都築 伸二

J-GLOBALへ         更新日: 19/06/07 11:44
 
アバター
研究者氏名
都築 伸二
 
ツヅキ シンジ
URL
http://miyabi.ee.ehime-u.ac.jp/~tsuzuki/
所属
愛媛大学
部署
大学院理工学研究科 電子情報工学専攻
職名
准教授

学歴

 
 
 - 
1985年
愛媛大学 工学研究科 電子工学
 
 
 - 
1983年
愛媛大学 工学部 電子工学科
 

委員歴

 
2019年6月
 - 
現在
一般社団法人 電子情報通信学会四国支部  支部委員(2019年06月06日~2021年06月02日)
 
2010年5月
 - 
現在
愛媛大学スチューデント・キャンパス・ボランティア メディアサポーターズ映像部  技術顧問
 
2017年6月
 - 
2019年4月
電子情報通信学会四国支部  会計幹事
 
2001年5月
 - 
2020年12月
電子情報通信学会  ワイドバンドシステム研究専門委員会 専門委員, 2001.5.30~2021.6.2
 
2017年11月
 - 
2017年11月
2017年ビジネスモデル発見&発表会 四国松山大会】 ~100万人が選ぶ「拡張性の高いビジネスモデルとは」~  審査委員
 
2014年10月
 - 
2017年9月
電気学会  スマートグリッド・コミュニティのEMC問題調査専門委員会(AEMC1039)幹事
 
2016年4月
 - 
2017年3月
四国情報通信懇談会  ICT研究交流フォーラム 幹事
 
2016年4月
 - 
2017年3月
四国情報通信懇談会  運営委員長
 
2016年4月
 - 
2017年3月
総務省 四国総合通信局 電波監理部 電波利用環境課  電波適正利用推進員選考会委員
 
2016年4月
 - 
2017年3月
えひめ東予産業創造センター  入居審査専門員会委員
 
2016年4月
 - 
2017年3月
IEEE ISPLC  TPC member
 
2016年4月
 - 
2017年3月
電子情報通信学会 四国支部  支部運営委員
 
2017年1月
 - 
2017年1月
Challenge IoT Award 2016第3回ビジネスモデル発見&発表会四国大会 (G7特別高松大会)  審査委員
 
2016年11月
 - 
2016年11月
Challenge Japan IoT Award 2016 ICTビジネスモデル発見&発 表会 四国大会  審査委員
 
2015年11月
 - 
2015年11月
2015年ビジネスモデル発見&発表会 四国松山大会~  審査委員
 
2011年
 - 
2013年
電気学会  A部門、AEMC1031, スマートグリッドとEM C調査専門委員会, 2011/4/1--2014/3/31, 委員
 
2011年
 - 
2012年
IEEE Shikoku-Section  Chair
 
2011年
 - 
2011年
情報処理学会  インターネットと運用技術研究会(IOT)専門委員
 
2010年
 - 
2011年
電子情報通信学会  代議員 (地域、職域を考慮して支部から推薦された互選代議員)
 
2010年
 - 
2010年
映像情報メディア学会  2010年度年次大会 四国支部実行委員会委員
 
2009年
 - 
2010年
IEEE Shikoku-Section  Vice Chair
 
2007年
 - 
2009年
電気学会  通信技術委員会, 高速電力線通信(高速PLC)調査専門委員会 委員(2007/10/1~2009/9/30 )
 
2008年
 - 
2008年
電子情報通信学会  2009年総合大会現地実行委員(アルバイト担当)
 
2008年
 - 
2008年
電子情報通信学会  平成20年度会長指名本部評議員(学生会顧問)
 
2007年
 - 
2008年
電子情報通信学会  通信ソサエティ インターネットアーキテクチャ研究会 専門委員
 
2007年
 - 
2008年
電子情報通信学会  四国支部評議員、学生会連絡会委員
 
2005年
 - 
2006年
電子情報通信学会  愛媛大学学生会顧問(四国支部役員)
 
2004年
 - 
2006年
電気学会  電磁環境技術委員会、高速電力線通信システムとEMC調査専門委員会 委員、平成16年(2004年)11月26日~平成18年(2006年)11月
 
2004年3月
 - 
2004年6月
愛媛県五十崎町  五十崎町情報通信技術実験プロジェクト委員
 
2003年
 - 
2004年
IEEE Shikoku-Section  secretary
 
1997年
 - 
1997年
情報理論とその応用学会  幹事補佐
 

受賞

 
2015年9月
情報処理学会 (IPSJ) FIT2015 FIT奨励賞
受賞者: 日野景太
 
2015年3月
IEEE Communication Society, Technical Committee on Power Line Communications 2015 Outstanding Service Award
 
2011年
JGN2plusアワード(次世代映像技術推進賞)
 
2010年6月
総務省四国総合通信局 電波の日 四国総合通信局長表彰
 
2010年6月1日
2008年
産業活動貢献賞(JGN2アワード)
 

