Yamada Takehiro

J-GLOBAL         Last updated: May 15, 2019 at 21:04
 
Avatar
Name
Yamada Takehiro
E-mail
yamadatpop21.odn.ne.jp
Affiliation
Hokkaido University
Section
Hokkaido University Hospital

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Saito Y, Kobayashi M, Yamada T, Sakakibara-Konishi J, Shinagawa N, Kinoshita I, Dosaka-Akita H, Iseki K
Supportive care in cancer : official journal of the Multinational Association of Supportive Care in Cancer      Apr 2019   [Refereed]
外来化学療法におけるがん専門薬剤師による長期継続的な薬学的患者管理の有用性の検討
齋藤 佳敬, 原田 幸子, 小林 正紀, 植田 孝介, 山崎 浩二郎, 熊井 正貴, 宮本 剛典, 笠師 久美子, 山田 武宏, 小松 嘉人, 井関 健
薬学雑誌   138(11) 1409-1416   Nov 2018
Imai S, Yamada T, Kasashi K, Niinuma Y, Kobayashi M, Iseki K
Journal of evaluation in clinical practice   25(1) 163-170   Oct 2018   [Refereed]
Maeda M, Muraki Y, Kosaka T, Yamada T, Aoki Y, Kaku M, Kawaguchi T, Seki M, Tanabe Y, Fujita N, Morita K, Yanagihara K, Yoshida K, Niki Y
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   25(2) 83-88   Nov 2018   [Refereed]
Yamada T, Imai S, Koshizuka Y, Tazawa Y, Kagami K, Tomiyama N, Sugawara R, Yamagami A, Shimamura T, Iseki K
Biological & pharmaceutical bulletin   41(7) 1112-1118   Jul 2018   [Refereed]
医療従事者における組換え沈降B型肝炎ワクチン接種後のHBs抗体持続期間に関する検討
岩崎 澄央, 小山田 玲子, 渡邊 翼, 蓮池 清美, 中村 澄人, 山田 武宏, 大庭 幸治, 石黒 信久
日本環境感染学会誌   33(3) 117-122   May 2018
組換え沈降B型肝炎ワクチン接種後に10mIU/mL以上のHBs抗体価を獲得した職員237名のHBs抗体価を5年間追跡調査した。B型肝炎ワクチン3回接種終了から4ヵ月後のHBs抗体価が10-49mIU/mLの場合、5年後に10mIU/mL以上のHBs抗体を保持していたのは2.0%に過ぎなかった。B型肝炎ワクチン3回接種終了から4ヵ月後のHBs抗体価が50-99mIU/mLの場合、5年後に10mIU/mL以上のHBs抗体を保持していたのは16.7%であった。一方、B型肝炎ワクチン3回接種終了か...
田澤 佑基, 鏡 圭介, 渡辺 祐子, 久保田 康生, 原田 幸子, 小林 正紀, 山田 武宏, 井関 健
薬学雑誌   138(4) 565-570   Apr 2018
インドメタシン(IM)を溶解したIM口腔スプレーを院内製剤として開発した。1.25%IM溶液20mLを精製水で全量を100mLとして製剤Aを調製した。製剤Bは1.25%IM溶液20mLにキシリトール(Xyl)、グリセリン(Gly)を加え、精製水で全量を100mLとして調製した。IMの安定性に及ぼす添加物の影響を明らかにするために製剤AにXylのみを添加した製剤とGlyのみを添加した製剤をそれぞれ調製した。冷凍(-20℃)条件下で保存したときの製剤Aと製剤Bの残存率は調製から16週間まで低下...
Nakano K, Iwami D, Yamada T, Morita K, Yasuda K, Shibuya H, Kahata K, Shinohara N, Shimizu C
Transplantation direct   4(1) e337   Jan 2018   [Refereed]
Kagami K, Imai S, Tazawa Y, Iwasaki S, Fukumoto T, Akizawa K, Yamada T, Ishiguro N, Iseki K
Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan   138(9) 1181-1189   2018   [Refereed]
Narumi K, Sato Y, Kobayashi M, Furugen A, Kasashi K, Yamada T, Teshima T, Iseki K
Biopharmaceutics & drug disposition   38(9) 501-508   Dec 2017   [Refereed]
Imai S, Yamada T, Kasashi K, Kobayashi M, Iseki K
Journal of evaluation in clinical practice   23(6) 1240-1246   Dec 2017   [Refereed]
Saito Y, Okamoto K, Kobayashi M, Narumi K, Furugen A, Yamada T, Iseki K
Life sciences   189 18-22   Nov 2017   [Refereed]
データマイニング手法を用いたガンシクロビル誘発性好中球減少症の要因分析
今井 俊吾, 山田 武宏, 小林 正紀, 笠師 久美子, 井関 健
医療薬学   43(10) 552-562   Oct 2017
2008年4月〜2017年3月にガンシクロビル(GCV)を点滴静注された患者を対象に、GCV誘発性好中球減少症の発現割合を簡便に推定するためのモデル構築を目的に、DT分析を行った。対象期間にGCVが投与された648例中、解析症例対象は369例であった。好中球減少症発現群と非発現群において開始時の白血球数、好中球数、GCV累積投与量、投与期間、併用薬、基礎疾患に差が認められた。AIDSがGCV誘発性好中球減少症と最も関連の強いリスク因子として抽出された。非AIDS患者においては投与期間18日...
今井 俊吾, 山田 武宏, 石黒 信久, 宮本 剛典, 鏡 圭介, 冨山 直樹, 新沼 悠介, 長崎 大亮, 鈴木 幸司, 山神 彰, 笠師 久美子, 小林 正紀, 井関 健
薬学雑誌   137(9) 1185-1192   Sep 2017
バンコマイシン(VCM)-TDM(therapeutic drug monitoring)およびVCM「MEEK」を用い、MEEKからVCM-TDMへの切り替えによる効果を、初回TDMにおける到達割合を指標に検証した。2011年10月〜2014年12月(解析ソフト変更前)とし、VCM-TDMで初期投与設計が行われた群(VCM-TDM群)において、解析ソフト切り替えを行った2015年1月〜2016年4月(解析ソフト変更後)とした。MEEK群、VCM-TDM両群に解析対象症例数は各162例で、...
Saito Y, Okamoto K, Kobayashi M, Narumi K, Yamada T, Iseki K
European journal of pharmacology   811 191-198   Sep 2017   [Refereed]
Saito Y, Kobayashi M, Yamada T, Kasashi K, Honma R, Takeuchi S, Shimizu Y, Kinoshita I, Dosaka-Akita H, Iseki K
Supportive care in cancer : official journal of the Multinational Association of Supportive Care in Cancer   25(2) 481-487   Feb 2017   [Refereed]
Imai S, Yamada T, Ishiguro N, Miyamoto T, Kagami K, Tomiyama N, Niinuma Y, Nagasaki D, Suzuki K, Yamagami A, Kasashi K, Kobayashi M, Iseki K
Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan   137(9) 1185-1192   2017   [Refereed]
Yamada T, Kagami K, Imai S, Akizawa K, Iwasaki S, Fukumoto T, Ishiguro N, Iseki K
Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan   137(7) 917-925   2017   [Refereed]
ミコフェノール酸血中濃度測定における代謝産物が与える影響
中野 恵一, 山田 武宏, 安田 慶子, 山下 直樹, 澁谷 斉, 加畑 馨, 井関 健, 清水 力
日本臨床検査自動化学会会誌   41(5) 659-664   Nov 2016
免疫抑制薬として用いられているミコフェノール酸モフェチルは、消化管で吸収され、加水分解を受けてミコフェノール酸(MPA)に変換される。さらに、MPAは肝臓でグルクロン酸抱合体(MPAG)に代謝され、その大部分が腎臓から排泄される。また、一部は胆汁へ排泄され、腸管循環によりMPAとして再吸収され、血中へ移行する。MPA濃度の測定方法は、従来からHPLC法を原理として測定されてきた。近年では、簡便かつ迅速に測定できる免疫学的測定法(EMIT法やPETINA法)が開発され普及してきているが、免疫...
