高橋忠伸

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/19 09:57
 
アバター
研究者氏名
高橋忠伸
所属
静岡県立大学
部署
薬学部
職名
准教授
学位
博士(薬学)(静岡県立大学)
科研費研究者番号
20405145

研究分野

 
 

経歴

 
2015年6月
 - 
現在
静岡県立大学 薬学部(大学院薬学研究院) 准教授
 
2013年4月
 - 
2015年5月
静岡県立大学 薬学部(大学院薬学研究院) 講師
 
2006年4月
 - 
2013年3月
静岡県立大学 薬学部(大学院薬学研究科) 助教
 
2010年4月
 - 
2011年3月
米国ウィスコンシン大学-マディソン校 獣医学部 インフルエンザ研究所 Visiting Scientist
 
2004年4月
 - 
2006年3月
(独)科学技術振興機構 戦略的創造事業(CREST) 博士研究員
 

学歴

 
2001年4月
 - 
2004年3月
静岡県立大学 大学院薬学研究科 博士後期課程 薬学専攻
 
1999年4月
 - 
2001年3月
静岡県立大学 大学院薬学研究科 博士前期課程 薬学専攻
 
1995年4月
 - 
1999年3月
静岡県立大学 薬学部 薬学科
 

受賞

 
2018年12月
静岡県立大学 学長表彰 「2017年度教員活動評価において特に高い評価」
 
2016年10月
(一財)バイオインダストリー協会 化学・生物素材研究開発奨励賞 「ウイルス酵素をライブイメージングする蛍光プローブの開発」
 
2016年3月
静岡県立大学 学長表彰 「2014年度教員活動評価において特に高い評価」
 
2015年11月
日本ウイルス学会 杉浦奨励賞 「インフルエンザウイルスが結合する糖鎖分子の機能解明」
 
2015年3月
静岡県立大学 学長表彰 「2013年度教員活動評価において特に高い評価」
 
2015年2月
東京バイオマーカー・イノベーション技術研究組合 TOBIRA奨励賞 「ウイルス酵素を利用したウイルスや感染細胞の簡便、迅速な検出試薬の開発とその応用」
 
2014年11月
(公財)長寿科学振興財団 長寿科学賞 「インフルエンザウイルスの新たな創薬・防疫戦略の開発をめざした糖鎖科学の研究と利用技術の開発」
 
2014年8月
日本糖質学会 奨励賞 「呼吸器ウイルス感染におけるウイルス糖タンパク質および糖鎖の役割解明」
 
2013年7月
日本薬学会東海支部 学術奨励賞 「ウイルス感染における糖鎖の機能解明」
 
2010年3月
糖鎖科学名古屋拠点 若手研究者奨励賞 「硫酸化糖脂質スルファチドが関与するウイルス感染機構の解明」
 
2005年7月
日本糖質学会 ポスター賞 「Molecular mechanism and evolutional analysis of human influenza A virus N2 neuraminidase genes based on the transition of the low-pH stability of sialidase activity.」
 