論文

 
Shinji Tsuzuki ; Yoshio Yamada
2017 IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON POWER LINE COMMUNICATIONS AND ITS APPLICATIONS (ISPLC)   24-29   2017年4月   [査読有り]
藤森祥文, SWEATA Sijapati, 都築伸二, 森脇亮
土木学会水工学論文集   73(4) I_475-I_480   2017年3月
藤森祥文, 都築伸二, 森脇亮
太陽/風力エネルギー講演論文集   2016 441-442   2016年11月
都築伸二, 山田芳郎
IEEE-ISPLC, Bottrop, Germany   218-223   2016年3月   [査読有り]
© 2016 IEEE.In recent years, mobile cranes have been larger, and enhancements of various safety devices and assist functions have also been demanded. In this paper, an over-winding detection circuit, which has been used commonly in hydraulic crane...
都築伸二, 吉澤幸晃, 山田芳郎
電子情報通信学会論文誌 B(Web)   J98-B(6) 460-470   2015年6月   [査読有り]
Shinji Tsuzuki, Yoshio Yamada
2015 IEEE International Symposium on Power Line Communications and Its Applications, ISPLC 2015   274-279   2015年3月   [査読有り]
© 2015 IEEE. Simple and low-cost PLC will be required to play a role in the Internet-of-Things (IoT) market such as ubiquitous wireless sensor networks. From the viewpoints of temporal connectivity and obtaining high SNR and stable channels, induc...
森脇亮, 都築伸二, 宮尾渉, 笹方裕平, 梶房開
土木学会論文集 B1(水工学)   71(4) 421-426   2015年2月   [査読有り]
Shinji Tsuzuki, Hiroyuki Utsunomiya, Yoshio Yamada
IEEE ISPLC 2014 - 18th IEEE International Symposium on Power Line Communications and Its Applications   121-126   2014年3月   [査読有り]
The conventional narrowband power-line communication (NB-PLC) is a two-wire system, that has injected its signal between wires using a capacitive coupler. When communicating between floors at a large-sized building, the signal has to travel over l...
Intan Sari Areni, Intan Sari Areni, Shinji Tsuzuki, Yoshio Yamada
IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems   133 2184-2189   2013年12月
The interference with existing radio broadcasting services because of unintentional radiation is a serious problem in power-line communication (PLC) systems. A radiation detection method based on burst packets, which had been proposed by the autho...
Intan Sari Areni, Intan Sari Areni, Shinji Tsuzuki, Yukiaki Yoshizawa, Yoshio Yamada
ISPLC 2013 - 2013 IEEE 17th International Symposium on Power Line Communications and Its Applications, Proceedings   161-166   2013年8月   [査読有り]
A new signal transmission system for Narrow-Band Power-Line Communications (NB-PLC) has been proposed as an alternative to the conventional system in order to solve the signal propagation loss problem. The conventional transmission system uses the...

Misc

 
都築伸二
電磁環境工学情報EMC   29(12) 13-18   2017年4月   [依頼有り]
実習で学ぶ高速電力線通信システム(PLC)
都築 伸二
   2015年12月   [依頼有り]
電力線通信(PLC)機器の開発、システムの開発・設計に携わっている方 【開催日(コース番号・日程)】 N0091 2015年12月08日(火)~12月09日(水) 【受講料】 33,000円 【定員】 12名 (予定)、独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構 高度ポリテクセンター
金森瑛基, 都築伸二, 山田芳郎
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.3-7   2014年9月
音田拓哉, 日野景太, 大野拓也, 都築伸二, 山田芳郎
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.12-27   2014年9月
岡崎勇太, 都築伸二, 山田芳郎
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.3-8   2014年9月
鈴木才太, 都築伸二, 阿部幸雄, 山田芳郎
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.3-9   2014年9月
大野拓也, 都築伸二, 山田芳郎
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.3-3   2014年9月
日野景太, 都築伸二, 山田芳郎
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.12-29   2014年9月
吉澤幸晃, 都築伸二, 山田芳郎
電気学会全国大会講演論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.4-179   2014年3月
岡崎勇太, 都築伸二, 山田芳郎
電気学会全国大会講演論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.6-101   2014年3月

書籍等出版物

 
スマートグリッドとEMC
都築 伸二 (担当:分担執筆, 範囲:5.3.3, 5.3.4, 6.1, 6.2.1, 付録A)
科学情報出版株式会社   2017年1月   ISBN:978-4-904774-51-9
スマートグリッドとEMC―電力システムの電磁環境設計技術―, 編集: 一般社団法人 電気学会 スマートグリッドとEMC調査専門委員会, 科学情報出版株式会社 , ISBN: 978-4-904774-51-9, 2017/1/30
スマートシティの電磁環境対策 , 藤原修他17人、
都築 伸二 (担当:分担執筆, 範囲:4.3節 電力線通信(PLC) )
S&T出版株式会社.   2012年12月   ISBN:ISBN978-4-907002-09-1
第4章 通信システム機器における電磁環境対策、発刊日2012年12月10日
高速電力線通信の技術動向と適用事例
電気学会技術報告, 論文No. 1175   2009年   
秋谷 昌宏, 平間 淳司, 都築 伸二, 長田 洋, 平田 孝道 (担当:共著)
日新出版   2007年4月   ISBN:4817302305
高速電力線通信システム(PLC)とEMC
オーム社   2007年   

