内尾太一

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/12 20:37
 
アバター
研究者氏名
内尾太一
所属
麗澤大学
部署
外国語学部
職名
助教
学位
博士(国際貢献)(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
麗澤大学 外国語学部 助教
 
2018年4月
 - 
現在
中央大学 総合政策学部 兼任講師
 
2015年4月
 - 
2018年8月
麗澤大学 外国語学部 講師
 
2014年4月
 - 
2018年3月
文教大学 経営学部 非常勤講師
 
2014年4月
 - 
2015年3月
文教大学 国際学部 非常勤講師
 

学歴

 
2010年4月
 - 
2014年3月
東京大学大学院 総合文化研究科博士課程 
 
2008年4月
 - 
2010年3月
東京大学大学院 総合文化研究科修士課程 
 
2003年4月
 - 
2008年3月
福岡教育大学 教育学部 
 

委員歴

 
2018年3月
 - 
現在
茨城県境町  茨城県境町総合計画審議会委員
 

受賞

 
2017年9月
麗澤大学 平成29年度教育奨励賞
 
2012年3月
東京大学 平成23年度一高記念賞(社会活動)
 
2010年6月
昭和池田財団 第29回昭和池田賞優秀賞
 

論文

 
大規模自然災害と人間の安全保障:東日本大震災の公共人類学
内尾太一
東京大学(博士学位論文)      2017年7月
「東日本大震災」の脱構築:チリ辺境にある3.11の津波被災地から
内尾太一
麗澤大学紀要   100 35-44   2017年3月   [査読有り]
NGO Activity as a Method for Public Anthropology: From a Case Study of Disaster-relief Activities in Miyagi Prefecture
内尾太一
麗澤大学紀要   99 1-9   2016年1月   [査読有り]
Micro-politics of Identity in a Multicultural Japan: The Use of Western Colonial Heritages among Japanese Filipino Children (JFC)
内尾太一
国立民族学博物館研究報告   40(1) 85-110   2015年6月   [査読有り]
東日本大震災における被災者の尊厳と自立―援助漬けからの脱出を課題に
内尾太一
生協総研賞第 10 回助成事業研究論文集   74-87   2014年1月
東日本大震災の公共人類学事始:宮城県三陸地方における被災地支援の現場から
内尾太一
文化人類学   78(1) 99-110   2013年6月   [査読有り]
多文化共生2.0:「日本人/外国人」の二分法を越えて
内尾太一
第29回昭和池田賞論文集   29-47   2010年6月
現代日本における多文化主義の批判的考察:Japanese Filipino Children(JFC)を事例に
内尾太一
東京大学(修士学位論文)      2010年3月

Misc

 
学童支援をする:「人間の安全保障」フォーラムの支援
内尾太一
被災地から日本をよくする100の方法―ギフト・エコノミーの幕開け [Kindle 版]   ACT 057   2015年3月
支援者という震災の語り部
内尾太一
人間の安全保障を求めて:東日本大震被災者のための仮設住宅における支援活動の現場から   206-218   2014年8月
15 歳のための人間の安全保障講座(ウェブ連載)
内尾太一
毎日新聞社ホームページ      2012年12月

書籍等出版物

 
内尾 太一
東京大学出版会   2018年11月   ISBN:4130561170
被災者と外部者の間から見たボランティアツーリズム
内尾太一 (担当:分担執筆)
京都大学学術出版会   2015年12月   ISBN:9784876988990
清水展、木村周平(編集)
『新しい人間、新しい社会:復興の物語を再創造する』
Japanese Filipino Children Between the Dichotomy of "Japanese" and "Non-Japanese": Challenging a Policy Distortion in Tabunka Kyosei
内尾太一 (担当:分担執筆)
Kanazawa University Center for Cultural Resource Studies   2015年4月   ISBN:9784890106509
John Ertl, John Mock, et al. (eds.)
Reframing Diversity in the Anthropology of Japan

講演・口頭発表等

 
日本・チリ遠地津波考 ― 大海を越える倫理的想像力のために
内尾太一
地球システム・倫理学会第12回学術大会   2016年11月   
3年間の被災地支援と学問的調査
内尾太一
「人間の安全保障」プログラム発足10 周年記念シンポジウム「人間の安全保障の未来〜平和構築と被災地支援を貫く理念として〜」   2015年1月   
A Methodological Consideration for Practicing Public Anthropology: From a Case of Crossover between Academic Research and Disaster Relief Activity in Miyagi Prefecture
内尾太一
JASCA (Japan Society of Cultural Anthropology) 50th Anniversary Conference and IUAES (International Union of Anthropological and Ethnological Studies) Inter-Congress 2014 Joint Convention   2014年5月   
方法としてのNPO:宮城県三陸地方における被災地支援のフィールドワークから
内尾太一
第148回東北人類学談話会   2014年3月   
In a Quest for Dignity: The Experience of Some Japanese Filipino Children in Japanese Society
内尾太一
PSCJ (Philippine Studies Conference in Japan) 2014   2014年2月   
Freedom to Live in Dignity: Lessons from Activities of a University-based NPO in Tohoku [招待有り]
内尾太一
The 3rd Annual Conference of JAHSS (Japan Association for Human Security Studies)   2013年9月   
大規模災害の教訓伝承に関する公共人類学的研究:東日本大震災の災害民話は創造可能か?
内尾太一
第 47 回日本文化人類学会研究大会   2013年6月   
Children as a Key for Rebuilding Communities in the Aftermath of 3.11: A Practical Case of Temporary Housings in Miyagi Prefecture
内尾太一
AAA (American Anthropological Association) 2012 Annual Meeting   2012年11月   
Debt of Compassion and Dignitary Harm: A Report from the Cutting Edge of Disaster-Relief Activities for 3.11 Earthquake and Tsunami
内尾太一
The 2nd Annual Conference of JAHSS (Japan Association for Human Security Studies)   2012年9月   
東日本大震災と被災者の尊厳に関する公共人類学的研究
内尾太一
第46回日本文化人類学会研究大会   2012年6月   

担当経験のある科目