1999年3月
静岡県立大学 薬学部 岩﨑賞
 

論文

 
A I131V substitution in the fusion glycoprotein of human parainfluenza virus type 1 enhances syncytium formation and virus growth.
Keijo Fukushima*, Tadanobu Takahashi* (*They contributed equally as first authors), Masahiro Takaguchi, Seigo Ito, Chihiro Suzuki, Takashi Agarikuchi, Yuuki Kurebayashi, Akira Minami, Takashi Suzuki.
in press    2019年   [査読有り]
An easy, rapid, and sensitive method for detection of drug-resistant influenza virus by using a sialidase fluorescent imaging probe, BTP3-Neu5Ac.
Daisuke Kato*, Yuuki Kurebayashi*, Tadanobu Takahashi* (*These authors contributed equally to this work), Tadamune Otsubo, Hitomi Otake, Mika Yamazaki, Chihiro Tamoto, Akira Minami, Kiyoshi Ikeda, Takashi Suzuki.
PLoS One   13 e0200761   2018年   [査読有り]
Akira Minami, Ami Ishii, Sumika Shimba, Takahiro Kano, Eri Fujioka, Saki Sai, Nagisa Oshio, Sayaka Ishibashi, Tadanobu Takahashi, Yuuki Kurebayashi, Hiroaki Kanazawa, Nobuhiro Yuki, Tadamune Otsubo, Kiyoshi Ikeda and Takashi Suzuki.
J. Biochem.   163 273-280   2018年   [査読有り]
Tomonari Tanaka, Yiting Zhou, Chihiro Tamoto, Yuuki Kurebayashi, Tadanobu Takahashi, Takashi Suzuki.
J. App. Glycosci.   64 43-48   2017年   [査読有り]
Rapid regulation of sialidase activity in response to neural activity and sialic acid removal during memory processing in rat hippocampus.
Akira Minami, Yuko Meguro, Sayaka Ishibashi, Ami Ishii, Mako Shiratori, Saki Sai, Yuuki Horii, Hirotaka Shimizu, Hokuto Fukumoto, Sumika Shimba, Risa Taguchi, Tadanobu Takahashi, Tadamune Otsubo, Kiyoshi Ikeda and Takashi Suzuki.
J. Biol. Chem.   292 5645-5654   2017年   [査読有り]
Akira Minami, Masakazu Saito, Shou Mamada, Daisuke Ieno, Tomoya Hikita, Tadanobu Takahashi, Tadamune Otsubo, Kiyoshi Ikeda and Takashi Suzuki.
PLoS One   11 e0165257   2016年   [査読有り]
Akira Minami, Hiroshi Matsushita, Daisuke Ieno, Yukino Matsuda, Yuuki Horii, Ami Ishii, Tadanobu Takahashi, Hiroaki Kanazawa, Akihiko Wakatsuki, Takashi Suzuki.
Climacteric   19 568-573   2016年   [査読有り]
Tadanobu Takahashi, Saori Unuma, Sawako Kawagishi, Yuuki Kurebayashi, Maiko Takano, Hiroki Yoshino, Akira Minami, Takashi Yamanaka, Tadamune Otsubo, Kiyoshi Ikeda, Takashi Suzuki.
Biol. Pharm. Bull.   39 1728-1733   2016年   [査読有り]
Masanori Nagao, Yuuki Kurebayashi, Hirokazu Seto, Tadanobu Takahashi, Takashi Suzuki, Yu Hoshino, Yoshiko Miura.
Polym. Chem.   7 5920-5924   2016年   [査読有り]
Yuuki Kurebayashi*, Tadanobu Takahashi* (*These authors contributed equally to this work), Chihiro Tamoto, Keiji Sahara, Tadamune Otsubo, Tatsuya Yokozawa, Nona Shibahara, Hirohisa Wada, Akira Minami, Kiyoshi Ikeda, Takashi Suzuki.
PLoS One   11 e0156400   2016年   [査読有り]
Masanori Nagano, Yuuki Kurebayashi, Hirokazu Seto, Tomonari Tanaka, Tadanobu Takahashi, Takashi Suzuki, Yu Hoshino, Yoshiko Miura.
Polym. J.   48 745-749   2016年   [査読有り]
Tadanobu Takahashi, Takashi Agarikuchi, Yuuki Kurebayashi, Nona Shibahara, Chihiro Suzuki, Akiko Kishikawa, Keijo Fukushima, Maiko Takano, Fumie Suzuki, Hirohisa Wada, Tadamune Otsubo, Kiyoshi Ikeda, Akira Minami, Takashi Suzuki.
PLoS One   10 e0144038   2015年   [査読有り]
Risa Taguchi*, Akira Minami* (*they contributed equally as first authors), Yukino Matsuda, Tadanobu Takahashi, Tadamune Otsubo, Kiyoshi Ikeda, Takashi Suzuki.
PLoS One   10 e0131061   2015年   [査読有り]
Tadanobu Takahashi, Sawako Kawagishi, Hiroki Funahashi, Nonoka Hayashi, Takashi Suzuki.
Biol. Pharm. Bull.   38 1220-1226   2015年   [査読有り]
Tadanobu Takahashi*, Maiko Takano* (*they contributed equally as first authors), Yuuki Kurebayashi, Takashi Agarikuchi, Chihiro Suzuki, Keijo Fukushima, Shunsaku Takahashi, Tadamune Otsubo, Kiyoshi Ikeda, Akira Minami, Takashi Suzuki.
Biol. Pharm. Bull.   38 1214-1219   2015年   [査読有り]
Keijo Fukushima*, Tadanobu Takahashi* (*they contributed equally as first authors), Hiroo Ueyama, Masahiro Takaguchi, Seigo Ito, Kenta Oishi, Akira Minami, Erika Ishitsubo, Hiroaki Tokiwa, Toru Takimoto, Takashi Suzuki.
FEBS Lett.   589 1278-1282   2015年   [査読有り]
Kentaro Shoji, Tadanobu Takahashi, Kohta Kurohane, Koki Iwata, Takeshi Matsuoka, Shogo Tsuruta, Takatomo Sugino, Masaki Miyake, Takashi Suzuki, Yasuyuki Imai.
Viral Immunol.   28 170-178   2015年   [査読有り]
Tomohiro Kawahara, Tadanobu Takahashi, Kenta Oishi, Hiromu Tanaka, Midori Masuda, Shunsaku Takahashi, Maiko Takano, Tatsuya Kawakami, Keijo Fukushima, Hiroaki Kanazawa, Takashi Suzuki.
Microbiol. Immunol.   59 1-12   2015年   [査読有り]
Yohei Watanabea, Tetsuo Ito, Madiha S. Ibrahim, Yasuha Arai, Kozue Hotta, Hoang Vu Mai Phuong, Nguyen Le Khanh Hang, Le Quynh Mai, Kosuke Soda, Masaoki Yamaoka, Emmanuel Djoko Poetranto, Laksmi Wulandari, Hiroaki Hiramatsu, Tomo Daidoji, Ritsuko Kubota-Koketsu, Nongluk Sriwilaijaroen, Takaaki Nakaya, Yoshinobu Okuno, Tadanobu Takahashi, Takashi Suzuki, Toshihiro Ito, Hak Hotta, Tetsu Yamashiro, Tsukasa Hayashi, Kouichi Morita, Kazuyoshi Ikuta, Yasuo Suzuki.
Biosens. Bioelectron.   65 211-219   2014年   [査読有り]
Tomonari Tanaka, Hideki Ishitani, Yoshiko Miura, Kenta Oishi, Tadanobu Takahashi, Takashi Suzuki, Shin-ichiro Shoda, Yoshiharu Kimura.