Narumi K, Kobayashi M, Kondo A, Furugen A, Yamada T, Takahashi N, Iseki K
Biopharmaceutics & drug disposition   37(8) 447-455   Nov 2016   [Refereed]
笠師 久美子, 深井 敏隆, 山田 武宏, 井関 健
医療薬学   42(1) 1-6   Jan 2016
薬剤師が臨床領域でその専門性を十分に発揮するためには、セントラル業務の標準化と効率化、病棟業務の拡充はもちろんのこと、さらに病棟業務、セントラル業務ならびに医療チームとの連携が必須であり、次世代型チーム医療「ハイブリッド型薬剤業務」を展開することが重要である。新人薬剤師プログラムの構築、病棟薬剤師と医療チームの連携、情報通信技術化の3つの観点から、次世代型チーム医療構築に向けた北海道大学病院での取り組みについて述べた。
Nobuhisa Ishiguro, Oyamada Reiko, Nasuhara Yasuyuki, Yamada Takehiro, Miyamoto Takenori, Imai Shungo, Akizawa Koji, Fukumoto Tatsuya, Iwasaki Sumio, Iijima H, Ono K
Journal of Hospital Infection   94(2) 150-153   2016   [Refereed]
Nasuhara Y, Sakushima K, Oki H, Yamada T, Iseki K, Umeki R, Endoh A
Journal of patient safety      Oct 2015   [Refereed]
Furugen A, Kobayashi M, Nishimura A, Takamura S, Narumi K, Yamada T, Iseki K
Journal of chromatography. B, Analytical technologies in the biomedical and life sciences   1002 228-233   Oct 2015   [Refereed]
笠師 久美子, 宮本 剛典, 原田 幸子, 熊井 正貴, 深井 敏隆, 山田 武宏, 井関 健
医療薬学   41(8) 533-539   Aug 2015
平成25年新規採用薬剤師17名を対象に、新人教育プログラムを実施した。新人薬剤師を3グループに分け評価した。新人各自のA評価平均到達率は1クール15〜16週で66〜96%、特に注射調剤業務はどのクールにおいても90%以上の履修率を達成したが3クール眼で製剤ならびに調剤業務で若干低い傾向がみられた。新人セミナーのテーマで、アンケートで上位は薬剤オーダリングシステム、処方箋の確認ポイント、思考トレーニングなどが挙げられた。
今井 俊吾, 山田 武宏, 西村 あや子, 沖 洋充, 熊井 正貴, 宮本 剛典, 笠師 久美子, 井関 健
医薬品情報学   16(4) 169-178   Feb 2015
SHIONOGI-VCM-TDM(VCM-TDM)とバンコマイシン「MEEK」TDM解析ソフト(MEEK)を用いて塩酸バンコマイシン(VCM)の治療的薬物濃度モニタリング(TDM)を行った112例を対象として、各解析ソフトの予測性を比較した。VCM血中濃度の予測と予測性(予測の偏り、正確性、精度)を評価した結果、対象患者全体においてVCM-TDMはMEEKよりも血中濃度が低めに推定され、予測の正確性は良好であった。しかし、性別・年齢・腎機能を複合して分類した際の予測性を比較検討した結果、腎...
Yamada T, Ishiguro N, Oku K, Higuchi I, Nakagawa I, Noguchi A, Yasuda S, Fukumoto T, Iwasaki S, Akizawa K, Furugen A, Yamaguchi H, Iseki K
Biological & pharmaceutical bulletin   38(9) 1430-1433   2015   [Refereed]
Yamaguchi H, Miyamori K, Sato T, Ogura J, Kobayashi M, Yamada T, Mano N, Iseki K
Journal of chromatography. B, Analytical technologies in the biomedical and life sciences   972 73-80   Dec 2014   [Refereed]
Tanaka N, Yamaguchi H, Furugen A, Ogura J, Kobayashi M, Yamada T, Mano N, Iseki K
Prostaglandins, leukotrienes, and essential fatty acids   91(3) 61-71   Sep 2014   [Refereed]
久保田 康生, 鳴海 克哉, 笠師 久美子, 山田 武宏, 岡田 耕平, 重松 明男, 豊嶋 崇徳, 井関 健
医療薬学   40(5) 291-296   May 2014
同種造血幹細胞移植後に消化管移植片対宿主病(GVHD)を発症し、プロピオン酸ベクロメタゾン(BDP)を投与した急性GVHD 21例と慢性GVHD 8例について後方視的に検討した。BDP製剤内服後の全体の消化管GVHD改善率は69.0%で、急性GVHDでは消化管障害のstage分類が高くなるほど改善率は低下した。慢性GVHDでは急性GVHDよりも消化管GVHDの発症時期が遅く、BDP製剤の内服期間が長かったが、stage分類による効果の差はなかった。また、遺伝子型HALの合致度によるBDPの...
オーダリングシステムと連動した特定抗菌薬使用届出システムの導入とその有用性
山田 武宏, 宮本 剛典, 川岸 亨, 今井 俊吾, 沖 洋充, 秋沢 宏次, 笠師 久美子, 石黒 信久, 井関 健
日本病院薬剤師会雑誌   50(3) 293-297   Mar 2014
院内感染制御を適正に行うにあたって、抗methicillin-resistant Staphyrococcus aureus(以下、MRSA)薬および広域抗菌薬等の使用は、届出制等によりその適正使用を推進することが求められている。今回、より効率的かつ確実に特定抗菌薬(抗MRSA薬およびカルバペネム系薬)の使用を管理する目的で、処方オーダリングシステムと連動した特定抗菌薬使用届出システム(以下、本システム)の運用を開始した。本システム導入後では、導入前に比してリネゾリド錠の使用量および長期使...
Yamaguchi H, Fujikawa A, Ito H, Tanaka N, Furugen A, Miyamori K, Takahashi N, Ogura J, Kobayashi M, Yamada T, Mano N, Iseki K
Biomedical chromatography : BMC   27(4) 539-544   Apr 2013   [Refereed]
Suzuki Takahiro, Yamaguchi Hiroaki, Ogura Jiro, Kobayashi Masaki, Yamada Takehiro, Iseki Ken
ANTIMICROBIAL AGENTS AND CHEMOTHERAPY   57(12) 6319-6324   Dec 2013   [Refereed]
Ito H, Yamaguchi H, Fujikawa A, Shiida N, Tanaka N, Ogura J, Kobayashi M, Yamada T, Mano N, Iseki K
Journal of chromatography. B, Analytical technologies in the biomedical and life sciences   917-918 18-23   Feb 2013   [Refereed]
Saito Y, Kasashi K, Yoshiyama Y, Fukushima N, Kawagishi T, Yamada T, Iseki K
Biological & pharmaceutical bulletin   36(2) 305-310   Feb 2013   [Refereed]
Ito H, Yamaguchi H, Fujikawa A, Tanaka N, Furugen A, Miyamori K, Takahashi N, Ogura J, Kobayashi M, Yamada T, Mano N, Iseki K
Journal of pharmaceutical and biomedical analysis   71 99-103   Dec 2012   [Refereed]
Yamaguchi H, Fujikawa A, Ito H, Tanaka N, Furugen A, Miyamori K, Takahashi N, Ogura J, Kobayashi M, Yamada T, Mano N, Iseki K
Journal of chromatography. B, Analytical technologies in the biomedical and life sciences   893-894 157-161   Apr 2012   [Refereed]
Furugen A, Yamaguchi H, Tanaka N, Ito H, Miyamori K, Fujikawa A, Takahashi N, Ogura J, Kobayashi M, Yamada T, Mano N, Iseki K
Journal of chromatography. B, Analytical technologies in the biomedical and life sciences   879(30) 3378-3385   Nov 2011   [Refereed]
齋藤 佳敬, 山田 武宏, 竹内 裕, 笠師 久美子, 井関 健
医療薬学   37(6) 345-349   Jun 2011
40歳女。22歳時に左下肢に深部静脈血栓症が出現し抗リン脂質抗体症候群に併発するものとの診断を受け、ワルファリンの内服を継続した。また、若年時から肺炎を繰り返し発症していたが、労作時呼吸困難の増悪の自覚および発熱を認めた。当初はアスペルギルス肺炎を疑い、ボリコナゾールによる薬物療法を開始したが約2ヵ月後に増悪し、非結核性抗酸菌症を疑いクラリスロマイシン・リファンピシン・エタンブトールの3剤併用療法を開始した。INR値は低値を示し、ワルファリンのさらなる増量が必要と考えられた。リファンピシン...