講演・口頭発表等

 
IEEE-ISPLC 2018 からの技術動向報告 [招待有り]
都築 伸二
高速電力線通信推進協議会(PLC-J)主催 PLC-J セミナー2018   2018年6月1日   
情報化社会と私たちの暮らし [招待有り]
都築 伸二
公開講座・講演会 主催: NPO 法人愛媛大学校友会人材活用センター   2018年5月26日   
IoT時代のSmart EMC
都築伸二(愛媛大学),徳田 正満(東京大学),大前 彩(日立製作所),高草木 恵二(高速電力線通信推進協議会),櫻井 秋久(IBM),原田 高志(トーキンEMCエンジニアリング),原田公樹
EMC-18-002, 電気学会電磁環境研究会   2018年3月8日   
LoRaおよびLoRaWANを活用したプロジェクトの紹介 [招待有り]
都築 伸二
四国情報通信懇談会ICT研究交流フォーラム, 平成29年度第2回技術勉強会[LPWAに係る最新の技術動向と活用事例について], 愛媛大学総合情報メディアセンターメディアホール   2018年3月6日   
IoT時代のPLC技術の展開とSmart EMCの提案 [招待有り]
都築 伸二
信学技報, vol. 117, no. 422, CS2017-82, pp. 19-23   2018年1月29日   
水野拡輝, 日野景太, 都築伸二, 山田芳郎
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2017年9月16日   
地理空間情報と環境情報を活用した災害避難共助支援による減災力向上に関する研究開発 初年度進捗報告
都築 伸二, 二神透‡ 渡部正康† 山田芳郎
第18回 インターネットテクノロジーワークショップ   2017年6月23日   
LoRa-SF12の伝搬特性
都築 伸二, 合田大騎 山田芳郎
第18回 インターネットテクノロジーワークショップ(WIT2017)   2017年6月23日   
地理空間情報と環境情報を活用した災害避難共助支援による減災力向上に関する研究開発 [招待有り]
都築 伸二
テレコムサービス協会四国支部講演会, 愛媛CATV社 5F会議室   2017年5月19日   
IEEE-ISPLC2017からの技術動向報告 とGrid aware型Smart EMC [招待有り]
都築 伸二
PLC-Jセミナー2017, 一般社団法人電波産業会(ARIB)   2017年5月12日   
都築伸二
電子情報通信学会技術研究報告   2017年4月17日   
大規模災害に伴う避難計画をシミュレーション!火災延焼・避難シミュレータをWeb公開,
都築 伸二
愛媛大学プレスリリース   2017年3月29日   
都築伸二, 日野景太, 山田芳郎
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2016年9月17日   
水野拡輝, 日野景太, 都築伸二, 山田芳郎
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2016年9月17日   
スマートメータ・ホームにおける電力線通信 [招待有り]
都築 伸二
第22回EMC環境フォーラム セッション6 スマートグリッド・コミュニティに関連するEMC問題, 第3講座、サンシャインシティ文化会館 7階   2016年9月8日   
森脇亮, SIJAPATI Sweata, 都築伸二
日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web)   2016年5月   
IEEE-ISPLC2016からの技術動向報告 [招待有り]
都築 伸二
PLC-Jセミナー2016、電波産業会(ARIB)   2016年4月18日   
電力線通信(PLC)とEMC - smartな両立へ [招待有り]
都築 伸二
NICT/EMC-net 第14回妨害波測定法研究会・第13回APD応用研究会合同研究会, 国立研究開発法人 情報通信研究機構NICT本部   2015年12月14日   
森脇亮, 都築伸二
太陽/風力エネルギー講演論文集   2015年11月26日   
スマート環境センシング基盤の構築と地域デザインへの応用に関する研究開発 [招待有り]
都築 伸二
SCOPE オーラルセッションⅡ、総務省ICTイノベーションフォーラム   2015年10月7日   
日野景太, 都築伸二, 鈴木才太, 山田芳郎
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2015年9月26日   
都築伸二, 音田拓哉, 山田芳郎
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2015年9月26日   
日野景太, 都築伸二, 兼久信次郎, 山田芳郎
情報科学技術フォーラム講演論文集   2015年8月24日   
都築伸二, 森脇亮, 山田芳郎, 柴田裕輔, 森本健一郎, 阿部幸雄, 越智正昭, 須東博樹
情報科学技術フォーラム講演論文集   2015年8月24日   
スマート環境センシング基盤の構築と地域デザインへの応用に関する研究開発の概要 [招待有り]
都築伸二、森脇亮、山田芳郎、柴田裕輔、森本健一郎、阿部幸雄、越智正昭、須東博樹 、
地域課題の解決を目指したICT研究開発の成果発表会 (ICT研究交流フォーラム第14回技術セミナー)、14:15~14:55, 高知工科大学永国寺キャンパス   2015年6月26日   
IEEE-ISPLC2015の技術動向について
都築 伸二
第4回「スマートグリッド・コミュニティのEMC問題調査 専門委員会(AEMC1039)、ルーテル市ヶ谷センター   2015年6月2日   
スマート環境センシング基盤の構築と地域デザインへの応用に関する研究開発の概要、 [招待有り]
都築伸二、森脇亮、山田芳郎、柴田裕輔、森本健一郎、阿部幸雄、越智正昭、須東博樹、
「環境モデル都市まつやま運営委員会」の事例発表、愛媛大学総合情報メディアセンター、メディアホール   2015年5月15日   
2015 IEEE-ISPLC2015の技術動向について [招待有り]
都築 伸二
PLC-Jセミナー、電波産業会(ARIB)   2015年4月24日   
岡崎勇太, 都築伸二, 山田芳郎
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2014年9月12日   
鈴木才太, 都築伸二, 阿部幸雄, 山田芳郎
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2014年9月12日   
大野拓也, 都築伸二, 山田芳郎
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2014年9月12日   
日野景太, 都築伸二, 山田芳郎
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2014年9月12日   
One wire PLC system for inter-floor connectivity
Shinji Tsuzuki, Hiroyuki Utsunomiya, Yoshio Yamada
IEEE ISPLC 2014 - 18th IEEE International Symposium on Power Line Communications and Its Applications   2014年1月1日   
The conventional narrowband power-line communication (NB-PLC) is a two-wire system, that has injected its signal between wires using a capacitive coupler. When communicating between floors at a large-sized building, the signal has to travel over l...
Radiation detection by employing periodic packets in power-line communication system
Intan Sari Areni, Intan Sari Areni, Shinji Tsuzuki, Yoshio Yamada
IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems   2013年12月1日   
The interference with existing radio broadcasting services because of unintentional radiation is a serious problem in power-line communication (PLC) systems. A radiation detection method based on burst packets, which had been proposed by the autho...
都築 伸二, 宇都宮 裕之, 松井 隆, 山田 芳郎
電子情報通信学会技術研究報告. WBS, ワイドバンドシステム   2013年10月24日   
kHz帯PLC(電力線通信)はスマートメータ等への適用が期待されているものの、従来の2線式システムを大型ビル内のフロア間通信に適用した場合には、信号減衰が大き過ぎるために通信が困難であった。 本稿では、EPS(Electric Pipe Space)に配線されている電力線あるいはグランド線を用いて、通信経路をショートカットすることにより、信号減衰を軽減する方法を提案している。PLC信号をインダクティブ方式で注入し、また長尺のケーブルが大地と良好に静電結合する特徴を利用して信号の帰路は大地と...
N-PE transmission system for Narrow-Band PLC and its channel properties
Intan Sari Areni, Intan Sari Areni, Shinji Tsuzuki, Yukiaki Yoshizawa, Yoshio Yamada
ISPLC 2013 - 2013 IEEE 17th International Symposium on Power Line Communications and Its Applications, Proceedings   2013年8月1日   
A new signal transmission system for Narrow-Band Power-Line Communications (NB-PLC) has been proposed as an alternative to the conventional system in order to solve the signal propagation loss problem. The conventional transmission system uses the...
