Kiyohito NAITO

J-GLOBAL         Last updated: Nov 11, 2019 at 19:34
 
Avatar
Name
Kiyohito NAITO
E-mail
knaitojuntendo.ac.jp
Affiliation
Juntendo University

Research Areas

 
 

Education

 
Nov 2011
 - 
Jul 2012
Diplôme Université de Techniques Microchirurgicales, Université de Strasbourg
 

Awards & Honors

 
Mar 2018
Best Reviewer Award for the year 2017
 

Published Papers

 
Arthroscopic treatment of scaphoid nonunion with humpback deformity and DISI with corticocancellous bone grafting: Technical note.
Zemirline A, Lebailly F, Taleb C, Naito K.
Hand Surg Rehabil.   38(5) 280-285   Sep 2019   [Refereed]
Functional outcomes in volar displaced distal radius fractures patients with marginal rim fragment treated by volar distal locking plates.
Naito K, Sugiyama Y, Kinoshita M, Obata H, Goto K, Nagura N, Iwase Y, Obayashi O, Kaneko K.
J Hand Microsurg.   11(2) 100-105   Aug 2019   [Refereed]
Anatomical positional relationship between the bone structure of the distal radius and flexor pollicis longus tendon using ultrasonography.
Kinoshita M, Naito K, Goto K, Sugiyama Y, Nagura N, Obata H, Iwase Y, Kaneko K.
Surg Radiol Anat.   41(7) 785-789   Jul 2019   [Refereed]
Surgical treatment of distal radius fractures under the ultrasound-guided brachial plexus block performed by surgeons.
Obata H, Naito K, Sugiyama Y, Nagura N, Kinoshita M, Goto K, Iwase Y, Obayashi O, Kaneko K.
J Hand Surg Asian-Pac Vol.   24(2) 147-152   Jun 2019   [Refereed]
Index extensor digitorum communis tendon entrapment in a growth injury of distal radius.
Furuya H, Naito K, Sugiyama Y, Goto K, Nagura N, Shimamura Y, Iwase Y, Kaneko K.
Trauma Case Rep.   22 100209   May 2019   [Refereed]
Sliding position of the flexor tendons relative to the hook of hamate in CT scans.
Goto K, Naito K, Sugiyama Y, Nagura N, Kaneko A, Iwase Y, Kaneko K.
J Hand Surg Asian-Pac Vol.   24(1) 72-75   Apr 2019   [Refereed]
Effect of aging on the tendon structure and tendon-related gene expression in mouse foot flexor tendon.
Sugiyama Y, Naito K, Goto K, Kojima Y, Furuhata A, Igarashi M, Nagaoka I, Kaneko K.
Biomed Rep.   10(4) 238-244   Feb 2019   [Refereed]
Devising of the osteosynthesis for the reverse oblique olecranon fracture: A case report.
Maeda E, Sugiyama Y, Kinoshita M, Naito K, Kaneko K.
J Orthop Cas Rep.   8(6) 82-84   Dec 2018   [Refereed]
Corrective osteotomy with autogenous bone graft with callus after malunion of distal radius fracture.
Goto K, Naito K, Sugiyama Y, Kinoshita M, Nagura N, Kajihara H, Iwase Y, Kaneko K.
J Hand Surg Asian-Pac Vol.   23 571-576   Nov 2018   [Refereed]
Sugiyama Y, Naito K, Obata H, Kinoshita M, Goto K, Nagura N, Iwase Y, Kaneko K
Annals of medicine and surgery (2012)   35 73-75   Nov 2018   [Refereed]
Goto K, Naito K, Sugiyama Y, Kinoshita M, Nagura N, Iwase Y, Kaneko K
Surgical and radiologic anatomy : SRA   40(9) 1013-1017   Sep 2018   [Refereed]
Obayashi O, Obata H, Naito K, Kanda A, Itoi A, Morohashi I, Mogami A, Kaneko K
Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   23(3) 596-599   May 2018   [Refereed]
Kaneko A, Sugiyama Y, Nagura N, Goto K, Iwase Y, Obayashi O, Naito K, Kaneko K
Medicine   97(17) e0535   Apr 2018   [Refereed]
Volar dislocation of the ulnar head after distal radius fracture: Case report and review of the pertinent literature.
Nagura N, Naito K, Zemirline A, Sugiyama Y, Kinoshita M, Goto K, Iwase Y, Kaneko K.
Annals of medicine and surgery (2012)   35 185-188   Feb 2018   [Refereed]
Distal radius fracture fixation with a volar locking plate and endoscopic carpal tunnel release using a single 15 mm approach: Feasibility study.
Zemirline A, Taleb C, Naito K, Vernet P, Liverneaux P, Lebailly F.
Hand Surg Rehabil.   37 231-237   Feb 2018   [Refereed]
Naito K, Sugiyama Y, Kinoshita M, Zemirline A, Taleb C, Dilokhuttakarn T, Liverneaux P, Kaneko K
Case reports in orthopedics   2018 8195376   2018   [Refereed]
Dilokhuttakarn T, Naito K, Kinoshita M, Sugiyama Y, Goto K, Iwase Y, Kaneko K
Experimental and therapeutic medicine   14(3) 2025-2030   Sep 2017   [Refereed]
Naito K, Sugiyama Y, Obata H, Mogami A, Obayashi O, Kaneko K
The journal of hand surgery Asian-Pacific volume   22(2) 236-239   Jun 2017   [Refereed]
Isaka S, Someya A, Nakamura S, Naito K, Nozawa M, Inoue N, Sugihara F, Nagaoka I, Kaneko K
Experimental and therapeutic medicine   13(6) 2699-2706   Jun 2017   [Refereed]
Naito K, Sugiyama Y, Dilokhuttakarn T, Kinoshita M, Goto K, Aritomi K, Iwase Y, Kaneko K
Injury   48(4) 925-929   Apr 2017   [Refereed]