林 えり子, 小林 正紀, 高橋 夏子, 平野 剛, 板垣 史郎, 山田 武宏, 井関 健
医療薬学   36(12) 855-862   Dec 2010
in vitro評価系を用いてFOLFIRI療法およびmFOLFOX6療法の有効性の優劣を明らかにするため、結腸がん由来LoVo細胞に対するレジメンの抗腫瘍効果を比較検討した。レジメンを施行後のLoVo細胞におけるEGFR発現変動を評価した。多剤を併用した場合は単剤と比較してday8以降に強い抗腫瘍効果を示した。また、LoVo細胞に対するFOLFIRI療法およびmFOLFOX6療法の抗腫瘍効果を比較した場合、1クール終了時において細胞生存率に有意差は認めなかった。EGFR mRNA発現量は...
Tasaki Y, Omura T, Yamada T, Ohkubo T, Suno M, Iida S, Sakaguchi T, Asari M, Shimizu K, Matsubara K
Brain research   1344 25-33   Jul 2010   [Refereed]
Kuriyama S, Kashiwagi H, Yuhki K, Kojima F, Yamada T, Fujino T, Hara A, Takayama K, Maruyama T, Yoshida A, Narumiya S, Ushikubi F
Thrombosis and haemostasis   104(4) 796-803   Oct 2010   [Refereed]
Yamada T
Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan   129(10) 1211-1214   Oct 2009   [Refereed]
Noda Toshihiro, Yamada Takehiro, Ohkubo Tomoko, Omura Tomohiro, Ono Takashi, Adachi Tomoki, Awaya Toshio, Tasaki Yoshikazu, Shimizu Keiko, Matsubara Kazuo
JOURNAL OF HEALTH SCIENCE   55(5) 720-725   Oct 2009   [Refereed]
粟屋 敏雄, 長谷部 直幸, 梶野 浩樹, 石谷 麻里子, 山田 武宏, 小野 尚志, 大滝 康一, 山下 恭範, 三好 敏之, 田崎 嘉一, 松原 和夫
医療薬学   35(9) 615-621   Sep 2009
処方入力時の体表面積をベースにした注射薬オーダー上限量警告システムを構築し、稼動できたがシステムの有用性について検証した。2006年5月〜8月に注射薬処方の中から上限量警告システムにかかった事例をログファイルから抽出し、警告により処方量を通常使用量に変更した薬剤、警告により処方が変更又は中止された薬剤、警告を解除した薬剤の三つに分類して行った。調査期間中の処方注射薬件数は158300件で、上限量警告システムの警告件数は742件で全体の0.47%、1日当たり平均警告件数は6.9件、平均警告解...
Suno M, Kunisawa T, Yamagishi A, Ono T, Yamamoto J, Yamada T, Tasaki Y, Shimizu K, Iwasaki H, Matsubara K
Journal of chromatography. B, Analytical technologies in the biomedical and life sciences   877(16-17) 1705-1708   Jun 2009   [Refereed]
山田 武宏, 梅津 典子, 大滝 康一, 綱川 智之, 佐藤 真由美, 小城 香緒里, 小野 尚志, 須野 学, 飯田 慎也, 山下 恭範, 粟屋 敏雄, 田崎 嘉一, 松原 和夫
医療薬学   34(5) 419-425   May 2008
旭川医科大学病院では、厳格な抗MRSA薬の適正使用を目的として、TDM(治療的薬物濃度モニタリング)の依頼を院内処方オーダ端末より可能とするシステムを構築した。本システムは抗MRSA薬の処方オーダ時に抗MRSA薬使用届出の入力画面が自動的に立ち上がり、更にTDM対象薬剤である場合には、TDMオーダ画面が自動起動するよう設定されている。本システムは、任意の期間における抗MRSA薬使用患者を一覧表示できるため、薬剤師等がチェックすることも可能である。本システム運用による効果について、医薬品適正...
Suno M, Ono T, Iida S, Umetsu N, Ohtaki K, Yamada T, Awaya T, Satomi M, Tasaki Y, Shimizu K, Matsubara K
Journal of chromatography. B, Analytical technologies in the biomedical and life sciences   860(1) 141-144   Dec 2007   [Refereed]
Matsubara K, Shimizu K, Suno M, Ogawa K, Awaya T, Yamada T, Noda T, Satomi M, Ohtaki K, Chiba K, Tasaki Y, Shiono H
Brain research   1112(1) 126-133   Sep 2006   [Refereed]
Hara A, Yuhki K, Fujino T, Yamada T, Takayama K, Kuriyama S, Takahata O, Karibe H, Okada Y, Xiao CY, Ma H, Narumiya S, Ushikubi F
Circulation   112(1) 84-92   Jul 2005   [Refereed]

Misc

 
抗菌薬適正使用支援プログラム(ASPs)現状調査アンケート
前田 真之, 村木 優一, 小阪 直史, 山田 武宏, 青木 洋介, 賀来 満夫, 川口 辰哉, 関 雅文, 田邊 嘉也, 藤田 直久, 森田 邦彦, 柳原 克紀, 吉田 耕一郎, 二木 芳人, 日本化学療法学会抗微生物薬適正使用推進検討委員会
日本化学療法学会雑誌   67(2) 210-210   Mar 2019
日本化学療法学会 抗微生物薬適正使用推進検討委員会 抗菌薬適正使用支援プログラム(antimicrobial stewardship programs;ASPs)全国調査アンケート 2018年度診療報酬改定前の現状調査
川口 辰哉, 賀来 満夫, 青木 洋介, 小阪 直史, 関 雅文, 田邊 嘉也, 藤田 直久, 前田 真之, 村木 優一, 森田 邦彦, 柳原 克紀, 山田 武宏, 吉田 耕一郎
日本化学療法学会雑誌   66(6) 700-703   Nov 2018
石黒信久, 小山田玲子, 渡邊翼, 岩崎澄央, 岩崎澄央, 山田武宏, 山田武宏
日本環境感染学会総会・学術集会(Web)   33rd ROMBUNNO.PD6‐4 (WEB ONLY)   2018
佐々木 亮, 太田 稔, 小山田 玲子, 秋沢 宏次, 岩崎 澄央, 福元 達也, 山田 武宏, 石黒 信久
医療機器学   87(6) 574-580   Dec 2017
多剤耐性A.baumannii(MDRAB)を検出した4例が入院中に使用した医療機器33台を対象とした。MDRABは、消毒前の医療機器の36.3%(12/33台)から検出した。症例1では全ての医療機器から検出したが、症例2は離床センサーマットのみであった。症例3と症例4は消毒前と消毒後の計3回の検査でMDRABが未検出であった。症例2に用いた離床センサーマットは初回培養後に消毒せずに破棄した。症例1に用いた血液透析装置とRO装置、人工呼吸器は装置外装のみならず、外気を取り込む集塵フィルタと...
