共同研究・競争的資金等の研究課題

2013年4月 - 2017年3月

関数型の視点からの効率的可逆シミュレーションおよび可逆プログラミング方法論の拡張

日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)
  • 横山 哲郎

課題番号
25730049
配分額
(総額)
4,030,000円
(直接経費)
3,100,000円
(間接経費)
930,000円

本研究では可逆プログラミング言語の設計および可逆プログラミング方法論の確立を目的とした。
既存の可逆言語Janusに参照渡しの機構があったとしても可逆性は保たれ表現力が向上した。可逆万能性をもち、厳密な可逆性が保証され、木構造を扱えるような簡潔な可逆言語を提案した。その言語を用いて可逆計算理論での応用が期待される線形時間自己解釈が可能なことを示した。
可逆プログラミング言語の設計では、構造化・非構造化可逆流れ図の理論を整備した。可逆プログラミング方法論では、可逆アルゴリズムの効率を測る尺度を提案して、可逆整列法や二分木の可逆ランク計算といった基礎的なアルゴリズムを効率的に実装する方法を報告した。

リンク情報
URL
https://kaken.nii.ac.jp/file/KAKENHI-PROJECT-25730049/25730049seika.pdf
ID情報
  • 課題番号 : 25730049