共同研究・競争的資金等の研究課題

2005年 - 2006年

プログラム運算の記述言語の設計及びその実現に関する研究

日本学術振興会  科学研究費助成事業 特別研究員奨励費
  • 横山 哲郎

課題番号
05J11272
配分額
(総額)
1,800,000円
(直接経費)
1,800,000円

可逆計算過程と可逆プログラミング言語に関する研究
直前の状態が1意に決まる計算過程を可逆計算過程という。可逆計算はTuring完全であり、計算のエネルギー消費と密接な関係がある。しかし、われわれの研究のモチベーションはソフトウェア側からのものである。計算能力が等価であったとしても、多くの計算モデルがそれぞれ特徴と利点があるように、可逆な計算モデル自体にも研究価値がある。また、可逆計算の利点をソフトウェア開発で用いるために、言語レベルにおける可逆性および可逆プログラミング言語の設計・実装を行ってきた。
われわれの研究成果は以下の通りである。(1)非可逆なプログラミング言語における構造化定理の可逆版を定式化および証明を行い可逆プログラミング言語の設計の基盤を与えた。(2)既存の可逆プログラミング言語を定式化し言語レベルの可逆性を証明した。(3)その言語におけるプログラム逆変換器を与え自己インタプリタを設計・実装した。(4) Microscopicな物理系は可逆過程である。可逆言語によって物理シミュレーションを行うことの利点の一端を示した。
本研究の成果はACM SIGPLAN 2007 Workshop on Partial Evaluation and Program Manipulationにおいて発表された。また、プログラミング言語Janusの拡張については第9回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップにおいて発表された。

ID情報
  • 課題番号 : 05J11272