ACS Macro Lett.   3 1074-1078   2014年   [査読有り]
Tadanobu Takahashi, Maiko Takano, Takashi Agarikuchi, Yuuki Kurebayashi, Akira Minami, Tadamune Otsubo, Kiyoshi Ikeda, Takashi Suzuki.
J. Virol. Methods   209 136-142   2014年   [査読有り]
Tadanobu Takahashi, Tadamune Otsubo, Kiyoshi Ikeda, Akira Minami, Takashi Suzuki.
Biol. Pharm. Bull.   37 1668-1673   2014年   [査読有り]
Keijo Fukushima*, Tadanobu Takahashi* (*they contributed equally as first authors), Seigo Ito, Masahiro Takaguchi, Maiko Takano, Yuuki Kurebayashi, Kenta Oishi, Akira Minami, Tatsuya Kato, Enoch Y Park, Hidekazu Nishimura, Toru Takimoto, Takashi Suzuki.
Virology   464-465 424-431   2014年   [査読有り]
Tadanobu Takahashi, Maiko Takano, Yuuki Kurebayashi, Midori Masuda, Sawako Kawagishi, Masahiro Takaguchi, Takashi Yamanaka, Akira Minami, Tadamune Otsubo, Kiyoshi Ikeda, Takashi Suzuki.
J. Virol.   88 8445-8456   2014年   [査読有り]
Yuuki Kurebayashi*, Tadanobu Takahashi* (*these authors contributed equally to this work), Tadamune Otsubo, Kiyoshi Ikeda, Shunsaku Takahashi, Maiko Takano, Takashi Agarikuchi, Tsubasa Sato, Yukino Matsuda, Akira Minami, Hiroaki Kanazawa, Yuko Uchida, Takehiko Saito, Yoshihiro Kawaoka, Toshihiro Yamada, Fumihiko Kawamori, Robin Thomson, Mark von Itzstein, Takashi Suzuki.
Sci. Rep.   4 4877   2014年   [査読有り]
Maiko Takano*, Tadanobu Takahashi* (*they contributed equally as first authors), Takashi Agarikuchi, Yuuki Kurebayashi, Akira Minami, Tadamune Otsubo, Kiyoshi Ikeda, Hiroaki Kanazawa, Takashi Suzuki.
Virology   464-465 206-212   2014年   [査読有り]
Mai Oba, Yayoi Ueno, Satoru Kitani, Takuya Hayakawa, Tadanobu Takahashi, Takashi Suzuki, Masayuki Sato, Kiyoshi Ikeda.
Heterocycles   89 69-81   2014年   [査読有り]
Akira Minami, Tadamune Otsubo, Daisuke Ieno, Kiyoshi Ikeda, Hiroaki Kanazawa, Kosuke Shimizu, Ko Ohata, Tsunehiro Yokochi, Yuuki Horii, Hokuto Fukumoto, Risa Taguchi, Tadanobu Takahashi, Naoto Oku, Takashi Suzuki.
PLoS One   9 e81941   2014年   [査読有り]
Tadanobu Takahashi, Tatsuya Kawakami, Takashi Mizuno, Akira Minami, Yuko Uchida, Takehiko Saito, Shigeyuki Matsui, Makoto Ogata, Taichi Usui, Nongluk Sriwilaijaroen, Hiroaki Hiramatsu, Yasuo Suzuki, Takashi Suzuki.
PLoS One   8 e78125   2013年   [査読有り]
Tadanobu Takahashi, Jiasheng Song, Takashi Suzuki, Yoshihiro Kawaoka.
PLoS One   8 e64439   2013年   [査読有り]
Tadanobu Takahashi, Sawako Kawagishi, Midori Masuda, Takashi Suzuki.
Glycoconj. J.   30 709-716   2013年   [査読有り]
Tadanobu Takahashi, Masahiro Takaguchi, Tatsuya Kawakami, Takashi Suzuki.
PLoS One   8 e61092   2013年   [査読有り]
Tadamune Otsubo, Akira Minami, Haruna Fujii, Risa Taguchi, Tadanobu Takahashi, Takashi Suzuki, Fumiteru Teraoka, Kiyoshi Ikeda.
Bioorg. Med. Chem. Lett.   23 2245-2249   2013年   [査読有り]
Tadanobu Takahashi, Chairul A. Nidom, Mai thi QuynhLe, Takashi Suzuki, Yoshihiro Kawaoka.
FEBS Open Bio   2 261-266   2012年   [査読有り]
Tadanobu Takahashi, Kazuhiko Ito, Keijo Fukushima, Masahiro Takaguchi, Takuya Hayakawa, Yasuo Suzuki, Takashi Suzuki.
J. Biochem.   152 373-380   2012年   [査読有り]
Hirokazu Yagi, Shinya Watanabe, Takashi Suzuki, Tadanobu Takahashi, Yasuo Suzuki, Koichi Kato.
Open Glycoscience   5 2-12   2012年   [査読有り]
Keijo Fukushima, Tadanobu Takahashi, Masahiro Takaguchi, Hiroo Ueyama, Seigo Ito, Yuuki Kurebayashi, Tomohiro Kawanishi, Jennifer L. Mckimm-Breschkin, Toru Takimoto, Akira Minami, Takashi Suzuki.
Biol. Pharm. Bull.   34 996-1000   2011年   [査読有り]
Masahiro Takaguchi, Tadanobu Takahashi, Chika Hosokawa, Hiroo Ueyama, Keijo Fukushima, Takuya Hayakawa, Kazuhiko Itoh, Kiyoshi Ikeda, Takashi Suzuki.
J. Biochem.   149 191-202   2011年   [査読有り]
Reiko Nishino, Kiyoshi Ikeda, Takuya Hayakawa, Tadanobu Takahashi, Takashi Suzuki, Masayuki Sato.
Bioorg. Med. Chem.   19 2418-2427   2011年   [査読有り]
Tadanobu Takahashi, Yuuki Kurebayashi, Kumiko Ikeya, Takashi Mizuno, Keijo Fukushima, Hiroko Kawamoto, Yoshihiro Kawaoka, Yasuo Suzuki, Takashi Suzuki.
PLoS One   5 e15556   2010年   [査読有り]
Repon Kumer Saha, Tadanobu Takahashi, Yuki Kurebayashi, Keijo Fukushima, Akira Minami, Noriaki Kinbara, Masaki Ichitani, Yuko M. Sagesaka, Takashi Suzuki.
Antiviral Res.   88 10-18   2010年   [査読有り]
Tadanobu Takahashi, Hiroaki Satoh, Masahiro Takaguchi, Suguru Takafuji, Hideshi Yokoyama, Satoshi Fujii, Takashi Suzuki.
J. Biochem.   147 459-462   2010年   [査読有り]
Tadanobu Takahashi, Asako Hashimoto, Mami Maruyama, Hideharu Ishida, Makoto Kiso, Yoshihiro Kawaoka, Yasuo Suzuki, Takashi Suzuki.
FEBS Lett.   583 3171-3174   2009年   [査読有り]
Nongluk Sriwilaijaroen, Prapon Wilairat, Hiroaki Hiramatsu, Tadanobu Takahashi, Takashi Suzuki, Morihiro Ito, Yasuhiko Ito, Masato Tashiro, Yasuo Suzuki.
Virol. J.   6 124   2009年   [査読有り]
Repon Kumer Saha, Tadanobu Takahashi, Takashi Suzuki.
Biol. Pharm. Bull.   32 1188-1192   2009年   [査読有り]
Tadanobu Takahashi, Kouki Murakami, Momoe Nagakura, Hideyuki Kishita, Shinya Watanabe, Koichi Honke, Kiyoshi Ogura, Tadashi Tai, Kazunori Kawasaki, Daisei Miyamoto, Kazuya I. P. J. Hidari, Chao-Tan Guo, Yasuo Suzuki, Takashi Suzuki.
J. Virol.   82 5940-5950   2008年   [査読有り]