冨山直樹, 冨山直樹, 山田武宏, 山田武宏, 福元達也, 福元達也, 石黒信久, 井関健, 井関健
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   138th(4) ROMBUNNO.28PA‐am283-130   Mar 2018
抗菌薬適正使用支援プログラム実践のためのガイダンス
二木 芳人, 賀来 満夫, 青木 洋介, 川口 辰哉, 小阪 直史, 関 雅文, 田邊 嘉也, 藤田 直久, 前田 真之, 村木 優一, 森田 邦彦, 柳原 克紀, 山田 武宏, 吉田 耕一郎, 松本 哲哉, 飯沼 由嗣, 菅野 みゆき, 高橋 俊司, 山本 剛, 奥田 真弘, 谷川原 祐介, 竹末 芳生, 8学会合同抗微生物薬適正使用推進検討委員会,公益社団法人日本化学療法学会,一般社団法人日本感染症学会,一般社団法人日本環境感染学会,一般社団法人日本臨床微生物学会,公益社団法人日本薬学会,一般社団法人日本医療薬学会,一般社団法人日本TDM学会,一般社団法人日本医真菌学会
日本化学療法学会雑誌   65(5) 650-687   Sep 2017
【感染症薬の動態と耐性菌研究を基盤とした個別化医療の展望】 コリスチンによる治療と個別化医療(個別最適化投与)
山田 武宏, 石黒 信久
化学療法の領域   33(4) 614-620   Mar 2017
コリスチンは,多剤耐性緑膿菌や多剤耐性アシネトバクター,カルバペネム耐性腸内細菌(Carbapenem-resistant Enterobacteriaceae:CRE)などに対して抗菌力を有することから,今後の耐性菌感染症治療における重要な抗菌薬と位置づけられる。また,コリスチン使用の際には,感染症の治療に十分な知識と経験を有する医師,院内感染対策チームあるいはAntimicrobial Stewardship Teamの指導・支援下で適切に使用することが望ましい。本稿では,コリスチンの...
抗菌薬適正使用支援プログラム実践のためのガイダンス
二木 芳人, 賀来 満夫, 青木 洋介, 川口 辰哉, 小阪 直史, 関 雅文, 田邊 嘉也, 藤田 直久, 前田 真之, 村木 優一, 森田 邦彦, 柳原 克紀, 山田 武宏, 吉田 耕一郎, 松本 哲哉, 飯沼 由嗣, 菅野 みゆき, 高橋 俊司, 山本 剛, 奥田 真弘, 谷川原 祐介, 竹末 芳生, 8学会合同抗微生物薬適正使用推進検討委員会,公益社団法人日本化学療法学会,一般社団法人日本感染症学会,一般社団法人日本環境感染学会,一般社団法人日本臨床微生物学会,公益社団法人日本薬学会,一般社団法人日本医療薬学会,一般社団法人日本TDM学会,一般社団法人日本医真菌学会
日本環境感染学会誌   32(5) 1-38   Sep 2017
院外処方せんへのがん化学療法プロトコール名掲載の取り組み
久保田 康生, 深井 敏隆, 山田 武宏, 小林 正紀, 井関 健
北海道病院薬剤師会誌   (91) 5-8   Nov 2016
保険薬局が必要とする情報を収集し、分析・解析して、稼働後に近隣保険薬局と共同で実施した講習会の内容に反映させた。さらに講習会終了後に、運用上の問題点や評価を行うためのアンケート調査を実施した。院外処方せんへ化学療法プロトコール名の印字と、薬剤部ホームページを利用した標準治療プロトコールの公開を行った。注射抗がん薬の治療内容が含まれるプロトコールほど、その理解度は低いことが示された。化学療法に関して病院からの提供が望まれる情報については四つに分類することができ、1点目は患者への服薬指導に関す...
抗菌薬適正使用支援プログラム実践のためのガイダンス
二木 芳人, 賀来 満夫, 青木 洋介, 川口 辰哉, 小阪 直史, 関 雅文, 田邊 嘉也, 藤田 直久, 前田 真之, 村木 優一, 森田 邦彦, 柳原 克紀, 山田 武宏, 吉田 耕一郎, 松本 哲哉, 飯沼 由嗣, 菅野 みゆき, 高橋 俊司, 山本 剛, 奥田 真弘, 谷川原 祐介, 竹末 芳生, 公益社団法人日本化学療法学会,一般社団法人日本感染症学会,一般社団法人日本環境感染学会,一般社団法人日本臨床微生物学会,公益社団法人日本薬学会,一般社団法人日本医療薬学会,一般社団法人日本TDM学会,一般社団法人日本医真菌学会,8学会合同抗微生物薬適正使用推進検討委員会
感染症学雑誌   91(5) 709-746   Sep 2017
抗菌薬適正使用支援プログラム実践のためのガイダンス
二木 芳人, 賀来 満夫, 青木 洋介, 川口 辰哉, 小阪 直史, 関 雅文, 田邊 嘉也, 藤田 直久, 前田 真之, 村木 優一, 森田 邦彦, 柳原 克紀, 山田 武宏, 吉田 耕一郎, 松本 哲哉, 飯沼 由嗣, 菅野 みゆき, 高橋 俊司, 山本 剛, 奥田 真弘, 谷川原 祐介, 竹末 芳生, 公益社団法人日本化学療法学会,一般社団法人日本感染症学会,一般社団法人日本環境感染学会,一般社団法人日本臨床微生物学会,公益社団法人日本薬学会,一般社団法人日本医療薬学会,一般社団法人日本TDM学会,一般社団法人日本医真菌学会,8学会合同抗微生物薬適正使用推進検討委員会
日本臨床微生物学雑誌   27(4) 227-266   Sep 2017
Antimicrobial stewardship Programの多職種連携による実践 薬剤師の立場から
山田 武宏
日本臨床微生物学雑誌   28(Suppl.1) 318-318   Dec 2017
施設内アウトブレイク こんなとき ICTはどうする? (事例4)多剤耐性アシネトバクターアウトブレイク時の対応
石黒 信久, 小山田 玲子, 渡邊 翼, 岩崎 澄央, 山田 武宏
日本環境感染学会総会プログラム・抄録集   33回 52-52   Feb 2018
肺癌および大腸癌患者における血漿中マイクロRNAの発現 バイオマーカー開発のための探索研究
柴山 良彦, 地主 隆文, 木下 一郎, 玉木 慎也, 青田 忠博, 堀田 彰一, 佐藤 秀紀, 石井 理砂, 大泉 聡史, 地主 将久, 高橋 雅彦, 山田 武宏, 秋田 弘俊, 井関 健
臨床薬理の進歩   (35) 106-113   Jun 2014
肺癌患者13名(男性9名、女性4名、平均61.2歳)と、大腸癌で切除不能群49名(男性34名、女性15名、平均63.0歳)、完全切除群22名(男性12名、女性10名、平均59.1歳)を対象に、血漿中マイクロRNA(miRNA)と治療成績の関係について検討した。癌の薬剤耐性と関わる13種類のmiRNA発現について、肺癌患者ではmiRNA 101*低発現患者は高発現患者に比べ有意に全生存率が低く、他のmiRNAでは発現量と全生存率に相関は認めなかった。大腸癌患者では、miRNA26a高発現患者...
2種の血中テイコプラニン濃度測定キット間の測定値の相関性
田中 寛之, 山田 武宏, 戸田 貴大, 小林 道也, 菅原 満, 猪爪 信夫
日本化学療法学会雑誌   63(2) 254-254   Mar 2015
血液培養陽性例に対する抗菌薬適正使用支援を目指した介入とその効果
山田 武宏, 今井 俊吾, 石黒 信久
日本化学療法学会雑誌   63(Suppl.A) 210-210   May 2015
ミコフェノール酸血中濃度測定における代謝産物が与える影響
中野 恵一, 山田 武宏, 安田 慶子, 山下 直樹, 澁谷 斉, 加畑 馨, 井関 健, 清水 力
日本臨床検査自動化学会会誌   40(4) 390-390   Sep 2015
腎機能と併用カルシニューリン阻害剤がミコフェノール酸血中濃度測定に与える影響
中野 恵一, 山田 武宏, 岩見 大基, 森田 研, 安田 慶子, 澁谷 斉, 篠原 信雄, 井関 健, 清水 力
今日の移植   28(6) 698-701   Dec 2015
ミコフェノール酸モフェチル(MMF)を服用している20歳以上の腎移植患者16例と肝移植患者28例を対象とした。MMF内服前のミコフェノール酸(MPA)濃度を高速液体クロマトグラフィー(HPLC)法と(PETINA)法で、グルクロン酸抱合体(MPAG)をHPLC法で測定した。腎移植患者について、内服前、内服後1、3、6時間の採血におけるAUCを算出し、腎機能や併用カルシニューリン阻害剤(シクロスポリン、タクロリムス)がMPAG濃度、MPA-PETINA/MPA-HPLC比に与える影響について...
