YukakoTatsumi

J-GLOBAL         Last updated: Oct 28, 2019 at 10:21
 
Avatar
Name
YukakoTatsumi
Affiliation
Teikyo University
Section
School of Medicine
Job title
Department of Hygiene and Public Health
Degree
PhD

Published Papers

 
Tatsumi Y, Morimoto A, Asayama K, Sonoda N, Miyamatsu N, Ohno Y, Miyamoto Y, Izawa S, Ohkubo T
American journal of hypertension      Aug 2019   [Refereed]
Sonoda N, Morimoto A, Tatsumi Y, Asayama K, Ohkubo T, Izawa S, Ohno Y
Diabetology international   10(3) 213-218   Jul 2019   [Refereed]
Kubo S, Nishida Y, Kubota Y, Higashiyama A, Sugiyama D, Hirata T, Miyamatsu N, Tanabe A, Hirata A, Tatsumi Y, Kadota A, Kuwabara K, Nishikawa T, Miyamoto Y, Okamura T.
BMC Nephrol   20(1) 117   Apr 2019   [Refereed]
Sonoda N, Morimoto A, Tatsumi Y, Asayama K, Ohkubo T, Izawa S, Ohno Y
Metabolism: clinical and experimental   82 58-64   May 2018   [Refereed]
Tatsumi Y, Morimoto A, Asayama K, Sonoda N, Miyamatsu N, Ohno Y, Miyamoto Y, Izawa S, Ohkubo T
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   42(1) 105-113   Jan 2019   [Refereed]
Tatsumi Y, Morimoto A, Asayama K, Sonoda N, Miyamatsu N, Ohno Y, Miyamoto Y, Izawa S, Ohkubo T
Diabetes research and clinical practice   135 11-17   Jan 2018   [Refereed]
Tatsumi Y, Ohkubo T
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   40(9) 795-806   Sep 2017   [Refereed]
Risk of developing type 2 diabetes according to blood pressure levels and presence or absence of hypertensive treatment: the Saku study
Tatsumi Y, et al.
Hypertension Research   in press    Jul 2018   [Refereed]
Morimoto A, Tatsumi Y, Sonoda N, Miyamatsu N, Shimoda T, Sakaguchi S
Diabetology international   8(1) 104-111   Mar 2017   [Refereed]
Tatsumi Y, Nakao YM, Masuda I, Higashiyama A, Takegami M, Nishimura K, Watanabe M, Ohkubo T, Okamura T, Miyamoto Y
BMJ open   7(1) e013831   Jan 2017   [Refereed]

Misc

 
【高血圧 地域包括ケアで薬立つ血圧管理の勘所】JSH2019の改訂点と日欧米高血圧診療ガイドラインの比較
辰巳 友佳子, 大久保 孝義
薬局   70(10) 1888-1894   Sep 2019
<Key Points>◎ガイドライン作成にCQ(clinical question)・SR(systematic review)方式が導入された。◎診察室血圧130〜139/80〜89mmHgを高血圧に分類するか否かは日欧米で異なる。◎日欧米ともに降圧目標値がおおむね下げられた。◎高血圧基準値、降圧目標値などはいまだ診察室血圧値が主流であるものの、日本のみならず欧米でも家庭血圧を重視する傾向が色濃くなった。(著者抄録)
禁煙継続者及び禁煙開始者の耐糖能障害発症リスク 職域コホートにおける平均7年間の追跡
東 さおり, 志摩 梓, 呉代 華容, 辰巳 友佳子, 森野 亜弓, 河津 雄一郎, 宮松 直美
日本循環器病予防学会誌   54(2) 129-129   Apr 2019
肥満の有無による高血圧と糖尿病発症リスクとの関連 佐久研究
辰巳 友佳子, 浅山 敬, 宮松 直美, 宮本 恵宏, 大久保 孝義
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   41回 OE04-03   Sep 2018
循環器病予防総説(シリーズ9) 記述疫学編 我が国における血圧の推移 測定法の推移も含め
辰巳 友佳子, 大久保 孝義
日本循環器病予防学会誌   53(2) 93-102   May 2018
高血圧は冠動脈疾患や脳卒中の危険因子である。過去50年間で、日本における国民全体の血圧レベルは低下傾向にあるものの、いまだに治療率・管理率は不良であり、家庭血圧測定に基づく厳格な高血圧管理の実践が求められている。以下について概説した。1)血圧値の分類、2)高血圧有病率および血圧値の推移、3)高血圧治療率・管理率の年次推移、4)血圧測定法の推移:診察室血圧から家庭血圧へ、5)家庭血圧による高血圧分類と循環器疾患リスク、6)仮面高血圧の有病率・管理率、7)血圧計の選定・管理、8)血圧の正しい測...
糖尿病と拘束性及び閉塞性肺機能障害に関する縦断的検討 佐久研究
園田 奈央, 森本 明子, 辰巳 友佳子, 浅山 敬, 大久保 孝義, 伊澤 敏, 大野 ゆう子
糖尿病   61(6) 448-448   Jun 2018