Tadanobu Takahashi, Yusuke Moriyama, Akira Ikari, Junko Sugatani, Takashi Suzuki, Masao Miwa.
Biochem. Biophys. Res. Commun.   368 550-555   2008年   [査読有り]
Takumi Furuta, Masayoshi Mochizuki, Mai Ito, Tadanobu Takahashi, Takashi Suzuki, Toshiyuki Kan.
Org. Lett.   10 4847-4850   2008年   [査読有り]
Junko Sugatani, Makoto, Osabe, Tadashi Wada, Kasumi Yamakawa, Yasuhiro Yamazaki, Tadanobu Takahashi, Akira Ikari, Masao Miwa.
Eur. J. Nutr.   47 192-200   2008年   [査読有り]
Hirokazu Yagi, Naoko Yasukawa, Shin-Yi Yu, Chao-Tan Guo, Noriko Takahashi, Tadanobu Takahashi, Wakoto Bukawa, Takashi Suzuki, Kay-Hooi Khoo, Yasuo Suzuki, Koichi Kato.
Carbohydr. Res.   343 1373-1377   2008年   [査読有り]
Sangchai Yingsakmongkon, Daisei Miyamoto, Nongluk Sriwilaijaroen, Kimie Fujita, Kousai Matsumoto, Wipawee Jampagern, Hiroaki Hiramatsu, Chao-Tan Guo, Toshihiko Sawada, Tadanobu Takahashi, Kazuya I.-P. Jwa Hidari, Takashi Suzuki, Morihiro Ito, Yasuhiko Ito, Yasuo Suzuki.
Biol. Pharm. Bull.   31 511-515   2008年   [査読有り]
Daisei Miyamoto, Sayaka Hasegawa, Nongluk Sriwilaijaroen, Sangchai Yingsakmongkon, Hiroaki Hiramatsu, Tadanobu Takahashi, Kazuya, I. -P. Jwa. Hidari, Chao-Tan Guo, Yuichi Sakano, Takashi Suzuki, Yasuo Suzuki.
Biol. Pharm. Bull.   31 217-222   2008年   [査読有り]
Akira Ikari, Midori Ito, Chiaki Okude, Hayato Sawada, Hitoshi Harada, Masakuni Degawa, Hideki Sakai, Tadanobu Takahashi, Junko Sugatani, Masao Miwa.
J. Cell. Physiol.   214 221-229   2008年   [査読有り]
Akira Ikari, Chiaki Okude, Hayato Sawada, Tadanobu Takahashi, Junko Sugatani, Masao Miwa.
Naunyn. Schmiedebergs. Arch. Pharmacol.   337 333-343   2008年   [査読有り]
Chao-Tan Guo, Noriko Takahashi, Hirokazu Yagi, Koichi Kato, Tadanobu Takahashi, Shuang-Qin Yi, Yong Chen, Toshihiro Ito, Koichi Otsuki, Hiroshi Kida, Yoshihiro Kawaoka, Kazuya I.-P. Jwa Hidari, Daisei Miyamoto, Takashi Suzuki, Yasuo Suzuki.
Glycobiology   17 713-724   2007年   [査読有り]
Akira Ikari, Satomi Matsumoto, Hitoshi Harada, Kuniaki Takagi, Masakuni Degawa, Tadanobu Takahashi, Junko Sugatani, Masao Miwa.
J. Physiol. Sci.   56 379-383   2006年   [査読有り]
Chie Aoki, Kazuya I.P.J. Hidari, Saki Itonori, Akihiro Yamada, Naonori Takahashi, Takeshi Kasama, Futoshi Hasebe, Mohammend Alimul Islam, Ken Hatano, Koji Matsuoka, Takao Taki, Chao-Tan Guo, Tadanobu Takahashi, Yuichi Sakano, Takashi Suzuki, Daisei Miyamoto, Mutsumi Sugita, Daiyo Terunuma, Koichi Morita, Yasuo Suzuki.
J. Biochem.   139 607-614   2006年   [査読有り]
Chao-Tan Guo, Tadanobu Takahashi, Kazuya I.-P. Jwa Hidari, Daisei Miyamoto, Takashi Suzuki, Yasuo Suzuki.
Antiviral Res.   70 140-146   2006年   [査読有り]
Toshihiro Kogure, Takashi Suzuki, Tadanobu Takahashi, Daisei Miyamoto, Kazuya I P. J. Hidari, Guo Chao-Tan, Toshihiro Ito, Yoshihiro Kawaoka, Yasuo Suzuki.
Glycoconj. J.   23 101-106   2006年   [査読有り]
Takashi Suzuki*, Tadanobu Takahashi*(*these authors contributed equally to this work), Chao-Tan Guo, Kazuya I P. J. Hidari, Daisei Miyamoto, Hideo Goto, Yoshihiro Kawaoka, Yasuo Suzuki.
J. Virol.   79 11705-11715   2005年   [査読有り]
Kenji Sasaki, Yoshihiro Nishida, Mikie Kambara Hirotaka Uzawa, Tadanobu Takahashi, Takashi Suzuki, Yasuo Suzuki, Kazukiyo Kobayashi.
Bioorg. Med. Chem.   12 1367-1375   2004年   [査読有り]
Takashi Suzuki, Tadanobu Takahashi, Takehiko Saito, Chao-Tan Guo, Kazuya I.-P. Jwa Hidari, Daisei Miyamoto, Yasuo Suzuki.
FEBS Lett.   557 228-232   2004年   [査読有り]
Takashi Suzuki, Tadanobu Takahashi, Daisuke Nishinaka, Masanori Murakami, Satoshi Fujii, Kazuya I.-P. Jwa Hidari, Daisei Miyamoto, Yu-The Li, Yasuo Suzuki.
FEBS Lett.   553 355-359   2003年   [査読有り]
Tadanobu Takahashi, Takashi Suzuki, Kazuya I.-P. Jwa Hidari, Daisei Miyamoto, Yasuo Suzuki.
FEBS Lett.   543 71-75   2003年   [査読有り]
Shinji Kojima, Teruaki Hasegawa, Takahiro Yonemura, Ken Sasaki, Kenji Yamamoto, Yutaka Makimura, Tadanobu Takahashi, Takahshi Suzuki, Yasuo Suzuki, Kazukiyo Kobayashi.
Chem. Commun.   11 1250-1251   2003年   [査読有り]
Takashi Suzuki, Kiyoshi Ikeda, Noriko Koyama, Chika Hosokawa, Tadanobu Takahashi, Kazuya I.-P. Jwa Hidari, Daisei Miyamoto, Chao-Tan Guo, Kiyoshi Tanaka, Yasuo Suzuki. Inhibition of human parainfluenza virus type 1 neuraminidase by analogues of 2-deoxy-2,3-didehydro-N-acetylneuraminic acid.
Glycoconj. J.   18 331-337   2001年   [査読有り]
A Unique Phosphatidylinositol Bearing a Novel Branched-Chain Fatty Acid from Rhodococcus equi Binds to Influenza Virus Hemagglutinin and inhibits the Infection of Cells.
Chao-Tan Guo, Shinji Ohta, Akihiro Yoshimoto, Kuniho Nakata, Kennedy F. Shortridge, Tadanobu Takahashi, Takashi Suzuki, Daisei Miyamoto, Kazuya I.-P. Jwa Hidari, Yasuo Suzuki.
J. Biochem.   130 377-384   2001年   [査読有り]
Tadanobu Takahashi, Yasuo Suzuki, Daisuke Nishinaka, Nana Kawase, Yukiko Kobayashi, Kazuya I.-P. Jwa Hidari, Daisei Miyamoto, Chao-Tan Guo, Kennedy F. Shortridge, Takashi Suzuki.
J. Biochem.   130 279-283   2001年   [査読有り]
Tetsuya Furuike, Seiichi Aiba, Takashi Suzuki, Tadanobu Takahashi, Yasuo Suzuki, Kuriko Yamada, Shin-Ichiro Nishimura.
J. Chem. Soc. Perkin Trans.   1 3000-3005   2001年   [査読有り]