吉澤 幸晃, 都築 伸二, 山田 芳郎
電子情報通信学会技術研究報告. CS, 通信方式   2013年6月27日   
従来のkHz帯PLC(電力線通信)の信号伝送方式では,Neutral(N)線とLive(L)線との間に信号電圧を印加する(N-L伝送と呼ぶ) ため,同じ電力線間に並列接続された電気機器の影響を受けて,受信SNRが劣化する.そこで,筆者らはN線とL線の代わりにProtective Earth(PE)線を用いるN-PE方式を提案してきた.本稿では,通信相手のコンセントが異なる幹線に接続されている場合,及び日本と異なる接地方式の場合について測定を行った結果が述べられている.幹線が異なる場合では,...
吉澤 幸晃, 宇都宮 裕之, ARENI IntanSari, 都築 伸二, 山田 芳郎
電子情報通信学会技術研究報告. CS, 通信方式   2012年7月5日   
従来のkHz帯PLC(電力線通信)では, AC100VコンセントのNeutral極とLive極を用いる(N-Lと呼ぶ)ディファレンシャルモード伝送方式を用いているため,受信SNRが劣悪であり,通信不能なコンセントペアの割合が多かった.そこで本稿では, N極とProtective Earth極を用いる新たな信号伝送であるN-PE方式を提案している.筆者らが所属する研究室の壁コンセント(全144ペア)にて,市販されているkHz帯PLCモデムを用いて検証を行ったところ,従来のN-L伝送方式では4...
A feasibility study of 1Gbps PLC system assuming a high-balanced DC power-line channel
Shinji Tsuzuki, Intan Sari Areni, Yoshio Yamada
2012 IEEE International Symposium on Power Line Communications and Its Applications, ISPLC 2012   2012年6月13日   
To realize an eco-house, a new direct current (DC) distribution system has received widespread attention. This paper has proposed countermeasures to fundamental problems which make difficult to achieve a high-speed PLC over the existing alternatin...
Packet size optimization of PPS based radiation detection for AEE-PLC
Intan Sari Areni, Shinji Tsuzuki, Yoshio Yamada
2012 IEEE International Symposium on Power Line Communications and Its Applications, ISPLC 2012   2012年6月13日   
AEE-PLC (Adaptive power control method to Electromagnetic Environment for the Power-Line Communication) system was proposed by the authors to achieve the maximum throughput performance without radiation. As its radiation detection method, two meth...
都築 伸二
電子情報通信学会技術研究報告. WBS, ワイドバンドシステム   2011年7月21日   
従来の交流(AC)配電システムの問題点を本質的に解決し、低環境負荷かつ高速PLC通信(目標1Gbps)が可能な通信基盤を、大型貨物船舶内で実現するための要素技術開発を、2カ年の受託研究にて実施した結果を述べている。まず、ポリエチレンを絶縁体する電力ケーブルに変更すれば、LANケーブルや同軸ケーブルと同等な信号減衰特性に改善できることを示している。次に,線路の平衡度を良好にする敷設方法を提案している。その高平衡線路に適したPLC信号のデュアルモード伝送方式を提案し、最大で1.9倍のスループッ...
A study of radiation detection methods for cognitive PLC system
Intan Sari Areni, Shinji Tsuzuki, Yoshio Yamada
2011 IEEE International Symposium on Power Line Communications and Its Applications, ISPLC 2011   2011年5月30日   
A radiation detection method based on burst packets, which was proposed by the authors and is called Scan and Sum (SAS) method, needed so long time, because frequency scanning and power summation were required. To solve the problem, a new method b...
Radiation detection and mode selection for a cognitive PLC system
Shinji Tsuzuki, Shinpei Tatsuno, Intan Sari Areni, Yoshio Yamada
2011 IEEE International Symposium on Power Line Communications and Its Applications, ISPLC 2011   2011年5月30日   
To improve the throughput performance of HF-PLC systems, a dual-mode transmission system, which utilizes the mode diversity of differential and common modes, has been studied by the authors. However, the system which uses the common-mode has a ris...
武智 充司, 都築 伸二, 川崎 裕之, 山田 芳郎
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2011年2月28日   
川崎 裕之, 石井 誠一郎, 都築 伸二, 忽那 直樹, 山田 芳郎
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2011年2月28日   
石井 誠一郎, 都築 伸二, 川崎 裕之, 忽那 直樹, 山田 芳郎
電子情報通信学会技術研究報告. SIP, 信号処理   2011年2月24日   
高速電力線通信(PLC)技術の産業用途の一つとして,船内LANが期待されている.本稿で対象としている大型貨物船内の電力線は,一般家庭に比べ信号減衰量が大きいという特徴がある.その主な原因は,分電盤の回路数が多いためである.そこで分電盤1回路あたりの減衰量を定量的に求めるとともに,回路数の削減が有効な改善方法であることを述べている.次に有効な方法は,周波数特性のより良い材質のケーブルに変更することであった.また,ケーブルの終端をインピーダンスマッチングさせる方法について検討した結果,信号減衰...
江田 暁彦, 都築 伸二, 川崎 裕之, 山田 芳郎
電子情報通信学会技術研究報告. SIP, 信号処理   2011年2月24日   
電力線通信(PLC)信号の注入抽出モードにはディファレンシャルモードとコモンモードの2種類があるため,伝搬モードはそれらの組合せの4通りある.従って,デュアルモード伝送PLC方式には,これらの4通りの伝搬モードの中から最も良いモードを選ぶ選択型と,2つの注入抽出モードを同時に使用する同時型がある.本稿では,家庭内DC給電および船内DC給電を想定した電力線路を構築し,選択型及び同時型のスループット特性を評価した.その結果,電力線線路の平衡度が良い時には同時型を使用すれば,スループットが従来方...
石井 誠一郎, 都築 伸二, 川崎 裕之, 忽那 直樹, 山田 芳郎
電子情報通信学会技術研究報告. CAS, 回路とシステム   2011年2月24日   
高速電力線通信(PLC)技術の産業用途の一つとして,船内LANが期待されている.本稿で対象としている大型貨物船内の電力線は,一般家庭に比べ信号減衰量が大きいという特徴がある.その主な原因は,分電盤の回路数が多いためである.そこで分電盤1回路あたりの減衰量を定量的に求めるとともに,回路数の削減が有効な改善方法であることを述べている.次に有効な方法は,周波数特性のより良い材質のケーブルに変更することであった.また,ケーブルの終端をインピーダンスマッチングさせる方法について検討した結果,信号減衰...
江田 暁彦, 都築 伸二, 川崎 裕之, 山田 芳郎
電子情報通信学会技術研究報告. CAS, 回路とシステム   2011年2月24日   
電力線通信(PLC)信号の注入抽出モードにはディファレンシャルモードとコモンモードの2種類があるため,伝搬モードはそれらの組合せの4通りある.従って,デュアルモード伝送PLC方式には,これらの4通りの伝搬モードの中から最も良いモードを選ぶ選択型と,2つの注入抽出モードを同時に使用する同時型がある.本稿では,家庭内DC給電および船内DC給電を想定した電力線路を構築し,選択型及び同時型のスループット特性を評価した.その結果,電力線線路の平衡度が良い時には同時型を使用すれば,スループットが従来方...
石井 誠一郎, 都築 伸二, 川崎 裕之, 忽那 直樹, 山田 芳郎
電子情報通信学会技術研究報告. CS, 通信方式   2011年2月24日   
高速電力線通信(PLC)技術の産業用途の一つとして,船内LANが期待されている.本稿で対象としている大型貨物船内の電力線は,一般家庭に比べ信号減衰量が大きいという特徴がある.その主な原因は,分電盤の回路数が多いためである.そこで分電盤1回路あたりの減衰量を定量的に求めるとともに,回路数の削減が有効な改善方法であることを述べている.次に有効な方法は,周波数特性のより良い材質のケーブルに変更することであった.また,ケーブルの終端をインピーダンスマッチングさせる方法について検討した結果,信号減衰...
江田 暁彦, 都築 伸二, 川崎 裕之, 山田 芳郎
電子情報通信学会技術研究報告. CS, 通信方式   2011年2月24日   