藤村 拓也, 久保田 康生, 今田 愛也, 相馬 まゆ子, 佐々木 洋一, 笠師 久美子, 山田 武宏, 小松 嘉人, 井関 健
医療薬学   39(9) 546-551   Sep 2013
パクリタキセル(PTX)を含むがん化学療法における末梢神経障害に対するプレガバリンの有用性について検討した。PTXによる末梢神経障害に対してプレガバリンを使用した31例を対象とした。末梢神経障害が31例中2例でGradeが改善し、24例は不変、5例は悪化であった。27例は末梢神経障害がGrade3まで悪化せず、PTXを継続できた。末梢神経障害以外の有害事象が原因でPTXによる治療を中止した症例は見られなかった。有害事象は31例中16例で認め、眠気が13例と最も多く、次いでめまい・ふらつきが...
マグネシウムの経静脈前投薬によるシスプラチン起因性腎障害の予防効果の検討
齋藤 佳敬, 小林 正紀, 山田 武宏, 笠師 久美子, 秋田 弘俊, 井関 健
日本薬学会年会要旨集   135年会(4) 59-59   Mar 2015
感染制御認定および専門薬剤師による医療経済を含めた病院感染制御活動への貢献度実態調査(最終報告)
北村 正樹, 赤松 孝, 池上 英文, 北原 隆志, 白石 正, 唯野 貢司, 継田 雅美, 前田 頼伸, 村木 優一, 森 健, 山田 武宏
日本病院薬剤師会雑誌   49(8) 803-805   Aug 2013
感染制御認定・専門薬剤師による病院感染制御活動への貢献度について、258施設を対象に平成24年度の調査を行い、データ提出193施設の回答をまとめた。感染制御にかかわる専門/認定を取得している薬剤師が所属する施設割合は70.5%で、平成23年度(60.1%)より増加し、専門/認定を取得している薬剤師数は全薬剤師の4.6%であった。感染対策チーム(ICT)は100%設置されており、薬剤師は中央値で2名が参加していたが、専従は6名、専任は73名であった。ICT業務において時間内に50%以上関与で...
糖尿病病態と乳酸及びアラニンの関連性
樋口 一世, 木村 有希, 鳴海 克哉, 小林 正紀, 三好 秀明, 中村 昭伸, 渥美 達也, 笠師 久美子, 山田 武宏, 井関 健
日本薬学会年会要旨集   135年会(4) 89-89   Mar 2015
斎藤 由起子, 久保田 康生, 西村 あや子, 笠師 久美子, 山田 武宏, 篠原 信雄, 近藤 覚也, 井関 健
医療薬学   39(7) 406-412   Jul 2013
ゲムシタビン-シスプラチン併用化学療法(G-C療法)およびゲムシタビン-カルボプラチン併用化学療法(G-Cb療法)が施行された患者の血液毒性および腎機能への影響について調査した。また、G-Cb療法においてCbを分割して投与する症例を経験したので報告した。北海道大学病院泌尿器科で2009年4月〜2012年9月にG-C療法およびG-Cb療法が施行された尿路上皮癌患者(G-C療法群17例、G-Cb療法群20例)を対象とした。患者背景、血液毒性の発現状況は電子カルテデータより後方視的に調査した。血...
新規抗てんかん薬のLC/MS/MS定量法の確立とヒト胎盤絨毛癌由来BeWo細胞における取り込み機構の解析
古堅 彩子, 西村 あや子, 高村 茂生, 小林 正紀, 山田 武宏, 笠師 久美子, 井関 健
日本薬学会年会要旨集   135年会(4) 117-117   Mar 2015
DBS(Dried Blood Spot)法を用いた、LC/MS/MSによるミコフェノール酸モフェチルの血中濃度モニタリングに関する検討
小梶 哲雄, 須賀 香屋子, 山田 武宏, 井関 健
日本薬学会年会要旨集   135年会(4) 144-144   Mar 2015
長田 貴之, 柴山 良彦, 熊井 正貴, 山田 武宏, 笠師 久美子, 倉本 倫之介, 洲崎 真吾, 赤澤 茂, 真栄田 浩行, 坂下 智博, 折舘 伸彦, 本間 明宏, 福田 諭, 菅原 満, 井関 健
医療薬学   38(1) 51-55   Jan 2012
オピオイドによる難治性の嘔気とめまいに対してヒスタミンH1受容体拮抗薬とペロスピロンの併用が有効であった2例を経験した。症例1は50歳代女で、舌癌の診断で、舌半側切除+両頸部郭清後、術後放射線治療の方針となった。放射線照射部位である舌根周辺に疼痛の増悪を認め、硫酸モルヒネを開始した。しかし、めまいと嘔気が発現し摂食困難となったため、オピオイドローテーションの方針となった。塩酸ペロスピロン錠を処方を開始すると、嘔吐、嘔気は消失し、摂食も可能となった。めまいもほぼ消失した。症例2は30歳代女で...
感染制御認定および専門薬剤師による医療経済を含めた病院感染制御活動への貢献度実態調査
北村 正樹, 赤松 孝, 池上 英文, 北原 隆志, 白石 正, 高田 勝利, 唯野 貢司, 継田 雅美, 前田 頼伸, 村木 優一, 森 健, 山田 武宏, 平成23年度学術委員会学術第5小委員会
日本病院薬剤師会雑誌   48(8) 932-934   Aug 2012
院外処方せんへの検査値掲載の取り組み
久保田 康生, 菅原 亮輔, 岩井 美和子, 深井 敏隆, 山田 武宏, 井関 健
北海道病院薬剤師会誌   (87) 23-26   Nov 2014
病棟薬剤師による持参薬業務の評価
難波 正志, 樋口 一世, 鳴海 克哉, 関 悟, 山田 順子, 笠師 久美子, 深井 敏隆, 山田 武宏, 井関 健
北海道病院薬剤師会誌   (87) 11-13   Nov 2014
川岸 亨, 熊井 正貴, 大崎 由美子, 新里 利香, 清川 真美, 原田 幸子, 笠師 久美子, 深井 敏隆, 山田 武宏, 井関 健
医薬品情報学   13(3) 103-112   Nov 2011
当院の持参薬識別報告書はこれまで様式が統一されておらず、作成する薬剤師によって記載内容に相違が生じており、病棟で混乱を招く一因となっていた。また、持参薬識別の作業手順が曖昧であったため、診療科ごとに報告書の記載内容が異なり、識別業務を一層複雑化させていた。そこで今回、識別業務を院内全体で統一することと、作業時間の短縮および作業の省力化を図ることを目的に、汎用データベースソフトAccessを用いて持参薬識別用データベース「薬剤識別システム」を構築した。これにより、識別報告書および他のチェック...