Misc

 
第5CM関節脱臼骨折(reverse Bennett骨折)に対して鋼線連結型創外固定器JuNctionを用いて治療した1例
玉川 翔太, 杉山 陽一, 後藤 賢司, 金子 彩夏, 名倉 奈々, 岩瀬 嘉志, 最上 敦彦, 馬場 智規, 内藤 聖人, 金子 和夫
骨折   40(Suppl.) S279-S279   Jul 2018
骨折により判明し、遷延治癒した舟状骨骨内ガングリオンの一例
佐々 恵太, 奥田 貴俊, 馬場 智規, 最上 敦彦, 池上 隆司, 内藤 聖人, 金子 和夫
骨折   40(Suppl.) S290-S290   Jul 2018
掌尺側小骨片を伴う橈骨遠位端骨折に対する治療戦略 転位方向を考慮したプレート選択の重要性
小畑 宏介, 杉山 陽一, 定月 亮, 西嶋 智子, 内藤 聖人, 馬場 智規, 佐久間 陸友, 岩瀬 弘明, 千野 孔三, 金子 和夫
骨折   40(Suppl.) S326-S326   Jul 2018
大腿骨頸部骨折に対して特殊牽引台と透視を用いたdirect anterior approachのdual mobility THA
馬場 智規, 越智 宏徳, 尾崎 友, 渡 泰士, 幡野 佐己依, 本間 康弘, 田邊 浩規, 内藤 聖人, 最上 敦彦, 金子 和夫
骨折   40(Suppl.) S440-S440   Jul 2018
多様な固定法が可能な鋼線締結型創外固定の開発
市原 理司, 原 章, 工藤 俊哉, 鈴木 雅生, 五味 基央, 石井 紗矢佳, 丸山 祐一郎, 内藤 聖人, 金子 和夫
骨折   40(Suppl.) S458-S458   Jul 2018
大腿骨頸部骨折に対する前方進入法によるDual mobility cup人工股関節全置換術の脱臼予防効果
幡野 佐己依, 馬場 智規, 田邊 浩規, 越智 宏徳, 尾崎 友, 本間 康弘, 渡 泰士, 内藤 聖人, 最上 敦彦, 金子 和夫
骨折   40(Suppl.) S474-S474   Jul 2018
治療に難渋した非定型大腿骨骨折の形態を呈するinterprosthetic femoral fracture
櫻井 夏子, 馬場 智規, 尾崎 友, 幡野 佐己依, 渡 泰士, 内藤 聖人, 最上 敦彦, 金子 和夫
骨折   40(Suppl.) S499-S499   Jul 2018
中手骨頸部骨折に対して鋼線連結型創外固定器JuNctionを用いて治療した1例
金子 彩夏, 杉山 陽一, 後藤 賢司, 玉川 翔太, 名倉 奈々, 岩瀬 嘉志, 最上 敦彦, 馬場 智規, 内藤 聖人, 金子 和夫
骨折   40(Suppl.) S521-S521   Jul 2018
中手骨骨幹部骨折に対する鋼線連結型創外固定器JuNctionを用いて治療した1例
杉山 陽一, 金子 彩夏, 玉川 翔太, 後藤 賢司, 名倉 奈々, 岩瀬 嘉志, 最上 敦彦, 馬場 智規, 内藤 聖人, 金子 和夫
骨折   40(Suppl.) S522-S522   Jul 2018
自転車競技選手の軟骨代謝に及ぼすグルコサミン摂取の効果 軟骨・骨マーカーを用いた層別解析
長岡 功, 百村 励, 内藤 聖人, 五十嵐 庸, 渡 泰士, 寺門 厚彦, 大池 新次, 金子 和夫
日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集   18回 219-219   May 2018
A1プーリーにおける腱鞘内圧の測定 手指可動による圧変化についての考察
後藤 賢司, 長濱 靖, 杉山 陽一, 山本 康弘, 渡 泰士, 木下 真由子, 岩瀬 嘉志, 内藤 聖人, 金子 和夫
関東整形災害外科学会雑誌   49(臨増号外) 137-137   Mar 2018
超音波エラストグラフィーを用いた掌側ロッキングプレート固定後の正中神経弾性の調査
杉山 陽一, 宮本 英明, 後藤 賢司, 木下 真由子, 名倉 奈々, 渡 泰士, 岩瀬 嘉志, 内藤 聖人, 金子 和夫
関東整形災害外科学会雑誌   49(臨増号外) 192-192   Mar 2018