Misc

 
薬剤耐性インフルエンザの蛍光イメージング法の開発
高橋忠伸、紅林佑希、加藤大介、大坪忠宗、池田 潔、南 彰、鈴木 隆
アグリバイオ   2(13) 81-87   2018年12月   [依頼有り]
固体発光性色素を用いたシアリダーゼライブイメージングプローブの開発
大坪忠宗、池田 潔、紅林佑希、南 彰、高橋忠伸、鈴木 隆
有機合成化学協会誌   76(12) 1272-1280   2018年12月   [査読有り][依頼有り]
薬剤耐性インフルエンザの蛍光検出単離法
高橋忠伸、紅林佑希、大坪忠宗、池田 潔、南 彰、鈴木 隆
BIO Clinica   33(3) 38-44   2018年   [依頼有り]
薬剤耐性インフルエンザの単離法と簡易高感度検出法
高橋忠伸、紅林佑希、加藤大介、大坪忠宗、池田 潔、南 彰、鈴木 隆
BIO Clinica   33(9) 98-103   2018年   [依頼有り]
高橋忠伸
日本ウイルス学会 「ウイルス」   66(1) 101-116   2016年   [依頼有り]
蛍光組織染色が可能なシアリダーゼ蛍光プローブ
大坪忠宗、池田 潔、南 彰、高橋忠伸、鈴木 隆
和光純薬時報   84(2) 5-7   2016年   [依頼有り]
レクチンを用いたシアロ糖鎖末端構造の検出
高橋忠伸
Cosmo Bio News 「Application Note」   122 26-27   2016年   [依頼有り]
化学・生物素材研究開発奨励賞受賞者のご紹介
高橋忠伸
バイオインダストリー協会誌 B&I   74(5) 463   2016年   [依頼有り]
シアリダーゼ蛍光イメージング試薬の開発
大坪忠宗、池田 潔、紅林佑希、南 彰、高橋忠伸、鈴木 隆
BIO INDUSTRY   33(11) 70-79   2016年   [依頼有り]
高橋忠伸、紅林佑希、大坪忠宗、池田 潔、南 彰、鈴木 隆
日本分析化学会「分析化学」総説論文   65(12) 689-701   2016年   [査読有り][依頼有り]
インフルエンザウイルスの新たな創薬や防疫戦略の開発をめざした研究
高橋忠伸
長寿科学振興財団機関誌「Aging&Health」-長寿フロントライン-   73 38-41   2015年   [依頼有り]
ウイルス酵素を利用したウイルスや感染細胞の簡便、迅速な検出試薬の開発とその応用
高橋忠伸
実験医学 (羊土社)   33(13) 2114   2015年   [依頼有り]
Tadanobu Takahashi and Takashi Suzuki.
Biol. Pharm. Bull.   38 817-826   2015年   [査読有り]
Tadanobu Takahashi.
Trends Glycosci. Glycotechnol.   27(158) E49-E60   2015年   [査読有り][依頼有り]
Tadanobu Takahashi and Takashi Suzuki.
Biol. Pharm. Bull.   38 809-816   2015年   [査読有り]
マウスにおけるビフィズス菌経口投与の抗インフルエンザ効果
川原知浩、高橋忠伸、田中良紀、嶋川真木、山村秀樹、鈴木 隆
腸内細菌学雑誌   28(2) 88   2014年   [依頼有り]
高橋忠伸
薬学雑誌   134(8) 889-899   2014年   [査読有り][依頼有り]
糖鎖生物学を背景にしたウイルス研究
高橋忠伸
薬事日報 (薬事日報社) 研究戦略YAKU学-研究現場から臨床へ-   8   2013年10月   [依頼有り]
Tadanobu Takahashi and Takashi Suzuki.
J. Lipid Res.   53 1437-1450   2012年   [査読有り]
Tadanobu Takahashi and Takashi Suzuki.
Biochem. Res. Int.   2011(245090) 1-23   2011年   [査読有り][依頼有り]
スルファチドによるインフルエンザA型ウイルス増殖の促進
高橋忠伸、鈴木 隆
Glycoforum, SEIKAGAKU CORPORATION      2010年   [依頼有り]
Role of membrane rafts in viral infection.
Tadanobu Takahashi and Takashi Suzuki.
The Open Dermatology Journal   3 178-194   2009年   [査読有り][依頼有り]
パンデミックインフルエンザウイルスの出現とノイラミニダーゼの酸性安定性
高橋忠伸、鈴木 隆
THE LUNG perspectives (メディカルレビュー社)   17(4) 83-88   2009年   [依頼有り]
Tadanobu Takahashi and Takashi Suzuki.
Trends Glycosci. Glycotechnol.   21(121) 255-265   2009年   [査読有り][依頼有り]
インフルエンザウイルス感染におけるスルファチドの機能
鈴木 隆、高橋忠伸、鈴木康夫
蛋白質 核酸 酵素 糖鎖情報の独自性と普遍性 (共立出版)   53(12) 1676-1682   2008年   [依頼有り]
インフルエンザウイルス感染におけるスパイク糖タンパク質とシアロ複合糖質の役割
鈴木 隆、高橋忠伸、左 一八
実験医学 波及・深化する糖鎖研究 (羊土社)   25(7) 30-36   2007年   [依頼有り]
インフルエンザウイルスとシアリダーゼ
高橋忠伸、鈴木康夫、鈴木 隆
日本生化学会 「生化学」 ミニレビュー   78(5) 409-412   2006年   [依頼有り]
パンデミックインフルエンザA型ウイルスノイラミニダーゼの構造と機能
鈴木 隆、高橋忠伸、鈴木康夫
遺伝子医学MOOK3糖鎖と病気 2. 糖鎖と治療 (メディカル ドゥ)   261-266   2005年   [依頼有り]