電力線通信(PLC)信号の注入抽出モードにはディファレンシャルモードとコモンモードの2種類があるため,伝搬モードはそれらの組合せの4通りある.従って,デュアルモード伝送PLC方式には,これらの4通りの伝搬モードの中から最も良いモードを選ぶ選択型と,2つの注入抽出モードを同時に使用する同時型がある.本稿では,家庭内DC給電および船内DC給電を想定した電力線路を構築し,選択型及び同時型のスループット特性を評価した.その結果,電力線線路の平衡度が良い時には同時型を使用すれば,スループットが従来方...
ICT教育相談場面を活用した大学院生の教育相談力の育成
愛媛大学 教育・学生支援機構大学教育実践ジャーナル   2011年   
Attenuation characteristic modeling of power-line channel in cargo ships
Shinji Tsuzuki, Seiichiro Ishii, Jun Nishioka, Yoshio Yamada
IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems   2010年9月28日   
Power-line communication (PLC) based local area network (LAN) in cargo ships is one of the promising applications of the PLC technology. In this paper, the signal attenuation characteristic when transmitting with the differential-mode (DIF) and th...
大型貨物船内電力線線路の減衰特性近似
都築 伸二, 石井 誠一郎, 西岡 潤, 山田 芳郎
電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. C, A publication of Electronics, Information and System Society   2010年8月1日   
Power-line communication (PLC) based local area network (LAN) in cargo ships is one of the promising applications of the PLC technology. In this paper, the signal attenuation characteristic when transmitting with the differential-mode (DIF) and th...
Dual mode transmission PLC system with an EMC considered algorithm
Shinji Tsuzuki, Akihiko Goda, Shinpei Tatsuno, Seiichiro Ishii, Yoshio Yamada, Hiroyuki Kawasaki, Jun Nishioka
IEEEISPLC2010, Rio de Janeiro, Brazil   2010年7月14日   
A dual-mode transmission system which utilizes the differential and common modes has been proposed. To improve the channel capacity, a simple diversity, which selected the better transmission mode at a client PC side, was examined at laboratory ro...
都築 伸二, 大西 政綱, 川崎 裕之, 山田 芳郎
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2010年3月2日   
川崎 裕之, 都築 伸二, 山田 芳郎, 忽那 直樹
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2010年3月2日   
Improvement of noise tolerance and positioning accuracy using spread spectrum sound wave in noisy environment
Tomowo Shiigi, Naoshi Kondo, Shinji Tsuzuki, Shigeru Okada, Akira Maekawa, Toshiharu Nobara, Masao Sakakibara, Kenji Watanabe, Yuko Naniwada, Kiyotaka Okada
American Society of Agricultural and Biological Engineers Annual International Meeting 2010, ASABE 2010   2010年1月1日   
There are a lot of researches on position determination methods in room such as wireless LAN, RFID, infrared ray, TV camera, sound wave and etc. Among them, it is considered that a positioning system using sound has some merits of high measurement...
An Adaptive Power Control Method to Electromagnetic Environment for PLC in Cargo Ships,
Shinji Tsuzuki, Shinpei Tatsuno, Mitsushi Takechi, Toshimasa Okabe, Hiroyuki Kawasaki, Terushi Shinpo, Yoshio Yamada, Shunsuke Takaoka
IEEE-ISPLC 2009,   2009年9月21日   
Abstract Power-Line Communication (PLC) based Local Area Networks (LAN) in ships are one of the promising applications of the PLC technology. However, the unintentional-radiation is the serious problem for ship applications because the PLC system ...
Characteristics of 440V Power-Line Channels in Container Ships
Jun Nishioka, Shinji Tsuzuki, Michinori Yoshida, Hiroyuki Kawasaki, Tterushi Shinpo, Yoshio Yamada
IEEE-ISPLC 2009IEEE-ISPLC 2009, Mar.,2009.   2009年9月21日   
Control and monitoring is a promising application of power-line communications (PLC) in cargo-carrying ships. The container ship studied in this paper is a type of cargo-carrying ships. The reefer containers on the container ship have been monitor...
自動切換によるデュアルモード伝送PLC方式の検討
江田 暁彦, 都築 伸二, 山田 芳郎
電子情報通信学会技術研究報告. WBS, ワイドバンドシステム   2009年7月16日   
現在市販されている電力線通信(PLC;Power Line Communication)用のモデムの多くが,ディファレンシャルモード伝送方式を採用している.筆者らはこれに加えコモンモード伝送方式を併用し、良いほうのモードを選択するデュアルモード伝送方式が有用であることを示してきた.しかしそのモード選択は手動であっため,電力線の状態が変化したときなどの適応性に問題があった.本稿では,モード選択の判断指標としてスループットを用いて,良い方の伝送モードに自動選択する適応型デュアルモード伝送方式を...
船内電力線線路の遅延および減衰特性(符号化,変復調・信号処理技術及び一般)
石井 誠一郎, 都築 伸二, 西岡 潤, 山田 芳郎
電子情報通信学会技術研究報告. WBS, ワイドバンドシステム   2009年5月27日   
電力線通信技術の産業用途の一つとして,船内LANがある.本稿では,船舶内居住区の100V系統(4隻)および冷凍コンテナ船の440V系統(2隻)で調査した伝達関数から遅延プロファイルを求め,遅延特性を評価している.その結果遅延特性は,ケーブル長と分電盤内部の遅延スプレッドをパラメータとする一次関数で近似できることを述べている.また,遅延時間の累積分布を求め,船舶で使用する場合の,OFDM方式のガードインターバル値について検討している.さらに,減衰特性の近似式をもとに,コモンモード伝送がディフ...
A-5-25 短波放送との共存を目的とした船舶PLC信号漏洩量の簡易測定法(A-5.ワイドバンドシステム,一般セッション)
樹野 慎平, 都築 伸二, 山田 芳郎
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2009年3月4日   
A-5-24 電磁環境適応型船舶PLCシステムにおけるモデム制御方式(A-5.ワイドバンドシステム,一般セッション)
武智 充司, 都築 伸二, 樹野 慎平, 川崎 裕之, 岡部 俊正, 神宝 照司, 高岡 俊輔
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2009年3月4日   
Channel characteristic comparison of armored shipboard cable and unarmored one
Shinji Tsuzuki, Michinori Yoshida, Yoshio Yamada, Kazuhiro Murai, Hiroyuki Kawasaki, Kenta Matsuyama, Terushi Shinpo, Yoshihiro Saito, Shunsuke Takaoka
IEEE ISPLC 2008 - 2008 IEEE International Symposium on Power Line Communications and Its Applications   2008年9月12日   
Power-Line Communication (PLC) based Local Area Networks (LAN) in ships are one of the promising applications of the PLC technology. There are two types of ships from the viewpoint of the cable structure. One is all the power-line cables are armor...