超音波エラストグラフィを用いた掌側ロッキングプレート固定後の正中神経弾性変化の調査
杉山 陽一, 宮本 英明, 後藤 賢司, 名倉 奈々, 岩瀬 嘉志, 内藤 聖人, 金子 和夫
日本整形外科学会雑誌   92(3) S810-S810   Mar 2018
天蓋骨片を伴う橈骨遠位端骨折では受傷時に長母指伸筋腱損傷を高率に合併する
内藤 聖人, 杉山 陽一, 後藤 賢司, 名倉 奈々, 木下 真由子, 岩瀬 嘉志, 最上 敦彦, 大林 治, 金子 和夫
日本整形外科学会雑誌   92(3) S881-S881   Mar 2018
【骨粗鬆症の診断と治療update】 骨粗鬆症の外科療法
長尾 雅史, 内藤 聖人, 金子 和夫, 石島 旨章
日本医師会雑誌   146(10) 2039-2041   Jan 2018
関節リウマチ肘における尺骨神経変性断裂の1例
金子 彩夏, 内藤 聖人, 杉山 陽一, 後藤 賢司, 岩瀬 嘉志, 大林 治, 金子 和夫
日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集   44回 168-168   Dec 2017
隆起性皮膚線維肉腫の治療経験
内藤 聖人, 杉山 陽一, 後藤 賢司, 岩瀬 嘉志, 高木 辰哉, 末原 義之, 窪田 大介, 水野 博司, 金子 和夫
日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集   44回 191-191   Dec 2017
自転車競技選手の軟骨代謝に及ぼすグルコサミンの効果 軟骨・骨代謝マーカーを用いた層別解析
百村 励, 内藤 聖人, 五十嵐 庸, 渡 泰士, 寺門 厚彦, 大池 新次, 金子 和夫, 長岡 功
薬理と治療   45(11) 1843-1850   Nov 2017
自転車競技選手27名(男性、平均22.2±3.7歳)を対象とし、プラセボ群13名(P群)、D-グルコサミン塩酸塩群14名(D群)の2群に割り付けた。試験食品を3ヵ月間摂取させた後に、軟骨II型コラーゲンの分解マーカーである尿中CTX-IIを測定した。尿中CTX-IIは、摂取前に比べてD群で18%減少、P群で17%減少し、2群間で有な差は認めなかった。関節負荷が大きいと考えられるCTX-IIが500ng/mmol Cr以上の者(H群)と500ng/mmol Cr未満の者(L群)に層別化して、...
肘頭逆斜骨折に対する骨接合術の工夫
前田 衣里, 杉山 陽一, 後藤 賢司, 木下 真由子, 内藤 聖人, 金子 和夫, 岩瀬 嘉志, 最上 敦彦, 大林 治, 南野 光彦
関東整形災害外科学会雑誌   48(5) 305-305   Oct 2017
超音波における長母指屈筋腱と方形回内筋遠位付着部・Watershedlineとの位置関係
木下 真由子, 杉山 陽一, 後藤 賢司, 内藤 聖人, 金子 和夫, 岩瀬 嘉志
関東整形災害外科学会雑誌   48(4) 214-214   Aug 2017

Conference Activities & Talks

 
Distal radius fractures: devising for prevention of tendon injury. [Invited]
Kiyohito NAITO
TSSH (Taiwan Society for Surgery of the Hand) 2019   11 May 2019   
Approach to the background of distal radius fractures.
Kiyohito NAITO
52ème congress de Société Française de Chirurgie de la Main (GEM)   15 Dec 2016   
Les traumatismes de la main, principes thérapeutiques actuels. [Invited]
Kiyohito NAITO
15ème congress de l’Association des Orthopédistes de Langue Française   12 May 2016