多剤耐性アシネトバクターバウマニ保菌患者に用いた医療機器の消毒・管理方法の検討
佐々木 亮, 太田 稔, 小山田 玲子, 石黒 信久, 秋沢 宏次, 岩崎 澄央, 福元 達也, 山田 武宏
医療機器学   87(2) 144-144   Apr 2017
山口浩明, 藤川あす歌, 伊藤創, 田中伸明, 山田武宏, 眞野成康, 井関健
Chromatography   32(Supplement 2) 89-90   Oct 2011
伊藤創, 山口浩明, 藤川あす歌, 山田武宏, 眞野成康, 井関健
Chromatography   32(Supplement 2) 135-136   Oct 2011
棚谷貢, 三本松泰孝, 柴波明男, 久保田康生, 山田武宏, 井関健
日本癌治療学会誌   46(2) 558-558   Sep 2011
高橋夏子, 小林正紀, 澤田真衣, 山田武宏, 井関健
日本医療薬学会年会講演要旨集   21st 311   Sep 2011
落合愛美, 小林正紀, 川岸亨, 笠師久美子, 山口浩明, 山田武宏, 井関健
日本医療薬学会年会講演要旨集   21st 179   Sep 2011
長田貴之, 柴山良彦, 熊井正貴, 山田武宏, 笠師久美子, 菅原満, 井関健
医療薬学フォーラム講演要旨集   19th 186   Jul 2011
【ICTラウンド-現場へのベストアプローチ】 ラウンドチェックで何を見る? 抗菌薬適正使用チェック
山田 武宏
感染対策ICTジャーナル   6(3) 225-230   Jul 2011
山田武宏
TDM研究   28(3) S128-S129-s128   Jun 2011
B型肝炎ワクチン接種後のHBs抗体価の推移に関する検討
岩崎 澄央, 小山田 玲子, 山田 武宏, 石黒 信久
日本環境感染学会総会プログラム・抄録集   32回 279-279   Feb 2017
田澤佑基, 松村一仙, 佐藤夕紀, 鷲見正人, 武隈洋, 重松明男, 笠師久美子, 山田武宏, 井関健, 今村雅寛, 菅原満
TDM研究   28(3) S203-s203   Jun 2011
持参薬管理 北海道大学病院における持参薬業務とリスクマネジメントへの取り組み
川岸 亨, 山田 武宏, 井関 健
薬事新報   (2681) 9-14   May 2011
DBS(Dried Blood Spot)法を用いた、LC/MS/MSによるミコフェノール酸モフェチルの血中濃度モニタリングに関する検討
須賀 香屋子, 小梶 哲雄, 稲垣 知恵, 山田 武宏, 井関 健
臨床薬理   42(Suppl.) S343-S343   Oct 2011
カラムスイッチング-LC/MS/MSによるパクリタキセル血中濃度測定法の確立
藤川 あす歌, 山口 浩明, 伊藤 創, 田中 伸明, 古堅 彩子, 宮森 和明, 高橋 夏子, 小倉 次郎, 小林 正紀, 山田 武宏, 眞野 成康, 井関 健
日本薬学会年会要旨集   131年会(4) 178-178   Mar 2011
抗菌薬アミカシンの用法用量別にみた治療効果の比較
鈴木 貴宏, 川岸 亨, 小倉 次郎, 小林 正紀, 山口 浩明, 山田 武宏, 井関 健
日本薬学会年会要旨集   131年会(4) 177-177   Mar 2011
【よくある『疑問事例』に学ぶ抗菌薬マネジメントの秘訣】 感染症診療の考え方からみた抗菌薬マネジメント 抗菌薬の用量調節 血中濃度測定ができない抗菌薬の至適投与量についての基本的な考え方 薬剤師は血中濃度の実測値がわからない場合に抗菌薬投与にどう関わるか
山崎 浩二郎, 山田 武宏
薬局   61(7) 2621-2626   Jun 2010
<Key Points>抗菌薬の至適投与量について、PK-PD理論や薬物動態学的な視点から考える。時間依存性の抗菌薬は、分離菌のMIC(最小発育阻止濃度)とPKパラメータより%T>MICを算出し、その効果を予測することができる。濃度依存性の抗菌薬は、Cmax/MIC、AUC/MICの目標値を設定し、1回投与量および1日投与量を設計する必要がある。抗菌薬は、遊離型のみが血中で抗菌活性を有するため、それぞれの蛋白結合率を十分に考慮してパラメータの目標値を設定する。腎機能低下時には多くの抗菌薬の...
抗菌薬適正使用のためのチェックリスト活用とその効果
山田 武宏, 斉藤 佳敬, 川岸 亨, 宮本 剛典, 鈴木 貴宏, 石黒 信久, 井関 健
日本薬学会年会要旨集   131年会(4) 292-292   Mar 2011
薬剤による経管チューブ閉塞事例に対する薬剤師の関わり 対応策と評価
沖 洋充, 渋谷 かをり, 大井 睦美, 石川 誠, 南須原 康行, 山田 武宏, 井関 健
医療の質・安全学会誌   9(Suppl.) 204-204   Oct 2014
Decision tree modelの副作用発現リスク因子解析への応用可能性に関する研究
今井 俊吾, 山田 武宏, 笠師 久美子, 小林 正紀, 井関 健
日本医薬品情報学会総会・学術大会講演要旨集   19回 83-83   May 2016
患者のことば ちょっと手がしびれるんです
綱川 智之, 山田 武宏
調剤と情報   14(5) 607-609   May 2008
多剤耐性緑膿菌感染症に対してコリスチンが奏功した一症例 コリスチンTDMの有用性
山田 武宏, 奥 健司, 石黒 信久
日本化学療法学会雑誌   62(Suppl.A) 283-283   May 2014
ミコフェノール酸血中濃度測定に関する免疫学的測定法とHPLC法との比較検討
中野 恵一, 三谷 麻子, 菊地 玲, 山下 ひろ子, 山下 直樹, 安田 慶子, 山田 武宏, 井関 健, 澁谷 斉, 清水 力
臨床化学   43(Suppl.1) 267-267   Aug 2014
薬薬連携:病院薬剤師が介在する保険調剤薬局からのトレーシングレポートシステムによる薬物療法の有効性・安全性への寄与
大滝 康一, 梅津 典子, 麻下 智加, 七田 知美, 都築 仁美, 石川 祥子, 安達 知輝, 井上 正朝, 小野 尚志, 山田 武宏, 粟屋 敏雄, 小川 聡, 里見 真知子, 野田 敏宏, 田崎 嘉一, 板垣 祐一, 八木 真砂子, 田尾 好正, 笠原 直邦, 藤沢 芳則, 松野 和彦, 松原 和夫
医薬ジャーナル   44(3) 158-164   Mar 2008
保険調剤薬局において薬剤師が患者から聞き取った情報の中には、薬物療法の遂行上重要な情報が含まれる。このような情報は、封書あるいは患者持参の形で医師へ提供されてきた。しかし従来の伝達方法では、医師へ確実に情報が伝わらない場合もあることが想定される。そこで、病院薬剤部が介在することで、医師への情報伝達を確実にするために、専用ファックス回線を利用する情報ネットワークを作成した。すなわち、保険調剤薬局の薬剤師は、作成したレポート(「トレーシングレポート」と呼ぶ)を旭川医科大学病院薬剤部にファックス...
ダプトマイシンは骨格筋細胞におけるモノカルボン酸輸送担体の発現を低下させる
石川 修平, 山田 武宏, 鳴海 克哉, 小林 正紀, 山口 浩明, 井関 健
日本薬学会年会要旨集   134年会(3) 63-63   Mar 2014
小野 尚志, 千葉 薫, 須野 学, 山下 恭範, 小枝 正吉, 山田 武宏, 大滝 康一, 粟屋 敏雄, 原 千恵子, 高橋 賢尚, 三好 敏之, 小川 聡, 板垣 祐一, 田崎 嘉一, 松原 和夫
医療薬学   33(6) 479-487   Jun 2007
文献等から得た安定性に関するデータを利用して、旭川医大病院採用の43種の抗がん剤の溶解後の分解・消失における擬一次反応速度定数とアレニウス式を算出することによって溶解後の安定性の予測を行い、日常業務に用いた。添付文書等の安定性データから擬一次速度定数・アレニウス式を求めることで、比較的容易に混合調製を行う際に有用な調製後の安定性予測を行うことができた。安定性予測の結果から、25.6%が用時溶解で、14.0%が1日、7.0%が2日まで、53.5%が3日までは安定性が保証できる薬剤であった。安...
