山下貴之

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/10 16:29
 
アバター
研究者氏名
山下貴之
 
ヤマシタ タカユキ
URL
http://www.yamashitalab.org
所属
名古屋大学
部署
環境医学研究所
職名
准教授
学位
博士(医学)(東京大学)
その他の所属
国立研究開発法人科学技術振興機構

プロフィール

 大学院在籍時より高橋智幸教授の下でシナプス伝達の制御機構の研究に従事し、その後2010年9月にスイスのCarl Petersen研究室に留学して、覚醒マウス脳からのin vivoパッチクランプ法を用いて大脳皮質における感覚情報処理機構を研究しました。現在では、課題遂行中のマウス脳から直接にパッチクランプ記録ができるようになり、古典的条件付けによる大脳皮質情報処理の変容を研究しています。
 2015年3月より名古屋大学の山中章弘研究室内に独立グループを立ち上げて、覚醒マウス脳深部からのin vivoパッチクランプ法の新規開発を試みています。最先端の脳生理学的計測技術と研究室のウィルス工学・光遺伝学技術との融合により、神経科学界に新しい潮流を起こすことが当面の目標です。詳しくは独自ホームページ(http://www.yamashitalab.org)をご覧ください。

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
名古屋大学 環境医学研究所 准教授
 
2016年10月
 - 
現在
科学技術振興機構 さきがけ研究員
 
2015年3月
 - 
2017年3月
名古屋大学 環境医学研究所 助教
 
2010年9月
 - 
2015年3月
スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL) 博士研究員
 
2011年10月
 - 
2013年9月
日本学術振興会 海外特別研究員
 

研究分野

 
 

論文

 
Sensation during active behaviors
Busse L, Cardin J, Chiappe E, Halassa M, McGinley M, Yamashita T, Saleem A
The Journal of Neuroscience   in press   2017年   [査読有り]
Yamashita T, Yamanaka A
Current Opinion in Neurobiology   44 94-100   2017年6月   [査読有り][招待有り]
Yamashita T, Petersen CCH
eLife   5 e15798   2016年6月   [査読有り]
Hososhima S, Yuasa H, Ishizuka T, Hoque MR, Yamashita T, Yamanaka A, Sugano E, Tomita H, Yawo H.
Scientific Reports   5 16533   2015年11月   [査読有り]
Yamashita T, Pala A, Pedrido L, Kremer Y, Welker E, Petersen CCH
Neuron   80(6) 1477-1490   2013年12月   [査読有り]
Yamashita T
Neuroscience Research   73(1) 1-7   2012年5月   [査読有り][招待有り]
Yamashita T, Eguchi K, Saitoh N, von Gersdorff H, Takahashi T
Nature Neuroscience   13(7) 838-844   2010年7月   [査読有り]
Watanabe H, Yamashita T, Saitoh N, Kiyonaka S, Iwamatsu A, Campbell KP, Mori Y, Takahashi T
The Journal of Neuroscience   30(2) 655-660   2010年1月   [査読有り]
Yamashita T, Kanda T, Eguchi K, Takahashi T
The Journal of Physiology   587 2327-2339   2009年5月   [査読有り]
Nakamura T*, Yamashita T*, Saitoh N, Takahashi T (*Co-first authors)
The Journal of Physiology   586 2253-2261   2008年5月   [査読有り]
Koike-Tani M, Kanda T, Saitoh N, Yamashita T, Takahashi T
The Journal of Physiology   586 2263-2275   2008年5月   [査読有り]
Yamashita T, Hige T, Takahashi T
Science   307(5706) 124-127   2005年1月   [査読有り]
Developmental increase in vesicular glutamate content does not cause saturation of AMPA receptors at the calyx of held synapse.
Yamashita T, Ishikawa T, Takahashi T
The Journal of Neuroscience   23 3633-3638   2003年5月   [査読有り]
A glycine receptor antagonist, strychnine, blocked NMDA receptor activation in the neonatal mouse neocortex.
Miyakawa N, Uchino S, Yamashita T, Okada H, Nakamura T, Kaminogawa S, Miyamoto Y, Hisatsune T
Neuroreport   13 1667-1673   2002年9月   [査読有り]

受賞

 
2017年4月
文部科学大臣表彰 若手科学者賞
 
2011年9月
日本神経科学学会 奨励賞
 
2011年3月
日本生理学会 奨励賞
 
2008年
Japan Neuroscience Society / SciTechEdit International Travel award for Sociefy for Neuroscience Annual Meeting
 

競争的資金等の研究課題

 
動物行動の神経基盤解明のための非侵襲光操作法の開発
科学技術振興機構: さきがけ
研究期間: 2016年10月 - 2020年3月    代表者: 山下貴之
学習に依存した脳内シグナルフローの変化を生み出すスクラップ&ビルド機構
文部科学省: 科学研究費補助金・新学術領域研究(公募)
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 山下貴之
文部科学省: 科学研究費補助金・若手研究(A)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 山下貴之
住友財団:基礎科学研究助成
研究期間: 2016年11月 - 2018年10月    代表者: 山下貴之
旭硝子財団: 研究助成
研究期間: 2016年 - 2018年3月    代表者: 山下貴之
ブレインサイエンス振興財団: 研究助成
研究期間: 2016年 - 2017年3月    代表者: 山下貴之
成茂神経科学研究助成基金: 研究助成金
研究期間: 2016年 - 2017年3月    代表者: 山下貴之
武田科学振興財団: 医学系研究奨励
研究期間: 2016年 - 2018年3月    代表者: 山下貴之
ひと・健康・未来研究財団: 研究助成
研究期間: 2015年9月 - 2016年8月    代表者: 山下貴之
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 山下 貴之

学歴

 
2003年4月
 - 
2007年3月
東京大学 大学院医学系研究科 医学博士課程
 
2001年4月
 - 
2003年3月
東京大学 大学院医学系研究科 医科学修士課程
 
1999年4月
 - 
2001年3月
東京大学 農学部 応用生命科学課程
 
1997年4月
 - 
1999年3月
東京大学 教養学部 理科2類