コンテナ船の440V系統における電力線通信路特性(信号処理,スペクトル拡散,及び一般)
西岡 潤, 都築 伸二, 吉田 道学, 川崎 裕之, 神宝 照司, 山田 芳郎
電子情報通信学会技術研究報告. WBS, ワイドバンドシステム   2008年7月18日   
大型貨物船の一種であるコンテナ船では,従来から3相440V系統電力線を線路とし55kHz〜440kHzの帯域を利用する電力線通信(PLC)にて冷凍コンテナの監視を行っている.しかし,近年インバータ式の機器が船舶に搭載される事が多くなり,本周波数帯を利用したPLCシステムの構築が難しくなっている.そこで筆者らは,本周波数帯に代わり2MHz以上の周波数帯を使用することで,より安定したPLCシステムを実現できるのではないかと考えている.本稿では,コンテナ船の3相440V系統において伝達特性,ノイ...
船舶におけるPLC (特集 高速電力線通信(PLC)を実現する設計技術)
都築 伸二, 村井 和弘
EMC   2008年2月   
Operator detection method for the construction of virtual low-noise space using spread spectrum acoustic waves
Tomowo Shiigi, Naoshi Kondo, Vui Kiong Chong, Shinji Tsuzuki, Shigeru Okada, Toshiharu Nobara
American Society of Agricultural and Biological Engineers Annual International Meeting 2008, ASABE 2008   2008年1月1日   
Many types of agricultural facilities for grains, fruits, nuts, and vegetables have been constructed at many places in the world. Although most of operations are mechanized in the facilities, high noise from the mechanical systems often force oper...
Channel Characteristic Comparison of Armored Shipboard Cable and Unarmored one, Jeju Island, Korea
IEEEIEEE-ISPLC2008   2008年   
船舶におけるPLC、
特集 高速電力線通信(PLC)を実現する設計技術、月刊EMC、ミマツコーポレーション   2008年   
高速 PLC (Power Line Communication) 技術の船舶への適用
川崎 裕之, 都築 伸二
Marine engineering : journal of the Japan Institution of Marine Engineering = マリンエンジニアリング : 日本マリンエンジニアリング学会誌   2007年11月1日   
練習船弓削丸の電力線線路特性
吉田 道学, 都築 伸二, 山田 芳郎, 村井 和弘, 武智 充司, 松山 賢太, 神宝 照司, 斎藤 義広, 高岡 俊輔
電子情報通信学会技術研究報告. WBS, ワイドバンドシステム   2007年10月9日   
電力線通信技術の産業用途の1つとして,船内LANがある.筆者らは昨年,大型貨物船において電力線の通信路特性を測定した.大型貨物船の電力線はすべてあじろがい装されているという特徴がある.本稿では,弓削商船高等学校所有の練習船である弓削丸で同様に測定した結果を示し,大型貨物船の伝達関数との比較を行なっている.弓削丸の全長は大型貨物船の1/5と小さく,無がい装ケーブルも使用されている点が大型貨物船と異なるが,配線トポロジーは同じである.また船外への不要輻射量は信号注入コンセントによって大きくばら...
Characteristics of Power-Line Channels in Cargo Ships
Shinji Tsuzuki, Michinori Yoshida, Yoshio Yamada, Hiroyuki Kawasaki, Kazuhiro Murai, Kenta Matsuyama, Mitsunari Suzuki
IEEEThe 2007 IEEE International Symposium on Power-Line Communications and Its Applications (ISPLC 2007), Pisa, Italy   2007年9月26日   
The broadband PLC in cargo ships is a long-awaited technology. However the characteristics of power-line channels in the cargo ships have not been studied yet. The most unique point of the channels is that power-line cables used in most Asian carg...
BT-2-5 PLC適用研究 : 大型貨物船内LANと家庭内測位(BT-2,高速電力線通信(PLC)の標準化・技術動向,ソサイエティ企画)
都築 伸二
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2007年3月7日   
A-5-20 大型貨物船における電力線通信路特性の測定(A-5.ワイドバンドシステム,一般講演)
川崎 裕之, 都築 伸二, 吉田 道学, 山田 芳郎, 村井 和弘, 松山 賢太, 鈴木 満成
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2007年3月7日   
A-5-21 大型貨物船内電力線の分配盤減衰特性(A-5.ワイドバンドシステム,一般講演)
吉田 道学, 都築 伸二, 山田 芳郎, 川崎 裕之, 村井 和弘, 松山 賢太, 鈴木 満成
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2007年3月7日   
2つのDVマルチキャストストリームを用いた多地点ビデオ会議システムの提案
武智 充司, 都築 伸二, 山田 芳郎
情報処理学会研究報告インターネットと運用技術(IOT)   2007年1月19日   
DVoverIPによる多地点ビデオ会議用中継方式について述べている.従来の中継器では,各地点の様子を同時にモニタするために画面の分割合成を行うことが多いが,中継回線の容量が大きいことが前提となる.一方提案方式は発言している人の映像のみを中継するため所要回線容量は小さくてもよい(平均30Mbps,最大60Mbps)という特長がある.しかし,発言者つまり自分の顔を見ながらしゃべる必要があった.その対策として本稿では,所要回線容量は小さいままで2つのDVストリームをマルチキヤストする方式を提案し...
2つのDVマルチキャストストリームを用いた多地点ビデオ会議システムの提案(インターネット応用及び一般)
武智 充司, 都築 伸二, 山田 芳郎
電子情報通信学会技術研究報告. IA, インターネットアーキテクチャ   2007年1月11日   
DV over IPによる多地点ビデオ会議用中継方式について述べている.従来の中継器では,各地点の様子を同時にモニタするために画面の分割合成を行うことが多いが,中継回線の容量が大きいことが前提となる.一方提案方式は発言している人の映像のみを中継するため所要回線容量は小さくてもよい(平均30Mbps,最大60Mbps)という特長がある.しかし,発言者つまり自分の顔を見ながらしやべる必要があった.その対策として本稿では,所要回線容量は小さいままで2つのDVストリームをマルチキャストする方式を提...
高速PLC (Power Line Communication) 技術の船舶への適用
川崎 裕之, 都築 伸二
日本マリンエンジニアリング学会誌   2007年   
A Proposal of Synchronization Beacon Systems over Power-line for Indoor Fine-Grained Localization
Shinji Tsuzuki, Naoyuki Takeichi, Masahiro Hamada, Yoshio Yamada
IEEE International Symposium on Powerline Communications and Its Applications (ISPLC 2006)   2006年12月1日   
One of the problems in power-line communications (PLC) is an unnecessary radiation due to the electrical unbalance of power-lines. However, it means that power-lines can work as antennas. In this paper, a beacon signal radiation system by the powe...
Special section on wide band systems
Shin'ichi Tachikawa, Shin'ichi Tachikawa, Shin'ichi Tachikawa, Tetsushi Ikegami, Hiroyasu Ishikawa, Tomoaki Ohtsuki, Takehiko Kobayashi, Shin'ichi Sato, Yukitoshi Sanada, Masahiko Shimizu, Kazuaki Takahashi, Shinji Tsuzuki, Hiroyuki Nakase, Hiromasa Habuchi, Shinsuke Hara, Shinya Matsufuji, Kouji Ohuchi, Masanori Hamamura
IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences   2006年11月1日   
Shinji TSUZUKI, High-Speed Power-Line Communication and its Application to a Localization System,
TSUZUKI Shinji
IEICETRANS. FUNDAMENTALS, Special Section on Wide Band Systems,   2006年11月1日   