免疫不全患者における感染管理 多剤耐性菌による感染症事例を通して
石黒 信久, 小山田 玲子, 山田 武宏, 岩崎 澄央
日本環境感染学会誌   29(Suppl.) 223-223   Jan 2014
2次元キャリアマップ(2DCM)のMRSA院内伝播スクリーニング能力に関する検討
岩崎 澄央, 小山田 玲子, 山田 武宏, 石黒 信久
日本環境感染学会誌   29(Suppl.) 372-372   Jan 2014
マイクロRNA126*の高発現は急性骨髄性白血病の予後不良因子である
柴山 良彦, 近藤 健, 藤澤 真一, 君家 裕紀, 笠師 久美子, 山田 武宏, 豊嶋 崇徳, 井関 健
臨床薬理   44(Suppl.) S306-S306   Nov 2013
添付文書に定められているチアマゾール処方後の血液検査の実施状況に関する分析
南須原 康行, 佐久嶋 研, 沖 洋光, 山田 武宏, 井関 健, 梅木 玲於奈, 遠藤 晃, 石川 誠
医療の質・安全学会誌   8(Suppl.) 290-290   Oct 2013
ICUにおける感染管理と耐性菌対策 ICUにおける耐性菌発現の現状と対策
澤村 淳, 石黒 信久, 山田 武宏, 丸藤 哲
日本外科感染症学会雑誌   10(5) 601-601   Oct 2013
薬剤師における医薬品安全性評価に関する認識および実践に関する調査
山口 浩明, 小原 拓, 佐藤 倫広, 青木 良子, 天沼 喜美子, 村井 ユリ子, 宮本 剛典, 高村 茂生, 山田 武宏, 眞野 成康, 井関 健
日本医薬品情報学会総会・学術大会講演要旨集   16回 122-122   Aug 2013
抗MRSA薬ダプトマイシンの適正使用推進におけるTDMの有用性
山田 武宏, 石黒 信久
感染症学雑誌   87(臨増) 211-211   May 2013
患者背景に基づいたバンコマイシンの初期投与設計 2種のバンコマイシンTDM解析ソフトの予測性の比較
今井 俊吾, 山田 武宏, 西村 あや子, 沖 洋充, 宮本 剛典, 笠師 久美子, 井関 健
TDM研究   30(3) 191-191   May 2013
DBS(Dried Blood Spot)法を用いた、LC/MS/MSによるミコフェノール酸モフェチルの血中濃度モニタリングに関する検討
須賀 香屋子, 小梶 哲雄, 稲垣 知恵, 山田 武宏, 井関 健
TDM研究   30(3) 241-241   May 2013
携帯情報端末(PDA)導入による調剤過誤リスク低減効果について
山本 千秋, 清川 真美, 原田 幸子, 深井 敏隆, 笠師 久美子, 山田 武宏, 井関 健
北海道病院薬剤師会誌   (84) 37-38   Apr 2013
インフルエンザ、RSウイルス、ヒトメタニューモウイルスの院内感染対策 医療機関における抗インフルエンザ薬の予防投与とアウトブレイク時の対策を考える
石黒 信久, 小山田 玲子, 山田 武宏, 宮本 剛典, 岩崎 澄央
日本環境感染学会誌   31(Suppl.) 167-167   Feb 2016
多剤耐性菌アウトブレイク対策 アウトブレイク対応の実際 多剤耐性アシネトバクター
小山田 玲子, 岩崎 澄央, 山田 武宏, 石黒 信久
日本環境感染学会誌   31(Suppl.) 176-176   Feb 2016
チゲサイクリンとコリスチンの併用が奏功した多剤耐性アシネトバクター・バウマニによるカテーテル関連血流感染症の1例
山田 武宏, 石黒 信久, 井関 健
緑膿菌感染症研究会講演記録   49回 110-113   Dec 2015
34歳男。呼吸困難、高熱にて近医に入院し、肺炎の診断で転入院した。慢性GVHDの加療目的で免疫抑制薬を服用しており、院内肺炎の重症度分類上、中等症群に準じた治療と気管内挿管による呼吸管理を開始したが、入院39日目に高熱と悪寒・戦慄を認め、ショック状態となった。血液培養と抜去した中心静脈カテーテル先端の培養からグラム陰性桿菌が検出され、喀痰より多剤耐性Acinetobacter baumannii(MDRAB)が検出されたため、MDRABによるカテーテル関連血流感染症と診断してtigecyc...
ドルテグラビル(DTG)登場前後での初回Anti-Retroviral Therapy(ART)導入患者のバックボーンの使用調査
小林 洋平, 原田 幸子, 遠藤 知之, 笠師 久美子, 深井 敏隆, 山田 武宏, 井関 健
日本エイズ学会誌   17(4) 455-455   Nov 2015
病院薬剤部と院外薬局による教訓事例の情報共有
沖 洋充, 久保田 康生, 深井 敏隆, 大井 睦美, 根岸 淳, 南須原 康行, 山田 武宏, 井関 健
医療の質・安全学会誌   10(Suppl.) 234-234   Oct 2015
当院における陰性桿菌に対する感受性率の推移とTAZ/PIPCの影響
澤村 淳, 小野 雄一, 宮本 大輔, 和田 剛志, 柳田 雄一郎, 早川 峰司, 秋沢 宏次, 山田 武宏, 石黒 信久, 丸藤 哲
日本集中治療医学会雑誌   22(Suppl.) [DP12-1]   Jan 2015
固形製剤の嚥下に影響を及ぼす因子の検討と臨床への応用
笠師 久美子, 鄭 漢忠, 山田 武宏, 戸塚 靖則, 井関 健
日本薬学会年会要旨集   133年会(4) 65-65   Mar 2013
尿路上皮がんに対するGC療法とGCb療法の血液毒性の比較
斎藤 由起子, 久保田 康生, 笠師 久美子, 山田 武宏, 井関 健
日本薬学会年会要旨集   133年会(4) 184-184   Mar 2013
抗MRSA薬ダプトマイシンの骨格筋細胞毒性に関する基礎的検討
石川 修平, 山田 武宏, 鳴海 克哉, 小林 正紀, 山口 浩明, 井関 健
日本薬学会年会要旨集   133年会(3) 169-169   Mar 2013
全国を対象とした抗菌薬の使用動向および感染制御活動に関わる薬剤師の実態調査
村木 優一, 北村 正樹, 前田 頼伸, 北原 隆志, 森 健, 池上 英文, 継田 雅美, 唯野 貢司, 赤松 孝, 山田 武宏, 白石 正
日本環境感染学会誌   28(Suppl.) 428-428   Feb 2013
特定抗菌薬使用届出システムの導入 抗MRSA薬の適正使用推進を目指した取り組み
山田 武宏, 宮本 剛典, 石黒 信久
日本環境感染学会誌   28(Suppl.) 434-434   Feb 2013
検査オーダと連動したTDMオーダリングシステムの開発
山田 武宏, 石黒 信久, 井関 健
日本医薬品情報学会総会・学術大会講演要旨集   15回 65-65   Jun 2012
DBS(Dried Blood Spot)法を用いた、LC/MS/MSによるミコフェノール酸モフェチルの血中濃度モニタリングに関する検討
須賀 香屋子, 小梶 哲雄, 稲垣 知恵, 山田 武宏, 井関 健
TDM研究   29(3) 270-270   May 2012
手術部サテライトファーマシーにおける麻酔薬の無菌混合調製体制の確立
山崎 浩二郎, 須田 範行, 新沼 朋美, 水口 貴史, 小林 正紀, 山田 勇磨, 山下 美妃, 柴山 良彦, 山田 武宏, 井関 健
日本薬学会年会要旨集   132年会(4) 218-218   Mar 2012
持参薬業務により薬剤師の果たすリスクマネジメントに関する評価