書籍等出版物

 
Methods Mol. Biol., Protecting-Group-Free Synthesis of Glycopolymers and Their Binding Assay with Lectin and Influenza Virus.
Tomonari Tanaka, Tadanobu Takahashi, Takashi Suzuki. (担当:共著, 範囲:Protecting-Group-Free Synthesis of Glycopolymers and Their Binding Assay with Lectin and Influenza Virus.)
Springer Publishing   2016年   
微生物学 病原微生物と治療薬(編集 今井康之、増澤俊幸)改定第7版
鈴木 隆、高橋忠伸 (担当:分担執筆, 範囲:ウイルス学総論、ウイルス学各論、ウイロイド、プリオ)
南江堂   2016年   
Sugar Chains, Role of glycans in viral infection.
Tadanobu Takahashi and Takashi Suzuki. (担当:共著, 範囲:Role of glycans in viral infection.)
Springer Publishing   2015年   
Glycoscience: Biology and Medicine, Binding of influenza viruses to glycans.
Tadanobu Takahashi and Takashi Suzuki. (担当:共著, 範囲:Part IIIV, Microbial Glycobiology and Infection, Glycobiology: Role of Glycans in Infections)
Springer Publishing   2014年   

講演・口頭発表等

 
ウイルス感染の蛍光イメージング剤の開発と応用 [招待有り]
高橋忠伸
静岡大学超領域研究推進本部 第12回超領域研究会(静岡)   2018年12月3日   
インフルエンザウイルスシアリダーゼの高性能イメージング剤の開発 [招待有り]
高橋忠伸、鈴木 隆
中部乳酸菌研究会(静岡)   2018年11月29日   
インフルエンザウイルス形成を制御するスルファチド結合機構の解明と感染細胞を蛍光イメージングするシアリダーゼ蛍光化剤の紹介 [招待有り]
高橋忠伸
薬力学研究会 講演会(東京)   2018年2月8日   
インフルエンザウイルス感染とシアル酸分子種 [招待有り]
高橋忠伸
第31回インフルエンザ研究者交流の会シンポジウム シンポジウムI「糖鎖とウイルス」(静岡)   2017年6月8日   
実はけっこう怖い?インフルエンザのお話 [招待有り]
高橋忠伸
静岡県立大学公開講座「健康寿命のために知っておきたい病気と薬の話」(静岡)   2016年10月15日   
インフルエンザウイルスの感染を可視化するシアリダーゼ蛍光イメージング剤の開発 [招待有り]
高橋忠伸
第21回 静岡健康・長寿学術フォーラム 「生命科学研究を基盤としたモノづくり」セッション(静岡)   2016年10月15日   
ウイルス酵素をライブイメージングする蛍光プローブの開発 [招待有り]
高橋忠伸
BioJapan2016(横浜)   2016年10月12日   
シアリダーゼを利用したインフルエンザウイルスの蛍光イメージング剤の開発 [招待有り]
高橋忠伸、紅林佑希、大坪忠宗、池田 潔、南 彰、鈴木 隆
日本分析化学会 第76回分析化学討論会(岐阜)   2016年5月28日   
薬剤耐性インフルエンザウイルスの高感度、簡便、迅速な検出方法および分離法の開発 [招待有り]
高橋忠伸
第1回ふじのくに地域・大学フォーラム(静岡)   2016年2月27日   
ウイルス感染における糖鎖の機能解明と糖鎖の利用技術の開発 [招待有り]
高橋忠伸
第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会 合同大会(BMB2015)ワークショップ「糖鎖を利用した、異物と宿主の生存戦略」(神戸)   2015年12月3日   
Functional analysis of glyco-molecules that bind with influenza virus. [招待有り]
Tadanobu Takahashi.
The 63rd Annual Meeting of the Japanese Society for Virology (Fukuoka)   2015年11月24日   
糖鎖を利用したウイルスと宿主の生存戦略 [招待有り]
高橋忠伸
糖鎖科学中部拠点 糖鎖科学講義(名古屋)   2015年7月29日   
ウイルス酵素を利用したウイルスや感染細胞の簡便、迅速な検出試薬の開発とその応用 [招待有り]
高橋忠伸
東京バイオマーカー・イノベーション技術研究組合 第4回研究交流フォーラム(東京)   2015年2月2日   
インフルエンザウイルスの新たな創薬・防疫戦略の開発をめざした糖鎖科学の研究と利用技術の開発 [招待有り]
高橋忠伸
公益財団法人 長寿科学振興財団 第15回若手研究者表彰式(東京)   2014年11月26日   
Histochemical Fluorescent Visualization of Influenza Virus Sialidase activity. [招待有り]
Tadanobu Takahashi, Yuuki Kurebayashi, Tadamune Otsubo, Kiyoshi Ikeda, Shunsaku Takahashi, Maiko Takano, Takashi Agarikuchi, Tsubasa Sato, Yukino Matsuda, Akira Minami, Hiroaki Kanazawa, Yuko Uchida, Takehiko Saito, Yoshihiro Kawaoka, Toshihiro Yamada, Fumihiko Kawamori, Robin Thomson, Mark von Itzstein, Takashi Suzuki.
Program of the 11th Japan-China International Symposium on Health Sciences (Shizuoka)   2014年11月5日   
呼吸器ウイルス感染におけるウイルス糖タンパク質および糖鎖の役割解明 [招待有り]
高橋忠伸
第33回日本糖質学会(名古屋)   2014年8月10日   
ウイルス感染における糖鎖の機能解明 [招待有り]
高橋忠伸
第59回日本薬学会東海支部 総会・大会(名古屋)   2013年7月6日   
インフルエンザウイルスの分泌型ヘマグルチニンの精製とスルファチド結合パラメータの測定 [招待有り]
高橋忠伸、川岸佐和子、鈴木 隆
第6回QCM研究会 (東京)   2012年8月23日   
インフルエンザウイルスおよびヒトパラインフルエンザウイルス感染におけるスルファチドの役割 [招待有り]
高橋忠伸
日本農芸化学会中部 支部第163回例会 若手シンポジウム   2011年12月3日   
パンデミックインフルエンザウイルスに見出されたノイラミニダーゼの機能 [招待有り]
高橋忠伸、紅林佑希、池谷久美子、川本浩子、河岡義裕、鈴木康夫、鈴木 隆
日本薬学会第130年会シンポジウム(岡山)   2010年3月28日   
ヒトインフルエンザA型ウイルスH3型ヘマグルチニンのシアル酸分子種認識機構 [招待有り]
高橋忠伸、橋本麻子、丸山真美、石田秀治、木曾 真、河岡義裕、左 一八、鈴木康夫、鈴木 隆
糖鎖科学名古屋拠点 第5回「若手の力」フォーラム(名古屋)   2007年9月15日   