This paper overviews the high-speed power-line communication (PLC) technology, and the related standardization and regulatory activities are described. PLC modems of 200 Mbps class become a practical use stage in the West, and the standardization ...
A study of producing an LCL probe for residential power lines
Yasuto Kawakami, Yasuto Kawakami, Shinji Tsuzuki, Shinji Tsuzuki, Shinji Tsuzuki, Masaru Wasaki, Yoshio Yamada
Electrical Engineering in Japan (English translation of Denki Gakkai Ronbunshi)   2006年5月1日   
Although power-line communications are expected as a promising method to realize an in-home network, one of their difficulties is an unnecessary radiation due to the electrical unbalance of power-line channels. To solve the problem, the statistica...
Shinji Tsuzuki Naoyuki Takeichi Yoshio Yamada, Performance evaluation of localization by DS-CDM signals
IEEEGlobal Telecommunications Conference (Globecom2006), San Francisco, USA,   2006年   
Power-line channel modeling for common-mode signal transmission/suppression
Shinji Tsuzuki, Michinori Yoshida, Yoshio Yamada
2005 International Symposium on Power Line Communications and Its Applications, ISPLC 2005   2005年12月1日   
The common-mode signal transmission and suppression are attractive from the viewpoints of the channel-capacity improvement and adaptive cancellation of the unwanted radiation from the power-line. To study this transmission and suppression, a chann...
電力線通信によるホームネットワーク・センサネットワーク(信号処理, スペクトル拡散, 及び一般)
都築 伸二
電子情報通信学会技術研究報告. WBS, ワイドバンドシステム   2005年7月7日   
近年、高速電力線通信(Power-Line Communication, PLC)が注目されている。本稿では高速PLCを3つのアプリケーションに分類し、それぞれの動向を解説している。つまり、インターネットアクセス、ホームネットワーク、および家屋間/集合住宅内通信である。それらのなかで、米国のインターネットアクセス応用(Access BPL)、および200Mbps級のホームネットワーク応用(HomePlug AV)が最近のトピックスである。ただしこれらの高速PLCは、短波帯(2M〜30MHz...
FTTH網を使ったデジタルビデオ多地点会議用中継器の実装に関する検討
都築 伸二, 井口 義範, 山田 芳郎
情報処理学会研究報告コンピュータセキュリティ(CSEC)   2005年3月23日   
デジタルビデオ(DV)方式の動画像ストリーミングを、一般のInternet 回線で実現するために行ったパケットロス対策、およびその対策を組み込んだ多地点間ビデオ会議用中継器について述べている。従来の方法では、バースト的にパケットを送信していたことに起因する、Internet 回線内でのバースト的なパケット欠落が問題であった。本稿ではソフトウェア的にパケットの送出間隔を平滑化すれば、汎用OS 下のPC でも、バースト的なパケット欠落を大幅に減少できることを示している。またアナログ的に画面合成...
B-7-63 FTTH網を経由するDVストリーミングにおけるパケットロス対策(B-7. 情報ネットワーク, 通信2)
井口 義範, 都築 伸二, 山田 芳郎
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2005年3月7日   
Power-line Channel Modeling for Common-Mode Signal Transmission/Suppression, Shinji Tsuzuki, Michinori Yoshida, Yoshio Yamada, April 6-8, 2005, Vancouver, Canada (Oral presentation)
9th International Symposium on Power-Line Communications and Its Applications   2005年   
電力線通信によるホームネットワーク・センサネットワーク
電子情報通信学会信学技報, ISSN 0913-5685, ワイドバンドシステム研究会(WBS)/信号処理研究会(SIP)合同研究会、SIP2005-62   2005年   
PHP/Apache による画像処理ウェブサーバの試作
張 建発, 山田 芳郎, 都築 伸二
パソコンリテラシ   2004年8月10日   
川上康人, 都築伸二, 和崎賢, 山田芳郎, 屋内電力線用LCLプローブ製作に関する考察, 2004 年
川上康人, 都築伸二, 和崎賢, 山田芳郎
電気学会論文誌C,   2004年7月1日   
Although power-line communications are expected as a promising method to realize an in-home network, one of their difficulties is an unnecessary radiation due to the electrical unbalance of power-line channels. To solve the problem, the statistica...
高速電力線通信の現状と課題
都築 伸二, 山田 芳郎
工学ジャーナル   2004年3月   
Power-line communications (PLC) are classified into three applications, i. e., Internet access, home-network, and inter-house communications, and those current situations in Japan are explained in this paper. The experiments of Internet access ser...
IP網におけるDV動画像伝送プログラムの改良(インターネット関連技術,及び一般)
光枝 慶一, 都築 伸二, 山田 芳郎
電子情報通信学会技術研究報告. IA, インターネットアーキテクチャ   2004年1月21日   
本稿では,筆者らが開発を進めている,デジタルビデオ(DV)カメラの高精細動画像を,IP網を介してリアルタイムに伝送するプログラムにおいて,ユーザインタフェース・伝送方式・パケットロス対策について改良したのでその内容について述べる.また,同様のソフトウェアとして広く認知されているDVTSとの機能比較を示す.
IP網におけるDV動画像伝送プログラムの改良
光枝 慶一, 都築 伸二, 山田 芳郎
情報処理学会研究報告インターネットと運用技術(IOT)   2004年1月20日   
本稿では,筆者らが開発を進めている,デジタルビデオ(DV)カメラの高精細動画像を,IP網を介してリアルタイムに伝送するプログラムにおいて,ユーザインタフエース・伝送方式・パケットロス対策について改良したのでその内容について述べる.また,同様のソフトウェアとして広く認知されているDVTSとの機能比較を示す.The authors have been developing a real-time transmission program of digital video (DV) data f...
電力線通信によるホームネットワーク
都築 伸二
電子情報通信学会技術研究報告. TM, テレコミュニケーションマネジメント   2004年1月15日   
本稿では、電力線通信(PLCと呼ぶ)を3つのアプリケーションに分類している。つまり、インターネットアクセス、ホームネットワーク、および家屋間通信である。それらのなかでも特に、電力会社によるインターネットアクセスサービスの実験結果、およびホームネットワーク応用を目的としたHomePlug Powerline Alliance の状況が述べられている。なお、後者は短波帯(2M〜30MHz)を用いた高速PLCであり、米国で使用できる。日本では、電波法の規制を緩和する必要があり、そのためには既存無...
Hirotada Furukawa, Shinji Tsuzuki, A Low Interference PLC Modem of Selecting Subcarriers based on LCTL Measurement, Zaragoza, Spain, 31 March to 2 of April 2004.
8th International Symposium on Power-Line Communications and Its Applications (ISPLC2004),   2004年   
都築, 山田, 高速電力線通信の現状と課題, 指定投稿論文
愛媛大学 工学ジャーナル、   2004年   
Power-line communication
Shinji Tsuzuki
Kyokai Joho Imeji Zasshi/Journal of the Institute of Image Information and Television Engineers   2003年5月1日   
電力線通信(有線系ブロードバンドの技術)(ブロードバンドを支えるハードウェア技術動向)(<特集>本格化したブロードバンド社会〜技術からサービスまで〜)
都築 伸二
映像情報メディア学会誌 : 映像情報メディア   2003年5月1日   