後藤 光秀, 山下 美妃, 川岸 亨, 清川 真美, 原田 幸子, 笠師 久美子, 山田 武宏, 井関 健
日本薬学会年会要旨集   132年会(4) 229-229   Mar 2012
経腸栄養管理がADL向上に有用であったHIV感染患者の一例
清川 真美, 西村 雅勝, 重松 明男, 笠師 久美子, 山田 武宏, 武田 宏司, 井関 健
日本薬学会年会要旨集   132年会(4) 274-274   Mar 2012
当院における処方時の相互作用警告機能の実際と検証
南須原 康行, 佐久嶋 研, 遠藤 晃, 梅木 玲緒奈, 沖 洋充, 山田 武宏, 井関 健, 石川 誠, 宝金 清博
日本予防医学リスクマネージメント学会学術総会プログラム・抄録集   10回 100-100   Mar 2012
乗り物酔い様の浮遊感を伴うオピオイドの難治性嘔気にペロスピロンが有効であった症例
長田 貴之, 熊井 正貴, 柴山 良彦, 山田 武宏, 笠師 久美子, 菅原 満, 井関 健
日本薬学会年会要旨集   131年会(4) 293-293   Mar 2011
アルベカシンの有効性と最高血中濃度に関する調査
林 えり子, 西村 あや子, 植田 孝介, 小笠原 貴子, 斉尾 千尋, 新沼 朋美, 山崎 浩二郎, 横田 亜季, 山田 武宏, 井関 健
TDM研究   27(3) s162-s162   Jun 2010
山田 武宏
薬学雑誌   129(10) 1211-1214   Oct 2009
プロスタノイドは炎症時にNO同様多量に産生される。Gs蛋白質と共役した受容体に作用するPGI2、PGE2などの血管弛緩性プロスタノイドは誘導型一酸化窒素シンターゼ(iNOS)発現を増強し、血管拡張作用が更に増強する方向に作用する。一方で、血管収縮性プロスタノイドであるトロンボキサン(TX)A2はiNOS発現を負に調節する。これらのメカニズムについて概説した。
MeloxicamはPI3K/AKT経路を介してMPP+誘発ドパミン神経細胞死を抑制する
田崎 嘉一, 野田 敏宏, 須野 学, 山田 武宏, 飯田 慎也, 田原 克寿, 山本 譲, 里見 真知子, 坂口 智己, 松原 和夫
日本薬学会年会要旨集   129年会(4) 155-155   Mar 2009
タキサン系抗がん剤のHPLC-UV測定法の確立
小野 尚志, 須野 学, 山田 武宏, 大滝 康一, 粟屋 敏雄, 飯田 慎也, 田崎 嘉一, 松原 和夫
日本薬学会年会要旨集   128年会(4) 170-170   Mar 2008
Polyphenol oxidase(PPO)含有食品中におけるレボドパ製剤の安定性
坂口 智己, 田崎 嘉一, 野田 敏宏, 須野 学, 大滝 康一, 山田 武宏, 松原 和夫
日本薬学会年会要旨集   128年会(4) 201-201   Mar 2008
アドバンスド処方監査 処方内容と検査・薬歴の総合チェック
粟屋 敏雄, 山本 久仁子, 山下 恭範, 藤丸 サヤカ, 森田 真由美, 石王 応知, 朴 紘慶, 利岡 果美, 大滝 康一, 山田 武宏, 田崎 嘉一, 藤田 育志, 松原 和夫
日本薬学会年会要旨集   126年会(2) 219-219   Mar 2006
蛍光検出HPLC法を用いた塩酸ランジオロール測定法の開発
須野 学, 山岸 昭夫, 国澤 卓之, 山田 武宏, 小野 尚志, 飯田 慎也, 粟屋 敏雄, 大滝 康一, 田崎 嘉一, 松原 和夫
日本薬学会年会要旨集   128年会(4) 212-212   Mar 2008
粟屋 敏雄, 大滝 康一, 石原 昌司, 小野 尚志, 千葉 薫, 板垣 祐一, 山田 武宏, 須野 学, 早勢 伸正, 田崎 嘉一, 松原 和夫
医療薬学   31(6) 425-434   Jun 2005
新規システム導入後のオーダシステム内の記録から,処方が試みられた併用禁忌の組み合わせなどを解析した.相互作用チェックは,その処方の投与期間内に重複しているすべての薬品を自処方内および他処方内の薬歴データファイルから抽出し,チェック対象薬剤が重複した場合,チェックメッセージを表示した.システム運用開始以降,13ヵ月間における処方せんおよび注射指示せんの枚数はそれぞれ290956枚,299017枚の計589973枚であった.調査期間内にチェックのかかった回数は299件であった.警告としたものを...
原 千恵子, 小枝 正吉, 山下 恭範, 藤丸 サヤカ, 大滝 康一, 森田 真由美, 小野 尚志, 山田 武宏, 板垣 健太郎, 須野 あづみ, 利岡 果美, 石王 応知, 村上 知子, 朴 紘慶, 須野 学, 粟屋 敏雄, 小川 聡, 高橋 賢尚, 山本 久仁子, 板垣 祐一, 千葉 薫, 三好 敏之, 笠原 直邦, 藤田 育志, 田崎 嘉一, 早勢 伸正, 松原 和夫
医療薬学   31(5) 360-366   May 2005
薬剤師が新規入院患者を各病棟薬剤師に割り当てる方式に変更することで,ほぼ全入院患者の持参薬を精査することが可能となった.その結果,持参薬チェックの重要性と今後の課題が明らかになった.総件数は,10ヵ月間で1515件であり,予定入院患者全体に対して31.0%であった.開始当初の数ヵ月間は,25%前後であったが,徐々に持参薬チェック件数は増加し,216-219件(37.4-40.4%)でほぼ定常状態となった.積極的に持参薬・健康食品の摂取などの聞き取り調査を行ったことにより,リスクが回避された...
パーキンソン病発症と関連する感受性遺伝子変異の検索
須野 学, 松原 和夫, 箭原 修, 青山 晃治, 小林 祥泰, 粟屋 敏雄, 山田 武宏, 藤丸 サヤカ, 田崎 嘉一
日本薬学会年会要旨集   125年会(2) 87-87   Mar 2005
漢方薬カシュウの肝機能に及ぼす影響
山田 武宏, 野田 敏宏, 田崎 嘉一, 須野 学, 大滝 康一, 粟屋 敏男, 千葉 薫, 松原 和夫
日本薬学会年会要旨集   127年会(4) 53-53   Mar 2007
全身性炎症疾患の病態生理 誘導型NOSの発現抑制を介したTXA2の血管緊張調節
山田 武宏, 結城 幸一, 原 明義, 松原 和夫, 牛首 文隆
日本薬学会年会要旨集   125年会(2) 102-102   Mar 2005
バンコマイシン初回投与時におけるTDMは,治療期間短縮に寄与する
須野 学, 山田 武宏, 大滝 康一, 粟屋 敏雄, 千葉 薫, 田崎 嘉一, 松原 和夫
日本薬学会年会要旨集   125年会(2) 179-179   Mar 2005
難治性疼痛に対する院内製剤塩酸ケタミン軟膏の有効性
千葉 薫, 小野 尚志, 須野 学, 山下 恭範, 大滝 康一, 山田 武宏, 小城 香緒里, 藤田 育志, 田崎 嘉一, 松原 和夫, 寺尾 基, 岩崎 寛
日本薬学会年会要旨集   126年会(2) 223-223   Mar 2006
電子カルテ・実施入力と連携したTDMオーダの開発
粟屋 敏雄, 須野 学, 山田 武宏, 大滝 康一, 小川 聡, 田崎 嘉一, 藤田 育志, 松原 和夫
日本薬学会年会要旨集   125年会(2) 182-182   Mar 2005
マウスの心筋細胞肥大及び非心筋細胞増殖に及ぼすプロスタグランジンI2の作用
原 明義, 結城 幸一, 藤野 貴行, 山田 武宏, 成宮 周, 牛首 文隆
日本薬理学雑誌   123(1) 3P-3P   Jan 2004