競争的資金等の研究課題

 
シアリダーゼの局所イメージング新技術を利用したインフルエンザNA研究の新展開
日本学術振興会: 科学研究費補助金 若手研究(A)
研究期間: 2015年4月 - 2019年4月    代表者: 高橋忠伸
インフルエンザウイルスNAの薬剤耐性化機構の網羅的解析
日本学術振興会: 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 高橋忠伸
新規シアリダーゼプローブを利用したウイルス感染の蛍光イメージング法の開発
日本学術振興会: 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 高橋忠伸
機能グライコミクスを利用したマイナーシアル酸のインフルエンザウイルス受容体評価
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 高橋忠伸
シアル酸分子種に注目したインフルエンザウイルス感染受容体の機能グライコミクス
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C) (海外留学のため辞退)
研究期間: 2010年4月       代表者: 高橋忠伸
インフルエンザウイルス結合性アシアロ糖脂質の感染機構における機能グライコミクス
日本学術振興会: 科学研究費補助金 若手研究(B)
研究期間: 2008年4月 - 2010年3月    代表者: 高橋忠伸
薬剤耐性を同時判定する画期的インフルエンザ診断薬の開発
テルモ生命科学芸術財団: 研究開発助成
研究期間: 2018年1月 - 2018年12月    代表者: 高橋忠伸
医療、衛生、学術への応用を志向したウイルス酵素イメージング技術の開発
日立財団: 倉田奨励金
研究期間: 2017年 - 2018年    代表者: 高橋忠伸
おたふく風邪予防をめざした食品成分の探索
花王健康科学研究会: 研究助成金
研究期間: 2017年 - 2018年    代表者: 高橋忠伸
ウイルス酵素の蛍光プローブの開発と蛍光イメージングによるウイルス酵素の新機能解析
光科学技術研究振興財団: 研究助成金(継続採択)
研究期間: 2017年 - 2017年    代表者: 高橋忠伸
インフルエンザウイルス形成を制御するスルファチド結合機構の解明
薬力学研究会: 研究助成金
研究期間: 2017年 - 2017年    代表者: 高橋忠伸
ウイルス感染イメージング剤の高性能化とイメージングを利用した薬剤耐性変異の高効率解析
双葉電子記念財団: 自然科学研究助成(B-2)
研究期間: 2017年 - 2017年    代表者: 高橋忠伸
ウイルス酵素イメージングプローブの高性能化基盤と応用法の確立
天野工業技術研究所: 研究助成
研究期間: 2017年 - 2017年    代表者: 高橋忠伸
ウイルス酵素イメージング剤の高性能化と応用
金森財団: 研究助成
研究期間: 2017年 - 2017年    代表者: 高橋忠伸
ウイルスのシアリダーゼ蛍光イメージング剤の開発研究
フジクラ財団: 研究助成(継続採択)
研究期間: 2017年 - 2017年    代表者: 高橋忠伸
インフルエンザウイルス酵素の蛍光イメージング剤を利用した画期的診断法の開発
野口研究所: 野口遵研究助成金
研究期間: 2016年 - 2017年    代表者: 高橋忠伸
ランダム変異を利用したインフルエンザウイルスノイラミニダーゼの薬剤耐性変異の高効率解析
杉山報公会: 研究助成金
研究期間: 2016年 - 2017年    代表者: 高橋忠伸
ヒトパラインフルエンザウイルス感染における糖鎖受容体の機能グライコミクス
金原一郎記念医学医療振興財団: 基礎医学医療研究助成金
研究期間: 2016年 - 2017年    代表者: 高橋忠伸
インフルエンザウイルス酵素イメージングを利用した薬剤耐性化を同時検出する診断法の開発
鈴木謙三記念医科学応用研究財団: 調査研究助成金(課題1:より豊かな生活に貢献する医療技術に関する研究)
研究期間: 2016年 - 2017年    代表者: 高橋忠伸
画期的インフルエンザウイルス粒子形成阻害剤の開発
武田科学振興財団: 薬学系研究奨励継続助成(継続採択)
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 高橋忠伸
パンデミックインフルエンザウイルスに特有のシアリダーゼの性状「酸性安定性」に関する研究
グラクソ・スミスクライン: GSKジャパン研究助成
研究期間: 2016年 - 2016年    代表者: 高橋忠伸
ウイルス酵素の蛍光プローブの開発と蛍光イメージングによるウイルス酵素の新機能解析
光科学技術研究振興財団: 研究助成金
研究期間: 2016年 - 2016年    代表者: 高橋忠伸
ウイルスシアリダーゼの酸性安定性の新機能研究
赤枝医学研究財団: 研究助成金
研究期間: 2016年 - 2016年    代表者: 高橋忠伸
ウイルス酵素プローブの性能向上とインフルエンザウイルスの薬剤耐性化機構の効率的解析
高橋産業経済研究財団: 研究助成(継続採択)
研究期間: 2016年 - 2016年    代表者: 高橋忠伸
ウイルスのシアリダーゼ蛍光イメージング剤の開発研究
フジクラ財団: 研究助成
研究期間: 2016年 - 2016年    代表者: 高橋忠伸
鳥インフルエンザウイルス酵素活性のpH依存的性状の解析
旗影会: 研究助成
研究期間: 2016年 - 2016年    代表者: 高橋忠伸
高精度化・高感度化をめざしたウイルス酵素イメージング剤の開発と応用法の確立
東海産業技術振興財団: 「一般発展型」研究助成 (継続採択)
研究期間: 2015年 - 2016年    代表者: 高橋忠伸
薬剤耐性化インフルエンザウイルスの簡便な検出分離法の開発と薬剤耐性化の機構解析
薬理研究会: 研究助成
研究期間: 2015年 - 2016年    代表者: 高橋忠伸
ウイルス酵素活性をライブイメージングする材料の開発
泉科学技術振興財団: 研究助成
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 高橋忠伸
ウイルス感染細胞内のシアリダーゼ活性のライブイメージング技術の開発とウイルス感染機構・薬剤耐性化機構の解析
双葉電子記念財団: 自然科学研究助成(継続採択)
研究期間: 2015年 - 2015年    代表者: 高橋忠伸