Works

 
JGN 一般公募研究、JGN-G13024、多地点対応型DV ストリーム伝送装置の研究開発
2002年 - 2004年
電磁環境適応型電力線通信による大型船内LANの構築に関する研究開発
2006年 - 2008年
(JGN2-A19008):文化的交流を目的とした遠隔小学校間交流支援に関する研究, (2)プロジェクトリーダー :愛媛大学 都築伸二(四国リサーチセンタ特別研究員)
2007年 - 2007年
JGN2-A19021 高精細動画像の双方向実時間伝送による地域公共ネットワーク利活用実験
2007年 - 2007年

競争的資金等の研究課題

 
スペクトル拡散通信に関する研究
非同期ネットワーク上でのマルチメディア リアルタイム通信に関する研究
研究期間: 1991年   
電力線通信に関する研究

社会貢献活動

 
【企画, 運営参加・支援】  NECソリューションイノベータ株式会社 (2)共催:愛媛大学 (3)後援:四国情報通信懇談会 (4)協力:愛媛県自転車新文化推進室 ;  サイクリングで 愛媛を盛り上げるアイデアを、みんなで考えよう  (愛媛大学城北キャンパス 工学部4号館EL421室)  2016年12月10日
愛媛県では、2017年から道後温泉の耐震改修工事が控えており、観光客数の低下が危惧されてされています。しかし、県下全体の自転車道制定、国際サイクリング大会を実施する等、サイクリングによる観光の活性化を図っています。

「サイクリングアイデアソン in えひめ」では、観光人口増加でより愛媛県をより活性化させる為に、「サイクリング」と多彩な観光資源のある愛媛での「観光」をキーワードにアイデアソン/ハッカソンを開催します。
※本イベントでは、ソフトウエアの作成は行いません。ソフトウエアで実現する...
第一次産業×ICTに関する技術セミナー, パネルディスカッション、「」 コーディネーター、愛媛大学 メディアホール
【司会, 企画】  主催:四国情報通信懇談会ICT研究交流フォーラム、  ドローン・IoT利活用による有害生物対策とエコシステム  2016年6月30日