田 豪
日本放射線技術学会総会学術大会予稿集   74回 103-104   Mar 2018
7T-MRIによる血管壁イメージングを用いたレンズ核線条体動脈領域急性期ラクナ梗塞における血管壁病変の検討
名取 達徳, 佐々木 真理, 松田 豪, 伊藤 浩平, 鳴海 新介, 宮澤 晴奈, 椛沢 宏之, 寺山 靖夫
脳循環代謝   28(1) 160-160   Nov 2016
一酸化炭素中毒亜急性期における脳温と白質障害との関係
藤原 俊朗, 吉岡 芳親, 松田 豪, 西本 英明, 小川 彰, 小笠原 邦昭, 別府 高明
脳循環代謝   28(1) 176-176   Nov 2016
高橋 大輔, 小倉 明夫, 林 則夫, 清野 真也, 河合 良介, 松田 豪, 土井 司, 土橋 俊男
日本放射線技術学会雑誌   72(8) 674-680   Aug 2016
MR装置はIngenia 1.5T Omegaを用い、人工内耳はPULSARおよびCONCERTOの2機種を用い、添付文書やパンフレットに具体的記載のない制約条件について、詳細な情報を得ることを目的として、1.5T MR装置における条件付きMRI対応人工内耳の力学的作用(吸引力およびトルク)およびインプラント磁石の減磁現象について検証した。最大磁場勾配位置における2機種の平均偏向角はそれぞれ37.3°、45.8°と機種により異なり、並進吸引力は最大でも0.26Nであった。同機種間の変動誤差...