ウイルス感染細胞を簡便、迅速に蛍光化する素材の開発とその応用
中部電気利用基礎研究振興財団: 研究助成 A2
研究期間: 2015年 - 2015年    代表者: 高橋忠伸
ウイルス酵素の新規蛍光プローブによる画期的ウイルス検出技術の開発
高橋産業経済研究財団: 研究助成(継続採択)
研究期間: 2015年 - 2015年    代表者: 高橋忠伸
薬剤耐性インフルエンザウイルスの高感度、簡便、迅速な検出法および分離法の開発
ふじのくに地域・大学コンソーシアム: 学術研究助成
研究期間: 2015年 - 2015年    代表者: 高橋忠伸
薬剤耐性化インフルエンザウイルスの高感度、簡便、迅速な検出および分離技術の開発と薬剤耐性化機構の解析
島原科学振興会: 研究助成金
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 高橋忠伸
ウイルスシアリダーゼの組織化学的蛍光イメージング法の開発
倉田記念日立科学技術財団: 倉田奨励金
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 高橋忠伸
非シアロ糖鎖の結合機構に基づいた新規抗インフルエンザウイルス剤の開発
日本ワックスマン財団: 学術研究助成金
研究期間: 2014年 - 2014年    代表者: 高橋忠伸
ウイルス感染部位を蛍光イメージングする新規シアリダーゼプローブの開発
双葉電子記念財団: 自然科学研究助成
研究期間: 2014年 - 2014年    代表者: 高橋忠伸
ウイルス感染を蛍光イメージングするウイルス酵素プローブの開発とその評価
東海産業技術振興財団: 「研究育成型」研究助成金
研究期間: 2014年 - 2014年    代表者: 高橋忠伸
インフルエンザウイルスのスルファチド結合機構の解明と創薬への応用
材料科学技術振興財団: 研究助成
研究期間: 2014年 - 2014年    代表者: 高橋忠伸
ウイルス酵素の新規蛍光プローブによる画期的ウイルス検出技術の開発
高橋産業経済研究財団: 研究助成
研究期間: 2014年 - 2014年    代表者: 高橋忠伸
インフルエンザウイルスのスルファチド結合機構をターゲットとした創薬研究
薬学研究奨励財団: 研究助成金
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 高橋忠伸
インフルエンザウイルス粒子形成の開始スイッチ阻害剤の開発
昭和大学医学・医療振興財団: 医学研究助成金
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 高橋忠伸
インフルエンザウイルス粒子形成スイッチの阻害剤開発
上原記念生命科学財団: 研究奨励金
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 高橋忠伸
ウイルス酵素に対する新規高感度蛍光プローブによる感染情報の画期的検出技術
中谷医工計測技術振興財団: 研究開発助成
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 高橋忠伸
画期的インフルエンザウイルス粒子形成阻害剤の開発
武田科学振興財団: 薬学系研究奨励
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 高橋忠伸
インフルエンザウイルスの非シアロ結合機構をターゲットとしたウイルス形成阻害剤の開発
中部科学技術センター: 学術奨励研究助成
研究期間: 2013年 - 2013年    代表者: 高橋忠伸
Mutations in NA that induced low pH-stability and enhanced the replication of pandemic (H1N1) 2009 influenza A virus at an early stage of the pandemic
中部電気利用基礎研究振興財団: 出版助成
研究期間: 2013年 - 2013年    代表者: 高橋忠伸
インフルエンザA型ウイルスが結合するシアル酸分子種の受容体評価
ホクト生物科学振興財団: 奨励金
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 高橋忠伸
インフルエンザウイルスのスルファチドへの新規結合機構を標的とした画期的ウイルス形成阻害剤の開発
東京生化学研究会: 研究奨励金
研究期間: 2012年 - 2012年    代表者: 高橋忠伸
インフルエンザウイルス感染におけるマイナーシアル酸の機能解析
日本科学協会: 平成23年度 笹川科学研究助成
研究期間: 2011年 - 2011年    代表者: 高橋忠伸
インフルエンザウイルスの非シアロ糖鎖結合機構の解析
浜松科学技術研究振興会: 科学技術試験研究助成金
研究期間: 2011年 - 2011年    代表者: 高橋忠伸
H1N1型インフルエンザウイルスのノイラミニダーゼタンパク質の酸性安定性を決定する分子機構とこの性質が関わるウイルス増殖促進機構およびパンデミック発生機構に関する研究
静岡総合研究機構: 静岡SOE助成
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 高橋忠伸
インフルエンザウイルス受容体シアル酸を含有しないウイルス結合性糖脂質の感染における機能解明
日本科学協会: 平成20年度 笹川科学研究助成
研究期間: 2008年 - 2008年    代表者: 高橋忠伸
ヒトパンデミックインフルエンザウイルスのアポトーシス増強作用を持つノイラミニダーゼ糖タンパク質を利用した抗癌研究
持田記念医学薬学振興財団: 第25回持田記念研究助成金
研究期間: 2007年 - 2007年    代表者: 高橋忠伸

特許

 
特許5653034 : 抗ウイルス剤
提坂裕子、金原紀章、一谷正己、鈴木 隆、高橋忠伸
特許特許査定通知2019年2月18日 : 新規化合物及び該化合物を含む蛍光組成物
鈴木 隆、高橋忠伸、南 彰、池田 潔、大坪忠宗
特開2007−238470 : 脂質誘導体およびその製造方法、ウイルス感染阻害剤、トイレタリー用品、並びにウイルス感染予防装置
西田芳弘、新宮佑子、鈴木康夫、鈴木 隆、高橋忠伸
特開2007-99724 : スルファチドを標的とした抗ウイルス剤
鈴木 隆、鈴木康夫、高橋忠伸